「各路線」とは?

関連ニュース

香港エクスプレス航空、偶数人の同時予約で割引 日本線は片道3,420円から - 08月15日(火)22:00 

香港エクスプレス航空は、日本線を含む各路線を対象に、2名以上の偶数人での同時予約で運賃が割引となるキャンペーンを8月15日午前1時から18日午前1時(日本時間)まで開催している。 片道運賃は、石垣〜香港線は3,420円から、東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・広島・高松・福岡・鹿児島〜香港線は4,610円から。香港発着のそれ以外の路線では、花蓮・台中線は146香港ドルから、チェンマイ・チェンライ・プーケット・ダナン線は174香港ドルから、ニャチャン線は216香港ドルから、ソウル/仁川・釜山・済州・シェムリアップ線は258香港ドルから。対象となるフライトは限られており、空席照会時に「割引」などの表示がされている。割引となるのは運賃部分のみで、いずれも空港使用料や諸税は別途必要。 搭乗期間は8月28日から2018年7月15日まで。路線により一部期間は対象外となる。設定席数は日本線を含む全路線で66,000席以上となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

チベット航空が成都-カトマンズ定期路線 - 08月11日(金)05:00 

 チベット航空は8日、四川省成都とネパールのカトマンズを往復する定期路線を開設した。これは成都からカトマンズに直行する唯一の夕刻出発便で、夕日に照らされたチョモランマ(エベレスト)の絶景を見るチャンスのある唯一の便。飛行時間は2時間半。一方、チベット航空がネパールの投資会社と共同で設立したネパールのヒマラヤ航空は現在、エアバスA320を3機保有しており、カトマンズ-ドーハ(カタール)、カトマンズ-クアラルンプール(マレーシア)、カトマンズ-ドバイ(アラブ首長国連邦)の各路線を開設している。
カテゴリー:

香港エクスプレス航空、日本線など対象のビッグセール 片道1,180円から - 08月08日(火)01:21 

香港エクスプレス航空は、8月8日午前1時から12日午前0時59分(日本時間)まで、日本線を含む各路線を対象に「秋のビッグセール」を開催している。 東京/羽田・東京/成田・大阪/関西・高松・福岡・名古屋/中部・広島・鹿児島・石垣・釜山・ソウル/仁川・済州・昆明・寧波・台中・花蓮・チェンマイ・チェンライ・プーケット・ダナン・ニャチャン・シェムリアップと香港を結ぶ路線が対象で、運賃は片道1,180円もしくは88香港ドル。諸税や空港使用料などは別途必要。 搭乗期間は10月29日から2018年3月24日まで。路線により一部期間は対象外となる。設定席数は12,000席以上、日本路線は5,800席となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【経済】JR東日本と三井物産、英で鉄道運営権獲得 ロンドン~リバプール間などで列車運行 - 08月12日(土)14:03  newsplus

JR東日本と三井物産、英で鉄道運営権獲得 ロンドン~リバプール間などで列車運行 乗りものニュース:2017.08.10 https://trafficnews.jp/post/78269 JR東日本と三井物産が、アベリオUK社とともにウェストミッドランズ旅客鉄道事業の運営権をイギリス運輸省から獲得しました。 ■入札で決定  JR東日本と三井物産は2017年8月10日(木)、イギリスのAbellio Transport Group Limited(アベリオUK社)とともに、ウェストミッドランズ(West Midlands)旅客鉄道事業の運営権をイギリス運輸省から獲得したと発表しました。  イギリ...
»続きを読む
カテゴリー:

JR東日本や三井物産ら、イギリスで旅客鉄道事業の運営権獲得 12月から事業開始へ - 08月10日(木)21:12 

JR東日本と三井物産は、Abellio UK(アベリオUK)とともに、英国旅客鉄道運行事業フランチャイズの一つであるウェストミッドランズ(West Midlands)旅客鉄道事業の運営権を、イギリス運輸省より獲得した。 3社から構成されるコンソーシアムは、ロンドンへの通勤路線とロンドンからイングランド北西部のリバプールまでをつなぐ長距離路線、イングランド中西部にあるイギリス第2の都市であるバーミンガムの都市圏輸送に対して、2016年11月に入札を行っていた。12月からの本事業開始に向けて準備を進める。イギリスでは、民間企業が旅客鉄道運行事業の運営を行うフランチャイズ制度を取っており、各路線の運航事業者は入札で決定される。 JR東日本はこれまでに、バンコクのパープルラインへの車両の供給やメンテナンス、インド高速鉄道プロジェクトへの技術支援などを行っているものの、海外の鉄道運行事業に参画するのは初めてとなる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

デルタ航空、短距離リゾート路線のボーイング 757型機をリニューアル。全座席に電源&モニター装備 11月中旬より成田~グアム/サイパン/パラオの各路線に導入 - 08月07日(月)00:00 

 デルタ航空は8月4日、日本発着の成田~グアム、成田~サイパン、成田~パラオの各路線で運航しているボーイング 757-200型機の改修を行なうことを発表した。座席数が増加するほか、全座席へのシートモニターや電源の設置などを行なう。サイパン路線は11月17日、グラム路線とパラオ路線は11月18日から順次導入する。
カテゴリー:

「各路線」の画像

もっと見る

「各路線」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる