「各路線」とは?

関連ニュース

ジェットスター・ジャパン、JetMail会員限定セール開催 国内・国際線が2,490円から - 04月21日(金)20:41 

ジェットスター・ジャパンは、きょう4月21日午後6時から24日午後6時まで、国内・国際線を対象に「JetMail会員限定セール」を開催している。 対象路線と片道運賃は東京/成田〜札幌/千歳・高松・大分線は2,490円から、東京/成田〜松山・熊本・鹿児島線は2,990円から、東京/成田〜マニラ・台北/桃園・香港線は3,990円から。いずれも空港使用料、支払手数料は別途必要となる。各路線100席限定。ビジネス出張サイトの「Jetstar Business Hub」からは予約できない。 搭乗期間は6月1日から10月26日まで。路線によって設定期間は異なっている。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

香港エクスプレス航空、日本線全路線でセール 片道4,980円から - 04月19日(水)19:23 

香港エクスプレス航空は、4月21日午前1時まで、日本発着全路線を対象にセールを開催している。 片道運賃は、石垣~香港線は4,980円から、東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・広島・高松・福岡・鹿児島~香港線は6,580円から。その他の香港発着各路線も対象となっている。いずれも諸税は別途必要。 搭乗期間は5月3日から2018年2月28日まで。路線により一部期間は対象外となる。日本線の設定席数は42,000席以上で、売り切れ次第終了する。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

藤原竜也、自身が演じたクズキャラを「家に飾りたい」 幻の目隠し版ビジュアル公開 - 04月15日(土)00:00 

 俳優の藤原竜也、伊藤英明がW主演する映画『22 年目の告白―私が殺人犯です―』(6月10日公開)。同作で殺人犯を演じる藤原が、目を隠してまるで本物の殺人犯のように見えるビジュアルがお披露目された。 【動画】『22年目の告白―私が殺人犯です―』予告映像  このビジュアルは、編集者目線で描かれた小説版が14日に発売されたことにちなみ、10日より新宿駅、東京駅、渋谷駅、池袋駅、秋葉原駅、新橋駅、横浜駅、大宮駅と、各路線の中吊り広告として掲出されたもの。思わず足を止める人や、人だかりができるほど注目を集め、「一瞬リアルかと思った(笑)」という声も出ている。  本物っぽい出来栄えに、同作で新たな“クズ役”に挑んだ藤原自身も「かっこいいですね。家に飾りたい(笑)」とお気に入りの様子。14日からは目隠しなしの広告に順次切り替わっているため、今はもう幻のビジュアルとなっている。  入江悠監督がメガホンをとった同作は、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人・曾根崎(藤原)が、殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。まだまだ謎に満ちた部分も多い曾根崎のキャラクター動画も公開され、告白本を出版して一躍時の人となるが、告白本を手がけた編集者の首を絞めながら「徹底的に売ってください」と詰め寄るクズシーンが収められている。 ■『22 年目の告白-私が殺人犯です-』...more
in English
カテゴリー:

殺人犯藤原竜也の狂気がにじむ!「22年目の告白」新ビジュアル&キャラ動画 - 04月15日(土)00:00 

 藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たした入江悠監督作「22年目の告白 私が殺人犯です」の小説版発売を記念してつくられた新ビジュアルが公開。あわせて、殺人の手記を出版する美しき連続殺人犯・曾根崎雅人(藤原)の“クズっぷり”がひしひしと伝わるキャラクター動画もお披露目された。 ・【動画】「22年目の告白 私が殺人犯です」キャラクター動画  第35回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭に出品された同作は、2012年の韓国映画「殺人の告白」をリメイクしたクライムサスペンス。残忍な手口で5人が殺害された事件が発生してから22年後、時効を迎えた犯人が手記を出版するために記者会見を開催。姿を現した曾根崎と名乗る男は、報道の加熱やSNSによって時の人となる。そして事件発生当初から犯人を追い続ける刑事・牧村(伊藤)もまた、その告白から始まる新たな事件に身を投じていく。  新ビジュアルは、新宿駅、東京駅、渋谷駅、池袋駅、秋葉原駅、新橋駅、横浜駅、大宮駅の駅貼りポスター、各路線の中吊り広告として使用される2種のパターンを組み合わせたもの。曾根崎の目元が黒線で隠されている衝撃的なデザインの上部パターンは、10日から既に掲出されており、小説版発売日の本日14日から下部の目隠しなしパターンに順次切り替わっていく。藤原は、自身がユニークな形でフィーチャーされた同ビジュアル(上部)を見て「カッコいいですね...more
in English
カテゴリー:

【鉄道】長野新幹線開業に貢献 E2系「あさま」車両、2017年3月で引退 碓氷峠、境界を克服 - 03月22日(水)07:42 

長野新幹線が持つ課題を克服し、その開業に貢献、オリンピック輸送などに活躍したE2系「あさま」車両が2017年3月、すべて引退することになりました。 最終日は3本の列車が運転される予定です。 北陸新幹線、20周年を目前に JR東日本が今年2017年、同社の新幹線各路線が開業35周年(東北・上越)や25周年(山形)を迎えることから、「新幹線YEAR2017」キャンペーンを実施します。 そうした記念の年、まもなくの3月31日(金)をもって、新しい道を切り開いたJR東日本の新幹線車両が引退します。長野新幹線「あさま」用のE2系です。 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

飲み頃は、高度10,000メートル。味覚の変化を逆算した「上空で楽しむビール」 - 04月20日(木)16:31 

飛行機での空の旅。上空では味覚に変化が起こるというのはよく聞くハナシ。どうやら高度と気圧が大きく関係しているようですが、まさかその変化した味覚に合わせて「空の上で最高においしい」を追求するなんて。この逆説的なアプローチで、上空35,000フィート(約10,000メートル)でもおいしいクラフトエール「ベッツィービール」の提供を開始したのが、キャセイパシフィック航空。上空でもおいしいクラフトビールの登場食都・香港を拠点にしているDNAからか、空の上で飲むビールにもこだわり抜いた、とのこと。気圧と高度の関係で、機内では味覚に変化が起こることに着目し、空の上でもおいしく飲めるようにと、香港のビールメーカーと共同開発したそうです。旅の始まりにふさわしい「記憶」に残る1杯を機内での味覚の変化に合わせて機内食を工夫する取り組みはこれまでにもありましたが、おいしいビールの味を追求する試みは、今回が初。上空での味覚は「地上の3割減」になると言われていて、ベッツィービールの開発時に意識したのが、・苦味を抑えるため、小麦の割合を増加・口当たりを良くするために、炭酸ガスを通常より10%増加・風味を感じやすくさせるために、こだわり抜いた原材料の配合・ビタミンBを保つために無濾過で製法これら4つのポイント。「伝統的醸造法とサイエンスを掛け合わせた」とのことで、特に配合で言うと、香港産とイギリス産の原材料、アロ...more
in English
カテゴリー:

藤原竜也演じるクズ男が都内をジャック - 04月17日(月)21:00 

藤原竜也・伊藤英明の初共演となる新感覚サスペンスエンターテインメント大作『22年目の告白―私が殺人犯です―』が6月10日(土)より全国公開となる。このたび、藤原演じる殺人犯:曾根崎雅人の衝撃的なビジュアルが都内をジャック。それに伴いキャラクター映像が公開になった。 22年前に起きた連続殺人事件。時効を迎え突然現れた“絶対に捕まらない殺人犯”の曾根崎。独自の殺しのルールを持ち、かつて5人もの命を奪った男を藤原が熱演する。 曾根崎は自分が犯した殺人事件の真相を綴った告白本を出版。大々的なサイン会を開いたり、メディアを引き連れて遺族のもとに謝罪に行くなど、世間を挑発していく。その一方で、その美しい容姿とカリスマ性から日本中で“曾根崎ブーム”を巻き起こしていく。 そんな藤原演じる曾根崎の目が隠され、劇中同様まるで本物の殺人犯のようなビジュアルが到着。これは編集者目線で描かれた小説版「22年目の告白-私が殺人犯です-」の発売にちなみ、4月10日から新宿駅、東京駅、渋谷駅、池袋駅、秋葉原駅、新橋駅、横浜駅、大宮駅と各路線の中吊り広告として掲出されたもの。まるで本物の殺人犯が手記をだしたようにも見えるリアルな広告に、思わず足を止める人や中には人だかりも。「一瞬リアルかと思った(笑)」という声も出ている中で、藤原本人も「カッコい...more
in English
カテゴリー:

藤原竜也、自身の衝撃ビジュアルを絶賛「家に飾りたい」 - 04月15日(土)00:00 

藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たした映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』(6月10日公開)の衝撃的なビジュアルが解禁。都内各所をジャックするキャンペーンが展開されていることがわかった。入江悠監督が手がける本作は、1995 年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人の犯人が、時効を迎えた22 年後、自身の殺人を告白した本の出版記者会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者を殺人の目撃者にする」残忍な犯行を繰り返した告白本の著者・曾根崎雅人(藤原)は、出版した本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22 年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道、SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。今回解禁されたのは、曾根崎の目が隠され、劇中同様まるで本物の殺人犯のように見えるビジュアル。これは編集者目線で描かれた小説版「22 年目の告白-私が殺人犯です-」が14日(金)に発売されたことにちなみ、10日(月)から新宿駅、東京駅、渋谷駅、池袋駅、秋葉原駅、新橋駅、横浜駅、大宮駅と各路線の中吊り広告として掲出されたもの。まるで本物の殺人犯が手記をだしたようにも見えるリアルな広告に、思わず足を止める人や中に...more
in English
カテゴリー:

藤原竜也、自身の“衝撃ビジュアル”を絶賛「家に飾りたい」 - 04月14日(金)19:05 

藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たした映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』(6月10日公開)の衝撃的なビジュアルが解禁。都内各所をジャックするキャンペーンが展開されていることがわかった。入江悠監督が手がける本作は、1995 年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人の犯人が、時効を迎えた22 年後、自身の殺人を告白した本の出版記者会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者を殺人の目撃者にする」残忍な犯行を繰り返した告白本の著者・曾根崎雅人(藤原)は、出版した本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22 年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道、SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。今回解禁されたのは、曾根崎の目が隠され、劇中同様まるで本物の殺人犯のように見えるビジュアル。これは編集者目線で描かれた小説版「22 年目の告白-私が殺人犯です-」が14日(金)に発売されたことにちなみ、10日(月)から新宿駅、東京駅、渋谷駅、池袋駅、秋葉原駅、新橋駅、横浜駅、大宮駅と各路線の中吊り広告として掲出されたもの。まるで本物の殺人犯が手記をだしたようにも見えるリアルな広告に、思わず足を止める人や中に...more
in English
カテゴリー:

「各路線」の画像

もっと見る

「各路線」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる