「各出版社」とは?

関連ニュース

「これが本当の炎上商法」 出版社が指示した内容を、作家本人が暴露 - 09月23日(土)10:11 

出版不況が叫ばれるいま、大々的なプロモーションを展開してみたり、書籍に付録を付けてみたりと、各出版社が工夫を凝らしています。 しかし「ある驚きの方法で、本の売上が伸びる」と暴露したのが、日本ミステリー小説界の巨匠、西村京 […]
カテゴリー:

旅人マリーシャの世界一周紀行:第159回「100ヵ国を制覇した旅人がグアムに行ったら普通の旅行が下手になっていた!」 - 09月21日(木)15:30 

さて、前回までのアフリカ縦断編では無事100ヵ国達成したので、ちょっとご褒美に楽ちんな“リゾ旅”してきました。 グアムです! 最近、ミサイルで話題になってしまっているのが悲しいですが、本来はビーチが売りの人々が愛するリゾート地。西太平洋に浮かぶ常夏の楽園です。 普段はバックパックを背負って個人旅行をしている私ですが、グアムなら格安ツアーのほうがお得なのでコロコロを転がして行ってきたよ~♪  …そしたら、なんと! 「私、“普通の旅行”が下手になっていました!」 (1)ESTA(電子ビザ)を持っているのに、入国審査の長蛇の列に並んでしまう  → 無駄な時間。 (2)入国カードを書くボールペンすら持ってなく、周囲の人に「ペンありますか?」攻撃 → これ結構、迷惑。 (3)盗まれる予感がしないので、一瞬だけパスポートをポケットに入れてたらバスに落とす → これはヤバイやつ。完全アウトです。 (4)スマホに夢中でバスに乗り遅れる → 時間の無駄。 (5)買物に夢中で最終バスにも乗り遅れる → タクシー代の無駄な出費。 ...more
カテゴリー:

650万部時代のジャンプ編集長が明かす 人気漫画の休載や打ち切りの舞台裏 - 09月23日(土)08:40 

 先日、週刊少年ジャンプの人気漫画『HUNTER×HUNTER』(冨樫義博)が、9月4日(月)発売号を最後に再び休載すると発表。ネット界隈では、季節の風物詩、様式美、休載再開などと言われ、ややネタ化している『HUNTER×HUNTER』休載問題。しかし、かつては休載が“タブー視”されている時代もあった。そこで、漫画家の働き方は昔と今とでどう変わったのか。人気漫画『北斗の拳』(原作:武論尊/漫画:原哲夫)や『シティーハンター』(北条司)を担当し、ジャンプの歴代最高部数653万部を記録した時代に編集長を務めた堀江信彦氏に、前・後編の2回に渡って話を聞いた。 【画像】『少年ジャンプ』伝説ヒーロー集結のビジュアル公開 ■週刊ジャンプが取り組んだ先進的なマーケティングとは?  週刊少年ジャンプでは、“友情・努力・勝利”を基本理念とした『ドラゴンボール』(鳥山明)などの王道とは別に、『珍遊記』(漫☆画太郎)や、『ボボボーボ・ボーボボ』(澤井啓夫)、『みどりのマキバオー』(つの丸)など、チャレンジ精神を感じる個性的な作品が多い。こうした自由な作風について堀江氏は、ジャンプが後発の雑誌であることが要因と語る。  「ジャンプは週刊少年マガジン(1959年創刊)、週刊少年サンデー(1959年創刊)に比べて後発です。他誌はジャンプ創刊時(1968年)、作家を持ってかれないようにと脇を固めていて...more
カテゴリー:

「各出版社」の画像

もっと見る

「各出版社」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる