「各エリア」とは?

関連ニュース

【京都】鶏ダシとカキの旨味が広がる!「霽レ空(はれそら)」の牡蠣煮干し麺 - 11月20日(月)12:00 

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)が毎年行っている、うまいラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」。今年もラーメンのプロ集団・百麺人と関西ウォーカー読者ファンが投票。関西各エリアのグランプリが決定した。京都新店部門では、「ラーメン霽レ空」が第1位に!<※情報はラーメンウォーカー関西2018(2017年10月6日発売号)より> 【写真を見る】「牡蠣煮干し麺」のタレは醤油をベースにカキや昆布などの魚介類を使用/ラーメン霽レ空 ■ カキの風味が贅沢に広がる魚介系コク旨ラーメン 「ラーメン霽レ空」はイタリアンや創作料理などさまざまな飲食店で修業した店主が2016年7月に開業。“変わった食材でラーメンを作りたい”という思いから独学で開発した看板メニュー「牡蠣煮干し麺」が評判を呼んでいる。丹波黒どりとカキの風味がブレンドされたスープとしなやかな中細麺は相性抜群。鶏ダシの旨味とカキのコクが堪能できる贅沢な一杯は、早くも常連客が生まれる人気ぶり。2016年は冬季限定の味噌ラーメンがメニューに登場し好評を博した同店では今後もシーズン限定メニューが登場予定。今後の動向に目が離せない要注目店だ。 「牡蠣煮干し麺」(780円)。丹波黒どりと国産どりを合わせた清湯ベースに、カキの旨味が効いた醤油をブレンドしたスープは中細麺との相性も抜群。カウンターに用意され...more
カテゴリー:

【京都】醤油ダレに九条ネギとチャーシューが鉄板!「新福菜館」の中華そば - 11月17日(金)16:00 

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)が毎年行っている、うまいラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」。今年もラーメンのプロ集団・百麺人と関西ウォーカー読者ファンが投票。関西各エリアのグランプリが決定した。その中で、京都総合部門第3位に「新福菜館 本店」がランクイン。<※情報はラーメンウォーカー関西2018(2017年10月6日発売号)より> 【写真を見る】タレは濃口醤油に数10種の素材をブレンドし、それを数時間寝かせるという秘伝の味/新福菜館 本店 ■ 醤油ダレの深い味わい 京都を代表する珠玉の一杯 1938年創業の京都を代表する中華そば専門店。「中華そば」は、秘伝の醤油ダレを使った褐色のスープと絶妙な歯応えの中太ストレート麺、さらに旨味抜群のチャーシューと彩り鮮やかな九条ねぎも相まって京都ラーメンの代名詞的存在だ。素朴なたたずまいながらも全く色あせない味は、全国のラーメンファンだけでなく地域住民からも愛されている。ラーメンと並ぶ人気メニューとしておなじみの「ヤキメシ」(500円)も必食。 「中華そば(並)」(700円)。醤油ダレと鶏ガラ・豚肉を使用した褐色のスープはコクがありながらマイルドな味わい。丼の中央で存在感を出す九条ねぎや麺をおおうチャーシューも食べ応え十分。 ■ラーメンデータ<麺>中太・角・ストレート/製麺所:近藤製麺所・...more
カテゴリー:

【絶景イルミ】新しい演出多数!梅田から御堂筋、なんばまでイルミネーション行脚 - 11月15日(水)18:00 

すっかり定番となったイルミネーションが、今年は新たな演出を加えたり、デザインを新しくしたり、さらに輝きを増して開催される。アクセス抜群の街なかで、いち早くクリスマス気分を満喫!<※情報は関西ウォーカー(2017年11月7日発売号)より> 【写真を見る】来場者の動作に合わせて照明演出が変化する作品/御堂筋イルミネーション2017 ■ 新しい演出に期待!「御堂筋イルミネーション2017」 全長約4kmにわたり、御堂筋が輝きに包まれる「御堂筋イルミネーション2017」。今年は新色を含む全8色の彩りが楽しめるほか、光のアーティストによるアート作品や、静止画プロジェクションマッピングなどのビルのカラー演出が新登場! 各線梅田駅からすぐの阪神前から梅田新道は新色「5色ミックス・水都ブルー」で色とりどりの輝きを放つ。 <沿道のアート作品にも注目!> 本願寺津村別院では、来場者の動作に合わせて照明演出が変化する作品などが楽しめる。 御堂筋グランタワーで、光り輝く巨大なクマの頭のバルーンと一緒に写真を撮ろう。 ■イルミDATA/期間:11月12日(日)から12月31日(日)まで 時間:17:00ごろ~23:00 電球数:非公開 ■御堂筋イルミネーション2017<会場:御堂筋(阪神前交差点から難波西口交差点) 電話:06-6910-1156> ■ 今年は赤一色!「GRAND WISH CHRISTMA...more
カテゴリー:

【兵庫】濃厚醤油に極太麺がクセになる!三田にあらわれた高井田系ラーメン「大金星」 - 11月15日(水)12:00 

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)が毎年行っている、うまいラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」。今年もラーメンのプロ集団・百麺人と関西ウォーカー読者ファンが投票。関西各エリアのグランプリが決定した。兵庫新店部門では、第3位に「大金星」がランクイン。<※情報はラーメンウォーカー関西2018(2017年10月6日発売号)より> 【写真を見る】自家製チャーシューは提供前にバーナーでしっかりと炙る/大金星 ■ 遠方からのファンも多数!醤油際立つブラックスープ 「大金星」はもともと、東大阪の近鉄布施駅近くに店を構えていたがファンに惜しまれつつも閉店。その後、新三田で復活をとげ、新たに三田に移転・リニューアルオープンした。東大阪時代から味を受け継ぐラーメンはファンの胃袋をつかんで離さず、当時のファンが遠方から食べに来るほど。「少しでも多くの人に」と、広くくつろげる店内に変わり、これからもこだわりの一杯を作り続ける。 「大金星ラーメン」(799円)。濃口醤油をベースに鶏と魚介の旨味をブレンドした高井田系ラーメン。濃い見た目ながら、あっさりしてコクがあるマイルドな味わいで幅広い層から人気を得ている。 ■ラーメンデータ<麺>太・丸・ストレート/製麺所:ミネヤ食品・130g<スープ>タレ=醤油 仕上油=鶏油/濃度:こってり○○●○○あっさり/種類:...more
カテゴリー:

【兵庫】ロカボ麺にコラーゲンたっぷりの鶏白湯でグランプリ!「汁そば処 ちょぼいち」 - 11月13日(月)12:00 

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)が毎年行っている、うまいラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」。今年もラーメンのプロ集団・百麺人と関西ウォーカー読者ファンが投票。関西各エリアのグランプリが決定した。兵庫新店部門で堂々の第1位に輝いたのは「汁そば処 ちょぼいち さんプラザ店」。<※情報はラーメンウォーカー関西2018(2017年10月6日発売号)より> 【写真を見る】完成までに1年を要した自慢のロカボ麺/汁そば処 ちょぼいち さんプラザ店 ■ 焼鳥店が作る博多水炊き風の鶏尽くしラーメン もともと三宮で焼鳥店を営んでいる「汁そば処 ちょぼいち さんプラザ店」の店主が、福岡旅行の際に食べた博多風水炊きのシメに出てきた中華麺を見て「焼鳥の食材を使って水炊き風のおいしいラーメンが作れるのでは」とひらめいたことが、ラーメンの開発を進めるきっかけに。鶏ガラ100%の濃厚かつスッキリとしたスープをベースに、具には水炊きをイメージし、ゴマ油で炒めた白菜、軟骨入りの鶏つくね、肉々しい噛み応えが絶品の鶏チャーシューをトッピング。今流行りの鶏白湯とは一線を画す、和の風味が広がる焼鳥店ならではの存在感ある鶏白湯ラーメンを完成させた。 「鶏がら白湯」(780円)。じっくり煮込んだ鶏ガラ100%のスープは、濃厚ながらもあと口がさわやかで見た目以上にあっさり。...more
カテゴリー:

【京都】これはラーメン!?でもやみつき!「アタウ」のペペロンチーノつけ麺 - 11月19日(日)12:00 

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)が毎年行っている、うまいラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」。今年もラーメンのプロ集団・百麺人と関西ウォーカー読者ファンが投票。関西各エリアのグランプリが決定した。その中で、京都新店部門第2位に「らー麺や アタウ」がランクイン。<※情報はラーメンウォーカー関西2018(2017年10月6日発売号)より> 青果店「八百淳商店」から仕入れた新鮮な九条ねぎを使用/らー麺や アタウ ■ ペペロンオイルが効いた新感覚のイタリアンつけ麺 「らー麺や アタウ」は青果店「八百淳商店」を営むオーナーの福永淳さんと調理師として活躍していた下井さんが出会い2016年12月にオープン。調理師としての経験と知識から生み出される独創的なラーメンはSNSでも話題になり、開業直後から多くの常連客を獲得した。トッピングの九条ねぎなどの各種野菜はオーナーが仕入れ時に厳選したものを使用。さらに真空低温調理でしっとり感を出したチャーシューも絶品。イタリアンやメキシコ料理をモチーフにした個性派から、鶏ダシの効いた王道まで多彩なメニュー展開がこれからも見逃せない! 「ペペロンチーノ塩白湯つけ麺」(900円)。ペペロンオイルをあえた麺を鶏と豚の旨味が出たつけ汁につける新感覚つけ麺。ニンニクとネギの風味が効いた麺と濃厚な塩白湯のつけ汁は想像以...more
カテゴリー:

【京都】麺が沈まないほどの濃厚スープ!「麺屋 極鶏」の鶏白湯ラーメン - 11月16日(木)15:00 

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)が毎年行っている、うまいラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」。今年もラーメンのプロ集団・百麺人と関西ウォーカー読者ファンが投票。関西各エリアのグランプリが決定した。その中で、京都総合部門第2位に「麺屋 極鶏」がランクイン。<※情報はラーメンウォーカー関西2018(2017年10月6日発売号)より> 【写真を見る】鶏ガラや鶏肉を約半日かけて煮込んだスープは臭みや雑味ゼロ/極鶏 ■ 鶏の旨味が凝縮された極上スープにやみつき! 2011年5月のオープン以来、ラーメン激戦区の一乗寺でひと際高い人気を誇る行列店「麺屋 極鶏」。関西の濃厚な鶏白湯スープの先駆け的な存在で、男女問わず連日多くのファンが集まる。臭みや雑味を取り除き旨味だけを閉じ込めた極上スープは門外不出。レシピはオーナーの今江公一さんのみぞ知る徹底ぶり。麺はスープのインパクトに負けないシコシコとした歯応え。濃厚スープと食感抜群の麺が好相性の、何度でも食べたくなる一杯だ。 「極鶏 鶏だく」(750円)。味わい深い鶏白湯スープは、麺が沈まないほどの濃度でありながら口当たりはなめらかで上品。厳選した唐辛子を使った「極鶏 赤だく」など全4種類の味がそろう。 ■ラーメンデータ<麺>中太・角・ストレート/製麺所:麺屋 棣鄂・120g<スープ>タレ=醤油 仕...more
カテゴリー:

【京都】総合部門1位!京都の鶏醤油清湯といえばココ!「らぁ麺 とうひち」 - 11月15日(水)15:00 

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)が毎年行っている、うまいラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」。今年もラーメンのプロ集団・百麺人と関西ウォーカー読者ファンが投票。関西各エリアのグランプリが決定!京都総合部門第1位には「らぁ麺 とうひち」が輝いた。<※情報はラーメンウォーカー関西2018(2017年10月6日発売号)より> 【写真を見る】トッピングは栃木産のブランドネギ「那須の白美人ネギ」を使用(右)/らぁ麺 とうひち ■ シャープ&芳醇なスープで激戦区を制した一杯 「らぁ麺 とうひち」は2015年のオープン以来、芳醇なスープとコシのある自家製麺が話題となり多くのファンを獲得した同店。2017年には調理・飲料水として逆浸透膜で高度浄化した純水を使用。スープは丹波黒どりと黒さつまどりの鶏ガラ、秋田比内地鶏の丸鶏と脂をブレンドし鶏ダシの厚みがさらに増した。またパンチの効いたスープに負けないコシとしなやかさを兼ね備えた麺の開発やブランドネギ「那須の白美人ネギ」を取り入れるなど、スープ、麺、トッピングがつねに進化。味のブラッシュアップを続ける店主は「今が理想の味に一番近い」と語る。 「鶏醤油らぁ麺」(750円)。スープは丹波黒どりの鶏ガラに秋田比内地鶏の丸鶏と脂、黒さつまどりの鶏ガラをブレンド。鶏ダシに合わせるのは3種の生揚げ醤油と5種類...more
カテゴリー:

【兵庫】しっとり鶏チャーシューと濃厚スープの相性抜群!「麺屋 武一」の鶏白湯そば - 11月14日(火)12:00 

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)が毎年行っている、うまいラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」。今年もラーメンのプロ集団・百麺人と関西ウォーカー読者ファンが投票。関西各エリアのグランプリが決定した。その中から、兵庫新店部門第2位に輝いたのは「濃厚鶏そば 麺屋 武一 神戸本店」。<※情報はラーメンウォーカー関西2018(2017年10月6日発売号)より> 【写真を見る】自慢のチャーシューは新鮮な鶏モモ肉を低温調理したもの/濃厚鶏そば 麺屋武一 神戸本店 ■ 濃厚なスープに溶け込む鶏の旨味を味わい尽くす 「濃厚鶏そば 麺屋 武一 神戸本店」は新橋に本店がある「麺屋 武一」からのれん分けした関西1号店。10時間煮込んで旨味を凝縮させた鶏ガラスープをベースに、醤油や塩、つけそばなど多彩なメニューが味わえる。一番人気の鶏白湯そばは、塩ダレを合わせた濃厚でコクのあるスープが中細の麺によく絡んだ一杯。トッピングのジューシーなつくねやしっとりとしたチャーシューも合わさって、まさに鶏を丸ごと堪能した気分に。「肉汁鶏餃子」(5個290円)などサイドメニューも充実している。 「濃厚鶏白湯そば」(780円)。コラーゲンたっぷりの濃厚鶏白湯スープに特製塩ダレが合わさったこってり系。スープ割も用意されているので、最後の一滴まで鶏の旨味を味わい尽くして。 ■...more
カテゴリー:

大自然に囲まれたアミューズメントパークで家族の思い出づくり! - 11月11日(土)11:10 

白樺湖の湖畔に広がるアミューズメントパーク「白樺リゾート 池の平ファミリーランド」。大きく3つのエリアに分かれ、アドベンチャーカートなどの乗り物で遊べる「くるくるの国」、カヌーなどの冒険を体験できる「すくすくの森」、ボートやゴルフを楽しめる「ふるふるの湖畔」など、各エリアに子供が喜ぶ多彩なアトラクションが用意されている。また、展望リフトで行く「黄金アカシアの丘」や、幻想的な芸術を集めた「世界の影絵・切り絵・ガラス・オルゴール美術館」は、大人も楽しめる施設として人気が高い。たっぷり遊んだ後は隣接する池の平ホテルの温泉施設に行けば、のんびりと露天風呂につかることもできる。 【写真を見る】2人でロープをひっぱると上昇する「くるくるタワー」は眺めも抜群 ■ 多彩な乗り物が魅力の「くるくるの国」 「くるくるの国」には、アドベンチャーカートやボブスターなど、スリル満点の乗り物から、ゾウ形の乗り物で空を飛ぶ「ポタのアラビアンツアー」やメリーゴーランドなど、小さい子供でも安心して楽しめる、さまざまな乗り物が揃う。また、遊具エリア「きっず×きっず」やビックリハウスなど雨の日でも遊べる施設が多いのも特徴。 ■ 白樺湖の大自然の中でアトラクションとスポーツを満喫! よりアクティブに遊びたければ「すくすくの森」へ行ってみよう。本格四輪バギーで芝コースを走る「アウトランダー&キッズバギー」や、木々の間の急流...more
カテゴリー:

もっと見る

「各エリア」の画像

もっと見る

「各エリア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる