「台湾南部」とは?

関連ニュース

台湾は親日というイメージが日本の自治体の間で強まってしまう 尖閣問題は無視するのか? - 04月30日(月)23:24  news

直近では17年12月に台湾南部・台南市が青森県や弘前市と友好交流の覚書を交わし、南部・高雄市も札幌市と観光交流の覚書を結んだ。  代表処幹部は「東日本大震災で台湾から200億円超の支援が寄せられたことで、 『台湾は親日だ』とのイメージが日本の自治体の間で強まったのが弾みになった」と分析する。 震災が起きた11年に日台が結んだ航空路線の規制を原則撤廃する「オープンスカイ協定」も後押しした。国土交通省に よると、11年から18年3月までに直行便の日本側の就航都市は10市から21市へ、旅客便数も週225便から...
»続きを読む
カテゴリー:

日本と台湾、友好協定を結ぶ自治体が急増 「親日的で最大のお得意様」 - 04月23日(月)20:40  news

国交なくとも交流活気 日本と台湾、自治体の友好協定急増 中国に配慮、経済や観光中心  国交のない日本と台湾で、近年、地方自治体同士の交流が活気づいている。経済や観光に関する友好交流協定などが急増し、 日本の自治体トップが台湾を訪れるケースも目立っている。流れが変わったのは、東日本大震災で台湾から多くの支援が 寄せられた2011年。親日的で地理的に近い台湾との交流は、観光客呼び込みや特産品輸出といった地域活性化につながる かもしれない--。日本側には、そんな期待もあるようだ。【台北・福岡静哉】...
»続きを読む
カテゴリー:

【地方自治体】台湾との友好協定急増 「台湾は親日だ」とのイメージが強まる - 04月29日(日)12:05  newsplus

台北駐日経済文化代表処によると、日台の自治体同士の友好交流協定や姉妹都市締結などは11年までで20件だった。 しかし震災を経た12年から急増し、今年1月には99件に達した。 直近では17年12月に台湾南部・台南市が青森県や弘前市と友好交流の覚書を交わし、南部・高雄市も札幌市と観光交流の覚書を結んだ。  代表処幹部は「東日本大震災で台湾から200億円超の支援が寄せられたことで、 『台湾は親日だ』とのイメージが日本の自治体の間で強まったのが弾みになった」と分析する。 日本からの特産品輸出も好調だ...
»続きを読む
カテゴリー:

「台湾南部」の画像

もっと見る

「台湾南部」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる