「台湾メディア」とは?

関連ニュース

【PC】パソコンの価格が当分上がり続ける見通し、中小メーカーに深刻な影響も - 03月27日(月)10:04 

http://buzzap.jp/news/20170325-pc-price-3q17/ パソコン利用者にとって、あまり良くないお知らせです。詳細は以下から。 台湾メディア「DIGITIMES」が業界関係者の話として報じたところによると、メーカー各社 は2017年第3四半期にIntelがKaby Lakeプロセッサのマイナーチェンジ版をリリースするのに合わせ、パソコンを値上げすることを検討しているそうです。 これはディスプレイ、DRAM、SSD、リチウムイオン電池といったパソコンに必要な部品が軒並み高騰していることを受けたもので、 LenovoやASUSといった大手各社は値上げ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

シャープの次は東芝半導体!「鴻海」劇場第2幕 - 03月16日(木)06:00 

 鴻海劇場の第2幕が上がろうとしている。台湾の鴻海精密工業は、昨年4月に3888億円を投じてシャープを買収したばかり。だが、“主役”の郭台銘会長(66)の目は、早くも次の標的を捉えているのだ。 「真剣に検討しています。一緒にいい仕事がしたい」  3月1日に中国広州で開かれた液晶パネル工場起工式の後、郭会長は東芝の半導体事業買収に触れ、その意欲を隠そうとはしなかった。半導体業界関係者によれば、 「東芝は、4月にも半導体事業を分社化して“新会社”を設立する予定です。東芝が得意とするのは、スマートフォンなどに内蔵されるNAND型フラッシュメモリ。新会社の企業価値は2兆円に上るとの試算もあり、株式の過半数を売却しただけでも債務超過を回避できるはずです」  当初、東芝は新会社の株式20%未満を売却する方針だった。しかし、買い手が“経営に関与できない”として売却交渉は難航。そこで売却比率を50%以上に引き上げ、条件次第では100%売却も視野に入れて交渉を行っている。 「半導体の価格は乱高下が激しい。ですが、NAND型フラッシュメモリは“最低5年は価格が高止まりする”といわれています。スマートフォンやUSB需要に加え、ハードディスクからNAND型フラッシュメモリへ切り替えるデータセンターからの大口需要が急増しているからです。恒常的な品薄状態で作れば作るだけ売れるし、当分の間は値崩れの不安もありま...more
in English
カテゴリー:

捜査情報漏えい 台湾・馬英九前総統を起訴 3/14 21:52更新 - 03月14日(火)21:52 

台湾の前総統・馬英九氏が在職中、事件の捜査情報を漏らした罪などで14日、起訴された。台湾メディアは、馬前総統が捜査情報を権力闘争に利用したなどと伝える。馬前総統は会見で「潔白だという自信がある」と述べ、あくまで通常業務だったなどと主張した。
in English
カテゴリー:

【音楽】<少女時代テヨン>中国から集中砲火、インスタグラムに「ロッテのキャンディーおいしい」 - 03月13日(月)12:18 

2017年3月11日、台湾メディアの東森新聞雲(ETtoday)によると、韓国のアイドルグループ、少女時代のリーダーのテヨンが、写真共有アプリのインスタグラムで、ロッテのキャンディーの写真を投稿し「おいしい」とコメントしたことで、中国のネットユーザーから集中砲火を浴びている。 中国から批判コメントが集中したのは、インスタグラムへの投稿が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)にも連動していたため。在韓米軍への高高度ミサイル防衛システム(THAAD)配備用地を提供することになったロッテグループを持ち上げていると誤解さ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【PC】「ノートパソコンに将来は無い、戦犯はMSとIntel」、メーカー幹部が悲壮感をあらわに★7 - 02月22日(水)21:06 

デスクトップパソコン市場が縮小の一途をたどる中、 まだなんとかなりそうな気がしていたノートパソコン市場も悲惨な状況に陥っていることが明らかになりました。 詳細は以下から。 台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、2016年に1940万台のノートパソコンを受注生産した世界3位の ODM(相手先ブランドで設計から製造までを手がけること)メーカー・Wistron代表のSimon Lin氏が、 ノートパソコン市場は危機に直面していると述べたそうです。 Lin氏は市場を牽引してきたIntelとマイクロソフトが長きにわたって革新をもたら...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【スマホ】「有機EL版Xperia」発売は困難か、アップルやサムスンなどがスマホ向け有機ELを独占へ - 03月16日(木)22:26 

http://buzzap.jp/news/20170316-smartphone-oled-panel-shotage/ 有機ELディスプレイ搭載の新型iPhoneが今年発売されるのを皮切りに、スマホメーカー各社が 深刻な有機ELパネル不足に陥ることが明らかになりました。詳細は以下から。 台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、2017~2018年のスマホ向け有機ELパネルの生産量の約70% をSamsungとAppleが消費(Samsungは56%、Appleは14%)するため、他のメーカーへの供給が制限されることになるそうです。 スマホ向け有機ELパネルはSamsungが最大手で、他社も参入する予定で...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

中国本土からのスパイは5000人=台湾安全保障当局 - 03月15日(水)14:43 

台湾の安全保障当局は、中国本土からの諜報員約5000人が、台湾で情報収集していると明かした。 「スパイの侵入は、軍に限定されず、国の民間機関も含まれている」と、安保関係者は匿名で台湾メディア・自由日報に明かした。
in English
カテゴリー:

【PC】12TB・16TB・18TBのHDDが続々発売へ、次世代技術で大容量化加速 - 03月13日(月)12:46 

http://buzzap.jp/news/20170312-12tb-16tb-18tb-hdd/ 現在国内で販売されている最大容量となる10TBモデルを大きく上回る、18TBのハードディスクがそう遠くないうちに発売されることが明らかになりました。 フラッシュメモリ高騰で大容量・低価格化がやや足踏みしている感があるSSDを尻目に、HDDはさらなる大容量化を進めるようです。詳細は以下から。 HDDメーカー・Seagateのグローバルセールスおよび販売戦略などを担当するシニアバイスプレジデント・B.S.Teh氏 が台湾メディア「DIGITIMES」に明かしたところによると、同社は現...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

台湾高速鉄道、日本の新幹線技術を中国に渡した模様 - 03月06日(月)19:56 

新幹線の技術が採用された台湾高速鉄道、基幹技術が中国側に流出か?=台湾報道  台湾メディアの自由時報は2月28日、台湾高速鉄道の運営会社の前副総裁が2016年11月、中国側と協力に向けた覚書を 「ひそかに」交わしていたと伝え、これによって台湾高速鉄道の基幹技術や資料が中国側に流出した可能性があると報じた。  報道によれば、台湾高速鉄道の運営会社の前副総裁は16年11月、中国政府系の研究機構である中国鉄道科学研究院と 技術やサービスに関する協力を行う旨の覚書を「ひそかに」締結したという。  ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【PC】「ノートパソコンに将来は無い、戦犯はMSとIntel」、メーカー幹部が悲壮感をあらわに★6 - 02月22日(水)08:58 

デスクトップパソコン市場が縮小の一途をたどる中、 まだなんとかなりそうな気がしていたノートパソコン市場も悲惨な状況に陥っていることが明らかになりました。 詳細は以下から。 台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、2016年に1940万台のノートパソコンを受注生産した世界3位の ODM(相手先ブランドで設計から製造までを手がけること)メーカー・Wistron代表のSimon Lin氏が、 ノートパソコン市場は危機に直面していると述べたそうです。 Lin氏は市場を牽引してきたIntelとマイクロソフトが長きにわたって革新をもたら...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「台湾メディア」の画像

もっと見る

「台湾メディア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる