「古谷一行」とは?

関連ニュース

実写版『鋼の錬金術師』に、とりあえずいろいろ言いたい人たち - 12月05日(火)11:45 

12月1日に公開となった映画『鋼の錬金術師』(実写版)、通称「ハガレン」。もともと人気漫画の実写化は何かと叩かれがちだが、なかでも熱烈的なファンや“信者”の多い同作の場合、実写化が発表された段階から、「絶対認めない!」「日本人がやるなんてありえない!」「イメージと違う」など、批判が殺到していた。さらに、原作者・荒川弘が映画版のストーリーに続く新作エピソードを描き上げた「鋼の錬金術師0[ゼロ]」が第1弾入場者特典として配布されることが発表されると、批判が殺到。試写会後にも、「胸糞悪い」「クソ映画」などの酷評が続出。おまけに、「Yahoo!映画」のレビューに、不自然な日本語で高評価のレビューが多数書き込まれたことから、「サクラ」疑惑まで持ち上がっていた。……とここまでは、全て公開前の話。しかし、いざ映画が公開されてみると、それまでバッシング一辺倒だった論調が一変、意見が真っ二つに分かれてきている。それどころか、意外に多いのが「酷いと聞いてたけど、ふつうに良い映画」「映画としては意外とよくできてる」という声。Twitter上の声を拾ってみよう。まずは公開初日、「ハガレン」のベストツイートとして長時間挙がっていたのが、このコメントだ。映画としては普通に面白い派「ハガレン実写という真理の扉から生還してきました。とりあえず…全然観れる映画じゃねえか!!むしろ頑張ってて面白いつまんないで言うと面...more
カテゴリー:

織田裕二、主演ドラマは「不条理な目に遭ったことがある人に見てほしい」 - 12月04日(月)19:27 

2018年1月14日(日)より、WOWOWプライムで放送される「連続ドラマW 監査役 野崎修平」(毎週日曜夜10:00-終了時間未定)のポスタービジュアルが公開された。 本作は、原作・周良貨、漫画・能田茂による経済漫画「監査役野崎修平」(集英社刊)を織田裕二主演でドラマ化。バブル経済が崩壊した1990年代末の日本を舞台に、強い正義感を持ち、人情の厚い主人公・野崎修平(織田)が、銀行内の不正を徹底究明すべく抵抗勢力に戦いを挑む。 公開されたポスタービジュアルには、主演の織田を筆頭に、切れ者の武闘派専務・武田真吾役の岸谷五朗、役員を目指す野心家・立川祥子役の松嶋菜々子、圧倒的な権力を持つ頭取・京極雅彦役の古谷一行と、脇を固める豪華キャスト陣の顔ぶれが並ぶ。 ドラマの放送に先立ち、12月1日からWOWOWプライムでメーキング映像を織り交ぜたミニ番組「『連続ドラマW 監査役 野崎修平』ミニガイド」を放送中。今後12月5日(火)夜11時55分ほか、2018年1月末までたびたび放送される予定だ。 また、同ドラマの特設サイトもリニューアルされ、出演者インタビューなどサイト独自のコンテンツが随時公開されていく。 特設サイトで公開中の「番組ミニガイド」動画では、織田をはじめメインキャストのインタビューを収録。織田は「(監査役の主人公が)同じ会社の人間を疑ったり、切らなきゃいけないというのは孤独」「...more
カテゴリー:

「古谷一行」の画像

もっと見る

「古谷一行」の動画

Wikipedia

古谷 一行(ふるや いっこう、1944年1月2日 - )は、日本俳優。本名:古谷 一行(ふるや かずゆき)。東京都出身。フロム・ファーストプロダクション所属。東京都立板橋高等学校中央大学法学部卒。

来歴・人物

中大在学中に俳優座の研修生から俳優生活を始める。以来、舞台以外にも、映画・テレビ番組方面でも活動を展開する。

主な作品に、1977年と翌年に毎日放送で放映された連続ドラマ横溝正史シリーズ、1983年よりTBSで2時間ドラマとしてシリーズ化された金田一作品などで、金田一作品では犬神家の一族などで金田一耕助役を一貫して演じ続けている。同作の原作者である横溝正史からは、金田一耕助を演ずる古谷は役のイメージに一番ピッタリだと言わし...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる