「古谷一行」とは?

関連ニュース

織田裕二、不条理と戦う男熱演誓う「覚悟して演じます」 - 10月10日(火)14:33 

 俳優の織田裕二が、WOWOWの『連続ドラマW 監査役 野崎修平』で主演を務めることが発表された。原作・周良貨氏、作画・能田茂氏による経済漫画『監査役野崎修平』(集英社)を連続ドラマ化。織田は「僕が演じる野崎修平は不条理と戦う男です。でも彼は市井に生きる普通の男です。その男が勇気を出して行動する事によって、周囲の一人ひとりを変え、やがて大きな組織すらも変えられる力になる。というメッセージがこのドラマの一番の見どころです。個性豊かな登場人物も多く、各話で大変なイベントがあり、僕も覚悟して演じています」と、意気込みを伝えている。 【写真】『株価暴落』では中間管理職を演じた織田裕二  主人公、野崎の肩書きである「監査役」とは、取締役の職務執行が正しく行なわれているかどうかを監査する役職。物語の舞台はバブル経済が崩壊し、金融当局が従来の政策を大転換させる“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末。当時の日本社会では、不良債権をひた隠す銀行、汚職に手を染めてでも権力を欲する政治家、株主総会にのさばる総会屋が幅を利かせ、まさに金と権力が渦巻いていた。そんな時代において、正義を貫こうとするひとりの銀行員・野崎修平の奮闘を描いていく。  織田が同局のオリジナルドラマに出演するのは2014年10月放送の『連続ドラマW 株価暴落』(原作:池井戸潤)以来、2度目となる。「前回と同じ銀行員...more
カテゴリー:

[織田裕二]銀行の悪を暴く“熱血監査役”に WOWOWドラマで岸谷五朗、古谷一行と初共演 - 10月08日(日)06:00 

 俳優の織田裕二さんが、WOWOWの「連続ドラマW 監査役 野崎修平」に主演することが8日、明らかになった。人気経済マンガが原作で、織田さんは持ち前の熱い正義感と人情、冷静な判断力で銀行の“悪”を暴いていく大手銀行の監査役・野崎修平を演じる。さ ……
カテゴリー:

【ドラマ】<NHK>「ひよっこ」朝ドラ史に新しい風...地味ヒロインの成功!「おしん」と似て非なる点 - 10月01日(日)08:04  mnewsplus

脚本家の岡田惠和氏(58)が心温まる世界を紡ぎ出し、半年間にわたって日本の朝を彩ったNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜前8・00)は9月30日に最終回(第156話)。インターネット上には放送終了を惜しむ“ひよっこロス”が広がった。近年多かった朝ドラ王道パターンの「ある職業を目指すヒロイン」「偉業を成し遂げる女性の一代記」とは異なり、実在の人物をモデルにしないオリジナル作品。派手さはなくとも、視聴者の心をつかんで離さなかった理由は何なのか。「みんなの朝ドラ」(講談社現代新書)などの著書で知...
»続きを読む
カテゴリー:

[織田裕二]銀行の悪を暴く“熱血監査役”に WOWOWドラマで岸谷五朗、古谷一行と初共演 - 10月08日(日)06:00 

 俳優の織田裕二さんが、WOWOWの「連続ドラマW 監査役 野崎修平」に主演することが8日、明らかになった。人気経済マンガが原作で、織田さんは持ち前の熱い正義感と人情、冷静な判断力で銀行の“悪”を暴いていく大手銀行の監査役・野崎修平を演じる。さ ……
カテゴリー:

[織田裕二]銀行の悪を暴く“熱血監査役”に WOWOWドラマで岸谷五朗、古谷一行と初共演 - 10月08日(日)06:00 

 俳優の織田裕二さんが、WOWOWの「連続ドラマW 監査役 野崎修平」に主演することが8日、明らかになった。人気経済マンガが原作で、織田さんは持ち前の熱い正義感と人情、冷静な判断力で銀行の“悪”を暴いていく大手銀行の監査役・野崎修平を演じる。さ ……
カテゴリー:

「古谷一行」の画像

もっと見る

「古谷一行」の動画

Wikipedia

古谷 一行(ふるや いっこう、1944年1月2日 - )は、日本俳優。本名:古谷 一行(ふるや かずゆき)。東京都出身。フロム・ファーストプロダクション所属。東京都立板橋高等学校中央大学法学部卒。

来歴・人物

中大在学中に俳優座の研修生から俳優生活を始める。以来、舞台以外にも、映画・テレビ番組方面でも活動を展開する。

主な作品に、1977年と翌年に毎日放送で放映された連続ドラマ横溝正史シリーズ、1983年よりTBSで2時間ドラマとしてシリーズ化された金田一作品などで、金田一作品では犬神家の一族などで金田一耕助役を一貫して演じ続けている。同作の原作者である横溝正史からは、金田一耕助を演ずる古谷は役のイメージに一番ピッタリだと言わし...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる