「古谷一行」とは?

関連ニュース

「ひよっこ」117話。実も宗男もうなされる、茂おじいちゃんは大丈夫か - 08月17日(木)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第20週「さて、問題です」第117回 8月16日(水)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:松木健祐117話はこんな話奥茨城村に戻った実(沢村一樹)は、1ヶ月が経過し、だいぶ故郷での暮らしにも慣れてきた。 蘇る実116回で、痛快な、クイズ番組での豊子(藤野涼子)の活躍を描いた翌日は、しっとり回。実の話に戻る。だいぶ、元の生活に戻った実の元に、綿引正義(竜星涼)が訊ねて来て、出稼ぎしていた頃の実の様子を語って聞かせる。正義が、熱心に聞き込み調査を繰り返していたことが、ここで生きる。記憶をなくした実に、実の働いていた時の記憶を手渡せたのだ。勉強して知識を増やしていくように、実は過去の自分の記憶を再インストールしていく。妻・美代子(木村佳乃)には、実が行方不明になった時の、美代子の行動や心境について聞く。これは、本来、実が知っていて当然のことではない。美代子の状況だから。でも、記憶を失ったことをきっかけに、自分がいない時、家族が何を思い、どう行動していたか、知ることになるという、言ってみれば、一度崩壊した家族を再生する試みになっている。やっぱり、話し合うことが大切。意見をぶつけ合うのではなく、ただただ、相手の話を聞いて、相手を知ること。そうすることで、新たな自分の在り方も見えてくる・・・かも...more
カテゴリー:

「ひよっこ」113話。田植えのやり方はカラダが覚えていた - 08月12日(土)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第19週「ただいま。おかえり。」第113回 8月11日(金)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎 博113話はこんな話雨の中、田植えがはじまった。手際よく苗を植える実(沢村一樹)を見て、家族は目を見張る。 笑って忘れる田植えだけで15分。この牧歌的なパターンは、「ひよっこ」では土曜日によくあること。113回は金曜日だが、祝日、3連休のはじまりの日なので、なっとくだ。家の傍らに、鯉のぼりがあって、5月らしさがそこにも出ていた。美術スタッフの細かい仕事が、故郷をより素敵なものに見せていた。「まだお父ちゃんには戻ってねえんだ」 そうちよ子(宮原和)が言うように、実は、弟の宗男(峯田和伸)のこともわからないし、きよ(柴田理恵)に初恋の相手だと冗談を言われても否定もできない。でも、自転車や水泳は一回覚えたら忘れないというのと同じく、田植えのやり方はカラダが覚えていた。「いいんだよ笑っちまえば」と豪快に笑い飛ばすきよ。「私だってさできることなら全部忘れちまいたよ、嫁に来てからのこと」と続ける君子(羽田美智子)。そういえば、以前、君子は、祭りの勢いで結婚してしまったらしきことをこぼしていたっけ。17話レビュー「強いね茨城の女は」とみね子がしみじみするが、女たちは、とにかく笑う。女たちの笑い声や...more
カテゴリー:

「ひよっこ」111話。神回続きだし視聴率もいいし、ツッコむところはないけれど - 08月10日(木)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第19週「ただいま。おかえり。」第111回 8月9日(水)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎 博111話はこんな話みね子(有村架純)は実(沢村一樹)と連れ立って奥茨城に帰って来た。エンディングの声がひよこからニワトリにドラマのエンディングである、視聴者からの昭和の写真紹介コーナー「昭和とりっぷ」では、「ぴよぴよ」とひよこの声が鳴く。それが、111回では、ニワトリの声に変わっていた。鳴き声チェンジは、今回がはじめてではなく、7月19日(水)の93回、みね子が恋に夢中になっている時も、ニワトリの声だった。他にも違った回がなかったか、今回、オンデマンドで全話のエンディングを見返したが、93回と111回の2回のみだった。このニワトリの鳴き声、幸福の声なのではないか。というのは、鳴き声がひよこでなく、ニワトリだった93回の視聴率は19.8%だったものの、それ以降、再び鳴き声が変わった111回の前話110回(8月8日放送)までの17話分、「ひよっこ」の視聴率は、すべて20%を超えているのだ。しかも、110回の視聴率は23.7%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)と自己ベストを更新。まるで、ニワトリに成長した声と共に、ドラマも羽ばたいているようではないか。嬉しい再会の前に2年と8ヶ月ぶりの地元。...more
カテゴリー:

「ひよっこ」110話「寝歌」「寝踊り」の巧さ - 08月09日(水)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第19週「ただいま。おかえり。」第110回 8月8日(火)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎 博連109話はこんな話実(沢村一樹)が「奥茨城に帰ってみっかな」と言い出した。110回で特筆すべきは、愛子(和久井映見)の「寝歌」と、富(白石加代子)の「寝踊り」。……ではなくて、みね子が、「私が話せるのは父親としての谷田部実さんだよ」と言い、他にもたくさんあって、生まれてから大人になるまでは、父の茂(古谷一行)や弟の宗男(峯田和伸)しかわからず、男の人としての谷田部実は、妻の美代子(木村佳乃)にしかわからない、と深い考えを見せるところだ。「そう思ったんだよね。話しててさ」と。ドラマや映画や舞台を作った人や、観た人が、人間とは多面体である、ということを描きたかったと創作意図を語ったり、そういうことを感じたと観た感想を述べたりすることはままあるところを、ドラマの中で登場人物に語らせてしまった。その考え方でいくと、それまでの記憶を失って、女優・世津子(菅野美穂)と暮らしていた雨男の一面もあって、それは世津子しか知らないということにも行き着く。みね子は、そんなところまで思いを巡らせる聡明さをもっている。そして、それは、そういうふうに思うことで、彼女の知らない2年半の実がいることを正当化するし...more
カテゴリー:

【芸能】有村架純主演の朝ドラ「ひよっこ」20・0% 5回連続の大台超え - 07月26日(水)10:29  mnewsplus

有村架純主演の朝ドラ「ひよっこ」20・0% 5回連続の大台超え (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000089-sph-ent 7/26(水) 10:25配信  25日に放送された女優・有村架純(24)主演のNHK総合の朝の連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜・前8時)第98話の平均視聴率が20・0%だったことが26日、分かった。  今月4日に、これまでの最高記録20・9%を0・5ポイント上回る同ドラマ最高視聴率となる21・4%を記録。好調持続で今回も5回連続の大台超えと...
»続きを読む
カテゴリー:

【ひよっこ通信(20)】みね子、乙女寮メンバーと再会! クイズ番組にくぎ付け!? - 08月14日(月)07:15 

ついに実(沢村一樹)が奥茨城村に帰郷するという、歴史的瞬間を迎えた有村架純主演の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。前回の本通信で最高視聴率を更新したと伝えたばかりだが、早速その数字も超えて見せ、23.7%という数字をたたき出すなど、確実に日本列島は“ひよっこ熱”に包まれた感がある。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区) 【写真を見る】沢村一樹から有村架純へのぎこちない“頬ムギュ”シーンも大反響!/(C)NHK 8月7日からの第19週では、みね子(有村)と父・実が田植えの季節に合わせて奥茨城村に帰るというシーンが描かれた。実が茨城に戻ってすぐ、久々に乗車したバスでの車掌・次郎(松尾諭)とのやりとりや、実の父・茂(古谷一行)ら谷田部家の家族との久々の一家団らん。 そして、田植えシーンでの弟・宗男(峯田和伸)とのハグに、柴田理恵扮(ふん)する角谷きよによる「初恋の相手ネタ」など、谷田部家を取り巻く全ての人々による温かなまなざしと気遣いが実を優しく包み込み、みね子はもちろん、美代子(木村佳乃)も、そしてひよっこ記者も感激しきりだったべ。 本作のあらすじを毎週紹介する連載「ひよっこ通信」。今回は第20週『さて、問題です』の第115~119回までの1週間をまとめて予習する。 そんな中、ひよっこ記者が気になった人物は、みね子の妹&弟コンビ・ちよ子...more
カテゴリー:

「ひよっこ」112話。お父ちゃん、帰郷して「谷田部実」という人生とに向き合う - 08月11日(金)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第19週「ただいま。おかえり。」第112回 8月10日(木)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎 博112話はこんな話明日は田植え。「新しい年のはじまりみてえなもんだ、明日は」実(沢村一樹)が良いタイミングで帰って来たと、茂(古谷一行)はあたたかい言葉をかける。田植えの日はあいにく雨だった「やっぱしお父ちゃんはお父ちゃんだよ。違う人になったわけじゃないよ」とみね子(有村架純)は美代子(木村佳乃)を励ます。浴衣はぴったりだし、好物のきんぴらごぼうを美味しく感じるし、実のカラダには記憶が残っている。みね子(有村架純)が実と再会した日は、土砂降りで(103話)、実が故郷に帰って田植えをする日も雨。世津子に拾われた日も雨で、やっぱり実は、記憶を失っている間は「雨男」なのか。おそらく、田植えのロケ日があいにくの雨で、でも他の日に変更ができないため、強行したと想像する。逆に、雨で自然がみずみずしく見えた上に、レインコートを着て作業する谷田部家の人たちに、いっそう愛おしさが募った。それに、雨もないと、作物は育たない。雨降って地固まるとも言う。今回の雨は、恵みの雨のような気がした。 実は故郷の良さを再認識する役割を担っている記憶喪失中、実は「雨男(あめお)」と呼ばれていた。田植えに出かける前、茂...more
カテゴリー:

「ひよっこの夏」到来!? 沢村一樹父ちゃんの帰郷決意でまたも最高視聴率更新! - 08月09日(水)14:05 

8月8日に放送された、有村架純主演の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15、NHK総合ほか)の第110回が、平均視聴率23.7%を記録。これまで最高だった8月2日の第105回の23.5%を上回り、またまた最高を更新した。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区) 【写真を見る】実(沢村一樹)と父・茂(古谷一行)の“父子”再会シーンも「朝から泣けた」と大反響!/(C)NHK 第110回は、実(沢村一樹)と暮らし始めたみね子(有村)が、“記憶をなくす前の父”はどんな人だったのか、ゆっくり時間をかけて実に伝える姿が描かれた。 その話を聞いて、実が「奥茨城に帰ってみようかな」と言い、ちょうど田植えの季節というのもあって、みね子は一緒に帰ることを決意。 ただ、みね子は先輩・高子(佐藤仁美)も店を辞めた今、人手不足の中で休むのは申し訳ないと勝手に気を使っていると、鈴子(宮本信子)や省吾(佐々木蔵之介)から「大切な仲間のためだから」と快く送り出される…というストーリーだった。 くしくも気温が上昇するにつれて、エンジン全開になってきた感のある「ひよっこ」。 8月に入ってからは、これまでとは趣の異なる盛り上がり方を見せており、長い間、みね子たちにとっては生きているのかすらも分からなかった父が、人気女優・世津子(菅野美穂)にかくまわれているという予想もしない状況に加え、記憶喪失で家族...more
カテゴリー:

【ひよっこ通信(19)】実が帰郷を決断! 初めて見る光景はどう映る? - 08月07日(月)07:15 

美代子(木村佳乃)がいよいよ実(沢村一樹)と再会するという、大きな局面を迎えた有村架純主演の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。視聴率も23.5%という過去最高の数字(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)を残すなど、いよいよ“ひよっこ”が大きな羽で羽ばたきそうだ。 【写真を見る】美代子(木村佳乃)と実(沢村)が久々の再会を果たした名シーン!/(C)NHK 7月31日からの第18週では、みね子(有村)からの手紙を受け取った美代子が、単身東京に行くことを決意し、みね子と共に実が暮らす世津子(菅野美穂)の家を訪れるという重要な場面が描かれた。 緊張と不安で押しつぶされそうな面持ちで世津子宅へと向かった美代子だが、夫の顔を見るなり、安心しつつも、のうのうと夫と暮らしてきた世津子に対してふつふつと怒りがこみ上げ、「どうして警察に連絡しなかったのか」と、強い口調で糾弾。 「いばらぎじゃなくて、いばらきです!」のとき以上に強い“魂の叫び”に、対峙(たいじ)した世津子はもちろん、実もみね子ですらも圧倒されたように見えたべな。 それでも、やられっ放しじゃないのが世津子のすごさであり、演じた菅野の演技も心にズシンと響く何かがあったべ。 自分も実のことが好きになっていったという心理描写を少ないせりふで表現したかと思えば、自分とは一緒に暮らせないと悟るや、実...more
カテゴリー:

「古谷一行」の画像

もっと見る

「古谷一行」の動画

Wikipedia

古谷 一行(ふるや いっこう、1944年1月2日 - )は、日本俳優。本名:古谷 一行(ふるや かずゆき)。東京都出身。フロム・ファーストプロダクション所属。東京都立板橋高等学校中央大学法学部卒。

来歴・人物

中大在学中に俳優座の研修生から俳優生活を始める。以来、舞台以外にも、映画・テレビ番組方面でも活動を展開する。

主な作品に、1977年と翌年に毎日放送で放映された連続ドラマ横溝正史シリーズ、1983年よりTBSで2時間ドラマとしてシリーズ化された金田一作品などで、金田一作品では犬神家の一族などで金田一耕助役を一貫して演じ続けている。同作の原作者である横溝正史からは、金田一耕助を演ずる古谷は役のイメージに一番ピッタリだと言わし...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる