「古舘寛治」とは?

関連ニュース

元SMAP映画に山内ケンジ監督起用で静岡県民が熱狂する理由 - 12月14日(木)21:00 

12月14日、元SMAPの稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が立ち上げた共同サイト『新しい地図』で、映画『クソ野郎と美しき世界』のメガホンを取る4人の監督が発表された。 映画監督の園子温(55)と山内ケンジ(59)、爆笑問題の太田光(52)、映像ディレクターの児玉裕一(42)の4人が、1作ずつ短編オムニバス作品の監督・脚本を担当するという。なかでも山内氏の起用に、Twitter上では《静岡県民ならワクワクするの間違いない!》と熱狂の声が上がっている。その理由とは――。 山内氏は電通映画社出身で、CMを中心にテレビドラマ、ショートフィルム、WEBドラマなどを手がけてきた。'04年には演劇プロデュース・ユニット「城山羊の会」を結成し、'15年には“演劇界の芥川賞”とも呼ばれる岸田國士戯曲賞を受賞。ジャンルを超えた活躍を続けている。 そんな山内氏が長年手がけているのが、静岡県に本社を置くパチンコチェーン「コンコルド」のCM。 俳優の古舘寛治(49)らが「コンコルド人間♪ 略してコンコルゲン(パヤパヤ♪)」とひたすら歌うだけの作品や、人間とは少し違う存在“コンコルゲン”や悪を食う動物“パヤ”をめぐるストーリーなど、パチンコとは全く関係のないシュールなCMが静岡県民を虜にしてきたのだ。 山内氏...more
カテゴリー:

松岡茉優、渡辺大知のサプライズ歌唱に感激!「抱きしめられた気持ち」 - 12月06日(水)00:00 

 芥川賞作家・綿矢りさ氏による小説を松岡茉優の主演で映画化する「勝手にふるえてろ」の特別上映会が12月5日、東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、松岡のほか、共演の渡辺大知、石橋杏奈、北村匠海、古舘寛治、片桐はいり、メガホンをとった大九明子監督が上映前の舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】松岡茉優、その他の写真はこちら  大九監督が松岡と3度目のタッグを組んだラブコメディ。恋愛ド素人のOL・ヨシカ(松岡)が、10年間片思いしている男性・イチ(北村)との“妄想の恋”と、突然付き合うことになった会社の同期・ニ(渡辺大知)との“現実の恋”との狭間で、悩み傷つきながら成長していく姿を映し出す。「台本を読んだ時点で大久節がさく裂していると思った」と話す片桐から、「かなり(役を)つくられたんですか?」と質問された松岡は「(自分は)ほぼヨシカです」と告白。さらに「毎日頑張っている子、そしてキラキラしている女子、彼女たちをウザいと感じている女の子全員が、ヨシカ的な要素を持っていると思うんです。だからこそ共感してもらえて、ヨシカに思いをのせてスカっとしてもらえるはず」とアピールしていた。  今年を表す漢字1文字を問われた松岡は、本作が第30回東京国際映画祭のコンペティション部門で観客賞を受賞したことにちなみ「観」の字を掲げた。観客賞の特別上映では客席から作品を見ていたようで「先輩方が舞...more
カテゴリー:

『8年越しの花嫁』佐藤健の新場面写真解禁 自撮りに込められた思いとは - 12月08日(金)15:00 

 俳優の佐藤健と土屋太鳳がW主演する映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(16日公開)より、佐藤演じる尚志が自撮りする姿を写した場面写真が8日、ORICON NEWSに到着した。 【写真】ヘルメットを被って自撮りする佐藤健  同作は、YouTubeに投稿された動画をきっかけに数々のメディアで取り上げられた、あるカップルに起きた実話を映画化。目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらも彼女を思い続ける尚志を佐藤、病と闘う麻衣を土屋が演じている。  公開された場面写真は、尚志が携帯を自分に向けて撮影をしているシーンの2点。優しい表情で携帯カメラに向かって笑いかけ、それぞれ別のシチュエーションで登場する“自撮り”は、作品において重要なカギを握る。果たして、尚志が撮影しているこの動画はいったいどんな内容なのか。その行動に込められた思いは、劇場で明らかになる。  そのほか、北村一輝、浜野謙太、中村ゆり、堀部圭亮、古舘寛治、杉本哲太、薬師丸ひろ子らが出演。監督は、『64-ロクヨン-前編/後編』(16年)などの瀬々敬久氏が務めた。 【関連記事】 【写真】ファン歓喜!握手を交わす佐藤健 【写真】土屋太鳳の手を取りエスコートする佐藤健 【貴重写真】8年前… フレッシュな佐藤健&土屋太鳳 【写真】土屋太鳳、タイトなワンピースでアクティブな表情 貴重なキャップ姿も 佐藤健、結婚は「10...more
カテゴリー:

松岡茉優、今年の漢字は観 渡辺大知の生歌には「抱きしめられた気持ちがしました」 - 12月05日(火)21:37 

 女優の松岡茉優が、5日に都内で開催された主演映画『勝手にふるえてろ』の特別上映イベントに、渡辺大知(黒猫チェルシー)、石橋杏奈、北村匠海、古舘寛治、片桐はいり、大久明子監督と共に出席。松岡は本作が第30回東京国際映画祭で観客賞に輝き、特別上映が行われたことを振り返り、「私にとっても特別なものでした」と思いを語った。【関連】『勝手にふるえてろ』特別上映会フォトギャラリー 綿矢りさによる同名小説を実写化した本作は、24歳まで片思いしか恋愛経験がないOL・ヨシカ(松岡)が、突然交際を申し込んできた会社の同期・ニ(渡辺)と、“脳内片思い”を10年間続けている中学時代の同級生・イチ(北村)との間で揺れる姿を描く。 今年の漢字を1文字で表すというお題を受けた松岡は、本作が観客賞、そして個人としては東京ジェムストーン賞を獲得した第30回東京国際映画祭での特別上映を振り返りつつ、「観」という2文字を披露。「(先輩俳優で)舞台挨拶で隣とかに立っているときに、『お客様に届いて、映画は初めて映画になるんです』という風に言っている方がたくさんいて、なるほどとは思っていたんですけども、意味は分かっても実感はなくて。でも客席で見たときに、私が想像していなかったところで笑っていただいたり、泣いてもらったり。お顔は見えなくても、空気で、この映画を感じ取ってくださっているっていうのがわかりました」としみじみ。 続...more
カテゴリー:

「古舘寛治」の画像

もっと見る

「古舘寛治」の動画

Wikipedia

古舘 寛治(ふるたち かんじ、1968年3月23日 - )は、日本の俳優。大阪府堺市出身。ザッコ所属。

略歴

ニューヨークで演技を学び、青年団に入団。沖田修一山内ケンジ監督作品の常連俳優で、個性的な役柄を演じている。

2012年から2016年まで山内が演出しているパチンコ・コンコルドのCM(静岡県ローカル)にコンコルゲン(コンコルド人間の略)として出演していた。

主な出演作品 映画

2003年

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる