「古民家」とは?

関連ニュース

淡路島の穴場は洲本!? 野生ザルの楽園と絶景温泉宿が全力で癒やしてくれる - 10月18日(水)11:02 

●洲本城の天守は絶景とよく似合う--歴史を語る赤レンガの建物群も 6月に阪急交通社が発表した「全国の離島ランキング」第6位にランクインした淡路島。淡路島の平成27年度の観光入込客数は1,372万人(兵庫県観光客動態調査より)となっている。遠くからわざわざ出かけるなら島の中央部、洲本温泉を有し、島内随一の宿泊客数を誇る洲本市がオススメ。今回は、知られざる穴場・洲本の魅力をたっぷり紹介しよう。 ○洲本ってどんなところ? 淡路島は瀬戸内海で最大の島であり、関西では花や渦潮、温泉や海水浴等が人気の観光地だ。一方、関東からの観光入込客の比率はやや低く、東京ではまだまだその魅力を知らない人もいる。淡路島は淡路市、洲本市、南あわじ市の3市からなる。離島としての面積では国内第4位、琵琶湖に匹敵する大きさを誇り、地域によって個性や魅力も異なる。 島北部から中央部に位置する淡路市では、雄大な明石海峡大橋と瀬戸内海を一望できる「淡路ハイウェイオアシス」や、パワースポットの「伊弉諾(いざなぎ)神宮」がある。島南部の鳴門海峡に面す南あわじ市では、クルーズ船から間近に眺められる「渦潮観光」や、淡路産のタマネギを使った全国ご当地バーガーグランプリ受賞の「あわじ島バーガー」が人気だ。 いずれも一度ゆっくり訪れてみたいが、その中でも洲本市をオススメするのは、ここには「ミシュランガイド兵庫2016特別版」にも...more
カテゴリー:

少食の僕が唯一おかわりをしていた、霧島の山奥にある「そば屋」 - 10月16日(月)16:59 

遠い、だから美味い。芋焼酎の銘柄で知られている「霧島」の地に、宮崎を訪れた友人を必ず連れて行く手打ちそばのお店がある。「美味い、もう一丁!」宮崎と鹿児島の県境、霧島で営業するそば屋「がまこう庵」。霧島連山の麓に佇むお店では、美味しいそばを味わうことも、古民家の落ち着いた雰囲気でほっとひと息つくこともできる。「ごちそうさま!山奥へ来た甲斐があったよ」。僕の独断で車に乗せられ、曲がりくねった山道の車中を耐え抜いた友人たちは、あっという間に食べ終わり、口を揃えて言う。ふと気づくと「食べきれない」なんて言っていた女子学生も、ペロリと大盛りを平らげている。ここは両県の中心部から車で80分と、少し離れた場所にあるけれど、だからこそ、ついたくさん食べたくなるほどの「こだわりのそば」が生まれるのである。温度差が活きる、そば作りがまこう庵のある霧島盆地では、昼夜の温度差が大きく、良質で香り高いそばを育てることができる、まさにそば栽培に適した場所。そんな環境を活かして生産された原料から、もちろん製法までこだわる。例えば、そばは熱に敏感な食材だけど、ここでは香りが失われないように摩擦熱の少ない「石臼」を使い、きめ細かい自家製のそば粉を作る。石臼挽きの自家製そば粉を使って、湧き水で打つこだわりのそばは、霧島連山の「恵み」に囲まれた「がまこう庵」でしか食べることのできない一品なのだ。「おかわりください」。1...more
カテゴリー:

【秋の1dayトリップ】つり橋上で紅葉絶景と一体化!茨城・花貫渓谷の旅 - 10月13日(金)15:00 

日本全国、紅葉絶景は多々あれど、今回ご紹介する茨城・花貫(はなぬき)渓谷での紅葉狩りは特に印象に残るはず。渓谷にかかるつり橋の上では、周囲の山々が錦色に彩られ、美しいモミジが足元を覆い、自分が絶景の一部になったような気分に。周囲の蕎麦名店などでランチしつつ、秋の休日を満喫しよう。 慈久庵店主の小川さんが丁寧に作る蕎麦料理は、ぜひ食べたい ■ 360度紅葉に包まれる幻想体験にうっとり まずは、今回のメインスポットである高萩市・花貫渓谷(高萩市)へ。こちらは花園花貫県立自然公園にある渓谷で、大小さまざまな淵と滝が連なり、景勝地としてとても有名。長さ60mの汐見滝吊り橋は、錦色に染まったモミジが絨毯のように敷き詰められ、周囲の紅葉景色と橋がまさに一体に!つり橋を渡って花貫川沿いに進むとモミジ並木があり、こちらの紅葉も見事だ。 散策でお腹が減ってきたら、常陸一の蕎麦の名店・慈久庵(じきゅうあん・常陸太田市)で、ヘルシーランチを。こちらは、蕎麦栽培から手がけるこだわりの店。自家製粉の粗挽き蕎麦は、喉越しと風味が素晴らしい。すべての工程を店主の小川さんが1人で行うため、時間と気持ちに余裕を持って来店しよう。 ■ 本州一長いつり橋で度胸試し&古民家でノスタルジックなひとときを 今回の1dayトリップで、ある意味一番思い出に残りそうなスポットが、竜神ダムの上空にかかる全長375mの竜神大吊橋(常陸...more
カテゴリー:

OZ発、プチトリップ vol.025 島根県・世界遺産に暮らすということ - 10月08日(日)00:00 

日々ロケハンに出かけたり、個人的に旅をしたりしているOZの編集部にとっては、毎日が新しい発見や出会いに満ちた小さな旅。ページには載らない裏話やエピソードをお届け。今回は、編集Mが初めて訪れるスポットばかりの島根と広島の旅、1日目の島根編。石見銀山の観光拠点は大森。赤瓦の屋根が印象的な町並み地区はお散歩に最適。ここから坂を上っていくと銀山地区へ島根と言えば壮大な出雲大社や美しい松江城、最近外国人にも人気の足立美術館など数々の名所がありますが、忘れてはならないのが、世界遺産の石見銀山。今回、初めて島根県を訪れて主な観光スポットを巡ったのですが、特に印象に残っているこの町のことをお伝えできればと思います。◆銀山の跡地を巡り、当時の人々に思いを馳せる銀山坑道の入口。今や周辺に民家は一軒もなく、山に囲まれた静かな場所に佇んでいます石見銀山だけが世界遺産と思っている人が多いのですが、正確には「石見銀山遺跡とその文化的景観」が世界遺産。銀山を中心に発展してきた技術や仕組み、銀を運ぶルートや東アジアの交易に大きな貢献をしたこと、歴史と自然を守りながら人々が今も豊かな生活を営んでいることなどをすべてひっくるめて文化的な価値があると認められたのです。安立さんは石見銀山ガイドの会の会長。分かりやすく面白く、情熱と愛情たっぷりにガイドしてくださいます今回ガイドをしてくれた安立聖さんがすごい。電動付自転車を...more
カテゴリー:

【地域おこし隊】任期後の起業、29%に増加 総務省調査 分野別では古民家カフェや農家レストランなど飲食サービス業が多く - 09月22日(金)14:39  newsplus

 地方に移住して活性化に取り組む「地域おこし協力隊」の任期後も同じ市町村に定住している元隊員のうち、古民家カフェやゲストハウスを開くなど起業した人が29%の314人に上ることが22日、総務省の調査で分かった。2年前の前回調査の17%(76人)から増えた。  総務省は、協力隊員の起業準備を支援するため2014年度に特別交付税を上乗せする仕組みを設けたことや、元隊員の成功例などから起業を志して協力隊に参加する人が増えたためと分析している。  分野別では、古民家カフェや農家レストランなど飲食サービス業が49人と最も...
»続きを読む
カテゴリー:

シングルマザーのアーティストが築93年の古民家を拠点で始める暮らしの実践!福岡県糸島市で開始したプロジェクトとクラウドファンディングのご案内です。 - 10月18日(水)09:00 

シングルマザーのアーティストが築93年の古民家を拠点で始める暮らしの実践として、福岡県糸島市で「くるくるハイツ」と名付けた場所作りを開始しました。今回はクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」にて開始したプロジェクトのご案内です。「くるくるハイツ」はシェアハウス、田舎暮らしのトライアルステイ、イベントスペースなどの機能を持った”開かれた田舎の家”です。また「子ども×古民家×アート」という要素も盛り込み、人の出会いと交流の場所を作っていくプロジェクトです。現在の古民家をもっと快適にしていく為の支援や、協力者を募っています。
カテゴリー:

【鎌倉さんぽ】センスのよい店が並ぶ「由比ガ浜大通り」で女子力UP!! - 10月13日(金)18:00 

鎌倉駅近くの御成通りとの分岐から長谷寺へと続く、由比ガ浜大通り。地元の人々にも愛されているグルメ店や雑貨店が並び、女性を中心に人気が高いストリートだ。長谷寺や高徳院の参拝に行く際は、ぶらぶら歩いてステキなもの探しを楽しもう。 築90年の古民家を利用した「空花」の店内 ■ 鎌倉ならではのおしゃれなグルメ店でランチ&ひと休み 今、由比ガ浜大通りでランチを食べるなら、都内の3つ星店などで修業を積んだ女性料理長が腕を振るう和食店「空花(ソラハナ)」。旬素材を使った体に優しい料理を、品数豊富なコースで提供している。ご飯は土鍋で炊くこだわりぶりで、ピカピカもっちり! 歩き疲れたら、まるで自宅のように居心地抜群な複合カフェ「HOUSE YUIGAHAMA」へ立ち寄ろう。こちらのお店のテーマは“家づくり発見”。内装はギャラリー要素も備えており、インテリアのヒントがいっぱい!店内では約400冊の本を自由に読める。ワークショップも開催。 ■ 思わず目移り!食べ歩きグルメで鎌倉の旬を知る 鎌倉散策で外せない食べ歩きグルメ。ぜひ足を運んでほしいのが、ヘルシー派女子を中心に人気のフードスタンド&ギャラリーの融合店「TEMPO.(テンポ) KITCHEN&GALLERY」。野菜中心のお弁当のほか、自家製シロップのソーダ割り480円など各種ドリンクもおいしい。 そして、さんぽ途中に甘いものが恋しくなったら「かわ...more
カテゴリー:

【列車ひとり旅】街なみは映画のセットのよう!篠山の伝統的な建築美に感動 - 10月11日(水)12:00 

往時の姿を今に伝える商家群が残り、日本情緒あふれる城下町・篠山。まるで映画のセットのような日本の伝統的な建築美に感動。歴史散策のほか、丹波篠山牛も味わって!<※情報は関西ウォーカー(2017年9月19日発売号)より> 【写真を見る】一般快速のほか、座席指定可能な特急「こうのとり」も運行/JR宝塚線 ■ <9:06>START「JR篠山口駅」 のどかな田園風景の中を走るJR宝塚線で、JR大阪駅からJR篠山口駅まで約60分。 一般快速のほか、座席指定可能な特急「こうのとり」も運行。 【次のスポットへ】バスで約21分 ■ <9:40>河原町妻入商家群 篠山城築城のため城下町を整備する際、京都への玄関口に当たる場所として一番最初に着手された河原町。千本格子やそで壁、うだつなど、築城当時の姿を今に残す建物が多く、まるで江戸時代にタイムスリップしたような雰囲気。 かつては城下町の商業の中心として栄えていた河原町。間口に対して奥行きが長い妻入りの商家が軒をつらね、現在も当時から代替りしながら住み続けている人もいる。 昔ながらの古物商や畳店などの店のほか、カフェや雑貨店など古民家を利用した新しい店も点在。 ■河原町妻入商家群<住所:兵庫県篠山市下河原町 電話:079-506-1535(丹波篠山観光協会) 時間:見学自由 休み:なし 料金:見学無料 交通:JR篠山口駅より神姫グリーバス篠山営業所行約...more
カテゴリー:

【テレビ】元おニャン子・新田恵利、熱海に500万円の別荘を購入した理由を明かす - 10月07日(土)05:30  mnewsplus

[ 2017年10月6日 19:52 ] 元おニャン子・新田恵利、熱海に500万円の別荘を購入した理由を明かす  元おニャン子クラブの新田恵利(49)が6日放送のTBS「爆報!THE フライデー」(金曜後7・00)に出演。“終(つい)の住み家”として静岡県熱海に別荘を購入したと明かした。  現在、母ひで子さんと夫と二世帯住宅で生活している新田は、熱海にある一軒家を今夏購入。熱海駅から車で20分、山の上にある一軒家で、築48年3LDKとかなり年季の入った古民家風の平屋。物件価格は土地と建物込みで約500万円だと...
»続きを読む
カテゴリー:

「古民家」の画像

もっと見る

「古民家」の動画

Wikipedia

古民家(こみんか)は日本の住宅の類例。民家のうち、特に建造されてから時を経たものをいう。 概要

古民家の定義に、どの時代に建てられたものか、あるいは建造され何年を経たものを指すかの定義はないが、通常は戦前以前のもの、特に大正以前のものをさす場合が多い。また、その建築方式がなどを使わない伝統的日本建築で建てられた建物を特定することが多い。最近の日本では、こうした伝統的軸組工法の合理性、耐久性が見直されつつあり、取り壊される寸前の古民家を再生する試みなども多く行われている。背景には、伝統的町並みの喪失、環境問題、日本人のアイデンティティーなどの問題意識が、最近になって日本人にようやく芽生えてきたことがある。

古民家には、その使用目的や時代、地域、気候など諸条件によって多くの建築様式があり、使用目的に限っても農家庄屋屋敷、一般民家(都市部の民家)、商家、武家民家、建家屋敷などがあり、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる