「古民家」とは?

関連ニュース

古民家で怪談ナイト 後ろはゆっくり振り向いて… - 08月14日(月)09:06 

◇…築約200年の古民家を修復した宮城県栗原市一迫のギャラリー「風の沢ミュージアム」で、地元劇団員による朗読会があった。題目は、ずばり「怖い話」。 ◇…「青ざめた生首が…」「切り口から真っ赤な血潮が…
カテゴリー:

全国で2番目に住みやすい!「富山県砺波市」は何がスゴイのか - 08月10日(木)11:00 

東洋経済新報社が、毎年全国の都市を対象に調査・発表している「住みよさランキング」。今年6月に発表された最新版では、1位の千葉県印西市に次ぎ、2位以下は北陸の7市がベスト10入りした。同社発表の最新版「全47都道府県幸福度ランキング」でも、1位に福井県、3位に富山県、5位に石川県と、北陸の県が上位。他を圧倒して、北陸が上位に名を連ねる。 また、東洋経済新報社発表の「移住幸福度ランキング(子育て世帯)」では、1〜3位までを北陸3県が独占しており、移住者にとっても住みやすい土地のようだ。北陸に住めば本当に幸せなのか?実態を調査するため、記者は「住みよさランキング」で2位になった富山県砺波市へと向かった。 砺波市は砺波平野の中心地にあたり、チューリップの球根生産で有名だ。東京は上野駅から北陸新幹線「はくたか」で、まずは富山県の新高岡駅まで2時間40分。そこから在来線に乗り換え、約20分で砺波駅に到着した。時間的には、大阪に行くのとほとんど変わらない。 駅舎には観光案内所が併設され、お土産も販売しているが、平日に駅にいるのは大半が学生。彼らが去ると駅前はほぼ無人となった。地元の人は車で移動しているのだろう。電車社会の東京とは大違いだ。飲食店や商店、病院などが軒を連ねる駅周辺を離れると、やがて視界が一気に開け、緑鮮やかな田園風景が広がる。田んぼの中にぽつりぽつりと、昔ながらの瓦屋根の古民...more
カテゴリー:

チョコミントのチーズケーキが激ウマ!古民家カフェ「A WORKS」の超フォトジェニックなケーキ2種食べてみた♪ - 08月09日(水)07:30 

古民家リノベーションのカフェレストラン「A WORKS」のフォトジェニックなチーズケーキ2種を食べてみました♪
カテゴリー:

「あのこのあしうら写真展」開催-裸を見るより難しい!? 足裏の魅力を展示 - 08月08日(火)06:00 

「あのこのあしうら写真展」製作委員会は8月14日~20日まで、女性の足裏がメインの写真展「あのこのあしうら写真展」を開催する。同展では、日本ニーソックス協会のモデルの優月心菜さん、身長139cmでミニマムタレントとして活動する三井瞳さんなどを被写体とし、カメラマン湯澤祐紀さんが撮影した写真100枚を展示する。 同委員会は、ふともも写真やシースルー写真など、フェチズムを昇華させた写真展が注目される中、まだ開拓していなかった場所として足裏を取り上げたという。また、足裏について、普段隠れていて下手したら裸よりも見ることが難しい部分ではないかとし、足裏を出している女性ならではの、艶めかしさや朗らかさ、爽やかさや生々しさ、柔らかさを感じ取ってほしいとコメントしている。 展示会場は、古民家をリノベーションしたアートスペースで無垢板の床となっており、靴を脱いでリラックスして閲覧ができる「足裏スタイル」。また、会場入り口には激痛足つぼマットを設置するなど、足裏にこだわった仕様になっている。なお、会場では、限定グッズの各種販売も予定している。 会場はイエローハウス(東京都中央区日本橋)で、営業時間は11時~20時半。入場料は500円となる。 【関連記事】 ・夏と一緒に"ふともも写真"が名古屋にやってくる! 最新作「南国編」開催 ・500点以上の「ふともも写真の世界展」開催--ふとももツリーに...more
カテゴリー:

アイデアソンの舞台は京都の禅寺!!スペースマーケットがマイナビの学生向けキャリア形成イベント『禅COLLEGE in 両足院』をプロデュース - 08月07日(月)11:00 

[株式会社スペースマーケット] [画像: https://prtimes.jp/i/15560/26/resize/d15560-26-795009-0.jpg ] 【取り組みの背景と目的】  スペースマーケットは、これまでお寺・古民家・映画館・離島・宿泊できる民家など、10000以上のユニーク...
カテゴリー:

空き家再生、交流拠点へ 阿久根市大川 - 08月13日(日)20:00 

 阿久根市大川に古民家をリノベーション(大規模改修)した民間交流施設が誕生した。大川小、中学校に近い地区中心部だが、過疎高齢化などで空き家の目立つ一角に、築80年の元商店兼民家が生まれ変わり、地域の交流の場として期待されている。
カテゴリー:

「国内で夏休み派」に。オーシャンビュー5選 - 08月09日(水)17:09 

「夏=海!!」みたいにはしゃいでる人たちを色メガネで見つつも、じつはこっそり自分も海が大好きだったり。青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を過ごすのもありですが、国内だって驚くような美しいオーシャンビューを満喫できる場所はたくさんあります。Airbnbのオーシャンビュー5選がこちら。01.【沖縄県 宮古島】プライベート感たっぷりの貸切コテージなだらかな丘の上に佇むコテージ。窓を開ければ広々とした空と海が視界いっぱいに広がります。コテージから歩いて5分ほどのところに「イムギャーマリンガーデン」という海浜公園があり、シュノーケリングざんまい。宮古島南部の内海は、穏やかで透き通っているのが特徴です。色とりどりの魚も涼やかで、夏の暑さも忘れてしまいそう。公園には展望台もあり、まるで楽園のような絶景を楽しむことも。コテージにはアメニティも揃っていて、BBQセットの貸し出しもあり。遠くに見える水平線を眺めて、本州よりも遅い夕暮れを迎えながら家族や仲間とBBQを楽しみたいものです。宿泊は一泊約20,065円から。02.【福井県 高浜町】畳でゴロゴロ〜したい昔ながらの古民家漁業が盛んな港町、福井県高浜町。海を臨む崖の上には50世帯ほどの古民家があり、宿泊宿として利用することができます...more
カテゴリー:

隠れている部分を見る背徳感? 女性の足裏だらけの写真展 - 08月08日(火)10:36 

 もしかしたら裸よりも見ることが難しい部分かも? ――それは、足の裏。ふともも写真やシースルー写真など、フェティシズムを昇華させた写真展が注目される中、女性の足裏を中心とした写真100枚を展示する「あのこのあしうら写真展」が東京・日本橋のイエローハウスで開催される。8月14日(月)から8月20日(日)までで、時間は11時から20時半。入場料500円。 「足裏みせて」という絶妙な背徳感とフェチシズムをコンセプトに、足裏を出している女性ならではのなまめかしさや、朗らかさ、爽やかさ、生々しさ、柔らかさを感じ取ってほしいという。被写体として、サブカル系でおなじみ日本ニーソックス協会のモデルであり、元ドラゴンクエスト初心者大使の優月心菜、撮影会やアイドル番組にも出演中で身長139cmミニマムタレントの三井瞳らを、湯澤祐紀カメラマンが撮影した。 会場は、古民家をリノベーションした無垢板の床のアートスペース。靴を脱いで閲覧できる「足裏スタイル」で、入り口には激痛足つぼマットを設置するなど、とことん足裏にこだわっている。
カテゴリー:

東京から90分。「週末の田舎暮らし」が味わえるLOOF - 08月07日(月)17:10 

東京生まれ・東京育ちの私にとって、「田舎暮らし」は憧れの存在…。夏休みに里帰りするなんて話を聞くと、とても羨ましく感じます。東京から90分のところにも「田舎に暮らすように泊まれる」古民家宿があるんだそう。最近増えてきている「暮らすような旅」ができる宿やゲストハウス。ただ観光スポットを巡るのではなく、地元ならではの食事や、地域の方々との交流を楽しむ旅もいいですよね。田舎暮らしに憧れているけどハードルが高いという方や、いつかは都会と地方を楽しむ「二拠点居住」をしてみたいという方、長い休暇は取れないけど1泊2日で旅行を楽しみたい方、こんな週末の過ごし方はいかがでしょうか。田舎暮らしと都会暮らしどちらもほしい今回訪ねたのは、山梨県笛吹市芦川町にある1日1組限定の貸し切り古民家宿「LOOF」。兜作りの屋根が特徴の「澤之家」と、瓦屋根の昭和建築「坂之家」の2棟からなっています。どちらも最大10人まで宿泊できるので、大人数でも周りを気にせずわいわい楽しめるのがいいですね。こちらの宿は、東京から車で約1時間半、電車でも約2時間というアクセスの良さも人気の理由のひとつ。いわゆる限界集落と呼ばれる地域で周辺にコンビニやスーパーはありませんが、地元の食材を使った夕飯を用意してくれるので、自炊の準備はいりません。アメニティや設備も、最新のものが完備されています。豊かな自然と古民家でのおしゃれ...more
カテゴリー:

【不動産】日本人の「住まい」は5年後から大激変する、高嶺の花だった不動産が一気に身近に - 07月24日(月)22:01  bizplus

5年後にポスト五輪、生産緑地の宅地化、後期高齢者層の持ち家の大量賃貸化が重なり、不動産市場は激変するという。『マイホーム価値革命』を書いたオラガ総研の牧野知弘氏に地殻変動について詳しく聞いた。 ──「不動産」の常識が変わるのですね。 この本は30代、40代向けに書いた。この年代の方々に「もう5年我慢。今なぜ35年返済で定年退職後もローンを抱えてしまうような何千万円ものファイナンス計画を組むのか」と。5年後は“バラ色”。不動産がぐっと身近に感じられるようになる。 ──路線価をはじめ土地の値上がりがはっきりして...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「古民家」の画像

もっと見る

「古民家」の動画

Wikipedia

古民家(こみんか)は日本の住宅の類例。民家のうち、特に建造されてから時を経たものをいう。 概要

古民家の定義に、どの時代に建てられたものか、あるいは建造され何年を経たものを指すかの定義はないが、通常は戦前以前のもの、特に大正以前のものをさす場合が多い。また、その建築方式がなどを使わない伝統的日本建築で建てられた建物を特定することが多い。最近の日本では、こうした伝統的軸組工法の合理性、耐久性が見直されつつあり、取り壊される寸前の古民家を再生する試みなども多く行われている。背景には、伝統的町並みの喪失、環境問題、日本人のアイデンティティーなどの問題意識が、最近になって日本人にようやく芽生えてきたことがある。

古民家には、その使用目的や時代、地域、気候など諸条件によって多くの建築様式があり、使用目的に限っても農家庄屋屋敷、一般民家(都市部の民家)、商家、武家民家、建家屋敷などがあり、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる