「古川雄輝」とは?

関連ニュース

【テレビ】最終週突入の「べっぴんさん」20・4%!8回ぶりの視聴率大台! - 03月28日(火)10:36 

 27日に放送された女優・芳根京子(20)主演のNHK総合の朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」(月~土曜・前8時)の第146話の平均視聴率が20・4%を記録。17日の第138話で記録した20・7%以来、8放送回ぶりに20%の大台超え。4月1日の最終回に向け、カウントダウンに入った朝ドラが底力を見せた。  最終週・表題「エバーグリーン」に突入した今回は、昭和59年(1984年)が舞台。孫の藍をかわいがるおばあちゃんとなったすみれ(芳根)は、月に1回のペースでキアリスに出勤。紀夫(永山絢斗)は趣味...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『べっぴんさん』ついに最終週 べっぴんを作り続けたすみれたちの最後の物語は… - 03月26日(日)11:00 

 NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分では、すみれ(芳根京子)たちは東京・銀座にキアリスの「ワンダーランド」を作ろうと意気込んでいた。しかし銀行からの融資は認められず。そんな時KADOSHOの古門(西岡德馬)から資金提供の申し出があったが、自分たちの基本方針に反すると、これを断る。そして、自分たちの想いが健太郎(古川雄輝)、さくら(井頭愛海)ら次世代の社員たちに受け継がれていることを確信したすみれたちはキアリスを引退。次期社長には武(中島広稀)が任命された…。【関連】『べっぴんさん』第26週「エバーグリーン」フォトギャラリー 一方“ファッション評論家”として活動を始めた栄輔(松下優也)は、明美(谷村美月)に長年抱えていた思いを告白。すると明美は「家を建てよう」と提案する。ある日すみれたちのもとに、幼い子どもを連れた女性が訪ねてくる。持参した風呂敷を広げると、28年前に店の看板代わりに作ったワンピースが…。美幸(星野真里)との再会をきっかけに、すみれたちはキアリスに新しく「お直し部」を発足させ、昔作った服を直してさらに次の世代に受け継がせていくことを第二の人生で進めていこうと決意する。 最終週の舞台は昭和59年3月。すみれは、月に1回のペースでキアリスに出勤。紀夫は趣味のカメラを片手に隠居生活を送るようになっていた。春休みに入り、さくらが10歳になった娘の藍(渡邉このみ)...more
in English
カテゴリー:

『べっぴんさん』井頭愛海&古川雄輝、仲むつまじいオフショットに「夫婦円満!」 - 03月25日(土)08:00 

 NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演中の井頭愛海が、今月22日に自身のブログを更新。同作の撮影現場でのオフショットとして、夫役で共演中の古川雄輝とのツーショット写真を公開した。【関連】『べっぴんさん』から『ひよっこ』へ…朝ドラバトンタッチセレモニー<フォトギャラリー> 『べっぴんさん』は戦後の日本を舞台として、坂東すみれ(芳根京子)を中心とした子供服店「キアリス」の面々が奮闘する姿を描いた作品。井頭はすみれとその夫でキアリスの社長でもある紀夫(永山絢斗)の娘・さくらとして出演、古川はキアリスの一員である村田君枝(土村芳)の息子・健太郎として出演している。 22日の投稿で井頭は「やかんとおなべから、覗く夫婦~」として、食器棚を背に古川と共に体育座りをしながら笑みを浮かべるオフショットを公開。「スタッフさんが、いいアングルやー!って撮ってくださったので載せまーすっ笑」と、現場と和気藹々とした空気が伝わってくるコメントも載せている。 この投稿に対してコメント欄では「いい写真を撮ってもらってよかったですね」「とっても仲睦まじい夫婦です」「ラブラブ夫婦円満!」など、ドラマのファンを中心に多くの感想が寄せられている。引用:http://ameblo.jp/manami-igashira/ ■関連記事朝ドラ『べっぴんさん』を写真で振り返る<フォトギャラリー>「古川雄輝」フォトギャラリ...more
in English
カテゴリー:

【朝ドラ】NHK「べっぴんさん」出店断念で確信/21日の平均視聴率19・7% - 03月22日(水)11:39 

女優芳根京子(20)がヒロインを務めるNHK「べっぴんさん」(午前8時)の21日の平均視聴率が19・7%(関東地区)だったことが22日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最高は1月20日放送の22・5%。 20日は東京・銀座の出店を断念を宣言した紀夫(永山絢斗)だったが、すみれ(芳根京子)たちはキアリスのワンダーランドという夢をかなえることをあきらめきれない。しかし、健太郎(古川雄輝)が「他社の助けを借りてまで実現する夢には無理がある。身の丈に合ってないのはキアリスらしくない」と主張し...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

龍ちゃんこと森永悠希が見た「べっぴんさん」 - 03月22日(水)08:00 

現在放送中の連続テレビ小説「べっぴんさん」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)が、3月27日(月)より最終週に突入する。 【写真を見る】「どうしてそうなった!」とツッコミたくなる、龍ちゃんの奇抜過ぎるファッション/(C)NHK ヒロイン・すみれ(芳根京子)をはじめ、穏やかでのんびりとしたキャラクターが多い本作。その中で異彩を放っていたのが、すみれの親友である小澤良子(百田夏菜子)の息子・龍一だ。 龍一は大学を中退して放浪の旅に出た後、7年後に突然帰国。やがて喫茶店「世界の料理 レリビィ」を開き、世界各国で味わってきた料理を再現してみんなを楽しませるようになる。 今回、そんな龍一を演じる森永悠希にインタビューし、クランクアップを迎えた感想や、森永が思う本作の“べっぴん(=特別な品)”ポイントを聞いた。 ──まずはクランクアップを迎えた心境をお聞かせください。 「やり切った!」という気持ちもありますが、小澤家がすてきだったので、やはり寂しくもあります…。 ──龍一を演じる上で、心掛けていた点はありますか? とにかく「振り切ること」ですね。 あと、龍一はすぐに余計なことをしますが、嫌な人に見えてしまわないように気を付けていました! ──森永さんご自身は、料理はお好きなのですか? はい、好きです! 龍ちゃんほどの腕前ではありませんが、一人暮らしをしているので、よく自炊し...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」145話。幸せのマルチエンディング感 - 03月27日(月)10:00 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第25週「時の魔法」第145回 3月25日(土)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:梛川善郎145話はこんな話ワンピースのお直しの話が新聞に載ると、たちまちお直し希望が殺到。すみれ(芳根京子)たちはすべて請け負うことに。「キアリスお直し部」として第2の人生がはじまった。 お直し部結成「いつか必ず ビッグ・ワンダーランドをつくります」(健太郎/古川雄輝)本店がリトル・ワンダーランドになって、ありがとうと笑顔で、また最終回かと思った。土曜日だし、いよいよ最終回かと。思えば、25週は毎日が最終回のようだった。「勇気」「愛情」「信頼」「希望」を携えて冒険の旅に出るゲームみたいなモチーフからはじまった「べっぴんさん」なので、マルチエンディングのゲームを意識したのか。もしくは、夢かと思って起きたらまた夢だったみたいな、最終回かと思ったらまた最終回のマトリョーシカ型か。おとなしく見えて案外エッヂが効いたドラマだ。144話にあった、背景は現代、人物は過去という場面も、単なる回想ではなく、現代と過去が折り重なっている多様性があって興味深かった。いずれにしても、真の最終回のハードルはどんどん上がっている。さて、社長の武(中島広稀)ではなく、健太郎が新聞取材を受けている。写真写りもよく、社長も納得づく...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」144話。最終回につぐ最終回展開、あのワンピースの少女登場 - 03月25日(土)10:00 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第25週「時の魔法」第144回 3月24日(金)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:梛川善郎144話はこんな話引退してヒマを持て余していたすみれ(芳根京子)たちのところへ、かつてショウウインドウに飾ってあったワンピースをもらった美幸(星野真里)が訪ねて来た。諦めた 恋だから諦めた 恋だから なおさら 会いたい会いたい五木ひろしの粘り気のある歌い方が印象的なヒット曲「夜空」を社長室で歌う武。これはついに栄輔と結ばれてしまった明美への捨てきれない想いなのか。初恋の思い出は甘くて苦い。武「いつからおおったんや」健太郎「ずっとです 見てましたよ」自分より学歴が低く、しかもこんな感じで歌っているような武の下で働く、東大卒の健太郎(古川雄輝)の気持ちを慮ってみるも、キアリスの魔法にかかって、そんな尖った気持ちはすっかり浄化されているのだろう。そう、ここはワンダーランド。武と健太郎は、すみれたちが描いたワンダーランドの絵を見て「これはみんなの夢じゃ」と決意を新たにする。私にとっては宝物です引退してヒマになったキアリスの4人ということだが、やっていることがとくに変わった印象がない。なぜなら、すみれ(芳根京子)たち、この数週間、ほとんど仕事している描写がないから。映画つくったり、レリビィに集ったり...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」142話。もう総集編かと思った - 03月23日(木)08:30 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第25週「時の魔法」第142回 3月22日(水)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:梛川善郎142話はこんな話キアリスを引退しようと考える紀夫とすみれ(芳根京子)。そして、キアリスの4人はこれまでを振り返る。 生きがいってものすごい言葉やなまるで総集編のようであった。キアリスを30年近く前からはじめたってことは、すみれは50代か。50代で引退するのは、いまの時代と比べたら早い。君枝と話していて昭一(平岡祐太)が熱く強く「生きがいってものすごい言葉やな」と語る。ここのところ「東京タラレバ娘」(日本テレビ)でちゃらい二股バンド野郎を演じていてそっちのイメージが強くなってしまい、昭一としての存在感は時々出てきても一言も台詞がないことすらあった。ここでようやく台詞らしい台詞があってよかったと思う。 あの頃の私に教えてあげたいわなんで15も上のひとと・・・って、少女の頃、不満に思ったことを、勝二(田中要次)に話す良子(百田夏菜子)。いまやすっかりお似合いの夫婦。こういうこともあるんですねーという良いサンプル。 はい、おしまい紀夫(永山絢斗)が、すみれが初恋の人だったと告白。また白髪チェックがはじまって・・・それを、台所で並んで膝を抱えて聞いているさくら(井頭愛海)と健太郎(古川雄輝)。朝ド...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」141話。また最終回かと思った(何度めだ) - 03月22日(水)08:30 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第25週「時の魔法」第141回 3月21日(火)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:梛川善郎141話はこんな話KADOSHO に資金提供の申し出を受けたが、悩んだ結果、すみれ(芳根京子)たちは銀座に総合店をもつことを諦める。キアリスらしくないと思います 3月18日(土)が17.9%、20日(月)が18.7%とやや調子を落としている『べっぴんさん』。あと少しだから踏ん張っていただきたいです。集大成であり思い描いていた夢(ワンダーランド)を叶えたいと諦めきれず、気乗りのしない商社の介入に身を任せようか迷うキアリスの4人。そこで健太郎(古川雄輝)の登場だ。彼は現実的で、銀行が無理というのだからいまのキアリスの身の丈に合ってないと指摘する。背伸びせずに地に足をつけて自分たちらしくやっていこうというのがキアリスじゃないか、と健太郎。そりゃそうだ、彼は、すみれたちのその意見で商売優先の考え方を変えたのだから。すみれたちも映画にお金をかけず貯めていたら良かったのでは。ちょきん、ちょきん・・・と(違う!それは爪切り)。でもまああの映画はかなり小規模だから銀座に土地を買う資金の足しにはならないか。でも私は前を向いて生きていきたい 身内が入ることで一悶着起きたこともあったことはとうの昔、すっかり安定...more
in English
カテゴリー:

『べっぴんさん』自分たちの思いが受け継がれたことを確信したすみれの決断とは… - 03月19日(日)11:00 

 NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分では、エイスを倒産させてしまった栄輔(松下優也)が、潔(高良健吾)とゆり(蓮佛美沙子)の家に居候の身に。キアリス社長の紀夫(永山絢斗)は、積極的な経営から慎重な方向に舵を切ろうとしていたが健太郎(古川雄輝)はその方針に反対する。そんな時、すみれ(芳根京子)が「創業の思いを次世代に引き継ぐための映画を作ろう」と提案する…。【関連】『べっぴんさん』第25週「時の魔法」フォトギャラリー カメラマン・亀田(上地雄輔)の助けを借りて撮影が始まった映画制作。栄輔も明美(谷村美月)に誘われ映画作りに参加する。潔はオライオンで紳士服ブランドを新たに作り、その着こなし講座を開くよう栄輔に依頼する。会社を倒産させた責任を感じていた栄輔は人前で話をすることにためらうが、ゆりの説得で引き受けることを決める。一方キアリスの経営方針について、すみれたちと意見を違える健太郎は、大手商社社長の古門(西岡德馬)に助言を求める。すみれたちは、映画制作のメンバーや家族を招き、キアリスガイド映画版「ようこそ赤ちゃん」の上映会を開き、子育てに必要な知識がわかりやすく紹介された映像は大好評を得る。 すみれたちは、東京の銀座に空きビルを借り、子育てに必要な物ならなんでもそろうキアリスの「ワンダーランド」を作ろうと意気込んでいた。しかし昭一(平岡祐太)が勤務先の銀行で必要な資金を...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「古川雄輝」の画像

もっと見る

「古川雄輝」の動画

Wikipedia

映画
脳内ポイズンベリー 受賞 = }} 古川 雄輝(ふるかわ ゆうき、1987年[[12月18日 - )は日本の俳優。愛称は、ふるぽん東京都出身。ホリプロ所属。身長180cm。

来歴

7歳からカナダで8年間過ごし、高校から単身でアメリカニューヨークに移り住んで3年慶応ジャーナル、計11年間を海外で過ごす。そのため、英語はネイティブで話すことができる。

慶應義塾ニューヨーク学院を経て日本に帰国し、慶應義塾大学理工学部に進み、2009年、ミスター慶応に選出される。

2010年、ホリプロ創業50周年記念事業の一環として開催された新人発掘オーディション「キャンパスター★H50withメンズノンノ」で審査員特別賞を受賞し芸能界デビュー。

2013年、日英...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる