「古川康」とは?

関連ニュース

抄録永田町 古川氏が音頭「棚田議連」復活 - 02月04日(土)10:02 

何年も休眠状態だった「棚田振興議員連盟」が“復活”した。その立役者になったのが自民党の古川康衆院議員(佐賀2区)と東松浦郡玄海町の岸本英雄町長。東京・永田町の議員会館で1日に開いた総会には超党派の有志議員約30人が参加した。司会進行役を務めた古川氏は「現場を良く知る議連にしよう」と呼び掛けた。 全国棚田連絡協議会の本年度の会長を務める岸本町長が、古川氏に議連の復活を提案したのがきっかけ。再開...
in English
カテゴリー:

「古川康」の画像

もっと見る

「古川康」の動画

Wikipedia

古川 康(ふるかわ やすし、1958年(昭和33年)7月15日 - )は、日本政治家、自治・総務官僚。自由民主党所属の衆議院議員(1期)。元佐賀県知事(第55・56・57代)。

来歴

佐賀県唐津市生まれ。佐賀大学教育学部附属中学校、ラ・サール高等学校、東京大学法学部卒業。1982年、自治省(現総務省)に入省。本省勤務の他、長野県沖縄県岡山県長崎県に出向する。1997年9月、第2次橋本改造内閣で自治大臣に任命された上杉光弘の秘書官を務める。1999年より長崎県商工労働部長、2001年より長崎県総務部長。2003年に退官。同年、佐賀県知事選挙に自由民主党の支持を受けて無所属で出馬し、初当選した。以後、3期連続当選。2007年の佐賀県知事選では自民・公明両党の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる