「古在由秀」とは?

関連ニュース

古在由秀氏死去=初代国立天文台長、89歳 - 02月13日(火)12:30 

 古在 由秀氏(こざい・よしひで=元国立天文台長)5日午後6時15分、肝不全のため東京都中央区の病院で死去、89歳。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。 1981年に東京大東京天文台長に就任。88年の改組で初代の国立天文台長を務め、すばる望遠鏡(米ハワイ島)の建設に尽力した。同年には日本人で初めて国際天文学連合(IAU)会長に就任するなど、国際的にも活躍。97年から2012年まで、群馬県立ぐんま天文台長も務めた。 人工衛星の軌道を計算する「コザイの式」を編み出し、小惑星の運動メカニズム「古在機構」を提唱するなどの業績で、09年文化功労者に選ばれた。 【時事通信社】
カテゴリー:

訃報:古在由秀さん89歳=国立天文台初代台長 - 02月12日(月)18:39 

 古在由秀さん89歳(こざい・よしひで=国立天文台初代台長)5日、肝不全のため死去。葬儀は親族で営んだ。喪主は妻美音(みね)さん。  人工衛星の軌道を計算する「コザイの式」を編み出し、人工衛星の軌道の乱れから地球の形を調べる「衛星測地学」を創設するなど、天体力学の世界的な業績で知られる。88年に設立された国立天文台の初代台長。同年から3年間、国際天文学連合会長を日本人として初めて務めた。ハワイのすばる望遠鏡の建設にも尽力。97年から群馬県立ぐんま天文台長を務めた。79年に恩賜賞・日本学士院賞、02年に勲二等瑞宝章。09年に文化功労者。
カテゴリー:

「古在由秀」の画像

もっと見る

「古在由秀」の動画

訃報

古在由秀さん89歳=国立天文台初代台長 - 毎日新聞 - 毎日新聞

毎日新聞訃報:古在由秀さん89歳=国立天文台初代台長 - 毎日新聞毎日新聞古在由秀さん89歳(こざい・よしひで=国立天文台初代台長)5日、肝不全のため死去。葬儀は親族で営んだ。喪主は妻美音(みね)さん。 人工衛星の軌道を計算する「コザイの式」を編み出し、人工衛星の軌道の乱れから地球の形を調べる「衛星測地学」を創設するなど、天体力学の世界的な業績で知られる。88年に ...and more »  

Wikipedia

古在 由秀(こざい よしひで、1928年4月1日 - )は、日本の天文学者交詢社 監修 日本紳士録 第78版 交詢社出版局 編集、ぎょうせい 発行、2004年4月5日、こ 436頁。。専門は、天体力学。最後の東京天文台長・初代国立天文台長である藤井旭「初代国立天文台長 古在由秀先生が文化功労者として選出 顕彰記念祝賀会が開催」天文ガイド2010年4月号 誠文堂新光社、26頁。。2016年現在、群馬県立ぐんま天文台名誉台長職員名簿 - 古在 由秀、東京大学総合研究大学院大学・国立天文台の各名誉教授でもある。

経歴

古在由正・澄江夫妻の長男として東京府北豊島郡巣鴨町駒込(現・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる