「古利彦」とは?

関連ニュース

【マラソン】川内優輝と瀬古リーダーが東京五輪挑戦巡り“舌戦” 瀬古「(東京五輪挑戦拒否は)撤回だよな。今日で撤回します」 - 04月22日(日)02:13  mnewsplus

 来年4月からのプロ転向を表明した男子マラソンの“最強市民ランナー”川内優輝(31)=埼玉県庁=が21日、 岐阜市内でぎふ清流ハーフ(22日)の会見に出席した。  ボストンマラソンで日本人31年ぶりに優勝を飾ってから、中5日でのレースに疲れた表情の川内だったが、 会見には31年前のボストンマラソン覇者でもある日本陸連の瀬古利彦強化戦略プロジェクトリーダーが現れ、 東京五輪出場などを巡り、怒とうのやりとりが繰り広げられた。  川内と瀬古リーダーのやりとりは次の通り。  瀬古リーダー(以下、瀬)「...
»続きを読む
カテゴリー:

川内優輝は「ベビーメタル(BABYMETAL)とX JAPAN を愛する」米音楽メディアが異例特集 - 04月20日(金)22:22  news

海外からも注目を集める川内、今度は米音楽メディアが異例の特集  男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)は伝統のボストンマラソン(米ボストン)で2時間15分58秒のタイムで優勝。日本人として瀬古利彦以来、31年ぶりの快挙を果たした。 海外メディアからも称賛を集め、プロ転向表明も話題になるなど、今や時の人となった“公務員ランナー”。今度はなんと米の音楽専門メディアにも登場している。  寒さに雨、さらに強風という最悪のコンディションを跳ね返しボストン・マラソンで頂点に立った川内に、米のエンタメ界も熱視線を送っ...
»続きを読む
カテゴリー:

「寒いレースで失敗ない」 信じた川内優輝、ボストンV - 04月17日(火)19:01 

 16日に開催されたボストン・マラソンで川内優輝(31)=埼玉県庁=が日本選手として瀬古利彦氏(現日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダー)以来31年ぶりの優勝を果たした。1897年に始まり、今年…
カテゴリー:

【陸上】31年前にボストンマラソンを制した瀬古利彦氏が川内優輝を祝福 「正直、優勝はありえないと思っていましたので、驚きました」 - 04月17日(火)16:07  mnewsplus

 日本マラソン界のレジェンドで、日本陸連のマラソン強化戦略プロジェクトリーダーを務める 瀬古利彦氏(61=横浜DeNAランニングクラブ総監督)が17日、 ボストンマラソンを制した川内優輝(31=埼玉県庁)に祝福のメッセージを寄せた。  結果は今朝、ニュースで知ったという。「正直、優勝はありえないと思っていましたので、驚きました。 劣悪なコンディションの中、我慢強く走ってくれました」。 昨夏の世界選手権覇者のジェフリー・キルイ(ケニア)らに先着する大金星を喜んだ。  同氏は31年前の87年にボ...
»続きを読む
カテゴリー:

ボストン・マラソン:川内、瀬古以来31年ぶりV - 04月17日(火)10:13 

 男子マラソンで世界選手権3度出場の川内優輝(31)=埼玉県庁=が16日、米ボストンで行われたボストン・マラソンを2時間15分58秒で制した。日本勢では1987年の瀬古利彦以来31年ぶり9度目の頂点で、過去の優勝者は65年の重松森雄や66年の君原健二ら。122回目を迎えた伝統のレースで公務員ランナー
カテゴリー:

川内、凱旋レースに意欲=ハーフマラソン - 04月21日(土)17:42 

 高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン(22日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場発着)の招待選手が21日、岐阜市内で記者会見し、16日のボストン・マラソンで日本男子として瀬古利彦氏以来となる31年ぶりの優勝を遂げた川内優輝(埼玉県庁)が「凱旋(がいせん)レース」に意気込みを示した。優勝に伴う所用で帰国予定が1日延びたといい、「練習できていないが、粘って最後まで頑張りたい」と述べた。 19日に帰国後、川内は来春に埼玉県庁を退職しプロ選手として活動する意向を明らかにした。「マラソンが人生そのものになっている。プロになるしかないと思っていた」と胸に秘めていた思いを改めて表明。日本陸連のマラソン強化戦略プロジェクトリーダーを務める瀬古氏も会見場を訪れ、「あなたが優勝するなんて思っていなかった。(2020年東京)五輪もやれるよ」と31歳を激励した。 [時事通信社]
カテゴリー:

「劣悪な環境味方、川内らしい走り」 31年前V瀬古氏 - 04月17日(火)19:23 

 31年前に優勝した瀬古利彦リーダーの話 「メジャー大会を勝ったことはとにかくすごい。劣悪なコンディションを味方にした川内らしい走りだった。大迫の福岡国際での好走、設楽悠の日本記録と続いた男子マラソン…
カテゴリー:

【陸上】<川内優輝(31=埼玉県庁)>ボストン・マラソン初優勝!日本勢は瀬古以来31年ぶり 悪天候の中、前回覇者逆転★3 - 04月17日(火)17:41  mnewsplus

第122回ボストン・マラソンは16日、米ボストンで行われ、男子で川内優輝(31=埼玉県庁)が初優勝した。タイムは2時間15分58秒だった。 日本勢の優勝は1987年大会覇者の瀬古利彦(61)以来31年ぶり。 レースは強い雨の降る中行われスローペースで展開、川内はスタート直後に大きく飛び出すなど積極的な走りを見せた。 その後前回優勝のジョフリー・キルイ(ケニア)が大きくリードしたが、終盤逆転し初の栄冠を手にした。 レース後、川内は悪天候のレースにも「最高のコンディションだった」とコメントした。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ボストン・マラソン 川内優輝が優勝、女子は米のリンデン - 04月17日(火)13:03 

第122回ボストン・マラソンが16日に開催され、雨と風のなかでレースが展開されたが、男子は川内優輝が、女子はデジリー・リンデン(米)が優勝を果たした。両国にとって、いずれも約30年ぶりの勝利となった。 川内はジョフリー・キルイ(ケニア)を最後の数キロで追い抜いて優勝を遂げた。日本選手の優勝は1987年の瀬古利彦以来。ボストン・マラソンのツイッターによれば、川内は「自分にとっては最高のコンディシ...
カテゴリー:

夢の中を走る感じ=川内の一問一答-ボストン・マラソン - 04月17日(火)10:13 

 【ボストン時事】伝統のボストン・マラソンを初制覇した川内優輝が喜びを語った。 -優勝の感想は。 マラソンをやってきて一番幸せな日になった。これで日本選手ももっと積極的に海外のレースに挑戦するようになると思う。 -40キロ付近でトップに立ったときの心境は。 追い付いたときも勝利の確信が持てなかった。とにかく前に前にと走り続けた。夢の中を走っているような感じだった。 -強い雨風と寒さをどう味方につけたのか。 寒いコンディションがとても得意なのでチャンスがあると思った。自分にとって最高のコンディションだった。 -日本勢では瀬古利彦以来の快挙。 瀬古さんが勝った1987年に生まれたので運命を感じている。僕が勝つことを予想した人は誰もいなかったと思う。マラソンは何が起こるか分からないということを証明できた。 [時事通信社]
カテゴリー:

もっと見る

「古利彦」の画像

もっと見る

「古利彦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる