「古今東西」とは?

関連ニュース

【マネー】資産1億円ぽっちでリタイアする人の末路 - 03月23日(木)18:10 

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/032200245/ 減らぬ残業、上がらぬ給料。日本企業の労働環境の悪化に歯止めがかからない中、自分と家族のため、 相応の資産を早めに貯めアーリーリタイアを狙おうとするビジネスパーソンも少なからずいるはず。 そうした人達が「引退する当面の目安」として、古今東西、漠然と掲げているゴールが「資産が1億円を超えること」だ。  だが、「40~50代で1億円程度の資産で引退すると、やがて苦境に立たされかねない」と警鐘を鳴らすマネーの専門家がいる。 なぜ1億円もの資...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【3月21日】今日のラッキーカラーはバイオレット。「奉仕・癒やし」がキーワード - 03月21日(火)06:00 

3月は残り3分の1。4月に向けて、準備していくことがたくさんありますね。服の装いも変わってくるこの時期は、冬に着てこなかった色にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。 『色の心理学』『バースデーカラー入門』などのヒット著作を持つ、人気カラーセラピストの佐々木仁美さんが、色彩心理・数秘術・月の満ち欠け等から、その日に合わせたぴったりなカラーを教えてくれる連載「今日のラッキーカラー占い」。 【3月21日のラッキーカラー】バイオレット 今日は数秘術では、7のエネルギーの日。7は、虹の7色、ラッキー7、七福神など、古今東西を問わず、奇跡の数と言われており、スピリチュアルな数です。 7に対応している色は【バイオレット】。今日はバイオレットの色を取り入れて、スピリチュアリティを高めていきましょう。 バイオレットは、奉仕・癒しの色です。困っている人を見かけたら手をかしてあげたり、募金をしているところがあれば貢献したりしてみましょう。 「情けは人のためならず」の言葉のように、その行為は、その誰かのためではなく、自分自身のためになります。 (監修・佐々木仁美/構成・nozomi mikami) <佐々木仁美プロフィール> ソウルカラーセラピー代表・スピリチュアル☆カラーコンサルタント。 色・数秘等を融合し、自分色100%で仕事も恋愛も豊かに生きるためのセミナー、カウンセリングなどの活動をしてい...more
in English
カテゴリー:

宮沢賢治が苦悩した「理想と現実」の葛藤とは… - 03月20日(月)10:00 

MCに伊集院光、武内陶子アナウンサーを迎え、古今東西の「名著」を読み解く番組『100分de名著』(Eテレ、毎週月曜22:25)で、3月は「銀河鉄道の夜」「春と修羅」などの作品で今も多くの人に愛される宮沢賢治(1896~1933)をピックアップ。代表作を絞るのも難しいほど多面的な作品群に4つのテーマから光を当て、宮沢賢治の奥深い世界に迫っていく。原田郁子(クラムボン・ボーカル)が、童話の朗読を担当、映画監督の塚本晋也が詩の朗読を担当、指南役には山下聖美(日本大学芸術学部教授)を迎える。賢治ほど、現実と理想のギャップの中で煩悶した人間はいない。父親に反発しながらも経済的に頼らざるを得ない負い目。農民の幸せを願って創設した「羅須地人協会」が誰からも理解されずに頓挫したこと。病弱のために肥料工場の技師としての仕事を全うできなかったこと。その苦悩と、必死の願い、祈りの全てが込められた作品が「雨ニモマケズ」であり、理想と現実のせめぎあいを描いたのが「なめとこ山の熊」などの童話だった……。3月20日の第3回は「理想と現実のはざまで」と題して、作品に描かれた賢治の葛藤を克明に読み解きながら、私たちが理想と現実にどう向き合っていけばよいかを考える。 関連リンク 有村架純、役作りで体重増減も…朝ドラ『ひよっこ』 ...more
in English
カテゴリー:

宮沢賢治が苦悩した「理想と現実」の葛藤とは… - 03月17日(金)21:29 

MCに伊集院光、武内陶子アナウンサーを迎え、古今東西の「名著」を読み解く番組『100分de名著』(Eテレ、毎週月曜22:25)で、3月は「銀河鉄道の夜」「春と修羅」などの作品で今も多くの人に愛される宮沢賢治(1896~1933)をピックアップ。代表作を絞るのも難しいほど多面的な作品群に4つのテーマから光を当て、宮沢賢治の奥深い世界に迫っていく。原田郁子(クラムボン・ボーカル)が、童話の朗読を担当、映画監督の塚本晋也が詩の朗読を担当、指南役には山下聖美(日本大学芸術学部教授)を迎える。賢治ほど、現実と理想のギャップの中で煩悶した人間はいない。父親に反発しながらも経済的に頼らざるを得ない負い目。農民の幸せを願って創設した「羅須地人協会」が誰からも理解されずに頓挫したこと。病弱のために肥料工場の技師としての仕事を全うできなかったこと。その苦悩と、必死の願い、祈りの全てが込められた作品が「雨ニモマケズ」であり、理想と現実のせめぎあいを描いたのが「なめとこ山の熊」などの童話だった……。3月20日の第3回は「理想と現実のはざまで」と題して、作品に描かれた賢治の葛藤を克明に読み解きながら、私たちが理想と現実にどう向き合っていけばよいかを考える。 関連リンク 有村架純、役作りで体重増減も…朝ドラ『ひよっこ』 ...more
in English
カテゴリー:

【心理学】モテるタイプには誤解が多い!? - 03月16日(木)08:00 

“女性に好かれるにはどうすればいいか!?”とは、男にとって古今東西変わらぬ関心事である。モテない我が身を嘆き、「もうちょっとルックスがイケていたら…」「あと数センチだけでも背が高かったら…」などと、無いものねだりをした経験が誰にでもあるだろう。じつはこの心理は心理学で解明されているという。 ■今回の講師 内藤誼人 心理学者、立正大学特任講師。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。アンギルド代表。近著に『なぜ、島田紳助は人の心をつかむのがうまいのか?』(廣済堂出版)、『手にとるように社会心理学がわかる本』(かんき出版)、『A or B?』(ダイヤモンド社)など。 モテのコンプレックス=“スポットライト効果”? 内藤先生いわく…。「あまり気にしない方がいいですよ。人間は、自分がコンプレックスを感じる部分に他人が注目していると錯覚しがちですが、実際には誰も気にしていないことがほとんどですから。心理学ではこれを、“スポットライト効果”といいます」。 スポットライト効果とはつまり、自意識過剰と言い換えてもいいだろう。 内藤先生「米コーネル大学の心理学者ギロビッチ氏が、スポットライト効果を裏付ける実験を行っているんです。被験者にカッコ悪いデザインのTシャツを着せてキャンパス内を歩かせたもので、『どのくらいの人が、あなたのTシャツに注目したと思う?』と本人に聞いたところ、『約半数の人が自分...more
in English
カテゴリー:

第2回:日本のロボットはどこで止まってしまったのか:連載・池田純一書評 - 03月21日(火)12:30 

ギリシャ神話から最先端の科学まで、古今東西のロボットからベスト100を紹介する『ロボットの歴史を作ったロボット100』。いかにも愛好家向けの「ミニ百科」に見える本書は、実はロボットと人間社会の関わりの変遷を描く「ロボット博物学」の書でもあった。博物学的にロボットを分析することで見えてきた、ロボットの多様な現在と日本とアメリカの文化的な相違とは。
in English
カテゴリー:

『The Wild Eight』 雪山で遭難! クラフト要素も楽しめるサバイバルアクションゲームが登場【とっておきインディーVol.113】 - 03月20日(月)12:00 

古今東西のインディーゲームをバリバリ紹介するコーナー。今回は、雪山が舞台の過酷なサバイバルゲームを紹介!
in English
カテゴリー:

格言化した夫婦名言を「甘かった…」と反省するカリスマ漫画家の新格言 - 03月17日(金)22:00 

皆さんは、夫婦関係に満足していますか? どんなに器用でパワフルな女性でも仕事・家事・育児・夫婦関係・家の外の“お付き合い”のバランスをとるのは、難しいですよね。あっちに引っ張られ、こっちに引っ張られて、そうしたら思わぬ穴に引きずり込まれる時もあったりして、全方位にパワーを振り分けるのはとても骨が折れることではないでしょうか? それは、かつて“恋愛の教祖”と呼ばれた女性でも同じようです。 伝説的ドラマ『東京ラブストーリー』の原作者である柴門ふみさんは、かつて“格言”扱いされ、結婚式のスピーチでもよく使われたという自分の言葉を、「甘かった」と最新エッセイ『結婚の嘘』で語っています。 果たして、結婚生活を何十年も続けてきた女性だけが見える、その“景色”とは?   ■まだ青い私たちが思わずうなずきそうになる“かつての名言”とは…… 柴門さんが「甘かった」と振り返る言葉は、今から29年前、柴門さんが31歳、結婚7年目のときのもの。当時、「古今東西の結婚に関する格言集」や「結婚式のスピーチで使える言葉特集」でも取り上げられ、いわば名言のようになっていたものだといいます。 ほんの一部を抜粋すると……、 <夫という人物は、冷蔵庫に残された食品材料であります。つまり、こちらの腕次第で、おいしくも不味くもなるのです。 欠点が目につき、どうしようもなく駄目な材料に思えても、手を加え調味料で味付...more
in English
カテゴリー:

放送作家はアイデア勝負 - 03月16日(木)12:00 

放送作家はテレビやラジオの企画を考えたり、台本を書く仕事です。放送作家の仕事はアイデア勝負といわれています。さらに100本企画を出して1本採用されるかどうかといった厳しい世界です。常にアイデアのアウトプットが求められる世界だといえるでしょう。 問題集があった それでも放送業界にはあるセオリーやパターンといったものがあります。そんな世界を、現役の放送作家の監修によって作られた本が「放送作家になるための練習問題100」です。監修は放送作家として多くの番組で活躍する小林哲也、著者は飯島聡子、出版社は雷鳥社です。本書は4択の選択問題形式で、放送作家業界のイロハがわかるようになっていますから、業界の入門編として最適でしょう。 適性がある 放送作家は、向き不向きがあります。さらに事務所に所属していたとしても、基本的にはそれぞれがフリーランスとして、テレビ局なりラジオ局の番組と契約をする扱いになります。当然、番組が終われば仕事を失いますし、さらに番組の途中であっても契約を切られることもあります。さらに放送作家とテレビやラジオのディレクターの仕事もあいまいで、中には出演者のブッキングをしたりすることもあります。放送作家の幅広い仕事の全体像を把握できる本でもあります。元記事をビーカイブで確認!■関連記事忘れられた紀行作家、小林紀晴あのエガちゃんが惚れた! 古今東西映画5選!80年代の村上春樹と村...more
in English
カテゴリー:

デニムパンツを正しく履くための3か条――春は脱・地味を実践しよう! - 03月15日(水)08:54 

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第117回目をよろしくお願いします。 ▼シンプルから脱出しよう! 「男性はシンプルが一番カッコイイ」。古今東西、メンズファッションを語るうえで避けて通れないある種の「答え」といっていいでしょう。男性はレディースファッションのように装飾をするわけではないので、「いかに自然にカッコよく見せるか」がポイントです。一言に集約すると「シンプル」になるわけです。  しかしシンプルなスタイルは「地味」と表裏一体でもあります。黒パンツに白シャツにスニーカーなどのスタイルは確かにカッコイイけど、いつもそれでは「地味な人」になる可能性も。また春夏だからこそ、少し装飾を加えて明るい気分を取り入れたいものです。  そこで、今回は「脱・地味スタイル」のおすすめです。どうしてもシンプルな服装になってしまう方は、今こそデニムなのです。 ▼デニムパンツを取り入れるだけでOK! ただし法則が3つ!  「着飾った服装は年齢的にもちょっと恥ずかしい」と思うかもしれませんが、心配ありません。今回オススメするのは「デニムパンツ」です。デニムは、とくに色落ちしたものは凹凸やシワや色ムラがあり表情があります。シンプルな着こなしでも決して地味な印象にはなりません。  こんなスタンダードなスタイルもい...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「古今東西」の画像

もっと見る

「古今東西」の動画

Wikipedia

古今東西(ここんとうざい)

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる