「受託手荷物」とは?

関連ニュース

ジェットスター、国内・国際線でスーパーセール開催中 片道1,990円から - 01月19日(金)15:22 

ジェットスター・ジャパンは1月29日午後6時まで、「Super Star Sale」を開催している。 エコノミークラス「Starter」の片道運賃は、東京/成田~札幌/千歳・福岡・大阪/関西・沖縄/那覇・鹿児島・高松・松山・宮崎・熊本線、大阪/関西~札幌/千歳・沖縄/那覇・福岡線と名古屋/中部~沖縄/那覇・福岡・札幌/千歳・鹿児島線は1,990円から、東京/成田~台北/桃園・マニラ・香港・上海/浦東・ケアンズ・ゴールドコースト線、大阪/関西~マニラ・台北/桃園・香港・ハノイ・ダナン・ケアンズ線、名古屋/中部~台北/桃園・マニラ線と沖縄/那覇~シンガポール線は2,990円から。諸税、空港使用料、受託手荷物料金などは含まれていない。 搭乗期間は3月1日から10月26日までで、路線により設定期間は異なっている。路線によってはセール運賃適用外となる日程やフライトが設定されている場合がある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、JCBカード利用で日台線往復が最大15%割引 - 01月17日(水)19:15 

タイガーエア・台湾は、JCBカードでの支払いで日本路線の往復航空券が最大15%割引となるキャンペーンを実施している。 対象となるのは、日本発台湾行きまたは台湾発日本行きの「tigerlight」往復運賃。1名で予約すると10%割引、2名以上で予約すると15%割引となる。子供運賃も対象。割引となるのは運賃部分のみで、燃油サーチャージ、空港サービス座席指定・受託手荷物などの追加サービスにかかる費用は対象とならない。キャンペーン期間および対象搭乗期間は2019年1月14日まで。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアアジア・ジャパン、名古屋/中部〜札幌/千歳線の「お年玉セール」延長 片道3,900円 - 01月16日(火)15:13 

エアアジア・ジャパンは、名古屋/中部〜札幌/千歳線でセールを1月21日まで開催している。 片道運賃は3,900円から。燃油サーチャージ、諸税込み。支払手数料や座席指定料金、受託手荷物料金は別途必要となる。搭乗期間は3月24日まで。 エアアジア・ジャパンは名古屋/中部〜札幌/千歳線を1日2便、エコノミークラス180席を配置したエアバスA320型機で運航している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

数百円で乗れる飛行機 「究極」のLCCライアンエアーを乗りこなせ - 01月16日(火)14:05 

海外旅行好きな人なら「ライアンエアー」という航空会社の名前を一度は聞いたことがあるだろう。ヨーロッパの格安航空会社(LCC)で、2017年の年間搭乗者数ではルフトハンザグループに次ぐ、欧州2位の規模を誇る。そんなライアンエアーの強みは、何といっても「運賃の安さ」だ。通常期でも片道総額3,000円前後、セール時には1,000円を切る価格で航空券が販売される。 頻繁に大規模セールを開催しており、中には数百円で乗れる路線も。 ライアンエアーの性質からなのか、ライアンエアーを選ぶ乗客の性質からなのか、同社は「珍エピソード」の数でも群を抜いている。ライアンエアーに搭乗した男性が駐機場で脱糞する事件や、イギリスの青年が名義変更の手数料が高すぎて本名を変更してしまう、などといったニュースが過去に話題になった。 様々な意味で注目を集めるライアンエアーの、クラクフ発パリ行きFR3699便に搭乗する機会があったのでその様子をレポートする。 ■ダイヤ FR3699 クラクフ(6:55)〜パリ/ボーヴェ(9:15) 1.クラクフ空港までのアクセス 今回利用したのは午前5時6分発の電車。これでもフライトに間に合うギリギリの時間だ。 フライトは午前6時55分クラクフ発の早朝便。クラクフ中央駅から空港までは電車で22分かかるため、出発前日は中央駅付近に宿泊し、当日は午前4時に起床して駅に向かっ...more
カテゴリー:

マレーシア航空、「初売り」開催中 東南アジアへ往復30,000円から - 01月14日(日)14:34 

マレーシア航空は、「平成30年初売り」を2月2日まで開催している。 往復運賃は、エコノミークラスは東南アジアへ30,000円から、南アジアへ50,000円から、オーストラリアへ59,000円から。ビジネスクラスは東南アジアへ100,000円から、オーストラリアへ190,000円から。いずれも燃油サーチャージなし、諸税込み。 搭乗期間は1月12日から7月20日まで。エコノミークラスは30キロ、ビジネスクラスは40キロの受託手荷物が付帯している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ジェットスター、国内・国際線でスーパーセール開催中 片道1,990円から - 01月19日(金)15:22 

ジェットスター・ジャパンは1月29日午後6時まで、「Super Star Sale」を開催している。 エコノミークラス「Starter」の片道運賃は、東京/成田~札幌/千歳・福岡・大阪/関西・沖縄/那覇・鹿児島・高松・松山・宮崎・熊本線、大阪/関西~札幌/千歳・沖縄/那覇・福岡線と名古屋/中部~沖縄/那覇・福岡・札幌/千歳・鹿児島線は1,990円から、東京/成田~台北/桃園・マニラ・香港・上海/浦東・ケアンズ・ゴールドコースト線、大阪/関西~マニラ・台北/桃園・香港・ハノイ・ダナン・ケアンズ線、名古屋/中部~台北/桃園・マニラ線と沖縄/那覇~シンガポール線は2,990円から。諸税、空港使用料、受託手荷物料金などは含まれていない。 搭乗期間は3月1日から10月26日までで、路線により設定期間は異なっている。路線によってはセール運賃適用外となる日程やフライトが設定されている場合がある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、JCBカード利用で日台線往復が最大15%割引 - 01月17日(水)19:15 

タイガーエア・台湾は、JCBカードでの支払いで日本路線の往復航空券が最大15%割引となるキャンペーンを実施している。 対象となるのは、日本発台湾行きまたは台湾発日本行きの「tigerlight」往復運賃。1名で予約すると10%割引、2名以上で予約すると15%割引となる。子供運賃も対象。割引となるのは運賃部分のみで、燃油サーチャージ、空港サービス座席指定・受託手荷物などの追加サービスにかかる費用は対象とならない。キャンペーン期間および対象搭乗期間は2019年1月14日まで。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアアジア・ジャパン、名古屋/中部〜札幌/千歳線の「お年玉セール」延長 片道3,900円 - 01月16日(火)15:13 

エアアジア・ジャパンは、名古屋/中部〜札幌/千歳線でセールを1月21日まで開催している。 片道運賃は3,900円から。燃油サーチャージ、諸税込み。支払手数料や座席指定料金、受託手荷物料金は別途必要となる。搭乗期間は3月24日まで。 エアアジア・ジャパンは名古屋/中部〜札幌/千歳線を1日2便、エコノミークラス180席を配置したエアバスA320型機で運航している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

数百円で乗れる飛行機 「究極」のLCCライアンエアーを乗りこなせ - 01月16日(火)14:05 

海外旅行好きな人なら「ライアンエアー」という航空会社の名前を一度は聞いたことがあるだろう。ヨーロッパの格安航空会社(LCC)で、2017年の年間搭乗者数ではルフトハンザグループに次ぐ、欧州2位の規模を誇る。そんなライアンエアーの強みは、何といっても「運賃の安さ」だ。通常期でも片道総額3,000円前後、セール時には1,000円を切る価格で航空券が販売される。 頻繁に大規模セールを開催しており、中には数百円で乗れる路線も。 ライアンエアーの性質からなのか、ライアンエアーを選ぶ乗客の性質からなのか、同社は「珍エピソード」の数でも群を抜いている。ライアンエアーに搭乗した男性が駐機場で脱糞する事件や、イギリスの青年が名義変更の手数料が高すぎて本名を変更してしまう、などといったニュースが過去に話題になった。 様々な意味で注目を集めるライアンエアーの、クラクフ発パリ行きFR3699便に搭乗する機会があったのでその様子をレポートする。 ■ダイヤ FR3699 クラクフ(6:55)〜パリ/ボーヴェ(9:15) 1.クラクフ空港までのアクセス 今回利用したのは午前5時6分発の電車。これでもフライトに間に合うギリギリの時間だ。 フライトは午前6時55分クラクフ発の早朝便。クラクフ中央駅から空港までは電車で22分かかるため、出発前日は中央駅付近に宿泊し、当日は午前4時に起床して駅に向かった。中央駅と空...more
カテゴリー:

マレーシア航空、「初売り」開催中 東南アジアへ往復30,000円から - 01月14日(日)14:34 

マレーシア航空は、「平成30年初売り」を2月2日まで開催している。 往復運賃は、エコノミークラスは東南アジアへ30,000円から、南アジアへ50,000円から、オーストラリアへ59,000円から。ビジネスクラスは東南アジアへ100,000円から、オーストラリアへ190,000円から。いずれも燃油サーチャージなし、諸税込み。 搭乗期間は1月12日から7月20日まで。エコノミークラスは30キロ、ビジネスクラスは40キロの受託手荷物が付帯している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「受託手荷物」の画像

もっと見る

「受託手荷物」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる