「取調べ」とは?

関連ニュース

ドラマ以上に熱かった ベテラン刑事の正義感が泣ける - 03月21日(火)14:20 

 事件を解決すべき捜査で、現場の刑事たちに対してストップをかけようとする警察キャリア。その背後には「大きな力」が……。というのは、警察モノのドラマや映画で定番の構図です。こういうものばかり見ていると、何だか警察に相談に行くのも不安になります。  しかし、実際にはどうなのでしょうか。 「元警察庁Ⅰ種警察官」という、キャリア中のキャリアであった経歴をもつ、作家の古野まほろさんは、新刊『警察手帳』で、キャリアにせよノンキャリアにせよ、現実の警察官のモチベーションは、「正義感」「勧善懲悪」「人助け」だ、と断じています。  古野さん自身が見聞きしたエピソードが豊富に収められた同書から、現場の刑事たちの「正義感」を感じられるエピソードを紹介してみましょう。(以下、『警察手帳』から抜粋、引用) 取調べの名手の本音  古野さんが、ある警察本部の刑事だったときのことです。  ある殺人事件があり、古野さんもその捜査本部に詰めることになりました。   被疑者はすぐに逮捕され、取調べ官になったのは、捜査一課の長い、大ベテランの刑事Y係長。古野さんの指導担当でもある警部補でした。  取調べが始まって数日たったある日、勤務時間外。古野さんは、誰もいないはずの倉庫のような場所でアグラをかき、一升瓶で日本酒を飲んでいるY係長を発見しました。  ビックリして、何をしているか、と訊く古野さん。すると、Y係長は「古サ...more
in English
カテゴリー:

【社会】“強姦NHK局員”弦本容疑者の恐るべき手口と複数の“謎の鍵”! 犯罪史に残る連続強姦犯の可能性も!? - 02月10日(金)17:24 

連続強姦魔はNHK局員だった??。今月6日、山形県内の女性宅に押し入り、 性的暴行などを加えた強姦致傷容疑でNHK山形放送局酒田支局の記者・弦本康孝容疑者が逮捕された。 県警などによると、昨年2月23日の午前5時ごろ、同県村山地方に住む20代女性の自宅に侵入し、性的暴行を加え全治2週間のケガを負わせた疑いが持たれている。 就寝中だった女性は同容疑者に「騒いだら危害を加える」と脅され、身動きが取れなかったという。 警察の調べに同容疑者は「わかりません」と否認。付近では同時期に同様の被害が複数報告されており、県警...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

伝説の台湾青春映画「クー嶺街少年殺人事件」25年ぶりに公開 - 03月16日(木)16:00 

 伝説となっている台湾の青春映画が二十五年ぶりに劇場公開される。  二〇〇七年に五十九歳で死去したエドワード・ヤン(楊徳昌)監督の「クー嶺街(クーリンチュ)少年殺人事件」(1991年)。ホウ・シャオシェン(侯孝賢)らと並ぶ台湾のニューウェイヴの監督の代表作として高く評価され、語り伝えられながら、監督が死去したこと、また、権利関係の複雑さなどから長いあいだ劇場公開されなかった。  その幻の傑作が、今回、初上映時より長い三時間五十六分版で甦る。  一九六〇年代初頭の台北のクー嶺街が舞台。当時は、国民党が強大な権力を持ち、戒厳令が敷かれていた窮屈な時代。主人公の少年スーは夜間高校に通う。家族は、中国大陸での国共内戦で敗れた国民党と共に台湾に渡ってきた。いわゆる外省人。父親は公務員だが、家は決して豊かではない。  親の世代はまだ大陸に戻る日を夢見ているが、戦後の台湾で育ったスーの世代の少年たちは、もうそんな夢は持ち得ない。国民党への帰属感もない。それでいて徴兵制があるから、いずれは兵役に就かなければならない。  息苦しい日々のなか、少年たちは、対立するグループとの喧嘩に明け暮れる。このあたりは、直木賞を受賞した東山彰良の『流』の少年たちと重なり合う。  スーは同じ学校に通う少女ミンと知り合う。ミンは貧しい家の娘。美少女なので少年たちの目を惹く。一見、清純そうだが、不良少年グループのリーダー...more
in English
カテゴリー:

「取調べ」の画像

もっと見る

「取調べ」の動画

Wikipedia

  • 転送 事情聴取...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる