「取引時間中」とは?

関連ニュース

東証続伸、円高一服を好感 上げ幅、一時300円超 - 02月19日(月)12:27 

 週明け19日午前の東京株式市場は、最近の急激な円高ドル安が一服したことなどを好感し、日経平均株価は大幅に続伸した。上げ幅は一時300円を超え、取引時間中としては7日以来となる2万2000円台を回復した。午前終値は前週末終値比288円76銭高の2万2009円01銭。東証株価指数(TOPIX)は27・40ポイント高の1764・77。
カテゴリー:

日経平均、一時300円超値上がり 2万2千円台を回復 - 02月19日(月)11:06 

 19日の東京株式市場は、日経平均株価が一時300円超値上がりし、取引時間中として7営業日ぶりに2万2000円台を回復した。午前10時時点の日経平均は前営業日より274円46銭高い2万1994円71銭…
カテゴリー:

東証続伸、一時2万2000円回復、上げ幅300円超え - 02月19日(月)10:03 

 週明け19日の東京株式市場で、日経平均株価は続伸して始まった。前週末終値比183円41銭高の2万1903円66銭で寄り付いた。その後、一時2万2000円を上回った。取引時間中では7日以来、ほぼ2週間ぶり。上げ幅が300円を超す場面もあった。
カテゴリー:

【編集長の視点】加賀電子は業績の再上方修正、年間配当の再増配を見直し売られ過ぎ訂正買いが再燃し急反発 - 02月16日(金)09:27 

加賀電子(東1)は、前日15日に63円高の2527円と急反発して引け、取引時間中には2652円まで買い進まれ、世界同時株安に巻き込まれて3000円大台から突っ込んで2月14日につけた直近安値2539円から100円超高し、上昇トレンドへの転換を強く示唆した。
カテゴリー:

日経平均は3日続落、円高を嫌気 日経平均は一時2万1000円割れ - 02月14日(水)15:52 

[東京 14日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日続落。一時は取引時間中で昨年10月13日以来となる2万1000円割れまで下落した。前日の米国株が小幅ながら上昇し、朝方は買い戻しが先行。上げ幅は一時100円を超えたが、円高基調が重しとなり軟化した。後場寄り直後に1ドル106円台まで円高が進行すると、先物安による裁定解消売りを伴って下げが加速し300円に迫る下げ幅となった。円高一服後は買い戻しでプラスに転じる場面もあったが、変動率の大きさを嫌気する売りや信用取引の手じまい売りなどに押され、引けにかけて上値は重かった。乱高下の末、日経平均終値は連日で今年最安値を更新した。
カテゴリー:

東証:一時300円高 午前終値2万2009円01銭 - 02月19日(月)11:57 

 週明け19日の東京株式市場は、前週末に一時1ドル=105円台半ばまで円高・ドル安が進んだ円相場が106円台前半に戻したことなどを受け、買い注文が先行。日経平均株価の前週末終値比の上げ幅は一時300円を超え、取引時間中としては約2週間ぶりに2万2000円台を回復した。午前終値は288円76銭高の2万2009円01銭。
カテゴリー:

東証続伸、円高一服を好感 上げ幅、一時300円超 - 02月19日(月)10:47 

 週明け19日午前の東京株式市場は、急激な円高ドル安が一服したことや米株高を好感し、日経平均株価は続伸した。上げ幅は一時300円を超え、取引時間中としては7日以来となる2万2000円台を回復した。
カテゴリー:

前場の日経平均は大幅続伸、一時300円超高 1週間ぶり高値水準 - 02月16日(金)12:09 

[東京 16日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比234円73銭高の2万1699円71銭となり、大幅に続伸した。前日の米株市場でダウが5日続伸し、300ドルを超す上昇となったことを受け、幅広く買い戻しが優勢となった。上げ幅は一時300円を超え、取引時間中としては1週間ぶりの高値を付けた。東証33業種中、海運を除く32業種が値上がりした。
カテゴリー:

円急伸、一時1ドル=106円台 日経平均も一時2万1000円割れ - 02月14日(水)21:58 

 14日の東京外国為替市場の円相場は急伸し、一時1ドル=106円84銭と、米大統領選でのトランプ氏勝利の直後にあたる平成28年11月中旬以来約1年3カ月ぶりの円高ドル安水準をつけた。急速な円高進行への警戒感から東京株式市場では日経平均株価が3営業日続落。一時は取引時間中として約4カ月ぶりに節目の2万1千円を割り込んだ。
カテゴリー:

前場の日経平均は3日続落、上昇一服後に売られ年初来安値を更新 - 02月14日(水)12:13 

[東京 14日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比135円39銭安の2万1109円29銭となり、3日続落した。前日の米国株が小幅ながら上昇したことで、序盤は買い戻しが優勢となった。上げ幅は一時100円を超えたが、円高基調の継続が重しとなり軟化した。今晩発表される米1月消費者物価など米経済指標への警戒感は強く、ポジション整理の売りに押される形で6日に付けた取引時間中の年初来安値を更新した。
カテゴリー:

もっと見る

「取引時間中」の画像

もっと見る

「取引時間中」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる