「反省点」とは?

関連ニュース

深田恭子、点灯式初体験で思わぬ発見「自分で見られないんですね…」 - 11月22日(水)19:54 

 女優の深田恭子が22日、東京都中央区のJPタワーKITTEで行われた『「WHITE KITTE」WHITE Tree ライトアップセレモニー』に参加。クリスマスイルミネーションの点灯式に初参加という深田は背後のツリーを見るため、報道陣にお尻を向けてしまい猛反省した。 【全身ショット】真っ赤なワンピで点灯式に登場した深田恭子  深田はゴージャスな赤いドレスで登場。アジア圏で唯一のグリーンランド国際サンタクロース協会公認のサンタクロースであるパラダイス山元氏も参加して点灯式は行われた。いざ、ライトアップというタイミングで心境を問われると深田は「点灯式って、ずっとやってみたかったんです。きょうも本当に楽しみにしていたんです」と告白した。  第21回ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを獲得以降、多方面で活躍しているが、意外や意外、点灯式だけは縁がなかったという。「いろいろな女優さんとかが点灯式をやっていらっしゃるのを見て、すごいうらやましくて」と、ようやく巡ってきた機会に笑顔が止まらなかった。  深田がスイッチを押してきらびやかなイルミネーションがツリーと彩った。ただ、報道陣の方を向いていおり、ツリーは背後に…。ちらちらと後ろを向いて、ツリーをチェックしたが「点灯式の人って実際には自分で見られないんですね…。後ろ向いちゃって、ちゃんと前向いてなきゃいけなかったな」と反省点を口...more
カテゴリー:

何を今さら。内定辞退率が過去最高64.6%で焦り始めた日本企業 - 11月17日(金)04:45 

今、日本の企業の多くが人員不足に悩んでいると言われています。その原因の一つが「内定辞退」。一体なぜこのような状況になるまで対策をしてこなかったのでしょうか。メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』の著者にして米国育ちの元ANA国際線CA、元お天気キャスターという健康社会学者の河合薫さんは、「日本は若者の雇用問題に関して後進国レベル」とした上で、今すぐにでも変えていくべき政府・企業側の反省点を指摘しています。 ニッポンは若者の雇用問題後進国!? 「内定辞退率過去最高の64.6%(10月時点)」ーー。 昨日、ネットを中心にかなり話題になっていましたが、「ナニを今さら慌ててるねん!」と秒速で私の脳内のサルは反応。一方で、大手メディアは相変わらずの反応を繰り返しました。 「空前の売り手市場」、「企業は特に中小の新卒確保が一段と厳しくなっている」、「企業が例年より内定を多めに出した結果、2社以上から内定を得た学生が増え、辞退率が上がった」(by リクルートキャリア)、「複数の内定を得た人が企業を絞った」、「1社だけの人が入社を望まず内定を断って就活を続けたりして起きたとみられる」……etc etc いったいこの国の“メディア人”は、いつまで思考停止を繰り返すのか。 誰かひとり(あるいは一社)くらい、「そりゃあ、そうなるでしょ? 今までな~んにも対策してこなかったんだからさ」と就活...more
カテゴリー:

堂々日本代表デビューのMF長澤和輝「1対1でもう少し戦えれば」と反省 - 11月15日(水)06:47 

安定したプレーでベルギー相手にも“戦えていた”長澤。しかし、反省点を口にする。
カテゴリー:

【サッカー】ベルギー攻略のカギは“裏”…乾貴士と久保裕也が指摘する突破口とは - 11月13日(月)10:42  mnewsplus

ベルギー攻略のカギは“裏”…乾貴士と久保裕也が指摘する突破口とは https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20171113/668095.html?cx_top=topix ベルギー戦を展望した乾貴士と久保裕也(左から) [写真]=新井賢一  付け入る隙は十分にある。日本が14日の国際親善試合で対戦するベルギーはFIFAランキング5位の強豪国だが、守備に不安を抱えているようだ。 「(ベルギーの)3バックはあまり速くないという情報があったので、裏をしっかりと突いていこうと話している」  そう言って、弱点を指摘するのはMF乾貴士(エ...
»続きを読む
カテゴリー:

注目を集めた中国美女セキ・ユウティンもシード獲得ならず - 11月17日(金)18:46 

<大王製紙エリエールレディスオープン 2日目◇17日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,550ヤード・パー72)> 昨年のファイナルQTで16位に入り今季の出場権を掴むと、その端正なルックスで開幕戦から注目を集めたセキ・ユウティン(中国)。だが、賞金ランク78位で臨んだ「大王製紙エリエールレディス」ではトータル4オーバー・82位タイで予選落ち。賞金ランク50位以内に入ることができず、来季の賞金シード獲得はならなかった。 【関連】三つ編みが可愛すぎる… ユウティンの特選フォト 「ショットは悪くなかったのですが、今日はパターが入りませんでした。1〜3ヤードくらいをかなり外してしまいました」とユウティン。この1年を振り返り、「色々勉強になった1年でした。反省点も多かったですが」と苦笑いを浮かべた。 来年も日本ツアー参戦を明言。まずは出場権をかけて、来週行われるサードQTに出場する。「細かい部分を修正して頑張りたいです。今年日本ツアーに出て、今まで以上に日本ツアーを好きになりました。来年もここに残りたい思いが強くなっています。頑張って出場権を獲得して、この冬一生懸命練習したいと思います」。来シーズンでリベンジするため、し烈なサバイバルを必死に勝ち抜く。 【関連リンク】 ・石川遼が今季初の決勝進出!ダンロップフェニックスのLIVEフォト ・美人姉妹タッグが実現!セキ・ユウティン、妹の...more
カテゴリー:

SILENT SIREN、メジャーデビュー5周年の記念日に日本武道館ライブを開催! 終演後のメンバーコメントも到着 - 11月15日(水)17:30 

SILENT SIRENがメジャーデビュー5周年記念日となる11月14日、6月からスタートした全26本の全国ツアー「5th ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017『新世界』」のファイナル公演として日本武道館でワンマンライブを行った。 【写真を見る】ツアーファイナルを日本武道館で迎えたSILENT SIREN/Photo by HAJIME KAMIIISAKA 2015年1月17日に初の日本武道館公演を行った彼女たちにとって、ロックの聖地でのワンマンは2度目であり、今回は2daysでの開催となる。1日目の11月13日はライブタイトルに“軌跡”というワードを掲げ、結成から7年、メジャーデビューから5年の歴史を彩ってきた代表曲を中心にラインナップ。今年3月にEMI Recordsへの移籍第1弾シングルとしてリリースされた「フジヤマディスコ」をアンコールのラストナンバーとして披露し、大きな盛り上がりの中で幕を閉じた。そしてメジャーデビュー記念日であり、ツアーファイナルを飾る翌14日は“奇跡”というタイトルの元、前日からの流れを受け継ぐように「フジヤマディスコ」でライブはスタートした。 “SILENT SIREN”と記された大きな帆を張った船を模すステージセットの上で、海軍をイメージしたという白い衣装を纏ったすぅ(Vo&G)、あいにゃん(B)、ひなん...more
カテゴリー:

生放送は危険?ネタ帳持参&自由トークのペアが贈るイケボなラジオ【おしゃべや×CanCam】 - 11月13日(月)21:00 

    ニッポン放送が送るWEBラジオ「オールナイトニッポンi~おしゃべや~」が、毎週月曜21時~配信中! 舞台などで活躍中の人気俳優たちが、夜寝る前にこっそりおしゃべりする部屋……「おしゃべや」の様子を毎週お届けしています。   出演者は、北村諒さん×和田雅成さん、荒牧慶彦さん×松田凌さん、太田基裕さん×崎山つばささん、橋本祥平さん×深澤大河さんの4組8人。それぞれのチームごとに個性あふれるラジオ内容で、あっという間の30分!   現在発売中のCanCam12月号では、おしゃべやメンバーから4人(和田雅成さん、荒牧慶彦さん、崎山つばささん、橋本祥平さん)が登場してくれていますが、CanCam.jpでは、「もっと『おしゃべや』の面白さを広めたい!」ということで、貴重な収録現場に潜入し、各チームにインタビューを慣行! 全4回にわたって、各チームの魅力をお伝えしていきます。     3回目は、太田基裕さん×崎山つばささんペア。“チームダークネス”だという二人は、勉強熱心な崎山さんと自由奔放な太田さんの掛け合いが魅力的でした!   ■ラジオを初めてやっているとは思えないぐらいトークが面白くて、いちリスナーとして笑いながら聞かせていただきました。 太田 そんなふうに言ってもらえると、ラジオパーソナリティみたいだね、僕...more
カテゴリー:

久松猛朗FD、TIFF30回の節目に多彩なプログラムで動員増実現「一歩を踏み出せた」 - 11月08日(水)16:00 

 第30回東京国際映画祭の劇場動員数は6万3679人。共催・提携企画も合わせれば20万人以上が詰めかけた。会期中に台風22号が通過するなど天候不順があったことも鑑みれば、劇場動員が昨年比で3000人以上もアップしたことは大きな実績といえる。今年4月にフェスティバル・ディレクター(FD)に就任した久松猛朗氏は、いかにして節目の大会のかじ取りを行ったのか。  「映画を観(み)る喜びの共有」「映画人たちの交流の促進」「映画の未来の開拓」――久松氏は就任に際し、長期的な視野に立ってこの3つをビジョンとして掲げた。その上で、「十分ではないけれど、一歩を踏み出せたかなという手応えのようなものは少し感じています」と自負する。  日本アニメの特集や「日本映画スプラッシュ」など、近年に創設された部門に加え、TOHOシネマズ六本木ヒルズの6スクリーンで別々のテーマのオールナイト上映「ミッドナイト・フィルム・フェス!」、ミュージカル映画の歴史をたどる「トリビュート・トゥ・ミュージカル」、無料上映だが隣接する六本木ヒルズアリーナのビジョンで過去の出品作からセレクトした名作30本の上映「Cinema Arena 30」などを新設。映画を観る喜びの共有のため、上映本数は昨年比25本増の236本となった。  「プログラムの多様性によって満席や売り切れ間近という上映が多く、全体的に埋まっていたようです。TO...more
カテゴリー:

「反省点」の画像

もっと見る

「反省点」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる