「反原発」とは?

関連ニュース

雑誌『たたみかた』創刊 正しさと正しさのぶつかり合いを考える - 04月25日(火)08:00 

 メディアにはでない"オモシロキ美容師たち"を紹介して注目を集めた美容文藝誌『髪とアタシ』。その出版社「アタシ社」が、新たな雑誌『たみたかた』を4月15日、創刊しました。  "30代のための社会文芸誌"という位置づけの本誌は、政治におけ中間層・無関心層の中にいた30歳の女性編集長・三根かよこさんが、「何が正しいか?」がぶつかり合うこの世界の中で、本当に必要なメディアの形を突き詰めて生まれたといいます。  きっかけとなったのは、東日本震災大震災。三根さんは震災以降、信頼できる情報「正しさ」を探し求めていたものの、6年で得られた答えは、「ただ一つの『正しさ』は存在しない」ということでした。  だからこそ、"存在しないはずの正しさ"、三根さんの言うところの「できる限り、すべての生命が調和的に生きられるような、傷つけ合わないですむような、そんな『正しさ』」を思い描いていたのだそうです。しかし、他者の「それは、あなたの正しさですよね」という"もう一つの正しさ"とぶつかり合うことで、「正しさ」の水掛け論が繰りされてしまう......。  そのため『たたみかた』では、無数の「正しさ」がある世界の中にあって、主義や主張を語る前に「私」のこの「正しさ」はどこからやってきたのか? を問いかけます。  創刊号の「福島特集」では、政治的な文脈なしに、哲学や仏教、国際協力、ジャーナリズムなど第一線...more
in English
カテゴリー:

【社会】反原発活動の中止を要請 福井県「美観上好ましくない」「音量が大きくて不快」「通行の妨げ」などの苦情受け - 04月22日(土)21:51 

http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/22/story_n_16161708.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001 福井県が県庁前で反原発のアピール活動をしている市民団体に対し、活動を自粛するよう文章で要請したことが分かった。4月21日、毎日新聞などが報じた。市民団体の4人はこの日、活動の自由が制限されるおそれがあるとして、公開質問状を県に提出した。 朝日新聞デジタルによると、県側は3月31日、活動後のメンバーに文書を手渡した。文章には要請の理由として、「活動の音量が大きくて不快」「横断幕やのぼりは美観上好ましくない」「通...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

福井県:反原発活動中止要請 県庁近く「通行の妨げ」 - 04月21日(金)21:31 

 福井県が、県庁近くの歩道で反原発アピールを行う市民らに活動自粛を求める文書を手渡していたことが21日、分かった。県公安委員会の許可を得ており、県内の反原発3団体は「市民活動の自由を妨げるものだ」として同日、公開質問状を県に提出した。
in English
カテゴリー:

小池都知事、森友学園問題、昭恵夫人…安倍首相を再び襲う健康不安 - 04月06日(木)11:43 

「顔がむくんで顔色もすこぶる悪い。体調を崩しているようだ…」 3月24日の参院予算委員会に出席し答弁する安倍首相を見ていた自民党のベテラン議員が呟き、さらにこう続けたという。 「以前から抱えている潰瘍性大腸炎が悪化しているのではないか。症状を抑えるために朝晩2錠ずつ、アサコールという薬で抑えているというが、その1回の量を増やしているという話も聞こえてくる。なんと言っても、この病の最大の難敵はストレス。今、いくつもの難題を抱える安倍さんは、いつパンクするか分からない」 ストレスの最大要因の一つは、森友...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テロ等準備罪】「病気で、すぐ次の行動に移りにくい」病歴漏出・他人の家へ隠しカメラ無断設置… 「共謀罪」監視強化に懸念★2 - 03月23日(木)20:20 

病歴漏出・カメラ無断設置… 「共謀罪」監視強化に懸念 警察により、自身の病歴情報まで外部に漏らされていた恐怖を話す船田伸子さん=岐阜県大垣市 カメラが見つかった労働組合などが入る建物。手前の木の幹に結束バンドでカメラが巻き付けられていたという。 木は参院選公示前、雑草で覆われていた=昨年8月、大分県別府市、加藤勝利撮影 木の幹にカメラが設置されていた別府地区労働福祉会館の敷地斜面=昨年8月、大分県別府市、加藤勝利撮影 昨年6月、駐車場を映すように木に設置されていたカメラ=大分県別府市、関...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

反原発団体「県民犠牲にするな」、経産相に抗議 - 04月23日(日)09:53 

「県民を犠牲にするな」。玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働を巡り、山口祥義佐賀県知事と世耕弘成経済産業相が22日面会した県庁の前では、反原発の市民団体が抗議行動した。原発再稼働に前のめりの姿勢を示す国や手続きを着々と進める山口知事に対し、集まった約150人が怒りの声を上げた。 午後2時18分、世耕経産相を乗せた車が急速度で正門から中に入り、参加者は「合意なき国策を押し付けるな」と声...
in English
カテゴリー:

反原発の街頭アピール、福井県が自粛要請 実行側は反発 - 04月22日(土)02:02 

 福井市の福井県庁前の交差点でアピール活動をしている反原発の市民団体に対し、県が活動を自粛するよう文書で要請し、市民団体のメンバー4人が21日に県庁を訪れて抗議した。 県と団体によると、市民団体は5年…
in English
カテゴリー:

少子化対策の突破口は「金持ちの一夫多妻」を認めること - 04月20日(木)07:00 

 政府は20年来、少子化対策に力を注ぐが、昨年の出生数は初めて100万人を割り込み、改善の兆しは見られない。『損する結婚 儲かる離婚』(新潮新書)の著者・藤沢数希氏は少子化に歯止めをかける鍵は「婚外子」だと喝破する。  * * *  少子化問題の本質は、私は結婚制度の欠陥にあると見ている。  その最たるものが「婚姻費用」だ。婚姻費用とは、民法で規定される「夫婦は相手の生活を自分と同じレベルで維持する義務」を果たすための費用のこと。要するに専業主婦なら、夫の稼いだお金の半分は主婦のものということ。男女平等なので、主夫の場合は稼いでいる奥さんは旦那にお金を払わないといけない。  男性は生活費を負担しても妻に家事や育児をやってもらえるメリットがあるが、女性の場合は、日本男子にそれをあまり期待できない。  OECD調べ(2014年)によると、日本の「男性の家事や育児などの無償労働時間」は1日62分で、OECD26か国中、韓国の45分に次いで短い。  そうであるなら、女性が自分より稼ぎのいい男性と結婚したいと考えるのは当然だ。しかし現実は、高収入の女性ほど自分より稼ぎのいい男性を見つけにくい。年齢・収入別に婚姻率を調べた統計では、女性の収入が25~29歳で600万円、30~34歳で700万円を超えると一気に婚姻率が下がっている。  加えて、「子供を産むには結婚しなければいけない」とする社会規...more
in English
カテゴリー:

【国会前】日本市民「日本の国民の多くは安倍のウソに酔いしれている…不思議だ」 - 03月29日(水)03:55 

月24日金曜日、夜になって寒さがいっそうつのる中で国会周辺のあちこちで反原発、共謀罪反対、森友学園の真相究明など安倍政権への抗議行動が行われた。 国会北側エリアの<未来のための公共>の抗議では、前回とは反対にコールを主体にすることになり、「共謀罪は絶対にいらない」「政治を私物化するな」「真実を語れ」「昭恵は出てこい」「ウソをつくな」「森友学園ハッキリしろ」などさまざまな声が上がった。  スピーチは「3.11以後の路上からの運動に学んだ」という印刷会社の社員を筆頭に、それを受けて学者の会の小森陽一さ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テロ等準備罪】「病気で、すぐ次の行動に移りにくい」病歴漏出・他人の家へ隠しカメラ無断設置… 「共謀罪」監視強化に懸念 - 03月22日(水)04:44 

病歴漏出・カメラ無断設置… 「共謀罪」監視強化に懸念 警察により、自身の病歴情報まで外部に漏らされていた恐怖を話す船田伸子さん=岐阜県大垣市 カメラが見つかった労働組合などが入る建物。手前の木の幹に結束バンドでカメラが巻き付けられていたという。 木は参院選公示前、雑草で覆われていた=昨年8月、大分県別府市、加藤勝利撮影 木の幹にカメラが設置されていた別府地区労働福祉会館の敷地斜面=昨年8月、大分県別府市、加藤勝利撮影 昨年6月、駐車場を映すように木に設置されていたカメラ=大分県別府市、関...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「反原発」の画像

もっと見る

「反原発」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 原子力撤廃...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる