「又吉直樹」とは?

関連ニュース

今夜最終話「火花」バイトをやったら負け、黒髪に戻した9話 - 04月30日(日)10:00 

又吉直樹作、第153回芥川賞受賞作品「火花」。先週まであんな良い感じだったのに急に解散。あらすじゴールデンのレギュラーを惜しくも逃し、スパークスは勢い失ってしまい家賃を下げるために徳永(林遣都)は引っ越しをする。そんな中、相方の山下(井下好井・好井まさお)は、百合枝(高橋メアリージュン)との間に子供ができた事で、大阪へ帰ろうと思うと徳永に打ち明ける。二人は解散を決め、事務所に報告をする。バイトやったら負けやぞ!仕事が減り、家賃を払うために山下はバイトを始めようか迷っていた。自転車で走り去る山下に徳永は「バイトやったら負けやぞ!」と声を掛けた。これは、一度芸で食べられるようになったのに、バイトをしたら引き下がった事になる。プライドを持って芸で食っていけということだろう。お笑い芸人でも役者でもミュージシャンでも何かを志す者にとって、バイトというのは基本マイナスの行為だ。例えばバイトでコンビニ店員を装ってしまえば、その間は芸人でも役者でもミュージシャンでもなくなってしまう。バイト中は、本来のあるべき姿からかけ離れてしまうのだ。つまり、バイトをすればするほど芸人は面白くなくなり、役者は演技が下手になり、ミュージシャンはギターが下手になるということだ。徳永の「そんな時間あるならネタ書くわ!」というセリフは、そういう思いがあるに違いない。徳永が黒髪に戻した理由最後のライブを前に、徳永はトレード...more
in English
カテゴリー:

発達障害と向き合う栗原類さん、母が振り返る当時の心境 - 04月24日(月)12:00 

 "ネガティブすぎるイケメンモデル"のキャッチコピーでおなじみのタレント・栗原類さん。昨年、『発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由』を上梓し、自身の発達障害をカミングアウトしたことでも注目を集めました。  栗原さんが発達障害の一種「注意欠陥障害(ADHD)」という診断を受けたのは、ニューヨークで暮らしていた8歳の頃。  本書では、早期発見・早期診断のメリット――小学校低学年のうちから適切な支援教育を受けられたこと、自身の発達障害を受容し、向き合うことができたこと――が語られていますが、栗原さんは、発達障害者が"生きづらさ"を解消するためには、周囲に理解を求めていく努力が必要だとして、以下のように述べています。  「学校や会社など組織の中で誰かと一緒に何かをする場合は、周りに理解をしてもらったほうが精神的にもすごく負担が減ります。なかには『言いわけだ』と言って、理解しようとしない人もいると思います。そういう人は無視すればいいのです」(本書より)  「他人に自分の苦手なことを話すのは、最初は恥ずかしいかもしれませんし、冷たい眼で見られるかもしれません。でも、それを気にしていたら、まわりに自分の弱点を理解してもらえずに、ミスを責められ精神的にまいってしまいます」(本書より)  「自分の弱点をさらけ出さないと、単純に残念な人扱いで終わってしまう可能性が高いのです。そうな...more
in English
カテゴリー:

ピース又吉、消息不明の相方綾部と「会っていない」 - 04月23日(日)21:32 

 沖縄で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」のレッドカーペットが23日、那覇市内の国際通りで行われた。  お笑いコンビ、ピース又吉直樹(36)は、活動拠点を米国ニューヨークに移すために、2日の生放送の後、消息不明となっ…
in English
カテゴリー:

板尾創路監督「火花」クランクアップを報告「素晴らしいシーン撮れた!」 - 04月23日(日)18:30 

 「ピース」の又吉直樹の第153回芥川賞受賞作「火花」を映画化した板尾創路監督が4月23日、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で会見し、クランクアップを報告した。  会見は、主演した菅田将暉と桐谷健太のビデオメッセージから始まった。菅田は「愛にあふれていた」と表情をほころばせ、「お笑い芸人さんを演じて、本当にライブまでやらせてもらった。相方の(2丁拳銃の川谷)修士さんへの信頼がはんぱなかった」とコンビ愛を強調。桐谷も「むっちゃ楽しかったけど苦しくもあった。将暉にも、相方(三浦誠己)にも支えられた」と同調していた。  累計発行部数253万部(文庫初版部数を加えると283万部)を突破する同名原作は、漫才の世界で結果を出せず底辺でくすぶる徳永と強い信念を持つ先輩芸人・神谷が出会い、現実の壁にはばまれ、才能と葛藤しながら歩み続ける青春物語。板尾監督は、「なんとか無事に撮り終えることができて、ホッとしています。天気が不安定だったのですが、すごく神がかってすべてうまくいった」と安堵の面持ちを浮かべる。  主演2人に対しては、「本当に望んでいたキャストでしたが、両名とも作品に興味を示してくれた。大阪出身だからお笑いも大好きやしね」と理想の布陣だったことを告白。そして、「一生に1回やってみたい役に出合えて、恐れ多いとも言っていた。それくらい漫才師をリスペクトしてく...more
in English
カテゴリー:

映画『火花』メール文面は又吉が考案 板尾創路監督は脚本作りに苦労 - 04月23日(日)18:23 

 第153回芥川賞を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹の小説を実写化した映画『火花』(11月23日公開)がクランクアップを迎え、監督を務めた板尾創路が23日、沖縄・那覇を中心に開催されている『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』内で会見を行った。撮影を終えて「天気も味方してくれたので、成功すると思う」と手応えをにじませ、映画のある部分に又吉が関わっていることを明かした。 【画像】レッドカーペットに人気俳優・女優・芸人が多数登場  同作は、漫才の世界で結果を出せず底辺でくすぶっている青年・徳永と、強い信念を持った先輩芸人・神谷が出会い、現実の壁に阻まれ才能と葛藤しながら歩み続ける青春物語。菅田将暉が徳永、桐谷健太が神谷を演じ、W主演を務める。  板尾監督は、後輩である又吉の作品を実写化して「自分の生きている(お笑いの)世界のことなので、リアリティーを求めすぎない、やり過ぎないことに気を使いました」と撮影を回顧。「脚本を作るのが一番難しかった。又吉の思いとか、漫才師として生きてきたことや、考えていること、伝えたいこととか」と苦労をにじませた。  徳永と神谷がメールでやり取りをするシーンの文章は、又吉に考えてもらったといい、「せっかくなので考えてもらおうと思ってオーダーしたら、何パターンも送ってきてくれた」と感謝した。  W主演の菅田、桐谷ついては、「2人とも作品に...more
in English
カテゴリー:

文教堂グループHD急伸、芥川賞作家・又吉直樹さんの第2作「劇場」に期待の見方 - 04月28日(金)11:19 

■業績見通しを4月中旬に減額修正したが株価は底堅い 書店チェーンの大手・文教堂グループホールディングス(JQS)は28日、8%高の496円(37円高)まで上げて3月22日以来の年初来高値更新となり、11時を回っても5%高の483円(24円高)前後で推移。
in English
カテゴリー:

【テレビ】「もし生まれ変わったら、同じ人生をやりたいですか?」酒井法子「もう一度やってもいいかも」 - 04月24日(月)11:36 

 インターネットテレビ局「AbemaTV」では22日、「廃墟と遺言」を20時から3時間にわたって放送した。  同番組は、「遺言」をテーマに、人生が終わる瞬間は誰にもわからないからこそ、芸能人たちが、いつかその時を迎えた時に、遺しておきたいメッセージを語るトーク番組。 「遺言」の聞き役を、芸人であり、芥川賞作家でもある又吉直樹が務める。  同日放送では、「のりピー」の愛称で海外でも人気の酒井法子が“遺言人”として登場。「後世の人に知っておいてほしいこと」を聞かれると、 酒井は「80歳くらいまで生きれたら孫とか...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

板尾創路、映画「火花」はリアリティー求めすぎない - 04月23日(日)20:40 

 沖縄で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で23日、映画「火花」(11月23日公開)の監督を務める板尾創路(53)が完成報告会見を開いた。  芥川賞を受賞したピース又吉直樹の小説が原作。「自分の生きているお笑いの世界…
in English
カテゴリー:

板尾創路監督「火花」クランクアップを報告「素晴らしいシーン撮れた!」 - 04月23日(日)18:30 

「ピース」の又吉直樹の第153回芥川賞受賞作「火花」を映画化した板尾創路監督が4月23日、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で会見し、クランクアップを報告した。会見は...
in English
カテゴリー:

【写真たっぷり】GACKT・土屋太鳳・片寄涼太らが沖縄のファンを魅了 第9回沖縄国際映画祭レッドカーペット - 04月23日(日)18:00 

4月20日から23日にかけて開催中の『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』。最終日となる23日、那覇国際通りに敷かれた約150メートルのレッドカーペットに、映画祭出品作品のキャストらが集結した。 (以下、写真は登場順) IMARU/日本テレビ『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭 沖縄美女だらけスペシャル!』 岩佐美咲/沖縄第一興商 間宮祥太朗、馬場ふみか/『劇場版 お前はまだグンマを知らない』 おかずクラブ(オカリナ、ゆいP)/映画『ハーベスト!』 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、土屋太鳳/特別上映ドラマ『兄に愛されすぎて困ってます』特別編集版 木村涼香、GACKT/特別招待『カーラヌカン』 夏菜/特別招待『愛・革命』 浅香航大、中村ゆり/『増山超能力師事務所~激情版は恋の味~』 ピカチュウ/ハピナハ 渡辺直美/青森県りんご対策協議会 今田美桜/特別上映『帰ってきたバスジャック』 大野拓朗/特別上映『猫忍』 田畑智子/よしもと新喜劇映画『女子高生探偵あいちゃん』 山谷花純、稲葉友/映画『N.Y.マックスマン』 又吉直樹、磯山さやか/映画『海辺の週刊大衆』 福原遥、玉城ティナ/映画『女々演(じょじょえん)』 光宗薫/映画『ありえなさ過ぎる女~~被告人よしえ』 川村ゆきえ/映画『豆腐の角に頭ぶつ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「又吉直樹」の画像

もっと見る

「又吉直樹」の動画

Wikipedia

又吉 直樹(またよし なおき、1980年6月2日 - )は、日本お笑いタレント脚本家小説家、俳人であり、ピースのボケ担当である。お笑い芸人コンビ「ピース」のボケ担当で活躍している他、2016年に自身が書いた小説火花で新人小説家の登竜門である芥川賞を受賞したことでも有名である。

大阪府寝屋川市出身。

吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。

来歴・人物

大阪府寝屋川市で、4歳年上と3歳年上の姉の下に生まれる。父は沖縄県、母は奄美...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる