「参議院議員」とは?

関連ニュース

丸山和也参議院議員が政局を斬る! ポスト安倍、できない憲法改正 - 04月25日(水)08:03 

〈財務省が公文書改ざんを認め、国会では佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問も行われました。党内の様子は?〉 マスコミが騒いでいるわりには国会の動きは活発じゃないし、政局も低調...
カテゴリー:

自衛官 罵声を浴びせた当時のやり取りは (防衛省聞き取り調査) - 04月24日(火)17:21 

防衛省の聞き取り調査に対して、30代の3等空佐は民進党の小西洋之参議院議員に罵声を浴びせた当時のやり取りについて、次のように話しているということです。
カテゴリー:

国会サボり中の野党議員、月曜の朝から辺野古で違法座り込み - 04月23日(月)19:00  news

ボギーてどこん(再起動宣言おきなわ) @fm21wannuumui 国会の仕事を放り出して、月曜日の朝から極左活動家らと座り込む糸数慶子参議院議員と赤嶺政賢衆議院議員、これが国会議員の仕事なのか? 辺野古の護岸着工1年で抗議集会 https://jp.reuters.com/article/idJP2018042301001500 >ゲート前には国会議員ら300人以上が集結。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

汚い八重山「自衛官の"国民の敵"発言は戦前の軍国日本の再来だ!防衛大臣辞任しろ!」 - 04月21日(土)17:51  news

八重山毎日新聞社説 国会議員への現職自衛官の暴言 抑制効かぬシビリアンコントロールの恐怖  ■「お前は国民の敵」 報告書問題が、国会で議論されているさなかの16日、同問題を追及していた民進党の小西洋之参議院議員が、防衛省統合幕僚監部指揮通信システム部に勤務する3等空佐から、参議院会館近くの路上で「お前は国民の敵だ」「お前の議員活動は気持ち悪い」などと罵倒され騒ぎとなっていたことが明らかになった。 現職自衛官による国会議員への暴言が、かつてあっただろうか。 「自衛隊法」によって自衛隊の任務は、...
»続きを読む
カテゴリー:

大谷翔平に雑なアドバイス、谷亮子の無責任発言に批判噴出 - 04月21日(土)09:30 

 4月15日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、“ヤワラちゃん”の愛称で親しまれた柔道金メダリストで元参議院議員の谷亮子(42)が出演。メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスで大活躍している大谷翔平選手(23)へ、同じアスリートとしてアドバイスを送ったのだが、ネット上では、そのアドバイスについてツッコミが続出している。  大谷は今年から挑戦したメジャーリーグで大活躍し、日本人選手で最速となる週間MVPを獲得。日本代表も経験した元プロ野球選手の谷佳知氏(45)を夫に持つ谷は、この活躍についてコメントを求められた。  家でも大谷の話をするという谷は、「私もいろんな国に行って試合をしてきましたけど、アウェーの試合場で試合するって、意外とパワーが要るんです」と語り、大谷へは「いろんな応援を自分の力に変えて」「素晴らしい力を持っていると思います」などとコメント。さらに“自分の地元のソウルフードを食べると力がつく”と大谷へアドバイスを送った。  続けて谷は「恋はたくさんすべし!」とも提案。司会の爆笑問題から「大谷の相手は誰がいい?」との質問が出ると、谷は「この間フィギュアスケートで優勝したザギトワ選手とか」とロシアのフィギアスケート選手、アリーナ・ザギトワ(15)を推した。  これに対してネットではツッコミが続出。「元トップアスリートとは思えないほどに無責任なア...more
カテゴリー:

希望・長島氏「国民民主党」参加しない意向 4/25 6:50更新 - 04月25日(水)06:50 

希望の党の長島政調会長は民進党と希望の党が立ち上げる新党「国民民主党」には参加せず、希望の党の松沢参議院議員団代表らが分党して立ち上げる別の新党に参加する意向を固めたことがわかった。
カテゴリー:

防衛省“国民の敵”発言を否定 4/24 14:33更新 - 04月24日(火)14:33 

民進党の小西洋之参議院議員が、現職の自衛官から「国民の敵だ」などと暴言を浴びたとされる問題。防衛省はこの自衛官が「国民の敵だ」との発言は否定していることを明らかにした。
カテゴリー:

『安楽死を遂げるまで』にはいずれ誰もが直面する問題が描かれている------アノヒトの読書遍歴:舛添要一さん(後編) - 04月23日(月)12:00 

 元東京都知事の舛添要一さん。政治・経済などの分野で活躍する一方で、知事退任後の2017年6月に『都知事失格』(小学館)を出版しました。実は、これまでに単著だけで50冊以上もの本を上梓してきました。また、大の本好きという舛添さん、今は一日一冊は本を読むそうで、そんな舛添さんに前回に引き続いて日頃の読書の生活についてお伺いしました。 ------舛添さんは当時、都知事としてさまざまな職務に携わっていたかと思いますが、その中で気になった一冊やおすすめの一冊があれば教えてください! 「石坂友二さんの『現代オリンピックの発展と危機1940‐2020:二度目の東京が目指すもの』という本。平昌オリンピックが終わり、いよいよ2年後の2020年には東京のオリンピックが開催されます。当時、私も都知事としてオリンピックとパラリンピックの準備に携わり、オリンピック関係者など世界中の人とたくさんお会いして、平昌の前のソチのオリンピックの閉会式にも行きました。そんななかでやはり2020年の東京を考えたときに、『大体オリンピックってなんなんだ?』『どういう風にして始まったんだ?』と思ったわけです。今オリンピックにはドーピングといった問題があるほか、複数の国が合同で参加するといった話が話題として挙がりました。これらのことを理解するには、やはり全体像が分かったほうがいいなということで、その全体像が的確にまとめら...more
カテゴリー:

『都知事失格』は、知事を経験した人が知る正しい情報を伝える一冊------アノヒトの読書遍歴:舛添要一さん(前編) - 04月21日(土)12:00 

 元東京都知事として知られる舛添要一さん。政治・経済などの分野で活躍を続け、マスコミなどで論評活動を繰り広げてきました。かつて北九州市に住む母親を、5年もの間、遠距離介護した経験から、1998年に『母に襁褓をあてるとき』(中央公論社)を上梓し、介護保険導入にあわせて世間に介護の在り方を訴えました。ほかにも数多く執筆しており、単著だけでその数は50冊以上にも上ります。知事退任後の2017年6月には『都知事失格』(小学館)を出版した舛添さん。普段から多く本を読むといい、今回は日頃の読書生活についてお話を伺いました。 ------まず、昨年出版された『都知事失格』。こちらはどんな内容になっていますか? 「知事退任後はいろいろと反省することもありましたので、一年間くらいは静かに暮らしていたんですけど、その間、小池都政になっていろいろな問題も出てきました。その中には現実に知事をやった人しか知らない問題もあるので、非常に誤った報道、例えば豊洲の問題にしても間違ったデータが出たりしていましたので、やはりこれは正しい情報を世に出したほうがいいなと思い、そういったことをメモにして綴ったのがこの本です」 ------確かに、豊洲の問題はかなり大きく報道され、今もなお世間から注目されています。 「実は、都庁のホームページにアクセスすれば、私がどういう議論をして、どういう指示をしたかが全部記録として残...more
カテゴリー:

自衛隊トップ「いかなる理由でも許されず」罵声問題で - 04月19日(木)16:59 

現職の幹部自衛官が民進党の参議院議員に罵声を浴びせたことについて、自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長は19日の定例会見で、「いかなる理由があろうとも、許されないというのが私の立場だ」と述べ、改めて隊員の規律の保持を徹底していく考えを示しました。
カテゴリー:

もっと見る

「参議院議員」の画像

もっと見る

「参議院議員」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 日本の国会議員...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる