「参考書」とは?

関連ニュース

お客様の本質を見極める - 01月20日(土)12:00 

モノを買うお客様の気持ちほど、デリケートなものはないと言っていいでしょう。特に多くの情報が飛び交う今の時代、お客様の購買意欲は意外な要素で大きく代わってしまいがちです。その動きをどう捉えればいいのでしょうか。 お客様の顔は日々変わる 会社が商品を提供するお客様は、「消費者」ではなく「生活者」です。お客様は生活の中で、「今日と明日の不便や不安」という「悩み」を解消するために商品を買います。もしくは今の生活をもっと楽したいという「期待」を実現するために商品を買っています。そして、その「悩み」や「期待」は、生活の中で常に変化します。 好みの変化を嘆いても無駄 同じ夏場でも、昨日まで順調に売れていたアイスクリームやジュースでさえ、連日熱帯夜というような酷暑が続くと急に売れなくなる事があります。代わって、さっぱりとしたシャーベットや糖分のないお茶などに需要が向くというように、微妙な変化をするものです。昨日は満たされたことが今日は不満になり、昨日は美味しかったものが、天候の変化や様々な要因で今日は見るのも嫌になることもよくあります。この変化を「お客さまはわがままだ」と嘆いても無駄です。日々変わる生活に合わせて価値観が変わっているのですから、要望が変わるのは当然です。 使うお客様と買うお客様は違う ベビー用品や子供向けのランドセルや勉強机などを販売しようとした時、使う子供の好みを思い浮かべよ...more
カテゴリー:

会社が進化するための本質とは - 01月19日(金)12:00 

会社を経営するにも、その本質を見極めなければなりません。その例として、私たちにとって最も身近で、直接的に関わり、しかも切実な事案について考えてみましょう。 国家を事業体に例える 「国という事業体」を経営する時、国民人口は消費と労働力供給の源泉です。人口と年代構成と地域分布を把握してバランスを取り、教育や産業振興という施策で国民の生活と安全を守り、その向上を使命としなければなりません。運営には多大な費用を要しますが、正しい施策の恩恵を受ける国民は、等しく納税の義務を負うことになります。国民は単なる徴税の対象としてではなく、「国という事業体」の存在目的であり、人口動態の維持・改善という人口政策は、「国という事業体」を経営する基本です。 日本の人口ボーナス期は終わっている 高度経済成長の時代、日本の原動力となったのはレベルの高い勤勉性と「人口ボーナス」です。「人口ボーナス」の発生条件は、生産年齢人口が、その他の人口の2倍以上ある場合です。労働力の増加が生産力と個人消費の増大につながり、経済が自立的に発展します。日本では2005年に人口ボーナス期が終了したといわれています。代わって、中国、インド、ASEAN諸国などが今世紀半ばにかけてその恩恵を受け続けるとみられています。 年金制度存続への苦しい選択肢 今後、日本は人口構成から高齢化がさらに進むことは明らかです。年...more
カテゴリー:

広辞苑第7版、しまなみ街道の説明「誤り」…岩波書店が訂正予定 - 01月18日(木)14:22 

 岩波書店より2018年1月12日に全国一斉発売された「広辞苑」第7版。第6版から10年をかけた大改訂を経て、1万語が新しく追加された。新しく追加された項目については、「LGBT」や「しまなみ街道」の説明が議論を呼んでいる。 説明文が誤っているとの指摘を受けたのは、「しまなみ街道」に関する説明文。正しくは「大島を経由する」とすべきところ、「周防大島を経由する」と表記していた。これは山口県周防大島町の屋代島(通称、周防大島)と愛媛県今治市の大島を間違えて表記したもの。岩波書店はこの誤りを「報道の通り」だとし、「明らかな誤りだったため、訂正を考えている」と述べている。 岩波書店によると、説明文をめぐり議論されている「LGBT」ということばについては、近く会社見解を発表する見込み。LGBTとは、Lesbian(女性同性愛者)、Gay(男性同性愛者)、Bisexual(両性愛者)、Transgender(性別越境者)の頭文字をとった単語で、東京レインボープライドによると、「セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称のひとつ」。広辞苑ではこれを「多数派とは異なる性的指向をもつ人々」としており、トランスジェンダーに関する説明が不足しているとの指摘を受けている。 第7版の「広辞苑」に新しく収録されたことばは1万語。新しく追加する言葉は、日本語として定着していることばと今後日本語として定着して...more
カテゴリー:

予備校講師「もはや原型を留めてない」 とある生徒が使っていた『参考書』が凄まじい - 01月17日(水)14:30 

予備校講師の鈴木悠介 (@yuusuke_suzuki)さんが紹介した、とある生徒が使用していたという「問題集」の写真に注目が集まっています。 今年のセンター世界史で満点を取った生徒の「東進一問一答」。もはや原形をとどめず、凄まじいオーラを放っている。 pic.twitter.com/a3S5ZWqXx8— 鈴木悠介 (@yuusuke_suzuki) 2018年1月16日 す、すげええええ…Σ(゚Д゚;) おびただしい数の付箋と書き込みに、世界史への愛情を感じずにはいられません!! ネットの反応 ●久しぶりに凄いものを見た。昔の代ゼミもこんな奴らがいた。元世界史受験者として尊敬するしかない ●本としては『こんなになるまで使ってくれてありがとう!』でしょうね、きっと ●これは東進の一問一答というより、東進の一問一答を土台にしたノートという感じだ ●願わくは、かの生徒が社会に出たときに、この努力と希望が報われる未来でありますように 生徒さんにはぜひ、ここで得た知識をフル活用できるフィールドへと羽ばたいていってほしいですね(*´∀`*)
カテゴリー:

市川紗椰が昨年の自分的3大ニュースを発表「一番有意義だったのは捨てたこと!」 - 01月17日(水)06:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で連載中の「ライクの森」――。 人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。 今年初となる今回は、2017年を振り返り“自分的3大ニュース”を明かす! * * * あけましておめでとうございます! 本年もよろしくお願いいたします。 30代に入って初めて迎える新しい年。どんな1年になるのかわからないんですが、おいしいものをたくさん食べて健康的に過ごしたいですね。 せっかくなので、昨年の“自分的3大ニュース”を発表します! まずひとつ目は、「10年ぶりに髪を染めた」。10代のとき以来、久々に髪の色を変えてみました。きっかけは、前髪を伸ばしていたこと。ここ数年、ずっと“ちょっと短め”をキープしてきたんですが、気分を変えて伸ばしてみた結果……ものすごく似合わなかったんです(笑)。その前髪を切るついでに、どうせなら髪の色も変えてみようと思ったんです。 実は、高校生の頃はけっこう激しく髪の色を変えていて、赤だったり青だったりした時期がありました。その頃を思い出して、ワインレッドっぽい色を入れてみたんですが、ものすごくちゃちくてだっさい仕上...more
カテゴリー:

疲労回復には背中の筋肉をゆるめるのがコツ! 竹田純さんの「背中バレックス」 - 01月19日(金)18:00 

現代人の背中はガチガチ...。見えない疲れや緊張が溜まって背中の筋肉を強張らせています。疲労回復のためには、まずは背中をほぐすことから!今回は、バレエダンサーの竹田純さん考案の『疲れとりストレッチ バレックス』から、背中の筋肉をほぐすストレッチをご紹介します。ほぐすポイントは2つの肩甲骨と仙骨を結ぶ背中の三角地帯=バックデルタ。この部分を効率的にほぐすことで、疲労を取りながら、副交感神経を高めてリラックスを促します。 ■現代人の背中はつねに緊張して動かない 重さにして約5〜6kg、ボウリングの玉1個分の頭を支えている背中は常に緊張しています。そのため、現代人の肩甲骨から腰まで、背中の筋肉はガチガチ。筋肉の動きが悪ければ、血流も悪くなります。 カギを握る自律神経は背骨に沿って流れ、特に、首には自律神経を左右する大事なポイントがあります。肩甲骨まわりの筋肉がこると、慢性的に交感神経が優位な状態が続くのです。2つの肩甲骨と仙骨を結ぶ背中の三角地帯=バックデルタに集まる筋肉群が、バレックスで注目する疲れとりのポイントです。この筋肉群がよく動くようになると、神経の伝達も改善され、脳も体も疲れにくい体になります。 ■背中バレックス...more
カテゴリー:

「センター試験で満点を取った生徒の参考書」 凄まじいオーラを感じる - 01月18日(木)17:49 

2018年1月13〜14日に行われたセンター試験。出題科目の1つである『世界史』で、満点を取った受験生の『参考書』に、驚きの声が上がっています。 どうなってるの、これ!? 予備校講師の鈴木悠介(@yuusuke_suzu […]
カテゴリー:

「お客様」の本質を見極める - 01月18日(木)12:00 

消費者の行動様式は時代に応じて大きく変化します。「消費は美徳」と呼ばれた昭和40年代には、新しい商品は作れば作るほど飛ぶように売れていきました。しかし、デフレという言葉が定着した平成以降、生半可な考えで新商品を出したところで消費者はそう簡単には踊りません。時代の変化を見逃さず、消費者の動きを的確に捉えるには、「お客様の本質」を見極めないといけません。 賢い「生活者の時代」 人口が着実に増加し消費が拡大した時代には、「マスマーケティング(大衆志向)」と「マスプロダクション(大量生産)」のもと、より多くの商品を販売するために商品の領域と種類を拡大することが最善とされていました。価格競争に打ち勝ち、客数を増加し、市場占拠率を高め、「規模のメリット」で「競争優位に立つ」ことが目標となっていたのです。しかし、その考えは人口減少・超高齢化が進む今の時代には通用しません。これからは、必要なものはほとんど保有し、情報を自由自在に使える、賢い「生活者の時代」です。お客様が期待することや困っていることがわからない、お客様の生活者としての顔をイメージできない会社を、お客様は必要としないのです。 お客様の「困っていること」「期待すること」を知る スーパーマーケットに夕方訪れるお客様は、大半がその日の夕食の献立を決めていません。店に来てから、今日は何にしようかと考え始めます。これがお客様の「困っているこ...more
カテゴリー:

ジョブズの「持たざる経営」とは - 01月17日(水)12:00 

画期的なパーソナルコンピュータ、Macintoshや、携帯電話の概念を突き崩したiPhoneでエレクトロニクス業界に革命をもたらしたAppleの創業者・スティーブ・ジョブズも、小さな会社を世界一に育て上げた人物です。ジョブズがやってのけた「持たざる経営」とは何か?改めて見ていきたいと思います。 「点をつなぐ」に込められた決意 彼は、スタンフォード大学の講演で「点をつなぐ」という言葉を学生に贈りました。人生で思い悩み迷った道の中で、今日につながる貴重な「点(ドット)」を作った、という示唆です。Macの最大の特徴である多彩なフォントは、中退した大学で熱中したカリグラフィ(書道)が源です。経営者の座を追われる原因となった不振在庫の山は、情報と物流を活用した「持たざる経営」に生かされ、NeXT社で取り組んだOSは、アップルの基幹OSになりました。その時々で懸命に取り組んだことひとつひとつが深い「点」になり、「世界中の人々がコンピュータを使う社会にする」という、創業時からの「決意」の実現につながったということではないでしょうか。 寵児から追放の身へ ジョブズは1976年、相棒のスティーブ・ウォズニアックとともに自宅のガレージでアップルコンピュータを起業。今日のパソコンの原型を世に送り出し20代にして寵児となりました。しかし起業からわずか8年後、Macintoshの売上予測を見誤り赤字決算...more
カテゴリー:

1日5分でお腹を凹ます! 骨盤を整えてモデル級「くびれ美」をGET - 01月16日(火)18:00 

体重が増えていなくても筋肉のアンバランスや体のゆがみは体型に影響してしまいます。それらを取り除くことがボディを変える第一歩! パーソナルトレーナーとしてボディメイクを10年以上も続けてきた武田敏希さんは「体を変えるには日常生活以上の不可が基本条件。短時間で良いので習慣にすることが成功のポイント」と話します。武田さんの著書『モデル流!体幹革命ストレッチ』から、お腹周りの引き締め法をご紹介します。 ■武田式ストレッチの3つのポイント 武田式ロジカルボディメイクはストレッチ+筋トレのメソッド。最初のステップの武田式ストレッチは筋肉バランスを整える役割をします。「筋肉バランスが乱れた体は、一方の筋肉が緊張し、一方は筋肉が緩んだ状態。筋肉の緊張は関節の動きも制限してしまいます。武田式ストレッチは筋肉バランスとともに関節も本来の動きを取り戻すので、ボディの土台となる重要なプロセスです」。ストレッチを行う時、3つのポイントを意識すると体が変わりやすくなります。1、呼吸を止めない運動習慣がない人の場合、呼吸法を意識しすぎると体の動きへの意識がおろそかになってしまうことが。まずは「息を止めない」「自然に呼吸する」心がけを。2、伸ばしている部位を意識するストレッチや筋トレは聞かせたい部位を意識するこ...more
カテゴリー:

もっと見る

「参考書」の画像

もっと見る

「参考書」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 学習参考書...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる