「厳冬期」とは?

関連ニュース

ジビエ肉は味の個体差が大 「イノシシは山ごとに違う」説も - 03月21日(火)16:00 

 ジビエ料理が都内でブームになっている。その裏には野生の鳥獣を巡り、地道な活動が続けられている。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏がレポートする。  * * *  昨年から今年にかけて、東京都内に続々とジビエ専門の飲食店が開業した。渋谷には北海道の食肉料理人集団による会員制の一軒家レストランがオープンし、目白にも猟師が主をつとめる一軒家貸し切り業態のジビエ専門店が開店した。その他にも、都心を中心にジビエ料理を供する店が、好事家を中心に評判を呼んでいる。  組織や仕組みづくりも進んでいる。野生鳥獣の食肉の利活用に取り組んできたNPO法人「日本ジビエ振興協議会」はこの3月、「一般社団法人日本ジビエ振興協会」として新たなスタートを切った。自治体レベルでも産業化への動きは進んでいて、長野県は県内で獲れたジビエのブランド化へ向け、流通を後押しするネットワークづくりを進めている。  高齢化が進んでいた猟友会にも若手や女性が参入し、各地で里山保全やコミュニティづくりの動きも活発になっている。官民問わず、さまざまな階層でジビエにまつわる動きは存在感を増していると言っていい。だが根本的な部分で、解決すべき課題はまだ多い。  例えば、「駆除」と「食肉産業」との関係だ。実は全国の野生鳥獣による農作物被害金額の推移は2010年の239億円をピークとして、全体としては毎年数%ずつ減少傾向にある。201...more
in English
カテゴリー:

海岸で輝く「ジュエリーアイス」 北海道の絶景が話題に - 03月21日(火)10:51 

 太平洋に注ぐ十勝川の河口にある豊頃町が今冬、一躍注目を浴びた。厳冬期に海岸に打ち上げられる氷「ジュエリーアイス」が国内外のメディアに取り上げられ、ツアー企画も始まった。町は来シーズンから官民を挙げて…
in English
カテゴリー:

マラソンコース、「330度の視界」 北海道・中標津 - 03月18日(土)15:06 

 中標津町に町内外の市民ランナーに人気の練習場所がある。「330度の視界」をうたう観光名所・開陽台のふもとを回るハーフマラソンコース(約21キロ)で、厳冬期でもほぼ毎週末、ランナーたちが走り込んでいる…
in English
カテゴリー:

【北海道】豊頃町の『ジュエリーアイス』、国内外のメディアに紹介され一躍注目…NYT「ダイヤモンドのように輝く氷が海岸に打ち寄せる」 - 03月21日(火)13:48 

太平洋に注ぐ十勝川の河口にある豊頃町が今冬、一躍注目を浴びた。 厳冬期に海岸に打ち上げられる氷「ジュエリーアイス」が国内外のメディアに取り上げられ、ツアー企画も始まった。 町は来シーズンから官民を挙げて売り込みをかけるつもりだ。 零下10度を下回った2月中旬の早朝、河口近くの大津海岸に6台の乗用車が止まっていた。 ナンバーは札幌や旭川、釧路などで、カメラや三脚を手にするグループも。朝日を浴びたジュエリーアイスを楽しもうという人々だ。 腰を下ろして撮影したり、手にとって透かして見たりしながら、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

<里浜写景>春近し北へ飛び立つ渡り鳥 - 03月19日(日)12:03 

仙台港に程近い仙台市若林区荒井の大沼。越冬するハクチョウやカモ類などが飛来し、厳冬期には約1500羽が羽を休める。 風はまだ冷たいが、陽光は柔らかさを増す。北帰行に備える30羽ほどのハクチョウが甲高い
in English
カテゴリー:

「厳冬期」の画像

もっと見る

「厳冬期」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる