「原風景」とは?

関連ニュース

麺は口ほどにものを言う~ご当地ヌードル探訪~ 野菜が箸代わり? インパクト抜群の福島県大内宿の「高遠そば」 - 11月14日(火)06:00 

日本各地に根付いた「麺料理」を求めて、全国を巡る「ご当地ヌードル探訪」。今回は福島県の中央に位置する南会津郡の大内宿を訪れました。電車で訪れる場合は、最寄りの湯野上温泉駅で下車します。かやぶき屋根の珍しい駅は一見の価値あり。「湯野上温泉駅」の名にふさわしく、駅の隣には無料の足湯が。少し熱めのお湯が、旅の疲れを癒してくれます。駅から約1分のところにある塔のような夫婦岩。夫婦円満・縁結びのご利益があるそうです。大内宿には、古くから会津地方で愛されている「高遠そば」というご当地麺があるんだとか。そこで今回は、大内宿の人気店「三澤屋」に伺いました!■日本の“原風景”の中で食すインパクト大の高遠そば三澤屋のある大内宿までは、湯野上温泉駅からバスやタクシーで向かいます。今回は、4〜11月まで運行している「猿遊号」で出発。見た目も内装もレトロです。こちらのバスでは、大内宿の歴史や見どころなどをガイドしてくれます。話を聞きながら、豊かな自然の中を進むこと約10分。車を降りたそこは…。まさに“日本昔話”の世界! かやぶき屋根の建物が並んでいました。大内宿は、江戸時代には会津若松と日光を結ぶ「会津西街道(下野街道)」の宿場町としてにぎわいました。重要伝統的建造軍保存地区に指定されており、かつての面影そのままの風景で訪れた人々の目を楽しませてくれます。目的の三澤屋は、そんな大内宿の入り口のすぐ近くにたた...more
カテゴリー:

交通事故をめぐる驚がくの真実!台湾ロングヒット「目撃者」緊迫の予告編 - 11月07日(火)15:00 

 台湾のアカデミー賞といえる第54回金馬奨(2017年)で、主演男優賞、助演男優賞、視覚効果賞、編集賞、音響効果賞の5部門にノミネートを果たしたサスペンススリラー「目撃者 闇の中の瞳」の予告編が、公開された。 ・「目撃者 闇の中の瞳」予告編はこちら!  2007年、新聞社の実習生シャオチー(カイザー・チュアン)は、ある嵐の夜、郊外の山道で車同士の当て逃げ事故を目撃する。被害者の男性は死亡、助手席の女性もひん死の状態だった。シャオチーは現場から逃走する車を撮影するが、記事にはならず、また犯人が捕まることもなかった。9年後、敏腕記者となったシャオチーは、買ったばかりの中古車の持ち主が当て逃げ事故の被害者だったと知り、事故の真相究明に乗り出す。だがその最中、不可思議な事件がシャオチーの周囲で巻き起こる。  予告編は、車を運転中のシャオチーが、いきなり横から車に激突される衝撃的なシーンから幕を開ける。その後、当て逃げ事件の調査を始めたシャオチーが、驚がくの真実に迫っていくさまがサスペンスフルに描かれている。アパートのドアが蹴破られ、女性が倒れるシーン、何者かに床を引きずられていく男性、女性が床にたたきつけられる姿など、ショッキングなシーンが続き、顔から流血したシャオチーが驚きの表情を浮かべる姿で幕を閉じる。ホラー映画「紅衣小女孩(未公開)」が高く評価された33歳の俊英監督、チェン・ウ...more
カテゴリー:

心の原風景 - おのにち - 11月07日(火)22:12 

心の原風景 - おのにち2017 - 11 - 07 心の原風景 生活 シェアする Twitter Google+ Pocket シェアする Twitter Google+ Pocket フォローする はてな Twitter Feedly スポンサーリンク スポンサーリンク
カテゴリー:

「原風景」の画像

もっと見る

「原風景」の動画

Wikipedia

原風景(げんふうけい)は、人の心の奥にある原初の風景。懐かしさの感情を伴うことが多い。また実在する風景であるよりは、心象風景である場合もある。個人のものの考え方や感じ方に大きな影響を及ぼすことがある。

概要

人がある程度の年齢に至ったときに、最も古く印象に残っている風景やイメージがある。戦時中に幼少期を過ごした者は、爆撃され荒涼とした焼け跡である場合もあれば、漁村に生を受けたものにとっては、それはカモメが飛び交い、干上がったイワシの死骸が点在する朽ち果てた寂れた漁港の風景かもしれない。多くは幼少期の生活環境が根本にある場合が多い。しかし、生活していた環境ではなく、たまたま旅行で行った先の景色である場合もある。多くの場合、それらは「郷愁を呼ぶ風景」であり、懐かしさの感情を伴い愛着を感じることが多いが、その人の生い立ちによっては不快な感情を伴う場合や強い感傷を催す場合がある。また、しばしば原風景は美化されたり、自らが都合のいいように変化していたりする。

しばしば「日本の原風景」というような使われ方をするが、この場合、個人単位によって「日本の原風景」のイメージは異なって当然である。それは「茅葺屋根の民家が建ち、よく手入れされた田畑のある農村風景」であるかもしれないし、ある人にとっては「東京のビル街」である場合もあれば、夕暮れ時に味噌汁の匂いのたち込める低い軒の立ち並ぶ下町の町かもしれない。しかし「日本の-」という場合、日本人が思い浮かべる最大公約数的な古い日本の平均的な風景を意味す...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる