「原風景」とは?

関連ニュース

小林稔侍と壇蜜が親子役に挑戦 「星めぐりの町」日本の原風景とらえた冒頭映像公開 - 01月19日(金)12:00 

「家族はつらいよ」シリーズや「不能犯」(2月1日公開)の小林稔侍と、壇蜜が親子役を演じた「星めぐりの町」の冒頭映像が、公開された。「蝉しぐれ」で知られる黒土三男監督が、愛知県豊田市を舞台にしたヒ...
カテゴリー:

小林稔侍と壇蜜が親子役に挑戦 「星めぐりの町」日本の原風景とらえた冒頭映像公開 - 01月19日(金)12:00 

 「家族はつらいよ」シリーズや「不能犯」(2月1日公開)の小林稔侍と、壇蜜が親子役を演じた「星めぐりの町」の冒頭映像が、公開された。 ・「星めぐりの町」本編冒頭映像はこちら! 「蝉しぐれ」で知られる黒土三男監督が、愛知県豊田市を舞台にしたヒューマンドラマ。妻を早くに亡くし、娘の志保(壇蜜)と2人で暮らす豆腐職人・島田勇作(小林)のもとに、東日本大震災で家族を失った少年・政美(荒井陽太)が引っ越してくる。深く傷ついていた政美だったが、勇作とふれあううち、次第に心を開いていく。神戸浩、六平直政、平田満、高島礼子らが脇を固める。  映像は、懸命に畑を耕す勇作をとらえた早朝のシーンから始まる。その後、勇作が丹念に豆腐を切る様子が映し出され、職人かたぎの一面が描かれる。壇蜜演じる志保も登場し、バイクにさっそうと乗って走り去る姿が映し出される。2人の掛け合いでは、娘との微妙な距離感に四苦八苦する勇作のユーモラスな姿が描かれ、小林と壇蜜が織り成す間(ま)がほほ笑ましい内容となっている。  映像では、夜明け前の田園風景やいろりの火がはぜるさま、釜で炊いた白米から立つ湯気など、日本の伝統的な風景が美しく切り取られており、視覚だけでなく聴覚でも楽しめる心配りがなされている。  「星めぐりの町」は、1月27日から全国公開。 【作品情報】 ・星めぐりの町 【関連記事】 ・「星めぐりの町」本編...more
カテゴリー:

「原風景」の画像

もっと見る

「原風景」の動画

Wikipedia

原風景(げんふうけい)は、人の心の奥にある原初の風景。懐かしさの感情を伴うことが多い。また実在する風景であるよりは、心象風景である場合もある。個人のものの考え方や感じ方に大きな影響を及ぼすことがある。

概要

人がある程度の年齢に至ったときに、最も古く印象に残っている風景やイメージがある。戦時中に幼少期を過ごした者は、爆撃され荒涼とした焼け跡である場合もあれば、漁村に生を受けたものにとっては、それはカモメが飛び交い、干上がったイワシの死骸が点在する朽ち果てた寂れた漁港の風景かもしれない。多くは幼少期の生活環境が根本にある場合が多い。しかし、生活していた環境ではなく、たまたま旅行で行った先の景色である場合もある。多くの場合、それらは「郷愁を呼ぶ風景」であり、懐かしさの感情を伴い愛着を感じることが多いが、その人の生い立ちによっては不快な感情を伴う場合や強い感傷を催す場合がある。また、しばしば原風景は美化されたり、自らが都合のいいように変化していたりする。

しばしば「日本の原風景」というような使われ方をするが、この場合、個人単位によって「日本の原風景」のイメージは異なって当然である。それは「茅葺屋根の民家が建ち、よく手入れされた田畑のある農村風景」であるかもしれないし、ある人にとっては「東京のビル街」である場合もあれば、夕暮れ時に味噌汁の匂いのたち込める低い軒の立ち並ぶ下町の町かもしれない。しかし「日本の-」という場合、日本人が思い浮かべる最大公約数的な古い日本の平均的な風景を意味す...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる