「原風景」とは?

関連ニュース

福山雅治、『三度目の殺人』の観客による鋭い指摘に感謝! - 09月19日(火)20:25 

『そして父になる』(13)の福山雅治と是枝裕和監督が2度目のタッグを組んだ映画『三度目の殺人』の公開記念舞台挨拶が、9月19日にTOHOシネマズスカラ座で開催。福山と是枝裕和監督が舞台挨拶に登壇した。福山はティーチインで上がった観客からの鋭い質問や指摘に感動し「届くものはちゃんと届くんだなと、すごく感じました」と喜んだ。 【写真を見る】おちゃめに是枝監督と互いを紹介し合う福山雅治 本作は第74回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門へ選出され、公式上映後に6分間のスタンディングオーベーションを浴びたばかり。福山は「スタンディングオーベーションの後、僕の膝に監督が手を載せられて。その手をつかもうと思ったけど『ちょっと待てよ』と。ぎゅっと握れば良かったけど、ちょっと照れちゃって」と振り返ると、是枝監督は「もし握られたら僕はもっと照れてた」と笑いながらうなずいた。 『三度目の殺人』は法廷を舞台にした心理サスペンス。勝ちにこだわる弁護士・重盛(福山雅治)が、二度目の殺人を犯した容疑者・三隅(役所広司)の弁護をする。ところが三隅の供述が二転三転し、重盛の心がかき乱されていく。ティーチインでは、何度も映画館に足を運んだリピーターから、ディテールに斬り込んだ質問が上がった。 雪のシーンの足跡の意味について聞かれた是枝監督は「あれ、動物なんだよね。ちょうどいい感じに入ってる。カメラが入って初め...more
カテゴリー:

青森で感じる「懐かしさ」と「祭りの熱気」を体感できるイベント「雪ん子×ねぶた灯篭まつり」開催 - 09月11日(月)11:00 

青森の文化を満喫する宿「星野リゾート 青森屋」では、季節ごとに青森の文化にちなんだイベントを開催しています。イベントでは、日本の原風景が色濃く残る青森で感じる懐かしさや、この土地の文化を体験いただけるプログラムを提供しています。2017年12月1日から2018年4月1日の期間は、「雪ん子×ねぶた灯篭まつり」を実施します。北国の伝統的な冬の衣装を着た「雪ん子」にちなんだプログラムでは、懐かしさを表現。さらに、日本の火祭りとして知られる「青森ねぶた祭」の要素を敷地内にちりばめ、冬でありながら祭りの熱気を感じることができます。
カテゴリー:

【経済】廃線後の「天空の駅」を鉄道公園に…住民ら提言 - 09月02日(土)18:20  newsplus

http://yomiuri.co.jp/economy/20170902-OYT1T50000.html  JR三江線沿線の地域振興を目指す住民団体「江の川鉄道応援団」(会員約80人)などは1日、「天空の駅」として親しまれる宇都井駅と口羽駅間(いずれも島根県邑南町、約5・4キロ)を鉄道公園として整備する構想を邑南町に提言した。  廃線後も駅舎や線路を使った車両の体験運転などで集客する案で、実現を望む住民ら3277人分の署名簿を受け取った石橋良治町長は、「実現の可能性はある」として、JR西日本との協議の場で提示する考えを示した。  提言書「JR...
»続きを読む
カテゴリー:

<独眼竜挑んだ道 生誕450年>第1部遺産(6完)新田開発/家臣動員荒れ地耕す - 09月14日(木)11:24 

広々とした平野の美田は米どころ宮城を象徴する原風景の一つ。約400年前はどうだったか。国づくりを志し仙台入りした伊達政宗の眼前には、大いなるフロンティアが広がっていたはずだ。 関ケ原の合戦(1600年
カテゴリー:

絶滅の危機を乗り切れ! クロマグロの完全養殖はどこまで進んだのか - 09月08日(金)06:30 

【写真】クロマグロの完全養殖は、成魚にするまでの生存率が鍵。 お寿司の定番ネタで、お刺身の盛り合わせや海鮮丼にも欠かせないマグロ。じつは、このマグロの中でも、もっとも高級で人気のある「クロマグロ」が、絶滅を危惧されていることはご存知でしたか? 2014年には国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに加えられ、その漁獲量は厳しく規制されています。そんな貴重なクロマグロは、なんと7割~8割が日本で消費されているのだとか。クロマグロが獲れなくなったときに、もっとも影響を受けるのは、私たちの食卓なのです。 では、いつかクロマグロは口にできなくなってしまうのでしょうか? 近年、脚光を浴びた「完全養殖クロマグロ」の、現在の様子を見ていきましょう。   ■ 成魚に育つのはほんのわずか!完全養殖の難しさ 完全養殖のクロマグロは、2002年に近畿大学が成功させたことで話題になりました。近畿大学が、その研究に着手したのが1970年。じつに32年もの歳月がかかっています。それだけ、クロマグロの「完全養殖」が難しいということなのでしょうね。現在も量産に難題が残っていて、一番は稚魚の生存率。幼魚に育つまでが、わずか数%未満で、そこから成魚になるまでにも半数近くが死んでしまうのだとか。この課題を克服することでコストが下がり、養殖クロマグロの量産が可能になるのです。   ■ 本腰を入れ始めた大手メーカーの動向...more
カテゴリー:

「原風景」の画像

もっと見る

「原風景」の動画

Wikipedia

原風景(げんふうけい)は、人の心の奥にある原初の風景。懐かしさの感情を伴うことが多い。また実在する風景であるよりは、心象風景である場合もある。個人のものの考え方や感じ方に大きな影響を及ぼすことがある。

概要

人がある程度の年齢に至ったときに、最も古く印象に残っている風景やイメージがある。戦時中に幼少期を過ごした者は、爆撃され荒涼とした焼け跡である場合もあれば、漁村に生を受けたものにとっては、それはカモメが飛び交い、干上がったイワシの死骸が点在する朽ち果てた寂れた漁港の風景かもしれない。多くは幼少期の生活環境が根本にある場合が多い。しかし、生活していた環境ではなく、たまたま旅行で行った先の景色である場合もある。多くの場合、それらは「郷愁を呼ぶ風景」であり、懐かしさの感情を伴い愛着を感じることが多いが、その人の生い立ちによっては不快な感情を伴う場合や強い感傷を催す場合がある。また、しばしば原風景は美化されたり、自らが都合のいいように変化していたりする。

しばしば「日本の原風景」というような使われ方をするが、この場合、個人単位によって「日本の原風景」のイメージは異なって当然である。それは「茅葺屋根の民家が建ち、よく手入れされた田畑のある農村風景」であるかもしれないし、ある人にとっては「東京のビル街」である場合もあれば、夕暮れ時に味噌汁の匂いのたち込める低い軒の立ち並ぶ下町の町かもしれない。しかし「日本の-」という場合、日本人が思い浮かべる最大公約数的な古い日本の平均的な風景を意味す...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる