「原良馬」とは?

「原良馬」の画像

もっと見る

「原良馬」の動画

Wikipedia

原 良馬(はら りょうま、本名:萩原昴、1933年10月25日 - )は、群馬県出身の競馬ジャーナリスト。

略歴

東京都立北園高等学校卒業。慶應義塾大学中退後、俳優座に6期生として入所。同期には山本學市原悦子大山のぶ代がいる。退所後は宗教雑誌発行の出版社勤務やフリーのルポライターを経て、週刊読売に記者として入社。1969年にスピードシンボリが勝った有馬記念の特集記事を書いたことがきっかけで競馬ジャーナリストを志ざすようになり、1970年にデイリースポーツ東京本社へ入社。原がデイリーに入社した当時のスポーツ紙の競馬記者は調教時計を計って予想するだけのスタイルであったが、原はトラックマンデビューが38歳と他の記者よりも遅れていたため、他の記者とは違うことをやろうと主に厩舎取材に専念した。これが評判となり、他のスポーツ紙でも記者を厩舎取材...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる