「原発推進」とは?

関連ニュース

安倍政権vs小泉元首相。国民が迫られる原発ゼロか新設かの選択 - 01月19日(金)05:00 

未だ収束の見通しが立たない福島第一原発事故から7年が経とうとしていますが、この春にも経産省の有識者会議によるエネルギー基本計画の改定案がまとまる見通しです。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者で元全国紙社会部記者の新 恭さんによれば、その狙いは「原発の新設、建て替えを計画に盛り込むこと」とのこと。新さんは今回の記事中、国会への「原発ゼロ法案」の提出を目指す小泉・細川両元総理や立憲民主党の動きを紹介しながら安倍官邸のエネルギー政策を批判するとともに、脱原発の可能性を探っています。 原発ゼロか新設か、国民は選択を迫られる 安倍政権で原発ゼロは難しい。原発への依存度を低くするという公約の逆のことをやっている。よく恥ずかしくないな。あきれるよ。 超党派で原発ゼロ法案の国会提出をと呼びかける小泉純一郎元首相は、1月10日、安倍政権のエネルギー政策について激しい言葉で批判した。 昨年夏以降、経産省はエネルギー基本計画の見直しにとりかかった。狙いは原発の新設、建て替えを計画に盛り込むことだ。再稼働できても、いずれ原子炉の寿命は尽きる。新たに造らない限り、この国の電源から原発はなくなる。 現在、日本の全電源のうち、原子力発電の占める割合はわずか2%ていど。それを、2030年に20~22%まで復活させるというのが政府のエネルギー計画だ。 全国43基のうち稼働中なのは、川内原発1、2号機と高...more
カテゴリー:

【毎日新聞・川口雅浩】経団連は政治献金と引き換えに、国益を考え大所高所から政府首脳に直言する役割も求められている - 01月10日(水)07:17  seijinewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000095-mai-bus_all  経団連の次期会長は日立製作所会長の中西宏明氏に内定したが、榊原定征会長は遅くとも昨夏ごろから中西氏を次期会長の本命候補に絞り込んでいた。中西氏は9日、記者団に「(政治とは)いがみあったらおかしいが、立場が違うため意見の違いは出る。それははっきり言えばよい」と述べた。5月末に発足する中西次期経団連が安倍政権とどんな関係を築くのか注目される。 (略)  ◇政界との距離感が課題  中西氏は5月末に次期経団連会長に正式に就任するが、政...
»続きを読む
カテゴリー:

菅直人元総理大臣、「東電は自分に都合の悪いことの多くを官邸のせいにしてきました」 - 12月27日(水)18:09  news

朝日と読売の今日の朝刊は、福島原発事故当時「炉心溶融」の言葉を使うなと指示したのは当時の清水社長であったという 東電と新潟県の合同検証委員会の調査結果を報道しました。 東電は当初「官邸からの指示」と主張していましたが、東電と新潟県の合同検証委員会が官邸からの指示はなかったことを 認めたのです。 原発反対の朝日と原発推進の読売が共に東電の間違いを報道するのは珍しいことです。 事故発生当時、原子炉の状況を直接把握できるたは東電の現場以外にはありませんでした。 それにもかかわらず、炉心溶融(メルト...
»続きを読む
カテゴリー:

原発再稼働を想定、大手電力会社が拒否する「自然エネルギー受け入れ」 - 01月12日(金)08:45 

 小泉純一郎元首相が最高顧問をつとめ、吉原毅・城南信用金庫相談役が会長をつとめる「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」が昨年12月26日、原発推進の経団連の電気事業連合会と経済産業省に自然エネルギー拡大の阻害要因となってい […]
カテゴリー:

【鉄道】リニア問題と安倍政権、財投3兆円チェックなし。JR東海名誉会長は“首相の後見人” - 01月07日(日)14:10  bizplus

 「リニア中央新幹線が完成すれば、伊勢神宮にも、もっと短時間で参拝できるようになる。(推進への)決意に変わりはない」―。安倍晋三首相は4日、伊勢神宮参拝後の年頭記者会見で、リニア工事をめぐる巨大談合事件を受けて「工期に変更はあるか」と問われ、不正を意に介さず、リニアへの自身の強い意志を改めて鮮明にしました。  JR東海による民間事業との体裁をとりながら、3兆円の財政投融資(財投)などで国が強力に後押しするリニア建設。談合事件の背景には、JR東海が発注する工事の落札額や入札経過が“民間事業”を口実...
»続きを読む
カテゴリー:

「原発推進」の画像

もっと見る

「原発推進」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる