「原発事故」とは?

関連ニュース

<吉野復興相>風評被害払拭と企業誘致協力 経団連会長に要請 - 01月20日(土)10:00 

吉野正芳復興相は19日、東京・大手町の経団連会館を訪れ、榊原定征会長に東京電力福島第1原発事故による風評被害の払拭(ふっしょく)と、東日本大震災の被災地への企業誘致で協力を求めた。 吉野氏は、政府が昨
カテゴリー:

<南相馬市長選>あす投票 現新、与野党対決の様相 - 01月20日(土)06:05 

21日投開票の南相馬市長選は、ともに無所属の2陣営が競り合ったまま最終盤を迎えた。東京電力福島第1原発事故からの復興策や原発に対するスタンスなど、主張に際立った違いは少ない。全市的な争点が不在の中、国
カテゴリー:

帰還先の自宅再建費用賠償 困難区域内も対象に 東電 - 01月19日(金)15:02 

東京電力は18日、福島第1原発事故に伴う避難指示で転居を余儀なくされた住民の住宅確保に関して、帰還困難区域内に戻って自宅を再建した場合も修繕や建て替え費用を賠償すると発表した。2月1日から請求や相談を
カテゴリー:

【コメ】福島米 全袋検査縮小へ…避難解除地域除き2020年にも 年間60億円のコスト、基準値超えのコメは過去3年間なし - 01月19日(金)06:49  newsplus

 福島県は18日、東京電力福島第1原発事故後に実施している県産米の放射性物質の全量全袋検査について、2020年にも果物や野菜と同じモニタリング(抽出)検査に切り替える方針を決めた。近く正式決定する。年間約1000万袋の検査費が60億円にも及んでいる一方、放射性セシウムの国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)超えのコメが過去3年でゼロだったことが検査体制を縮小する主な理由。ただし、原発事故による避難指示が出た地域は全袋検査を当面継続する。  県は昨年7月にJAや消費者団体などでつくる検討会を設...
»続きを読む
カテゴリー:

<福島県産米検査>20年産から抽出移行も 全量全袋見直しへ - 01月19日(金)06:05 

東京電力福島第1原発事故後に実施している福島県産米の放射性物質濃度検査について、県は18日、全量全袋を対象にした現行方式を早ければ2020年産米から見直す方針を示した。旧避難区域など一部を除いて抽出方
カテゴリー:

<吉野復興相>福島県産米 全量全袋検査の見直し方針尊重 - 01月20日(土)09:59 

福島県が東京電力福島第1原発事故後に続けている県産米を対象とした放射性物質濃度の全量全袋検査を早ければ2020年産から見直すとした方針を巡り、吉野正芳復興相は19日の閣議後記者会見で、「どういう形で風
カテゴリー:

【中川環境相】 除染基準発言確認し対応検討 「空間放射線量1時間当たり0.23マイクロシーベルトは厳しい基準」福島第一原発事故 - 01月19日(金)21:59  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180119/k10011295001000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_019 1月19日 19時24分 原発事故に伴う除染の基準になっている1時間当たりの空間の放射線量について、原子力規制委員会の更田豊志委員長が、実態に即さない厳しい数値ではないかとの認識を示したことについて、中川環境大臣は、19日の記者会見で、「発言の趣旨を確認して対応を考えたい」と述べました。 政府は、原発事故のあと、住民の被ばく線量が、年間1ミリシーベルト以下になることを長期的な目標としていて、これを...
»続きを読む
カテゴリー:

汚染廃埋め立て反対住民が団体 石巻・24日結成大会 - 01月19日(金)09:26 

東京電力福島第1原発事故に伴う放射性物質で汚染された国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)以下の廃棄物処理を巡り、宮城県石巻市が焼却灰の埋め立てを予定する河南一般廃棄物最終処分場の周辺住民が埋
カテゴリー:

<福島県産米検査>農家・流通から賛否両論 - 01月19日(金)06:05 

東京電力福島第1原発事故後に続ける福島県産米の放射性物質濃度の全量全袋検査について、福島県は18日、段階的に縮小する方向性を示した。「理解できる」「すぐにやめるべきだ」「続けてほしい」。生産者や消費者
カテゴリー:

安倍政権vs小泉元首相。国民が迫られる原発ゼロか新設かの選択 - 01月19日(金)05:00 

未だ収束の見通しが立たない福島第一原発事故から7年が経とうとしていますが、この春にも経産省の有識者会議によるエネルギー基本計画の改定案がまとまる見通しです。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者で元全国紙社会部記者の新 恭さんによれば、その狙いは「原発の新設、建て替えを計画に盛り込むこと」とのこと。新さんは今回の記事中、国会への「原発ゼロ法案」の提出を目指す小泉・細川両元総理や立憲民主党の動きを紹介しながら安倍官邸のエネルギー政策を批判するとともに、脱原発の可能性を探っています。 原発ゼロか新設か、国民は選択を迫られる 安倍政権で原発ゼロは難しい。原発への依存度を低くするという公約の逆のことをやっている。よく恥ずかしくないな。あきれるよ。 超党派で原発ゼロ法案の国会提出をと呼びかける小泉純一郎元首相は、1月10日、安倍政権のエネルギー政策について激しい言葉で批判した。 昨年夏以降、経産省はエネルギー基本計画の見直しにとりかかった。狙いは原発の新設、建て替えを計画に盛り込むことだ。再稼働できても、いずれ原子炉の寿命は尽きる。新たに造らない限り、この国の電源から原発はなくなる。 現在、日本の全電源のうち、原子力発電の占める割合はわずか2%ていど。それを、2030年に20~22%まで復活させるというのが政府のエネルギー計画だ。 全国43基のうち稼働中なのは、川内原発1、2号機と高...more
カテゴリー:

もっと見る

「原発事故」の画像

もっと見る

「原発事故」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 原子力事故...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる