「原発事故」とは?

関連ニュース

東電次期社長、東電EP社長の小早川氏で最終調整 新会長には日立・川村氏 広瀬社長は副会長に - 03月26日(日)23:02 

 東京電力ホールディングス(HD)が、広瀬直己社長(64)の後任に、小売り部門の東電エナジーパートナー(EP)の小早川智明社長(53)を充てる方向で最終調整していることが26日、分かった。広瀬氏は新設する副会長に就き、福島第1原発事故の廃炉や賠償などに専念する。数土文夫会長(76)の後任には日立製作所の川村隆名誉会長(77)を充てる方針で、経営再建計画の抜本改定に合わせ、改革を加速する考えだ。
in English
カテゴリー:

福島の4町村、3万人の避難解除へ 今月末から - 03月26日(日)18:18 

政府は、東京電力福島第1原発事故で福島県浪江町、川俣町、飯舘村に出ている避難指示を31日に、富岡町への指示を4月1日に解除する。対象は放射線量が高い帰還困難区域を除く、居住制限区域と避難指示解除準備区域で、計1万1944世帯、3万1822人(2月末~3月初め時点)に上る。 しかし、病院や商業施設といった生活に必要な環境整備が不十分で、課題は多い。帰還に向け、夜間も含め自宅に長期滞在ができる準...
in English
カテゴリー:

福島産の桃が海外で大人気!!! - 03月26日(日)14:36 

福島県の特産品・モモの2016年の輸出量が30.6トンとなり、東京電力福島第1原発事故前の10年(23.9トン)を上回った。 原発事故後、各国の輸入規制で一度はストップしたものの、官民挙げてのセールスが奏功し、タイを中心に東南アジアで輸出を伸ばしている。 関係者は、海外での人気が国内で根強く残る風評の払拭(ふっしょく)につながればと期待している。 モモの出荷、原発事故前を上回る 海外で人気 http://mainichi.jp/articles/20170326/k00/00m/040/018000c ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

福島から避難の女子生徒、同級生の母にたばこの煙を吹きかけられ「福島に帰れよ」と罵倒される - 03月26日(日)13:27 

同級生の母がたばこの煙を顔に吹き掛け「福島帰れよ」 千葉へ避難の女子生徒 東京電力福島第1原発事故後に福島県から千葉県に家族で避難した高校2年の女子生徒(17)が25日、 共同通信などの取材に応じ、小学6年だった平成23年に、転校先の小学校で行事の際、同級生の母親から たばこの煙を顔に吹き掛けられ「福島に帰れよ」と言われるなどのいじめを受けたと明らかにした。 同級生の男児にも「福島の人と一緒の学校は嫌だ」「被曝者と同じ意見だと嫌だ」などと何度も言われたという。 女子生徒の父親(49)も、2...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【原発事故】環境省、除染作業で出た放射能汚染土を子どもたちが使う公園に使用へ - 03月26日(日)12:03 

東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土をくぼ地の埋め立てに再利用し、 造成した土地を公園などとして使う案を環境省が検討していることが分かった。同省は先月、 放射線の専門家を集めた非公開会合でこの再利用案を協議しており、27日の公開会合で提示する方針だ。 しかし、既に明らかにされている防潮堤などへの再利用と異なり、子供らの遊び場にもなる公園への再利用は議論を呼びそうだ。  汚染土を巡って環境省は昨年6月、1キロ当たりの放射性セシウム濃度8000ベクレルを上限に管理しながら、 道路の盛り...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

東京電力:社長に小早川氏、会長に川村氏 新経営陣固まる - 03月26日(日)19:59 

 政府は26日、実質国有化している東京電力ホールディングス(HD)のトップ人事を固めた。広瀬直己社長(64)の後任に小売子会社社長を兼ねる小早川智明取締役(53)を起用し、数土文夫会長(76)の後任に川村隆・日立製作所名誉会長(77)を充てる。広瀬社長は新設する代表権のない副会長に就き、福島第1原発の事故対応に専念する方向。東電HDの議決権の過半数を持つ政府は原発事故の処理費用が膨らむ中、収益力を向上し事故処理を進めるには経営陣の刷新が必要と判断した。
in English
カテゴリー:

環境省、福島第一原発の除染作業で出た汚染土を用いて全国各地に緑地公園を造成へ - 03月26日(日)15:08 

<環境省>緑地公園造成に汚染土…非公開会合で検討  東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土をくぼ地の埋め立てに再利用し、 造成した土地を公園などとして使う案を環境省が検討していることが分かった。 同省は先月、放射線の専門家を集めた非公開会合でこの再利用案を協議しており、27日の公開会合で提示する方針だ。 しかし、既に明らかにされている防潮堤などへの再利用と異なり、子供らの遊び場にもなる公園への再利用は議論を呼びそうだ。  汚染土を巡って環境省は昨年6月、1キロ当たりの放射性セシウム濃...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

マーシャル諸島、被曝の体験継承に動く 福島訪問も機に - 03月26日(日)13:40 

 米国が大戦後から1950年代にかけて核実験を繰り返した太平洋・マーシャル諸島で、被曝(ひばく)島民の子孫たちが体験の継承に動き出した。原発事故に見舞われた福島への訪問もきっかけとなり、被害の記憶を後…
in English
カテゴリー:

【環境省】緑地公園造成に汚染土…非公開会合で検討 子供らの遊び場にもなる公園への再利用 - 03月26日(日)12:36 

<環境省>緑地公園造成に汚染土…非公開会合で検討 除染作業で出た汚染土などの仮置き場に積み上がる無数のフレコンバッグ=福島県富岡町で、本社ヘリから森田剛史撮影 毎日新聞 3/26(日) 7:30配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000003-mai-soci  東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土をくぼ地の埋め立てに再利用し、造成した土地を公園などとして使う案を環境省が検討していることが分かった。同省は先月、放射線の専門家を集めた非公開会合でこの再利用案を協議しており、27日の公開会合で提示...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

大熊町の新庁舎 19年3月に完成 - 03月26日(日)10:53 

東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県大熊町は、復興拠点の大川原地区に建設する町役場新庁舎の整備基本計画を策定した。復興のシンボルとする方針で、2019年3月の完成を目指す。 町役場大川原連絡
in English
カテゴリー:

もっと見る

「原発事故」の画像

もっと見る

「原発事故」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 原子力事故...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる