「原発事故」とは?

関連ニュース

東電元社員、長期評価見送り「合理性欠くものではない」 - 04月25日(水)05:45 

 福島第一原発事故をめぐる東京電力の旧経営陣の裁判で、津波試算の責任者だった元社員が出廷し、元副社長に地震活動の「長期評価」の採用の見送りを指示されたことについて「合理性を欠くものではない」との見解を示しました。
カテゴリー:

「どこかで間違っていた」=津波現場責任者が証言-東電旧経営陣公判・東京地裁 - 04月24日(火)20:51 

 東京電力福島第1原発事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された元会長勝俣恒久被告(78)ら旧経営陣3人の公判が24日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。事故前に東電で津波対策部門の現場責任者を務めた元社員が出廷し、「どこかで間違っていたから事故は起きた」と証言した。 元社員は「土木調査グループ」の責任者で、政府機関の長期評価に基づき、原子炉建屋など(海抜約10メートル)に到来が予想される津波の高さについて、最大15.7メートルに達するとの試算を担当した。 証言によると、2008年6月、元社員が原子力・立地副本部長だった元副社長武藤栄被告(67)に試算を伝えると、元副社長は驚いた様子で、防潮堤設置に必要な許認可を調べるよう指示。しかし翌月、元副社長は津波を起こす地震想定について、「信頼性を第三者にみてもらった方がよい」とし、対策を保留する方針に転換した。 3被告が出席した09年2月の会議では、原子力担当部長だった吉田昌郎・元同原発所長(故人)が対策推進を進言したが、前提となる津波の高さも決まらなかったという。 【時事通信社】
カテゴリー:

<17年度・福島産農産物>輸出量急伸過去最大に 原発事故前初めて上回る - 04月24日(火)14:17 

福島県は23日、2017年度の県産農産物の輸出量が過去最高の210トンに上ったと発表した。前年度の3.2倍に達し、東京電力福島第1原発事故直前の10年度(約153トン)を初めて上回った。 種類別はコメ
カテゴリー:

福島第1原発:大熊町で準備宿泊を開始 立地自治体で初 - 04月24日(火)11:16 

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県大熊町の一部地域で24日、住民が帰還に向けて自宅などに泊まれる「準備宿泊」が始まった。第1原発が立地する大熊、双葉両町では初めて。町などが来春を目指している対象地域の避難指示解除まで続ける。
カテゴリー:

包装デザイン改善を 福島県、風評対策を改訂 - 04月24日(火)09:39 

福島県は23日、東京電力福島第1原発事故に伴う風評・風化対策強化戦略の改訂版を策定した。県産品の売り上げ増を目指し、パッケージング(包装)の改善によるブランド力強化を盛り込んだ。 改訂は2015年の戦
カテゴリー:

東電強制起訴:津波対策先送りに「合理性」元社員が証言 - 04月24日(火)22:42 

東京地裁 旧経営陣3人の第8回公判  東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第8回公判が24日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。事故前に想定津波の試算を担当していたグループのマネジャーだった元社員の男性が出廷し、元副社長の武藤栄被告(67)が2008
カテゴリー:

【東京地裁】「巨大津波の想定は信頼性低い」 元社員が証言 東電刑事裁判 - 04月24日(火)19:59  newsplus

福島第一原発の事故をめぐり東京電力の旧経営陣3人が強制的に起訴された裁判で、当時、東京電力で津波対策の部署を統括する立場だった元社員が証言しました。元社員は、事故の3年前に社内でまとめられた巨大な津波の想定は信頼性が低いと考えていたと証言しました。 東京電力の元会長の勝俣恒久被告(78)、元副社長の武黒一郎被告(72)、元副社長の武藤栄被告(67)の3人は、原発事故をめぐって業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴され、いずれも無罪を主張しています。 東京電力は、高さ15. 7メートルの津波が福島第...
»続きを読む
カテゴリー:

試算前に「津波対策始める必要」 元東電社員、福島原発事故公判で - 04月24日(火)12:33 

福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の旧経営陣3人の第8回公判が24日、東京地裁(永...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

大熊町で準備宿泊開始 第1原発立地自治体で初 - 04月24日(火)09:51 

 東京電力福島第1原発事故で全域避難が続く福島県大熊町の一部地域で24日、夜間も含め自宅での滞在が可能な準備宿泊が始まった。住民の帰還に向けたもので、町が目指す来年春の避難指示解除まで続ける。福島第1原発が立地する双葉町、大熊町では初めて。
カテゴリー:

仙南 汚染廃を搬入 きょうから2回目試験焼却 - 04月24日(火)06:05 

東京電力福島第1原発事故に伴う放射性物質で汚染された国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)以下の廃棄物を巡り、仙南2市7町でつくる仙南地域広域行政事務組合は23日、2回目の試験焼却に向けて仙南
カテゴリー:

もっと見る

「原発事故」の画像

もっと見る

「原発事故」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 原子力事故...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる