「原田郁子」とは?

関連ニュース

曽我部恵一が語る『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー』開催への思い - 04月28日(金)17:00 

5月9日(火)中野サンプラザにて、曽我部恵一率いるサニーデイ・サービス がプロデュースする「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー」が開催される。曽我部恵一が、その開催にかける思いを語る。今年は5月9日(火)@中野サンプラザでの開催となる「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー」は、正式タイトル『サニーデイ・サービス presents 忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 中野サンプラザホール Love&Peace 2017年5月9日』が示す通り、曽我部恵一率いるサニーデイ・サービス がプロデュースを担当し、そこに、仲井戸CHABO麗市を筆頭に、佐藤タイジ、TOSHI-LOW、志磨遼平、 原田郁子(クラムボン)、中納良恵(EGO−WRAPPIN)といった清志郎を愛するアーティスト達が集うという実に興味深い展開だ。5月9日の開催を前にライヴの要となる、曽我部恵一に話を聞いた。―先ずは曽我部さんのRCサクセションとの出逢いから教えてください。テレビで『い・け・な・いルージュマジック』を見たのが清志郎との出逢いです。レコードは『HEART ACE/ハートのエース』(1985年11月リリース)を買ったのが最初。『ロッキング・オン』にインタヴューが載っていて、興味を持ちました。―さて、5月9日(火)に開催される「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー」は〝サニーデイ・サービス ...more
in English
カテゴリー:

クラムボンならではの緊張感あふれるアンサンブル モノラルとステレオとの2枚組アルバム『てん 、』 - 04月26日(水)18:00 

5月3日に東京・日比谷野外大音楽堂でライブを開催するクラムボン。バンドにとっても特別な場所であるという野音での8年振りのライブ開催とあって、チケットも早くからソールドアウトしており、当日は祝祭ムードに包まれることだろう。昨年、結成20周年。音楽フェスでヘッドライナーを務めることも少なくなく、ベテランと呼ばれる域にある存在ながら、チャレンジを止めないアーティストとしての姿勢は今以上に称えられるべきだとも思う。そんなクラムボンの名盤を探ってみた。【その他の画像】クラムボン■独立独歩、独自の活動を展開中クラムボンがまたまた面白い動きを見せている。彼らが来る5月3日に東京・日比谷野外大音楽堂でライブを開催することは前述したが、このライブを映画監督の岩井俊二氏が映像化するに当たり、クラウドファンディングを実施。出資者はそのライブDVDのほか、金額に応じて打ち上げライブを視聴できたり、ライブのリハーサルを見学できたり、といった特典が付くという。4月26日現在、募集締切まで1ヶ月以上あるというのに、すでに目標金額に届きそうな勢いで、クラムボンに対する期待の高さをうかがわせるトピックでもある。メジャーレーベルを離れた2015年以降、彼らのフットワークはいい意味で軽い。2016年の『clammbon 2016 mini album 会場限定販売ツアー』では、文字通り、ライブ会場限定CD「モメント e...more
in English
カテゴリー:

LITTLE CREATURESと原田郁子がビルボードで共演 - 04月28日(金)12:00 

LITTLE CREATURESが、9月に東京と大阪のBillboard Liveでワンマンライブを実施する。
in English
カテゴリー:

「原田郁子」の画像

もっと見る

「原田郁子」の動画

Wikipedia

原田 郁子(はらだ いくこ、1975年10月20日 - )は日本のシンガーソングライター。バンド、クラムボンのボーカリスト、鍵盤担当。福岡市博多区出身。クラムボンの他にも、ソロ活動や、ohana4Bというバンドのメンバーとしても活動している。趣味写真フォトグラファー原田奈々は実の

概要

幼少のころ、友達の影響でエレクトーンを習おうとしたが、エレクトーンを買ってもらえず、祖父の家にあったピアノを譲り受けてクラシックピアノを習い始めた。後にジャズ・ピアノに転向する。Esquire2008年3月号 ピアノ300年、音楽の真相。 p.114

高校時代、元NUMBER GIRLギタリスト、現bloodthirsty butchersの...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる