「原田曜平」とは?

関連ニュース

「渋谷区観光協会」が語る渋谷復権への取り組みとは? - 10月20日(金)08:40 

 1990年代から2000年代にかけて、日本のストリートファッションカルチャーの中心は“渋谷”だった。しかし、SNSの普及、ギャル文化の細分化、原宿カルチャーの台頭などさまざまな要因で渋谷が持つ影響力は低下。いま、“若者の街・渋谷”としての存在感は希薄になっている。そこで今回、渋谷“復権”への展望を渋谷区観光協会の担当者と、渋谷系ファッション雑誌『men’s egg』のアイコンとして活躍した植竹拓(ピロム)氏に聞いた。 【写真】思わず2度見? 幻想的で突飛な“異色肌ギャル”が集合 ■80年代後半、アメカジ好きのチーマーの隣に必ず“キレイな女性”がいた  1934年、駅直結の東横百貨店(現在の東急百貨店)が開業しターミナル駅としての存在感を強め、70年台に入ると「渋谷パルコ」「東急ハンズ」「渋谷109」が誕生。それ以来、若者のファッション文化を牽引してきた渋谷。80年代後半以降は、アメカジファッション(渋カジ)を身に付け、渋谷センター街にたむろする若者たちがチーマー文化を形成した。当時の渋谷について植竹氏は、「渋谷センター街の“危険な雰囲気”に憧れました。ヤンチャでハイセンスな人がたくさんいて、その隣にはキレイなお姉さんが必ずいる。そんな女性たちにモテたくて渋谷を目指しました」と振り返る。  90年代、ギャルの間では歌手・安室奈美恵の影響を受け、ミニスカートに上げ底ブーツの“...more
カテゴリー:

「原田曜平」の画像

もっと見る

「原田曜平」の動画

Wikipedia

> メディア出演 テレビ

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる