「原晋」とは?

関連ニュース

大学駅伝デビュー戦は寝坊 苦い記憶、青学大の原晋監督 - 07月25日(火)19:04 

 有力選手が関東地区に一極集中するという大学長距離界。昨年の第48回全日本大学駅伝で初優勝して「学生駅伝3冠」を果たした青学大の原晋監督は、東海地区の中京大の出身だ。全日本に2度出場し、2年時の第18…
カテゴリー:

【女子アナ】水卜麻美アナがダイエット宣言「今が最高に重いので夏までに7kg!!」 - 06月28日(水)07:44  mnewsplus

日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、きょう28日(21:00~22:54)に放送される同局系ドキュメントバラエティ特番『ダイエット・ヴィレッジ ~デブのままでは終われない汗と涙の大減量合宿 2017年夏~』に出演し、夏までに7kg減量することを宣言する。 この番組は、一癖も二癖もある個性的な8人のおデブたちが、1カ月のダイエット合宿に挑む姿を追っていくもの。 今回は「体重が身長を上回る男」「たった7日で服が破れてしまう女」「腹に尻ができた女」など男2人、女6人がひとつ屋根の下で生活し、合計100kgの減量に挑む。 合宿には、...
»続きを読む
カテゴリー:

「原晋」の画像

もっと見る

「原晋」の動画

Wikipedia

原 晋(はら すすむ、1967年3月8日 - )は、元陸上競技マラソン選手、指導者。青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督。関東学生陸上競技連盟評議員。GMOアスリーツアドバイザー

来歴

瀬戸内の古い港町である広島県三原市糸崎町松浜東の出身。幼少期は海が遊び場、活発な少年、あだ名はすーちゃんだった。小学生の頃から、ソフトボールは4番でピッチャー、相撲は主将と運動万能であった。小4の頃、漁港で遊んでいる時に不慮の事故で足複雑骨折、長期入院。これを機にリハビリを兼ね町内をジョギング始めたようである。幼なじみの記憶では、雨の日でも休まず毎日、走っていたとのこと。自分で決めた事はやり通す、意志の強い少年であった。これが陸上競技との出会いと思われる。中学から陸上部、長距離を始め、中1のマラソン大会では、上級生を抑え校内1位。進学した世羅高校3年時の1984年主将として全国高校駅伝2位に貢献(優勝:報徳学園)青山学院大V「ちゃらいは褒め言葉」 原晋監督は元伝説の営業マン【箱根駅伝】。世羅高校OBが監督を務めていた中京大学に進学し3年時に日本インカレ5000メートル3位。1989年、郷里の...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる