「原晋」とは?

関連ニュース

病と闘う駅伝選手と実況アナが感動の再会 ブルゾンちえみ&中村アンも涙 - 11月16日(木)05:00 

 箱根駅伝2007年6区…水頭症という病と闘いながら箱根駅伝に出場した日体大の石谷慶一郎(当時2年生)さんと実況を担当した蛯原哲アナウンサーが16日放送の日本テレビ系列『衝撃のアノ人に会ってみた!2017秋』(後7:00)で再会を果たす。今明かされる2人の秘話にゲストのブルゾンちえみ、中村アンも思わず涙を流す。 【写真】桝アナと徳井をwith Bに従えたブルゾンちえみ  石谷さんは脳内に過度の脳せき髄液が溜まってしまい脳が圧迫され、激痛を伴う病・水頭症と闘いながら箱根駅伝に出場。高校駅伝でも、石谷さんは自らの体調不良でチームは棄権せざるをえなかったが、チームメイトはお見舞いに来て「陸上やめるなよ」とやさしい言葉をかけてくれたそうでそんな仲間に向け箱根駅伝での恩返しを誓うのだった。これに高校時代、チアリーディング部に所属していた中村は「1週間前にけがしたチームメイトにやさしい言葉をかけられなかったです」と大粒の涙を流して青春時代のエピソードを語る。  そんな石谷さんの思いを知った箱根実況17年の蛯原アナは、「病気のことを伝えてリタイアしたらどうするのか?」「選手全員が主役なのに公平性に欠けるのではないのか?」など、最後まで石谷さんの病気を実況すべきかどうかを迷ったという。しかし6区の終盤、デッドヒートを繰り広げる石谷さんの姿を見て決意。「実は日体大の石谷2年生は生後二か月で水頭...more
カテゴリー:

【ドラマ】池井戸潤原作&役所広司主演「陸王」第3話15・0%!初の上昇 - 11月06日(月)09:31  mnewsplus

 俳優の役所広司(61)が主演を務めるTBS日曜劇場「陸王」(日曜後9・00)の第3話が5日に15分拡大で放送され、平均視聴率は15・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが6日、分かった。  第1話=14・7%、第2話=14・0%と堅調に推移。1・0ポイント上昇し、15%超え。テレビ朝日「ドクターX」を追い掛ける。  昨年7月に発売された作家・池井戸潤氏(54)の同名小説(集英社)をドラマ化。同局による池井戸氏作品のドラマ化は「半沢直樹」(2013年10月クール)「ルーズヴェルト・...
»続きを読む
カテゴリー:

青学駅伝・原監督が一日署長 相模原市 11/15 21:27更新 - 11月15日(水)21:27 

神奈川県相模原市で青山学院大学陸上競技部の原晋監督が警察署の一日署長をつとめ、振り込め詐欺の撲滅を呼びかけた。
カテゴリー:

「原晋」の画像

もっと見る

「原晋」の動画

Wikipedia

原 晋(はら すすむ、1967年3月8日 - )は、元陸上競技マラソン選手、指導者。青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督。関東学生陸上競技連盟評議員。GMOアスリーツアドバイザー

来歴

瀬戸内の古い港町である広島県三原市糸崎町松浜東の出身。幼少期は海が遊び場、活発な少年、あだ名はすーちゃんだった。小学生の頃から、ソフトボールは4番でピッチャー、相撲は主将と運動万能であった。小4の頃、漁港で遊んでいる時に不慮の事故で足複雑骨折、長期入院。これを機にリハビリを兼ね町内をジョギング始めたようである。幼なじみの記憶では、雨の日でも休まず毎日、走っていたとのこと。自分で決めた事はやり通す、意志の強い少年であった。これが陸上競技との出会いと思われる。中学から陸上部、長距離を始め、中1のマラソン大会では、上級生を抑え校内1位。進学した世羅高校3年時の1984年主将として全国高校駅伝2位に貢献(優勝:報徳学園)青山学院大V「ちゃらいは褒め言葉」 原晋監督は元伝説の営業マン【箱根駅伝】。世羅高校OBが監督を務めていた中京大学に進学し3年時に日本インカレ5000メートル3位。1989年、郷里の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる