「原晋」とは?

関連ニュース

青学大陸上部、箱根駅伝4連覇報告 原晋監督「5連覇・6連覇に向け努力」 - 01月16日(火)22:16 

青山学院大学(渋谷区渋谷4)で1月16日、正月の箱根駅伝で4連覇を達成した同大陸上競技部が報告会を開いた。
カテゴリー:

子供のやる気を引き出すには?青学大V4を支えた寮母・原美穂さんの名言 - 01月08日(月)08:46 

 2018年、箱根駅伝4連覇を達成した青山学院大学。メディア出演も多い原晋監督は昨年末のヒットドラマ『陸王』(TBS系)に登場するなど、テレビでもすっかりおなじみの存在となっています。  その監督の妻で、学生を寮母として支えてきた原美穂さんをご存じでしょうか。送り出した卒業生はこの13年間で約140人。 「未成年から社会人になる時期の彼らに密着取材できたような気がしていて、思いがけず最高の仕事にめぐり会えたなと思っています」と言う美穂さん。  ただし美穂さんは、自ら望んで寮母になったわけではありません。前回の記事でご紹介したとおり、2004年に“わがまま”な夫が安定した職を捨てて監督になったのと同時に、美穂さんもほぼ自動的に寮母になったのです。  以来、2009年の33年ぶりの箱根駅伝本選出場、2015年の初優勝、2017年の史上初の三冠三連覇、2018年の箱根駅伝4連覇と青学駅伝の黄金期を学生たちと共につくりあげてきました。  個性のある一人ひとりを育てるにはどうしたらいいのか…子育て中の人にとっても、興味があるテーマではないでしょうか。  美穂さんの初の著書『フツーーの主婦が、弱かった青山学院大学陸上競技部の寮母になって箱根駅伝で常連校になるまでを支えた39の言葉』(アスコム刊)とインタビューから、その「育てる手腕」を探ってみました。 ◆ルールは自主的に決めさせる...more
カテゴリー:

【陸上】<箱根駅伝>100回目の記念大会となる2024年に向け、“大改革”が提案!『全国大会に拡大しよう』 - 01月07日(日)23:47  mnewsplus

第94回箱根駅伝は青山学院大学の史上6校目となる4連覇で幕を下ろした。 この大会が正月の風物詩として定着して久しいが、100回目の記念大会となる2024年に向け、“大改革”が提案されているのをご存じだろうか。 「共催の読売新聞社から提案されたようです。『箱根駅伝を全国大会に拡大しよう』と。 主催の関東学生陸上競技連盟は反対ではありませんが、現時点ではこの提案を聞くレベル程度にとどめています」(関係者) 箱根駅伝は全国的な人気を誇るが、関東学生陸上競技連盟に加盟する大学内の学生スポーツ大会だ。 全国大会...
»続きを読む
カテゴリー:

【箱根駅伝】<青学大・原監督>4年生の選手、マネジャー13人全員にハワイ卒業旅行プレゼント! - 01月06日(土)07:20  mnewsplus

箱根駅伝(2、3日)で史上6校目の4連覇を果たした青学大の原晋監督(50)が、 主将の吉永竜聖、エースの下田裕太、史上13人目のVメンバーとなった田村和希、伊藤雅一主務ら4年生の選手、マネジャー13人全員に 「ハワイ卒業旅行」をプレゼントすることが5日、分かった。3月中旬に5~6日の日程で出発する予定。 原監督は「3代目・山の神」神野大地(24)=コニカミノルタ=ら前々年度の世代に静岡・熱海旅行を、 一色恭志(23)=GMOアスリーツ=ら前年度の世代にハワイ旅行をプレゼン 「今年はヨーロッパ...
»続きを読む
カテゴリー:

【箱根駅伝】青学大・原監督、箱根駅伝の全国化案「大賛成」…「箱根駅伝は日本全体の文化財ですよ」 - 01月05日(金)13:09  mnewsplus

青学大・原監督が見据える箱根駅伝、全国化も大賛成 [2018年1月5日10時30分 紙面から] 箱根駅伝4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)は4日、関東学生陸上競技連盟から 声が上がり始めた箱根駅伝を全国化する案に賛成する考えを示した。 往路のテレビ視聴率(関東地区)が歴代1位になるなど、「日本全国の文化」であることを強調。 地域活性化、少子化対策のためにも、全国化が欠かせないと持論を述べた。 今後も同連盟の全国化の動きを後押ししていく。 2日の箱根駅伝往路の世帯平均視聴率(関東地区)は歴代1位の2...
»続きを読む
カテゴリー:

箱根駅伝:青学大の原監督「5、6連覇を」 優勝報告会 - 01月16日(火)15:55 

 今年の東京箱根間往復大学駅伝で史上6校目の4連覇を果たした青学大が16日、東京都内のキャンパスで優勝報告会を開き、原晋監督は「これからも5連覇、6連覇していけるよう努力する」と一層の活躍を期した。
カテゴリー:

子供のやる気を引き出すには?青学大V4を支えた寮母・原美穂さんの名言 - 01月08日(月)08:46 

 2018年、箱根駅伝4連覇を達成した青山学院大学。メディア出演も多い原晋監督は昨年末のヒットドラマ『陸王』(TBS系)に登場するなど、テレビでもすっかりおなじみの存在となっています。  その監督の妻で、学生を寮母として [...]
カテゴリー:

【箱根駅伝】<青学大・原監督の優勝コメント>気になったのはその序列。サッカーの次に野球を位置づけ。重く受け止めなければ…… - 01月06日(土)11:11  mnewsplus

「ライバルは早稲田、駒澤、東洋、東海ではない……サッカー界、野球界」 野球界の“危機”を感じた。正月恒例の第94回箱根駅伝で史上6校目の4連覇を遂げた青学大・原晋監督の優勝会見での一コマである。目標を遂げた達成感と、周囲への感謝を語る一方で、陸上界を盛り上げていきたいと、言葉に熱気が帯びてきたそのときだった。 「ライバルは早稲田、駒澤、東洋、東海ではない……サッカー界、野球界」  原監督は陸上界における、旧態依然の流れを「改革」していきたい思いが強いという。勝者だからこそ訴える立場にあると、公の席でメ...
»続きを読む
カテゴリー:

【陸上】青学大・原監督が太っ腹なプレゼント!4年生とマネージャー全員に「ハワイ旅行」 - 01月05日(金)22:52  mnewsplus

箱根駅伝(2、3日)で史上6校目の4連覇を果たした青学大の原晋監督(50)が、 主将の吉永竜聖、エースの下田裕太、史上13人目のVメンバーとなった田村和希、伊藤雅一主務ら4年生の選手、 マネジャー13人全員に「ハワイ卒業旅行」をプレゼントすることが5日、分かった。3月中旬に5~6日の日程で出発する予定。 原監督は「3代目・山の神」神野大地(24)=コニカミノルタ=ら前々年度の世代に静岡・熱海旅行を、 一色恭志(23)=GMOアスリーツ=ら前年度の世代にハワイ旅行をプレゼント。 「今年はヨーロ...
»続きを読む
カテゴリー:

【箱根駅伝】<青学・原監督>過激発言の根底に「陸上界を盛り上げたい」「ライバルは早稲田や駒沢東海でなくサッカー界、野球界」★2 - 01月04日(木)18:41  mnewsplus

報知新聞社後援 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)  史上6校目の総合4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)は、レース後の会見で「私の発言に対して嫌う方もいますが、根底に陸上界を盛り上げたい(思いがある)」と、今後も陸上界や箱根駅伝の在り方について“物申す”姿勢を変えないことを明かした。  監督就任10年、部創立100周年の節目も優勝で飾ることが出来て「原だけの力では無理。多くの支えがあって優勝できました」と感謝した...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「原晋」の画像

もっと見る

「原晋」の動画

Wikipedia

原 晋(はら すすむ、1967年3月8日 - )は、元陸上競技マラソン選手、指導者。青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督。関東学生陸上競技連盟評議員。GMOアスリーツアドバイザー

来歴

瀬戸内の古い港町である広島県三原市糸崎町松浜東の出身。幼少期は海が遊び場、活発な少年、あだ名はすーちゃんだった。小学生の頃から、ソフトボールは4番でピッチャー、相撲は主将と運動万能であった。小4の頃、漁港で遊んでいる時に不慮の事故で足複雑骨折、長期入院。これを機にリハビリを兼ね町内をジョギング始めたようである。幼なじみの記憶では、雨の日でも休まず毎日、走っていたとのこと。自分で決めた事はやり通す、意志の強い少年であった。これが陸上競技との出会いと思われる。中学から陸上部、長距離を始め、中1のマラソン大会では、上級生を抑え校内1位。進学した世羅高校3年時の1984年主将として全国高校駅伝2位に貢献(優勝:報徳学園)青山学院大V「ちゃらいは褒め言葉」 原晋監督は元伝説の営業マン【箱根駅伝】。世羅高校OBが監督を務めていた中京大学に進学し3年時に日本インカレ5000メートル3位。1989年、郷里の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる