「原子力潜水艦」とは?

関連ニュース

【ロシア】ロシアの原子力潜水艦2隻が「決闘」 - 04月16日(月)22:59  newsplus

同氏によると、2隻の原子力潜水艦の乗組員が「決闘の状況を演じ」、双方が武器を使用する中で攻撃と反撃の演習を行った。 演習では「ウラジーミル・モノマフ」が仮想敵の「アレクサンドル・ネフスキー」に対して訓練用魚雷を発射し、報復攻撃をうまく回避した。ヴォスクリセンスキー氏が伝えた。 「ウラジーミル・モノマフ」と「アレクサンドル・ネフスキー」は戦略任務ミサイル潜水巡洋艦。弾道ミサイルを搭載することができ、ロシア軍の核の3本柱の一部となっている。 Sputnik 2018年04月16日 21:37  https://jp.sputnikne...
»続きを読む
カテゴリー:

「原子力潜水艦」の画像

もっと見る

「原子力潜水艦」の動画

Wikipedia

原子力潜水艦(げんしりょくせんすいかん)とは動力に原子炉を使用する潜水艦のことである。原潜(げんせん)と略されることもある。

概要

原子力潜水艦の構造は、もう一方の代表的な潜水艦の推進動力方式であるディーゼルエンジンを備えた通常動力型潜水艦と基本的な構造の点では同様である。すなわち、いずれも、船体は涙滴型や葉巻型をしており、船体上部前寄りにセイル、その側面か船体前部側面に潜舵を持ち、艦尾のスクリュー・プロペラで推進する。原子力潜水艦と通常動力型潜水艦との大きな違いは、スクリューを回転させるためのエネルギーの発生源である。原子力潜水艦では原子力すなわち核分裂により生成される熱エネルギーで水を沸かしてタービンを回すことでスクリューを回転させるのに対し、通常動力型潜水艦ではディーゼル機関を作動させてスクリューを回している。その違いを反映し、原子力潜水艦は通常型潜水艦より複雑な構造となっており、船体も大型となる。また、その運用を比較すると、通常型潜水艦が沿岸域での運用を比較的得意とするのに対し、原子力潜水艦はより広い外洋域での運用を得意とする。ただし、これらの運用は専門化している訳ではない。

原子力潜水艦は潜...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる