「原子力委員会」とは?

関連ニュース

原子力委員会:プルトニウムの利用指針を改定へ - 01月16日(火)18:52 

 原子力委員会は16日、プルトニウムの利用指針を改定する方針を決めた。長期的な目標として保有量の削減を盛り込むことなどを検討し、年内にとりまとめる。  日本は国内外に計約47トンのプルトニウムを保有。プルトニウムは核兵器に転用可能なため、原子力委が2003年に決定した現指針では、利用目的のないプルトニウムは持たない原則の下、電気事業者に保有量や利用目的を公表するよう求めている。
カテゴリー:

研究炉の「合格」保留=プルトニウム保管で指摘-規制委 - 01月10日(水)18:23 

 原子力規制委員会は10日、日本原子力研究開発機構の研究炉「定常臨界実験装置」(STACY、茨城県東海村)について、再稼働に必要な審査の合格を保留した。仕様変更で使わなくなるプルトニウムの保管に関し、原子力委員会から「利用目的のないプルトニウムは保有しない原則に誤解を生じさせかねない」と指摘を受けた。原子力機構から補正申請を受けた後、改めて判断する。 核兵器の材料にもなるプルトニウムについて、日本は平和利用原則の下、ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料などの使用目的がなければ保有しない方針を取っている。 STACYは核燃料の臨界データ採取や教育訓練用の試験研究炉。粉末状MOXを溶液にした燃料を使っていたが、固形燃料方式に改造し、MOX粉末は施設内に保管するとして申請した。 【時事通信社】
カテゴリー:

プルトニウム利用方針 15年ぶり改定議論へ - 01月16日(火)17:42 

核兵器の原料にもなるプルトニウムについて国の原子力委員会は「利用目的のないものは持たない」という原則の透明性を高めるため、プルトニウム利用の基本方針を15年ぶりに改定する議論を始めることになりました。
カテゴリー:

「原子力委員会」の画像

もっと見る

「原子力委員会」の動画

Wikipedia

原子力委員会(げんしりょくいいんかい、英:Atomic Energy Commission、略称:AEC)は、1956年に設置された日本の行政機関。委員長及び委員4人の計5人で構成される(1960年5月10日から1978年10月3日までは委員6人で計7人)。

概要

原子力基本法(1955年12月成立)に基づき、国の原子力政策を計画的に行うことを目的として1956年1月1日に総理府附属機関(のち審議会等)として設置され、委員長には国務大臣科学技術庁長官)が充てられ、委員の任命には両議院の同意が必要とされた。

2001年1月6日の中央省庁再編に伴い内閣府の審議会等の一つとなり、委員長は国務大臣をもって充てるポストではなくなった(委員と共に両議院同意人事の対象となった)平成15年版原子力白書253頁。

2011年3月11日の福島第一原子力発...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる