「原子力」とは?

関連ニュース

中国による相次ぐ領海侵入、日本がとるべき対策とは? - 01月18日(木)19:00 

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。1月16日(火)放送の「WAKE UP NEWS」のコーナーでは、軍事ジャーナリストの黒井文太郎さんに「中国による日本の領海侵犯と日本がとるべき対策」について伺いました。 15日(月)、沖縄県尖閣諸島周辺の領海に中国海警局の船が1時間半にわたり侵入しました。中国による日本の領海侵犯は今年に入って既に2度目。さらに同日、小野寺防衛大臣は1月10日(水)、11日(木)に日本の接続水域に侵入していた潜水艦について「中国の原子力潜水艦だった」と発表しました。 そもそも中国の海警局とは、資源管理を担う国土資源部の外局で海洋政策を執行する、国家海洋局の実力機関。しかし、黒井さんは「実際は日本の海上保安庁に相当し、中国の軍部と密接な関係がある」と言います。また今年に入って相次ぐ中国の尖閣諸島付近での動きについて「『尖閣諸島は自国の領土である』というのが中国側の見解。今後もこの動きは繰り返されるだろう」と中国の動向を予想。 菅義偉官房長官は中国に対して、警告や抗議をおこなうと表明していますが、黒井さんは「実力行使ができない以上、中国の動きを止めることは難しい」「中国が実効支配を強化するのであれば、日本も強化するべき。もしくは行政権を行使することも必要」と述べていました。 -----------------...more
カテゴリー:

埼玉県議会、原発再稼働求める意見書可決 「福島を軽視」抗議拡大 - 01月18日(木)06:05 

東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故の避難者を受け入れてきた埼玉県で、昨年12月に可決された県議会(小林哲也議長)の意見書が物議を醸している。原子力規制委員会の基準に適合した原発の再稼働を求める
カテゴリー:

【福島第1原発】福島県内の「帰還困難区域」で測定、空間放射線量8マイクロシーベルトも - 01月18日(木)04:23  scienceplus

原子力規制委員会は17日、 東京電力福島第1原発事故で立ち入り制限が続く福島県内の「帰還困難区域」で昨年測定した空間放射線量を公表した。 最も高かったのは双葉町の路上で、1時間当たり約8.48マイクロシーベルトだった。 全体として減少傾向にあるという。測定は2016年に続き2回目。  第1原発事故後、国は除染の長期目標を年間1ミリシーベルトとしている。 1時間当たりの空間放射線量に換算すると、0.23マイクロシーベルトとなる。  測定は17年7~9月、要望があった福島県双葉、大熊、浪江、富岡の4町と葛尾村で実施。 主...
»続きを読む
カテゴリー:

【原子力規制委委員長】 福島県内の空間放射線量基準 議論すべき - 01月17日(水)20:13  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180117/k10011292551000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 1月17日 20時05分 原子力規制委員会の更田委員長は、福島県内で行われている除染の基準となっている1時間当たりの空間の放射線量が実態に即さない厳しい数値ではないかとの認識を示し、関係省庁などが連携して議論すべきとの考えを示しました。 福島県内で行われている除染では、住民の被ばく線量にして、年間1ミリシーベルト以下を目標とし、これを計算式に当てはめ、1時間当たりの空間の放射線量は0.23マイクロ...
»続きを読む
カテゴリー:

被ばく線量の目安検討=「毎時0.23」実測と合わず-規制委 - 01月17日(水)19:20 

 原子力規制委員会は17日の定例会合で、東京電力福島第1原発事故後に事実上の安全基準として浸透している空間放射線量「毎時0.23マイクロシーベルト」の妥当性を検討する方針を示した。更田豊志委員長は「事故後は手探りで保守的に設定したが、いつまでも改めないのは問題だ」と述べた。 政府は原発事故後、避難指示解除の基準として、事故による追加被ばく線量を年間20ミリシーベルト以下とし、除染などで実現する長期目標を同1ミリシーベルトに設定した。毎時0.23マイクロシーベルトは、ここから逆算した試算値だが、福島県内では安全の目安と受け止められている。 【時事通信社】
カテゴリー:

東海第2原発でデータ送信停止 緊急時の支援システム - 01月18日(木)13:57 

 原子力規制庁は18日、日本原子力発電東海第2原発(茨城県)で、原発の状態を把握する国の緊急時対策支援システム(ERSS)へのデータ送信が停止したと発表した。同原発は現在、運転を停止中。データは電子メールで日本原電から送られており、大きな問題はないという。
カテゴリー:

日米原子力協定、自動延長が決定 核燃料サイクルの継続可能に - 01月18日(木)05:00 

今年7月16日で30年間の期限を迎える日米原子力協定が自動延長されることが17日、決まった。6カ月前までに日米いずれかが協定終了を通告しなければ自動延長される仕…
カテゴリー:

【新潟】無許可で柏崎刈羽原子力発電所周辺の海の環境調査 東電と担当社員を書類送検 - 01月18日(木)01:11  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180117/k10011292581000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_016 1月17日 20時20分 新潟県にある東京電力柏崎刈羽原子力発電所の周辺で、県の許可なく海藻や魚介類を採取する環境調査を行ったとして、東京電力と調査担当の社員が、県の漁業調整規則違反の疑いで書類送検されました。 書類送検されたのは、東京電力と柏崎刈羽原発周辺の環境調査を担当する50代の社員です。 新潟県によりますと、この社員は去年5月、県が許可をした期間より前に5回にわたって海藻のエゴノリの採取...
»続きを読む
カテゴリー:

日米原子力協定の延長決定 核燃料サイクルの継続可能に - 01月17日(水)20:05 

 今年7月16日で30年間の期限を迎える日米原子力協定が自動延長されることが17日、決まった。6カ月前までに日米いずれかが協定終了を通告しなければ自動延長される仕組みで、双方に見直しの動きは起きなかった。核兵器の原料にもなるプルトニウムの平和利用を認めるもので、延長により日本は使用済み核燃料からプルトニウムを取り出して再利用する核燃料サイクル政策が継続できる。
カテゴリー:

中国最新原潜 日本公海で浮上・国旗揚げ、中国ネットユーザー「みっともない」 - 01月17日(水)15:41 

中国海軍の最新攻撃型原子力潜水艦がこのほど、日本の接続水域に進入し、その後日本沖縄県付近の東シナ海の公海で浮上して国旗を掲げた。軍事的に潜水艦のステルス性が非常に重要視されているため、中国国内では潜水艦の公海での浮上・国旗掲げの理由をめぐって、推測が飛び交った。
カテゴリー:

もっと見る

「原子力」の画像

もっと見る

「原子力」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる