「原因分析」とは?

関連ニュース

神戸製鋼社長「隠蔽ではない。即時公表しなかっただけ」 鉄鋼の不正発覚について - 10月13日(金)22:12  news

否定から一転、不正発覚「隠蔽でない」 神鋼社長会見  主力の鉄鋼製品でも不正が発覚した神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長らが13日に記者会見し、鉄鋼の問題を 認識しながら公表しなかったことについて「隠していたわけではない」と釈明した。川崎社長や勝川四志彦常務との 主なやりとりは次の通り。  ――出荷先の顧客社数は。  勝川氏「前回(約200社)も加えて約500社」  ――今回公表した鉄鋼についての4件は、不正を知っていて隠したのか。  川崎氏「隠したわけではない。取締役会でも取り上げられたが、法...
»続きを読む
カテゴリー:

神鋼データ改竄 経産省、異例の社長会見開催要請 - 10月13日(金)06:12 

 12日の神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長と経済産業省の多田明弘製造産業局長の面談は、極めて異例なものとなった。川崎氏によれば、安全性検証と原因分析・対策立案でそれぞれの取りまとめ時期と、それを川崎氏に会見させることなど、具体的な対応を直接指示されたからだ。
カテゴリー:

神鋼不正、問題どこまで 幹部「暗黙の引き継ぎあった」 - 10月13日(金)09:37 

 製品の検査データを改ざんしていた神戸製鋼所。幹部は、不正の手法は管理職の間で「暗黙の引き継ぎがあった」と話す。神鋼は原因分析と対策を1カ月以内に公表する方針だが、問題の根は深い。取引企業からは製品交…
カテゴリー:

【ほぼ全製品が不正検査品】神戸製鋼、不正続々・・対応後手に「信頼度はゼロに落ちた」 - 10月12日(木)21:01  news

 神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長が12日、「新たな不正事案」を近日中に公表する考えを示したのは 、経済産業省から早期の全容解明と情報公開を強く求められたからだ。神戸製鋼は8日にアルミ・銅製品の不正を発表した後、 マスコミ報道を受けて11日に鉄粉製品、光ディスク材料でも品質検査のデータに不正があったと発表した。 同社の調査と結果の発表が後手に回っているため、経産省は期限を設けて川崎氏に事実を公表するよう求めるなど、今回の不祥事は異例の展開となった。  「製品の安全性の検証結果は2週間程度で公表...
»続きを読む
カテゴリー:

「原因分析」の画像

もっと見る

「原因分析」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる