「原告側」とは?

関連ニュース

1票の格差:17年衆院選 福岡高裁宮崎支部も「合憲」 - 02月19日(月)13:54 

 「1票の格差」が最大1.98倍だった2017年10月の衆院選は投票価値の平等を求める憲法に反するとして、弁護士グループが宮崎、鹿児島両県全7選挙区の選挙無効を求めた訴訟で、福岡高裁宮崎支部(西川知一郎裁判長)は19日、小選挙区の区割りを「合憲」と判断して請求を棄却した。原告側は上告する方針。
カテゴリー:

落書きアートの聖地NYファイブポイントで再開発を前に落書きを白塗りしたビルオーナーに7億円賠償判決 - 02月14日(水)15:31  news

(CNN) 米連邦地裁は14日までに、ニューヨーク市クイーンズ地区にあった落書きアートの聖地「ファイブ・ポインツ」を巡り、 ビルのオーナーに対して落書きアーティスト21人に総額670万ドル(約7億2000万円)を支払うよう命じる判決を言い渡した。 高級マンション建設に伴う取り壊しのため壁に描かれた作品を白く塗りつぶしたことがアーティストの権利の侵害に当たるとしている。 ファイブ・ポインツはクイーンズ地区の倉庫街にあり、世界中から観光客が訪れる名所として知られていた。 12日の判決では、作品の所...
»続きを読む
カテゴリー:

【不満なら正社員になれよと言われ・・】通勤手当正社員の半額に憤慨の非正規社員が提訴し勝訴へ 福岡 - 02月13日(火)22:54  news

 北九州市中央卸売市場で海産物を運搬する「九水(きゅうすい)運輸商事」(同市小倉北区)の非正規社員4人が、通勤手当が正社員の半額なのは労働契約法違反として 同額の支払いなどを求めた訴訟で、福岡地裁小倉支部が会社側に計約110万円の賠償を命じる判決を出した。判決は「勤務形態に相違はなく、 不合理な取り扱いが長年継続され不法行為が成立する」と認定した。  判決は1日付で、原告側が13日に記者会見で公表した。原告側は通勤手当が正社員の半額の月5000円なのは「不合理な差別」と主張し差額分などを求め...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京高裁】慰安婦報道で日本人の名誉が傷付いたと訴えた原告団、二審も負ける 朝日新聞勝訴★2 - 02月08日(木)22:53  newsplus

https://www.asahi.com/articles/ASL1Q5FSDL1QUTIL05K.html 朝日新聞の慰安婦に関する報道で誤った事実が世界に広まり名誉を傷つけられたなどとして、国内外に住む62人が朝日新聞社に謝罪広告の掲載などを求めた訴訟の控訴審判決が8日、東京高裁であった。阿部潤裁判長は請求を棄却した一審・東京地裁判決を支持し、原告側の控訴を棄却した。  訴えの対象とされたのは、慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏の証言に関する記事など。米国グレンデール市近郊に住む原告らは「同市に慰安婦像が設置され、嫌がらせなど市民生活での...
»続きを読む
カテゴリー:

東電に11億円賠償命令、過去最高額 「ふるさと喪失」損害を認定 - 02月08日(木)07:19 

 東京電力福島第1原発事故で避難指示区域となった福島県南相馬市小高区(旧小高町)の住民ら321人が、避難生活を余儀なくされたとして、東電に慰謝料など総額約110億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が7日、東京地裁であった。水野有子裁判長は「長期間、生活基盤から隔絶され過去に類を見ない甚大な被害が生じた」として、東電に計約11億円の支払いを命じた。原告側は控訴を検討する。
カテゴリー:

コインチェックを集団提訴=仮想通貨の返還求める-東京地裁 - 02月15日(木)17:31 

 仮想通貨交換業者コインチェック(東京)から巨額の仮想通貨が流出した問題で、顧客の男女5人と2社が15日、預けていた計約1900万円相当の仮想通貨の返還を求めて東京地裁に提訴した。コインチェックに対する集団訴訟は初めて。 訴状によると、コイン社は不正アクセスで約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出したのを受け、1月26日に払い戻しを停止。日本円で返金する方針を公表したが、具体的な時期などは明らかにしていない。 原告側は、同社との契約に基づき、指定口座に仮想通貨を送信するよう求めている。 弁護団の望月宣武弁護士は「ずっとのらりくらりと逃げられている。アクションを起こすことで対応を促すきっかけになればいい」と話した。今月下旬に追加提訴する予定という。 原告の20代男性は「信頼していたので驚いた。これからも仮想通貨は上がると思うので、安心できるところで続けたい」と話した。 コイン社は13日、金融庁に業務改善報告書を提出し、預かっていた日本円の出金のみ再開した。 コイン社の話 訴訟の有無を含めて答えておらず、コメントしかねる。 【時事通信社】
カテゴリー:

【通勤手当訴訟】正社員の半額、非正規勝訴 福岡地裁支部 - 02月13日(火)23:21  newsplus

北九州市中央卸売市場で海産物を運搬する「九水(きゅうすい)運輸商事」(同市小倉北区)の非正規社員4人が、通勤手当が正社員の半額なのは労働契約法違反として同額の支払いなどを求めた訴訟で、福岡地裁小倉支部(鈴木博裁判長)が会社側に計約110万円の賠償を命じる判決を出した。判決は「勤務形態に相違はなく、不合理な取り扱いが長年継続され不法行為が成立する」と認定した。  判決は1日付で、原告側が13日に記者会見で公表した。原告側は通勤手当が正社員の半額の月5000円なのは「不合理な差別」と主張し差額分な...
»続きを読む
カテゴリー:

大間原発訴訟で原告側「噴火リスク」を主張 - 02月09日(金)19:29 

函館市が東京地裁で起こした大間原発建設差し止め訴訟の15回目の口頭弁論が開かれ、原告側は、大間原発には「火山噴火のリスク」があると主張しました。2018年02月09日(金) 19時00分 更新
カテゴリー:

【東京高裁】慰安婦報道で日本人の名誉が傷付いたと訴えた原告団、二審も負ける 朝日新聞勝訴 - 02月08日(木)19:33  newsplus

https://www.asahi.com/articles/ASL1Q5FSDL1QUTIL05K.html 朝日新聞の慰安婦に関する報道で誤った事実が世界に広まり名誉を傷つけられたなどとして、国内外に住む62人が朝日新聞社に謝罪広告の掲載などを求めた訴訟の控訴審判決が8日、東京高裁であった。阿部潤裁判長は請求を棄却した一審・東京地裁判決を支持し、原告側の控訴を棄却した。  訴えの対象とされたのは、慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏の証言に関する記事など。米国グレンデール市近郊に住む原告らは「同市に慰安婦像が設置され、嫌がらせなど市民生活での...
»続きを読む
カテゴリー:

ふるさと喪失訴訟:原告側一部勝訴の判決 東京地裁 - 02月07日(水)15:11 

 東京電力福島第1原発事故に伴い、避難生活を余儀なくされた福島県南相馬市小高区の元住民や遺族ら計321人が、東電を相手に「ふるさと喪失慰謝料」など総額約110億円の賠償を求めた訴訟で、東京地裁(水野有子裁判長)は7日、請求の一部を認め、原告側一部勝訴の判決を言い渡した。
カテゴリー:

もっと見る

「原告側」の画像

もっと見る

「原告側」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる