「厚生労働部会」とは?

関連ニュース

【受動喫煙防止対策】たばこ規制で求められるダイバーシティーの視点 海外は屋内規制がメーンだ 路上のポイ捨ては平気で行われている - 03月24日(金)18:31 

嫌煙家の論理のみで進めて良いのか  2020年の東京五輪を前にして、会場や費用負担の問題などとは別に、たばこをめぐる議論がかまびすしい。  厚労省は、五輪開催を機にたばこの煙をゼロにしようという狙いで、今国会に受動喫煙防止の強化策として、公共施設や飲食店、ホテル・旅館などの原則屋内禁煙などを盛り込んだ「健康増進法改正案」の提出を目指している。昨年後半から各団体からヒアリングを実施してきた。  ところが、たばこをめぐる議論は、常に平行線をたどってきた。「受動喫煙防止対策」の名の下に、行政が規制を行お...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【たばこ】受動喫煙対策「建物内は原則禁煙を」 超党派議連が集会 - 02月23日(木)09:36 

超党派の国会議員でつくる「東京オリンピック・パラリンピックに向けて受動喫煙防止法を実現する議員連盟」が22日、東京都内で集会を開き、政府が今国会への提出を目指している受動喫煙対策を強化する法案を支援することで一致した。飲食店などでは建物内を原則禁煙とし例外は極力設けないことなどを議連として近く決議し、厚生労働省に申し入れるという。 この日は、自民、民進、公明、共産などの国会議員15人が参加。自民党の厚生労働部会で飲食店の経営への懸念などを理由に反対論が噴出しているが、議連会員で自民党厚労部会長...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【受動喫煙対策】建物内の原則禁煙案に関係団体から賛否 日本医師会=屋内全面禁煙にすべきvs飲食業界=厚生労働省案は厳しすぎる★2 - 02月15日(水)22:43 

自民党の厚生労働部会は、飲食店などの建物の中を原則として禁煙にする法案について、関係団体から初めてのヒアリングを行い、日本医師会などが抜本的な受動喫煙対策が必要だとして賛同する一方、飲食業界などは一律の規制は問題だとして反対する考えを示しました。 厚生労働省は、他人のたばこの煙を吸い込む、受動喫煙の防止策を強化するため、飲食店などの建物の中を原則として禁煙にし、違反を繰り返した場合、施設の管理者や喫煙者への罰金を科すことなどを盛り込んだ法案を、今の国会に提出したい考えです。 自民党の厚生労...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

飲食業界が厚労省に抗議「原則禁煙なんてされたら店が潰れちゃうだろ!」 - 02月14日(火)18:55 

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170214/mca1702140500009-n1.htm 原則禁煙に飲食店業界が反発「つぶれる」 厚労省、「小規模店は例外」検討 厚生労働省は、他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙の防止強化策について、原則禁煙を目指していた飲食店のうち、小規模店を例外にして喫煙を認めることを検討している。 今後、自民党などと詳細を調整するが、飲食店業界が反発しており、最終的にどのような形で健康増進法の改正案に反映させられるかは不透明だ。 厚労省は、例外を認める修正案を2つまとめた。 第1案は、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【🚬】受動喫煙対策「東京だけでやれ」」「喫煙の自由を認めろ」 自民党内で反対論噴出★2 - 02月10日(金)10:23 

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて政府が検討中の受動喫煙対策を強化する法改正案。 海外の主要国と比べると規制が緩い内容だが、9日に自民党が本格的な議論を始めたところ、「五輪のためなら東京だけでやれ」「喫煙の自由を認めろ」などといった反対論が噴出した。 政府がめざす3月の法案提出が危ぶまれる事態になっている。  政府案では、飲食店は原則建物内禁煙で、喫煙専用室の設置は認める。延べ床面積約30平方メートル以下のバーなど一部は例外とする。 違反を繰り返す管理者らには、罰則(過料)を科す方...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【健康増進法改正案】老人ホームまで屋内全面禁煙に全国社会福祉協議会が反発 「外に出た高齢者がそのまま行方不明になる可能性」 - 03月04日(土)10:45 

厚生労働省は、3月1日、健康増進法改正案の骨子を発表した。一部の例外を除き、レストランや居酒屋では屋内禁煙にする、という急進的な案が盛り込まれており、官公庁や老人福祉施設、大学、体育館も屋内は禁煙。喫煙所の設置すら認めないというのだ。 これに対して、「酒飲む場の喫煙くらい許可してほしい」とレストランや居酒屋での一律禁煙に反発する声が多数出ていた。 そうした中で意外なところからも、反対意見が挙がった。全国社会福祉協議会(全社協)が建物内での喫煙所設置を認めるように求めているという。 「隠れて吸...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【煙草】「加熱式たばこ」で出遅れ、喫煙者減少でJTの牙城は崩れるか?国内販売で苦戦。受動喫煙対策法案が追い打ちも - 02月19日(日)21:47 

http://www.toushin-1.jp/articles/-/2724 受動喫煙対策法案でも注目される「加熱式たばこ」 塩崎恭久厚生労働相は2017年2月14日に開かれた閣議後の記者会見で、厚労省が今国会への提出を目指している 受動喫煙対策法案に関連し、新型の加熱式たばこについては、「施行の時点までに規制の対象とするかどうか判断したい」と述べました。 厚労省が昨年10月に発表した「受動喫煙防止対策の強化について(たたき台)」では、 飲食店などの建物内を原則禁煙(喫煙室設置可)とし、学校や病院では敷地内全面禁煙を提案しています。 こ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【受動喫煙対策】建物内の原則禁煙案に関係団体から賛否 日本医師会=屋内全面禁煙にすべきvs飲食業界=厚生労働省案は厳しすぎる - 02月15日(水)12:30 

自民党の厚生労働部会は、飲食店などの建物の中を原則として禁煙にする法案について、関係団体から初めてのヒアリングを行い、日本医師会などが抜本的な受動喫煙対策が必要だとして賛同する一方、飲食業界などは一律の規制は問題だとして反対する考えを示しました。 厚生労働省は、他人のたばこの煙を吸い込む、受動喫煙の防止策を強化するため、飲食店などの建物の中を原則として禁煙にし、違反を繰り返した場合、施設の管理者や喫煙者への罰金を科すことなどを盛り込んだ法案を、今の国会に提出したい考えです。 自民党の厚生労...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【受動喫煙対策】原則禁煙に飲食店業界が反発「つぶれる」 厚労省、「小規模店は例外」検討 - 02月14日(火)10:08 

飲食店での喫煙に関する厚生労働省案  厚生労働省は、他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙の防止強化策について、原則禁煙を目指していた飲食店のうち、小規模店を例外にして喫煙を認めることを検討している。  今後、自民党などと詳細を調整するが、飲食店業界が反発しており、最終的にどのような形で健康増進法の改正案に反映させられるかは不透明だ。  厚労省は、例外を認める修正案を2つまとめた。  第1案は、未成年の利用が想定されないキャバレーやバー、スナックなど主に酒類を提供する30平方メートル以下の小規...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【🚬】受動喫煙対策「東京だけでやれ」」「喫煙の自由を認めろ」 自民党内で反対論噴出 - 02月10日(金)05:37 

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて政府が検討中の受動喫煙対策を強化する法改正案。 海外の主要国と比べると規制が緩い内容だが、9日に自民党が本格的な議論を始めたところ、「五輪のためなら東京だけでやれ」「喫煙の自由を認めろ」などといった反対論が噴出した。 政府がめざす3月の法案提出が危ぶまれる事態になっている。  政府案では、飲食店は原則建物内禁煙で、喫煙専用室の設置は認める。延べ床面積約30平方メートル以下のバーなど一部は例外とする。 違反を繰り返す管理者らには、罰則(過料)を科す方...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「厚生労働部会」の画像

もっと見る

「厚生労働部会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる