「厚生労働省」とは?

関連ニュース

【社会】就労支援事業で監査拒否、NPOに1億8千万円返還命令 - 02月18日(日)10:05  newsplus

若者就労支援の委託事業で監査を拒否したとして、厚生労働省が愛知県半田市のNPO法人「エンド・ゴール」に4年分の委託費約1億8千万円の返還を命じたことが分かった。  厚労省によると、エンド・ゴールは2012~15年度、若者への就労支援事業「地域若者サポートステーション」(サポステ)で、半田市と同県一宮市のサポステの運営を受託。しかし、年度ごとに厚労省に提出された職員の勤務状況が実態と違うとの情報があり、厚労省が昨年1月から監査に入った。だが、エンド・ゴール側は関係書類などの提出の求めに応じなかっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【医療】風邪に抗生物質、使わない病院に報酬(1人800円) 耐性菌の抑止策 - 02月17日(土)23:34  newsplus

 厚生労働省は誤った使い方によって薬が効かなくなる「耐性菌」の広がりを抑えるため、医師が乳幼児の風邪や下痢に抗生物質を使わずに適切な説明をすれば、医療機関に報酬を支払う新たな仕組みを設ける。4月からの診療報酬改定に盛り込む。  国内でよく使われている抗生物質には、セファロスポリン系のフロモックスやフルオロキノロン系のクラビット、マクロライド系のクラリスなどがある。肺炎などを引き起こす細菌を壊したり増えるのを抑えたりするが、ウイルス性の風邪やインフルエンザには効かない。耐性菌は人の体内や環境中に...
»続きを読む
カテゴリー:

朝ごはん習慣で幸福度UP!朝食をとる意外なメリット - 02月17日(土)19:45 

人はどんなときに幸福だと感じるのでしょうか? 2014年に厚生労働省から発表された「健康意識に関する調査」によると「幸福度」を判断する際に重視した項目に「健康状況」と回答した人が最も多かったという結果…
カテゴリー:

国産遺伝子薬の第1号になるか アンジェス社、製造販売の承認を申請 - 02月17日(土)13:00 

日本初のバイオベンチャー企業と話題になったアンジェス社(本社・東京)が2018年1月22日、厚生労働省にHGF(肝細胞増殖因子)遺伝子薬の製造販売承認の申請をした。細胞を増やす生理活性物質HGFを見つけたのも日本の研究者。承認されれば純粋な国産遺伝子薬の第1号で、日本の薬の歴史に新たな1ページが加わることになると、関係者の注目を集めている。
カテゴリー:

インフル大流行続く 香川も依然警報レベル - 02月17日(土)09:21 

厚生労働省は16日、全国の定点医療機関から11日までの1週間に報告されたインフルエンザ患者数は、1医療機関当たり45・38人だったと発表した。
カテゴリー:

【年金】年金開始、70歳超も選択肢へ ★2 - 02月18日(日)09:00  newsplus

2018年2月16日 8:49 政府は16日の閣議で、公的年金の受給開始年齢を70歳超も選べるようにする制度の検討を盛り込んだ高齢社会対策大綱を決定した。厚生労働省で具体的な設計を詰め、2020年中の関連法改正案の国会提出をめざす。閣議前に開いた高齢社会対策会議で安倍晋三首相は「全ての世代が充実した人生を送れるよう取り組んでほしい」と関係閣僚に指示した。 公的年金制度の見直しで、意欲や能力のある人が希望すれば長く働けるよう後押しする。新たな大綱は「65歳以上を一律に高齢者と見る傾向は現実的でなくなりつつある」と明...
»続きを読む
カテゴリー:

風邪に抗生物質、使わない病院に報酬 耐性菌の抑止策 - 02月17日(土)20:21 

 厚生労働省は誤った使い方によって薬が効かなくなる「耐性菌」の広がりを抑えるため、医師が乳幼児の風邪や下痢に抗生物質を使わずに適切な説明をすれば、医療機関に報酬を支払う新たな仕組みを設ける。4月からの…
カテゴリー:

ニュースの「つぼ」:健康寿命の算定法 - 02月17日(土)14:32 

 最近あちこちで「健康寿命」という言葉が見聞きされるようになった。厚生労働省が直近に公表したのは2013年の数値で、本県は男性が70・71歳(全国39位)、女性が75・43歳(3位)。県は健康寿命日本…
カテゴリー:

【銘柄フラッシュ】大村紙業など急伸し生化学工業は新薬への期待などで急伸 - 02月17日(土)09:31 

16日は、東証1部の値上がり率1位が生化学工業(東1)の20.4%高となり、腰椎間板ヘルニアを対象とする新薬候補が3月に開催される厚生労働省の薬食審で新薬承認される可能性などが言われた模様で17年11月以来の2000円台に進んだ。
カテゴリー:

乳がんの手術跡にアートなタトゥー、入浴着で温泉に…傷跡ケアの広がり - 02月17日(土)08:45 

 小林麻央さんが乳がんで亡くなったのは去年のこと。彼女の健気な姿に胸打たれながら、医療や検診について考えるきっかけとなった人は少なくないのではないでしょうか。  国立がん研究センターの統計によると、2013年の乳がん罹患者数は76,839人。乳がんで亡くなる人は年々増えていて、2016年には14,015人が亡くなっています(厚生労働省人口動態統計)。死亡率では大腸、肺、胃、膵臓に次いで5番目だとか。  一方で乳がんは、早期発見すれば予後のよいがんでもあるそうです。 ◆海外では乳房タトゥーを入れる人たちも  しかし乳がん手術の傷跡が、心にも大きな傷となっている場合も少なくないようです。こうした海外の女性たちの一部が実践し始めたのが「乳房タトゥー」です。乳頭をタトゥーで作る技術もありますが、今注目されているのは、胸に美しい花や羽といったデザインを施し、全体をアートにして人に見せてしまう方法。  乳房を失ってしまった喪失感を、タトゥーで飾って前向きに捉えようという試みです。それにしても、恥ずかしいどころかため息が出るほど美しいですね。  この乳房タトゥーを広めるべく活動しているのが、アメリカで2013年に設立されたNPO「P.ink」(ピンク)です。一人の乳がん女性とその親族が立ち上げ、乳がん女性とタトゥーアーティストとの橋渡しや、イベント「P.ink Day」などを行ってい...more
カテゴリー:

もっと見る

「厚生労働省」の画像

もっと見る

「厚生労働省」の動画

Wikipedia

厚生労働省(こうせいろうどうしょう、略称:厚労省(こうろうしょう)、)は、国家行政組織法が規定する「国の行政機関」である省の一つである。健康・医療、子ども子育て、福祉・介護雇用労働、年金に関する政策分野を主に所管する厚生労働省 政策について。2001年(平成13年)1月の中央省庁再編により、厚生省労働省を廃止・統合して誕生した。

その責務は「国民生活の保障及び向上を図り、並びに経済の発展に寄与するため、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進並びに労働条件その他の労働者の働く環境の整備及び職業の確保を図ること」(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる