「厚生労働省」とは?

関連ニュース

【医師監修】葉酸は食品から摂取すべき? それともサプリから? - 06月27日(火)19:00 

「赤ちゃんのビタミン」といわれる葉酸。今回は、葉酸の重要性と、サプリメントで摂取するメリットを解説します。 この記事の監修ドクター 上田弥生 先生 総合病院やクリニックの産婦人科・婦人科、不妊治療外来で研鑽を積む。デリケートゾーンケアの専門家。多数のメディア出演や骨盤底筋ショーツの商品開発、バストアップサプリ監修に携わるなど、幅広く活躍中。ニオイのスペシャリストとして「オトナ女子のためのスメらない手帖 (健康美人シリーズ) 」を発刊。女医+(じょいぷらす)所属。 妊娠前後の女性に重要な葉酸とは? 葉酸とは? 葉酸は水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB群の仲間です。20世紀前半にほうれん草から発見されたため「葉っぱの酸=folic acid」と名付けられ、「葉酸」という名称の由来となっています。そんな葉酸の重要性は近年、欧米から発信されることとなりました。具体的には、妊娠前の女性〜妊婦が十分な量の葉酸を摂取することで「赤ちゃんの先天障害(神経管閉鎖障害)のリスクが低減できる」ということが判明したのです。2000年前後からは、厚生労働省からも国内の妊婦さんに同様の勧告をおこなっています。なお、葉酸は偏食気味の方や、お酒をよく飲む方の場合は不足することがあるようです。このような人で、なおかつ妊娠を考えている場合には、より注意して...more
カテゴリー:

がん治療前、卵子保存要望、推計2600人 - 06月27日(火)18:27 

■妊娠に備え 不妊になる恐れがあるがん治療の前に、経済的な支援があれば将来の妊娠に備えて卵子の凍結保存を望む女性患者は、年間約2600人に上るとの推計を厚生労働省研究班(代表・聖マリアンナ医大の鈴木直教授)が26日までにまとめた。2015年にがん治療前の凍結保存が実施されたのは256件で、実績の10倍ほどの潜在的な希望者がいる可能性が示された。 卵子や受精卵の凍結保存は、初期費用に少なくとも...
カテゴリー:

【医師監修】乳児期はいつまで!? 乳児期の特徴と注意点 - 06月27日(火)16:00 

赤ちゃんが誕生すると、生後28日までは『新生児』と呼ばれます。そしてほどなく『乳児』と呼ばれ始めますが、いったいこの乳児期はいつまでのことを指すのでしょう。乳児期から幼児にかわる変化、乳児ならではの特徴、そして生活をするうえでの注意点などを紹介します。 この記事の監修ドクター 小児科 加藤真由美 先生 小児科医。大学卒業後、大学附属病院・国立小児病院(成育医療センター)・総合病院等勤務。慶應大学小児科学教室所属。一般小児の他、専門は呼吸器、喘息。現在クリニック非常勤医。小学生・中学生の母であり、働く女性として、子供を持つ母として、様々な相談にも乗っています。女医+(じょいぷらす)所属。 乳児期の定義とは 毎日の子育てを忙しくしていると、赤ちゃんの成長段階を月齢で確認することが多くなりますね。体の発達や予防接種など、生後○ヶ月でカウントすることのほうが多いでしょう。でも、赤ちゃん・子どもの成長スピードはそれぞれで異なります。月単位での確認ポイントだけではなく、成長段階を年齢で大きく括って、乳児期の子どもの様子をおおらかに見守りましょう。 乳児期の年齢はいつからいつまで 乳児期は、その言葉が示すように「乳を飲んでいる時期」というのが語源だと考えられますが、実際に授乳を必要とする時期は赤ちゃんによって大きく違いますね。そうす...more
カテゴリー:

子供の貧困率、12年ぶり改善 母子世帯は依然8割が「生活苦しい」 - 06月27日(火)14:07 

 平均的な所得の半分を下回る世帯で暮らす18歳未満の子供の割合を示す「子供の貧困率」が平成27年時点で13・9%と12年ぶりに改善したことが27日、厚生労働省の国民生活基礎調査で分かった。前回調査の24年時点から2・4ポイント改善し、15年から悪化が続いていた子供の貧困にようやく歯止めがかかった。
カテゴリー:

「子どもの貧困率」 アベノミクスで大幅に改善 雇用状況の好転で所得が増えたため - 06月27日(火)12:35 

15年貧困率15.6%に微減=先進国では依然深刻-厚労省の国民生活基礎調査  全国民に占める低所得者の割合を示す「相対的貧困率」が、2015年は前回調査した12年より0.5ポイント減の15.6%に改善したことが27日、厚生労働省の国民生活基礎調査で分かった。 ただ、経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均の11.4%(13年)を上回っており、日本の経済格差は先進国の中で依然深刻といえそうだ。  国民の可処分所得の中央値の半分に満たない人の割合を示すのが相対的貧困率で、15年は122万円未...
»続きを読む
カテゴリー:

子どもの貧困率13.9% 12年ぶり改善も依然高水準 - 06月27日(火)18:41 

17歳以下の子どものうち、貧困状態にある割合を示す「子どもの貧困率」はおととし、推計で13.9%と12年ぶりに改善したものの、依然として7人に1人にのぼることが厚生労働省の調査でわかりました。
カテゴリー:

子ども7人に1人が「貧困」〜厚労省の調査 6/27 17:22更新 - 06月27日(火)17:22 

高齢化が進むなか、介護する側もされる側も高齢者という、いわゆる「老老介護」のうち、75歳以上同士の世帯が初めて3割を超えたことが厚生労働省の調査で分かった。
カテゴリー:

【医療】がん遺伝子の一括検査、保険適用に…厚労省方針 2018年度中の実現を目指す - 06月27日(火)15:14 

がん遺伝子の一括検査、保険適用に…厚労省方針 2017年06月27日 15時00分 http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170627-OYT1T50073.html?from=ytop_top  厚生労働省は、がんに関連した遺伝子の変異を一度に調べられる一括検査を保険診療で行えるようにする方針を固めた。  2018年度中の実現を目指す。個々の遺伝情報を活用して最適な治療法を選択するがんゲノム医療の加速化を狙う。  がんは遺伝子の変異によって増殖などの仕組みが違い、効果的な薬も異なる。肺、膵臓すいぞうなどのがんでは、特定の遺伝子を調べる検査が...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】子どもの貧困率、12年ぶり改善 主要36カ国で24位 - 06月27日(火)13:43 

子どもの貧困率、12年ぶり改善 主要36カ国で24位:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK6V4DZBK6VUTFK002.html 2017年6月27日12時14分  子どもの貧困率(相対的貧困率)は2015年に13・9%となり、過去最悪だった前回の12年調査から2・4ポイント改善したことが27日、厚生労働省が発表した16年の国民生活基礎調査でわかった。労働環境がよくなって親の所得が増えたためで、改善は12年ぶり。ただ主要国の中では依然として高く、ひとり親世帯は過半数が貧困状態のままだ。  調査は16年6...
»続きを読む
カテゴリー:

子どもの貧困率、12年ぶり改善 主要36カ国で24位 - 06月27日(火)12:14 

 子どもの貧困率(相対的貧困率)は2015年に13・9%となり、過去最悪だった前回の12年調査から2・4ポイント改善したことが27日、厚生労働省が発表した16年の国民生活基礎調査でわかった。労働環境が…
カテゴリー:

もっと見る

「厚生労働省」の画像

もっと見る

「厚生労働省」の動画

Wikipedia

厚生労働省(こうせいろうどうしょう、)は、日本の行政機関の一つ。略称は厚労省(こうろうしょう)。医療、公衆衛生、福祉、年金や、労働・雇用を所管する。

2001年(平成13年)1月の中央省庁再編により、厚生省労働省を廃止・統合して誕生した。およそ定員内として3万1700人の職員が任用されている。

国民生活の保障及び向上を図り、並びに経済の発展に寄与するため、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進並びに労働条件その他の労働者の働く環境の整備及び職業の確保を図ることを任務とする(厚生労働省設置法第3条第1項)。およ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる