「厚生労働省」とは?

関連ニュース

後発医薬品80%以上に 目標時期を半年間前倒しへ - 05月23日(火)04:27 

厚生労働省は、使用の推進に取り組んでいる価格が安い後発医薬品、いわゆるジェネリックについて、今後も使用の増加が見込めるとして、使用割合を80%以上に引き上げる目標の時期を半年間前倒し、平成32年9月とする方針を固めました。
カテゴリー:

養育費を払いきれなくなった…金額の変更って可能? - 05月22日(月)23:10 

ココリコの田中直樹さんと小日向しえさんの離婚が報じられ、2児の親権は田中さんが持つことが報道されました。 夫婦が離婚し父親が親権を持つ率は約12%(平成29年我が国の人口動態・厚生労働省)ということから、これは少し珍しいケースといえます。 子を持つ夫婦が離婚する際、親権の他に重要なのが養育費についてです。現在、養育費の不払い横行がひとり親家庭の貧困原因として問題になっています。 養育費不払いには心境や収入の変化などの原因が考えられますが、時が経てば変化はあって当たり前です。離婚時に取り決めた養育費を支払うことが難しくなるのはありえることです。 このような場合、養育費の金額を変更することはできるのでしょうか? 高島総合法律事務所の理崎智英弁護士にお聞きしました。   ■場合によっては養育費の変更は可能 離婚時に決めた養育費の額は後から変更できますか? また、変更が認められるのはどのような場合ですか? 「変更は認められます。ただし養育費の減額が認められるのは、離婚後に事情の変更がある場合です(民法880条)。 事情変更として認められるのは、子どもが大きな病気をしたり、進学したりすることで、特別の費用が必要になった場合や、義務者の収入が失業等で減少した場合、権利者の収入が増加した場合などとされています(冨永忠祐編・『離婚事件処理マニュアル』より)。 もっとも、どんなに重大な事情...more
カテゴリー:

【全国消費実態調査】 コインランドリー 急増の理由は? - 05月22日(月)21:18 

ソース元、NHK5月22日 18時58分 銭湯の隣ではありません。いま、住宅街にコインランドリーが急増中です。コインランドリーを使ったことがない私。実家にも今の住まいにも洗濯機があるからです。 洗濯機がない人、こんなにいるの?という疑問からスタート。コインランドリー急増の理由はさまざまでした。 加速度的増加 コインランドリー 総務省が5年ごとに実施している「全国消費実態調査」。そこに洗濯機の普及率があります。平成26年の調査では全国の普及率は97.7%。予想通りほとんどの世帯に洗濯機があります。 コイ...
»続きを読む
カテゴリー:

水道水やプールの塩素は大丈夫なの?気になる濃度とリスクを医師が解説 - 05月22日(月)19:00 

水道水やプールには塩素が入っていることは知っているけれど、塩素を体内に取り込むことや皮膚に触れるということは、体にとってリスクはないのでしょうか? 日常生活に欠かせない水道水や、夏の楽しみであるプールに含まれる塩素について、医師に詳しく解説していただきました。 水道水やプールなどの塩素濃度 水道水やプールには消毒のため塩素が加えられています。 水道法 水道水の塩素濃度は水道法で定められており、どの蛇口で測定しても0.1mg/l以上を保っている必要があります。水質管理目標では上限1mg/lとなっており、味の面では塩素濃度は低いほうがよいです。 WHO(世界保健機構)の飲料水水質ガイドライン WHO(世界保健機構)の飲料水水質ガイドラインによると、塩素濃度5mg/l以下の水であれば体重60㎏の人が1日2リットルを生涯にわたり飲み続けても健康に影響はないとされています。 学校保健安全法 プールについては、学校プールは学校保健安全法によって塩素濃度0.4〜1.0mg/lを保つこととなっています。 一般の遊泳プールでは法律ではありませんが厚生労働省から衛生基準が定められており、各自治体によりこの基準にならった条例が作られていることが多いです。 多くは学校プールと同様に塩素濃度が0.4〜1.0mg/lとなっています。これは水道水の基準と...more
カテゴリー:

厚生労働省、大企業に月あたりの平均残業時間公表を義務付けるとの報道 - 05月22日(月)17:42 

厚生労働省が2020年にも大企業に対し従業員の残業時間公表を義務付けると日経新聞が報じている。
カテゴリー:

【医療】水ぼうそう減ったせい?…帯状疱疹、兵庫で急増 - 05月23日(火)01:45 

 高齢者に多い帯状疱疹ほうしんの患者が2015年以降、兵庫県内で増えていることがわかった。  専門家は全国的な増加を懸念している。  同県皮膚科医会が、1987年から県内30弱の定点医療機関で調査を実施。担当する医師によると、2015年の患者は1定点1か月あたり12・56人だった。前年比1・41人増で、過去最大の伸び。16年も12・30人と多かった。  一方、同じウイルスが原因で、子供に多い水ぼうそうは、14年10月に乳幼児への定期予防接種が始まって以降、患者が減少していた。  水ぼうそう...
»続きを読む
カテゴリー:

フジモン、生放送中に2度も鼻ほじる? - 05月22日(月)22:10 

AbemaTVのニュース専門チャンネルAbemaNewsチャンネルにて、旬な話題・流行を原宿駅前のスタジオから若者目線で届けるニュース番組『原宿アベニュー』が5月17日に放送され、水曜キャスターとしてモデルの大川藍、水曜コメンテーターにはFUJIWARAの藤本敏史、テレビ朝日の紀真耶アナウンサーが出演した。 注目すべき気になるニュースを紹介する『原宿ヘッドライン』のコーナーでは、漫画誌『週刊少年ジャンプ』の、今年1月から3月の平均発行部数がおよそ40年ぶりに200万部を下回ったというニュースを取り上げた。 『週刊少年ジャンプ』の愛読者だという藤本は「俺は小学校5年生の時から読んでますね。35年、ジャンプと共に歩んできた。毎週欠かさず、完全に習慣になってるね」と振り返り、その後も藤本は連載されていた漫画作品について熱く語っていた。 また、黄金時代と呼ばれる1994年頃には最高653万部を記録していたという発行部数が約3分の1に減ってしまった原因が、電子書籍の普及と少子化だと言われていることについて、藤本は「昔、子供が毎週楽しみにしてたんですけどね。今はおっさんしか読まへんらしいね」と、少し悲しそうな様子を見せ、「なんか寂しいなー。もっと頑張って欲しいなー」と、エールを送った。 次に、今世の中でバズっているトピックスを深掘りする『バズトピ』のコーナーでは、受動喫煙対策法案を...more
カテゴリー:

解雇の金銭解決、本格議論へ 反発の中、厚労省押し切る - 05月22日(月)20:50 

 解雇のトラブルをお金で解決する「解雇の金銭解決制度」を巡り、厚生労働省は22日、解雇された労働者が職場復帰を求めなくても、解決金の支払いを要求できる権利を与える新たな制度の導入について本格的に議論す…
カテゴリー:

厚生労働省が発表した残業時間の公表義務に賛否 - 05月22日(月)18:58 

18日、厚生労働省は2020年をめどに大企業の残業時間の公表を義務付けることを発表したと『日本経済新聞』が報じました。。働き方改善への大きな一歩に見えますが、不十分さも見えるようで、さっそくこの内容に関して賛否両論、意見が分かれているようです。 ●そもそも残業時間を公表する義務とは…? まず、残業時間の公表義務とは具体的に、どんなルールになるんでしょうか。社員の残業時間を公表しなければ行けない企業は、従業員が301人以上の、いわゆる大企業。1カ月あたりの平均残業時間を、年1回公表しなければならなくなるそうです。 発表内容に虚偽が疑われる場合は行政指導が入り、悪質な場合は罰金20万円が貸されるという内容。一方、従業員が300人以下の中小企業には、罰則は無しの、いわゆる努力義務にとどまるそうです。 ●残業時間の抑制へ一歩前進になるか? 厚生労働省は先日、労働基準法関連で違反した企業を発表しています。悪いイメージは採用活動や株価などにも大きな影響を与えかねず、今回の取り組みが残業時間を減らすことになる大きな一歩と評価する声も多い反面、罰金の金額の少なさや、公表するのが平均値であることから、無視や数値の操作を懸念するの声も…。肯定派・否定派両意見をいくつかご紹介します。 肯定的な意見としては、電通の過労死自殺のように、大企業ならではの過酷な労働条件で働く人を守ることができそうと言う...more
カテゴリー:

大西氏発言に「悲しい」=がん患者団体 - 05月22日(月)17:14 

 自民党厚生労働部会で大西英男衆院議員が「(がん患者は)働かなければいい」と発言したことに対し、がん患者団体から22日、「悲しい」などと反発する声が上がった。 全国がん患者団体連合会の天野慎介理事長らが同日、厚生労働省内で記者会見した。天野氏は「がん治療と生活の両立を支援する政府の取り組みに逆行する発言。がん患者の一人として怒りよりも悲しい」と述べた。がん患者の就労を支援するCSRプロジェクトの桜井なおみ代表理事は「患者にとって働くことは生きた証し。社会的な死を何とかしようということでできた改正がん対策基本法を否定する発言だ」と語気を強めた。 会見では、がんを職場に告げたことによって離職に追い込まれるケースが後を絶たないとの指摘が相次いだ。天野氏は「多くの人が自分から喫煙をやめてほしいと言いづらい状況がある」とし、屋内を禁煙化する受動喫煙対策を求めた。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「厚生労働省」の画像

もっと見る

「厚生労働省」の動画

Wikipedia

厚生労働省(こうせいろうどうしょう、)は、日本の行政機関の一つ。略称は厚労省(こうろうしょう)。医療、公衆衛生、福祉、年金や、労働・雇用を所管する。

2001年(平成13年)1月の中央省庁再編により、厚生省労働省を廃止・統合して誕生した。およそ定員内として3万1700人の職員が任用されている。

国民生活の保障及び向上を図り、並びに経済の発展に寄与するため、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進並びに労働条件その他の労働者の働く環境の整備及び職業の確保を図ることを任務とする(厚生労働省設置法第3条第1項)。およ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる