「厚生労働省」とは?

関連ニュース

外国人技能実習生 是正指導受けた事業所は最多に - 08月19日(土)04:23 

外国人技能実習生を受け入れている国内の事業所のうち去年1年間に違法な長時間労働などで是正指導を受けた事業所は4000か所余りと過去最多となったことが厚生労働省のまとめでわかりました。
カテゴリー:

男女でギャップ! 2位は妻8:夫2…共働き夫婦の「家事分担率」1位は - 08月18日(金)20:00 

厚生労働省の統計によると、日本の共働き家庭の数は、昭和55年度の約600万世帯から平成26年度には1,114万世帯になり、なんと倍近くまで増加しています。逆に専業主婦家庭は減少の一途をたどり、平成26年度には687万世帯まで減りました。 そこで問題になるのが毎日の家事。「共働きなら当然家事も分担」と思うのはどうやら間違いで、未だ妻が家事の多くを担当する場合が多いようです。 今回は、そんな現状を探るため、大和ハウス工業が全国の20~40代の子持ち共働き夫婦600人を対象に実施した「20代から40代の共働き夫婦の“家事”に関する意識調査」の結果をご紹介します。   家事分担率最多は「夫1割、妻9割」 まず、共働き夫婦たちに「あなたの家庭での家事分担の割合はどの程度ですか(単一回答)」と尋ねたところ、全体では「夫1割、妻9割」と答えた人が最多で28.2%。次に「夫2割、妻8割」(22.5%)、「夫3割、妻7割」(19.2%)という結果となりました。 しかし、「妻10割」という家庭が11.0%も……!ここで男性と女性の統計を別に見ると、夫側は「妻10割」が4.3%、「夫1割、妻9割」が19.0%と低いのに、妻側は「妻10割」が17.7%、「夫1割、妻9割」が37.3%と、夫婦間で認識に大きな違いがあることが分かります。 夫が「オレは家事をしている」と思っていても、妻は認めていない...more
カテゴリー:

厚労省:欧州ではしか急増 旅行者に注意喚起 - 08月18日(金)19:28 

 厚生労働省は18日、イタリアとルーマニアを中心に欧州ではしか患者が大きく増えているとして、欧州へ行く人に注意を呼び掛けた。海外に行く人が多い時期でもあり、帰国後に高い熱や全身の発疹などの症状がでたら、すみやかに医療機関に相談してほしいとしている。
カテゴリー:

【医師監修】妊娠5週目に見られる8つの特徴的な症状 - 08月18日(金)14:30 

妊娠5週目は、生理の遅れが決定的となるとともに、体や心にさまざまな変化が現れ始め、お母さんも、妊娠したことを意識するようになる時期です。ここでは、この時期のお母さんに現れる具体的な症状、お腹の中の赤ちゃんの状態、この時期に気をつけたいことなどをご紹介していきます。 この記事の監修ドクター 産婦人科医 岩木有里 先生 金沢医科大学卒。京都府立医科大学産婦人科、京都第二赤十字病院、済生会吹田病院を経て医療法人オーク会へ。東洋医学にも詳しく、 不妊治療での漢方薬処方も行なっている。産婦人科専門医、母体保護法指定医、日本東洋医学会会員、日本女性医学学会会員。 妊娠5週目のお母さんの体に現れる変化 つわりが始まる人も 妊娠5週目は、生理予定日の1週間後にあたります。この時期になると、生理周期が安定していない人でも、生理の遅れが決定的となるので、妊娠したことに気づきます。また、個人差があるものの、この頃から「つわり」が始まるという人も多いようです。つわりとは、妊娠初期に起こる不快症状のことで、だいたい妊娠5週目くらいから始まり、10週目頃にピークを迎え、胎盤が完成する15〜16週ごろにおさまるのが一般的です。 つわりはなぜ起こる? つわりが起こるメカニズムは、まだはっきりとは解明されていませんが、妊娠によって大量に分泌されるよ...more
カテゴリー:

運動、食文化、働き方まで…“長寿県”が誇る生活習慣とは? - 08月18日(金)12:00 

 「'15年度の厚生労働省の調査によれば、47都道府県で死亡率が最も高いのが青森県、そして最も低いのは長野県でした。この2つの県の差は、がん死亡率の差によるものだと思われます」 そう語るのは、医学博士で白澤抗加齢医学研究所所長の白澤卓二先生。日本は現在、世界第2位の長寿国だという。厚生労働省が7月...
カテゴリー:

採血なしで血糖値測定=小型装置実用化へー量研機構 - 08月18日(金)21:53 

 量子科学技術研究開発機構(千葉市)は18日、糖尿病患者が採血しなくても、指先にレーザー光を当てるだけで血糖値を精度高く測定できる小型装置を約5年後に実用化するため、ベンチャー企業を設立したと発表した。 レーザーの波長は中赤外線で、指先に当てて反射光を分析すると、毛細血管を流れるブドウ糖の濃度を測定できる。しかし、これまでは高精度で測定できるほど明るいレーザーを小型装置で生み出すことができなかった。 量研機構・関西光科学研究所の山川考一グループリーダーらは、比較的小型で明るい中赤外レーザー装置を開発した。山川氏が社長を務めるベンチャー企業「ライトタッチテクノロジー」でより小さい血糖値測定装置を試作し、医療機器メーカーとの協力や臨床試験を経て厚生労働省の承認を目指すという。 【時事通信社】
カテゴリー:

【日本人の平均寿命】塩分、たばこ、カップ麺も…“短命県”に顕著な生活習慣 - 08月18日(金)19:31  newsplus

女性自身投稿日: 2017年08月18日 11:00 JST https://jisin.jp/serial/健康ダイエット/healty/30150 日本は現在、世界第2位の長寿国だという。厚生労働省が7月下旬に公表した'16年の日本人の平均寿命は、女性が87.14歳、男性は80.98歳と、過去最高となった。医療技術が進歩しているいっぽう、米を主食に、魚や大豆製品を食べるという和食が健康に貢献しているともいわれている。  しかし、もちろん日本人全員が長寿というわけでもなく、地域差も大きい。日本人の死因1位の“がん”も、かなりの地域差がある。がんの死亡率・罹患率には...
»続きを読む
カテゴリー:

17年度の最低賃金、848円 引き上げ額、大都市ほど大きく - 08月18日(金)17:09 

2017年度の最低賃金(全国平均)が、現行より25円高い時給848円に引き上げられた。厚生労働省が8月17日に、都道府県別最低賃金の改定額(答申)を公表した。引き上げ額の25円は、前年度に続き過去最高となった。 最低賃金は企業が労働者に支払わなければいけない最低限度の時給。引き上げは、最低賃金に近い時給で働く非正規社員の待遇改善につながる。9月30日以降、各地で順次適用される。 正社員の賃金アップが影響 改定後の最高額は、東京都の958円。2016年度と比べ、26円引き上げられた。最低額は高知県や佐賀県、長崎県などの8県の737円。最高額と最低額の差は221円だったが、前年度と比べると3円広がった。東京都や大阪府、愛知県といった大都市部の引き上げ額のほうが大きく、東京などと地方の一部との賃金格差は拡大傾向にあるままだ。 東京都に次ぐ、最高額は神奈川県の956円、大阪府の909円(いずれも、前年度比26円の引き上げ)が続いた。 一方、時給800円以上の自治体は、15都道府県にのぼった。北海道や岐阜県、三重県、広島県など6道県が新たに800円台に乗った。 厚生労働省は、J-CASTニュースの8月18日の取材に、「経済指標がよかったことや、中小企業に勤める正社員の賃金上昇率などを踏まえ、引き上げられたものと考えている」と話した。 ...more
カテゴリー:

児童虐待、相談対応件数は過去最多の12万件 - 08月18日(金)12:45 

 厚生労働省は8月17日、児童相談所での児童虐待相談対応件数および子ども虐待による死亡事例などの検証結果を公表した。平成28年度の児童虐待相談対応件数は12万2,578件(速報値)で、過去最多となった。 平成28年度中に全国210か所の児童相談所が、児童虐待相談として対応した件数は、前年度(平成27年度)より1万9,292件多い12万2,578件(速報値)。平成2年度の集計開始以来右肩上がりに上昇を続け、過去最多を更新した。 増加の要因としては、心理的虐待にかかわる相談対応件数が前年度より1万4,487件増の6万3,187件と増えており、背景に児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力(面前DV)について警察からの通告が増えたことがあげられる。 このほか、児童相談所全国共通ダイヤル(189)の広報やマスコミ報道などで児童虐待への意識が高まり、通告の増加につながっているという。 平成27年4月1日から平成28年3月31日までの期間に発生または表面化した子どもの虐待死事例は、72例84人。このうち、心中以外の虐待死は48例52人で、0歳児が30人(57.7%)ともっとも多く、虐待の種類では身体的虐待が35人(67.3%)、ネグレクト12人(23.1%)の順に多かった。【関連写真】児童虐待、相談対応件数は過去最多の12万件■関連記事H27年度大阪府の虐待に関する年次報告、前年度比2,5...more
カテゴリー:

運動、食文化、働き方まで…長寿県が誇る生活習慣とは? - 08月18日(金)11:00 

「'15年度の厚生労働省の調査によれば、47都道府県で死亡率が最も高いのが青森県、そして最も低いのは長野県でした。この2つの県の差は、がん死亡率の差によるものだと思われます」 そう語るのは、医学博士で白澤抗加齢医学研究所所長の白澤卓二先生。日本は現在、世界第2位の長寿国だという。厚生労働省が7月下旬に公表した'16年の日本人の平均寿命は、女性が87.14歳、男性は80.98歳と、過去最高となった。しかし、もちろん日本人全員が長寿というわけでもなく、地域差も大きい。日本人の死因1位の“がん”も、かなりの地域差がある。 たとえば、'15年厚生労働省人口動態統計による部位別のがん死亡率・生活習慣による死亡率、国立がん研究センター調査によるがんの罹患率を見てみると、肺がん死亡率は青森県が4位に対し、長野県は47位、胃がん死亡率は青森県1位に対し、長野県は43位という結果だった。白澤さんは、がんの死亡率・罹患率には食生活が与える影響が大きいと話す。 「現在では、がん治療の地域差はほとんどないため、発症率が高いほど死亡率も高い傾向にあります。がん発症の要因は、食生活、運動、ストレスの3つです。特に、その地域の特有の食生活によって野菜や塩分、脂肪などの摂取量の差が生じてきます。がんができるメカニズムは複雑なので、因果関係を特定することはできませんが、そういった要素が...more
カテゴリー:

もっと見る

「厚生労働省」の画像

もっと見る

「厚生労働省」の動画

Wikipedia

厚生労働省(こうせいろうどうしょう、略称:厚労省(こうろうしょう)、)は、国家行政組織法が規定する「国の行政機関」である省の一つである。健康・医療、子ども子育て、福祉・介護雇用労働、年金に関する政策分野を主に所管する厚生労働省 政策について。2001年(平成13年)1月の中央省庁再編により、厚生省労働省を廃止・統合して誕生した。

その責務は「国民生活の保障及び向上を図り、並びに経済の発展に寄与するため、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進並びに労働条件その他の労働者の働く環境の整備及び職業の確保を図ること」(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる