「厚生労働省」とは?

関連ニュース

生活保護世帯:進学支援へ 最大30万円、大学教材費など - 12月11日(月)20:32 

 厚生労働省は、生活保護世帯の子どもが大学などへの進学時、最大30万円の給付金を支給する方針を固めた。現在は高校卒業から入学直後に必要な資金が賄えず、進学を断念するケースがある。貧困が親から子に引き継がれる「貧困の連鎖」を防ぐのが狙い。進学後に実家の住宅費を減額する措置も親との同居に限り廃止する。来年度予算案に盛り込むとともに、来年の通常国会に生活保護法などの改正案を提出する。
カテゴリー:

パソコン入力コンクール:受賞者決定 全国7万人が参加 - 12月11日(月)19:51 

 パソコンのキーボード入力の速さと正確さを競う「第17回毎日パソコン入力コンクール」(毎日新聞社・一般社団法人日本パソコン能力検定委員会主催、公益社団法人全国珠算教育連盟共催、総務省・文部科学省・厚生労働省・経済産業省など後援)の全国大会が10日、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた。地方予選には全国の約7万人が参加。全国大会には上位に入った約140人が進み、日ごろの努力の成果を競った。各部門の特別賞の受賞者は次の通り(敬称略)。
カテゴリー:

生活保護制度の見直し「無料低額宿泊所」規制の強化の案 - 12月11日(月)17:41 

生活保護制度の見直しを議論している厚生労働省の専門家会議は、いわゆる貧困ビジネスに悪用されるケースがある「無料低額宿泊所」の規制の強化などを盛り込んだ報告書案をまとめました。
カテゴリー:

10月の有効求人倍率は1.55 正社員は1.03で統計開始以来最高に - 12月11日(月)12:34 

厚生労働省は12月1日、ハローワークでの求人、求職、就職の状況を集計した「一般職業紹介状況(10月分)」を公表した。
カテゴリー:

【賃金調査】厚労相/賃金引上げ等実態調査 100人超の改定額5,600円強 - 12月11日(月)10:06 

ベア実施率 管理職も2割超える 率では2%まで改善 厚生労働省の賃金引上げ等の実態調査によると、規模100人以上の1人平均改定額は5627円だった。所定内賃金に対する改定率は0.1ポイント増の2.0%となり、額・率とも集計方法が変わった平成11年以降、最高の水準を示している。定昇制度がある企業のベア実施割合については、管理職で22.9%、一般職で26.8%となり、前年比でそれぞれ5.1ポイント、3……[続きを読む]
カテゴリー:

【福祉】生活保護の生活扶助 低所得世帯の生活費上回る ★6 - 12月11日(月)20:25  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171209/k10011252261000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 12月9日 7時10分 生活保護で支給される食費などの生活扶助について、厚生労働省の専門家会議が調査した結果、大都市の子どもが2人いる世帯などで、生活扶助の金額が一般の低所得世帯の生活費を上回ったことがわかりました。厚生労働省はこうした世帯では基準額の引き下げを検討する方針です。 生活保護のうち食費や光熱費などの生活扶助は、地域や年齢、世帯人数などによって支給の基準額が決まっていて、厚生労働省は...
»続きを読む
カテゴリー:

【愛知】「当たったんだけど!」 老朽化進む公営住宅、建て替えは抑制 新物件に応募殺到 - 12月11日(月)17:57  newsplus

朝日新聞 2017年12月8日12時00分 http://www.asahi.com/articles/ASKBZ55LKKBZOIPE026.html 築53年の公営住宅の台所は水道管がむきだしになっている=名古屋市天白区 新たに建て替えた愛知県営住宅(後方)の近くでは、老朽化した県営住宅の解体も進んでいた=名古屋市天白区  名古屋市を中心に民間のタワーマンション建設がラッシュを迎えている。一方、低所得層向けの公営住宅は老朽化が進むのに、財政難や人口減を理由に建て替えは抑制的だ。6、7人に1人が貧困と言われる今、「質」も伴った公営住宅を増やすべきだと...
»続きを読む
カテゴリー:

生活保護費の引き下げ検討に怒りの声相次ぐ 保育料や奨学金の給付基準にも影響、「生活保護受給者だけの話ではない」★5 - 12月11日(月)15:30  newsplus

厚生労働省は、生活保護費を引き下げることを検討し始めた。12月8日、共同通信などが報じた。一般の低所得世帯の消費支出より支給額が多いとの調査結果を受けて、支給額の見直しに着手したのだという。報道を受け、批判の声が相次いでいる。 生活保護の中には、アパートなどの家賃に対する「住宅扶助」や医療サービスの費用を賄う「医療扶助」などがある。今回、見直しの対象になるのは、日常生活に必要な費用に対する「生活扶助」だ。 ■「生活保護基準引き下げは誰も幸せにしない」 この「生活扶助」を最大1割程度引き下げる可能...
»続きを読む
カテゴリー:

生活保護費の引き下げ検討に怒りの声相次ぐ 保育料や奨学金の給付基準にも影響、「生活保護受給者だけの話ではない」★4 - 12月11日(月)11:14  newsplus

厚生労働省は、生活保護費を引き下げることを検討し始めた。12月8日、共同通信などが報じた。一般の低所得世帯の消費支出より支給額が多いとの調査結果を受けて、支給額の見直しに着手したのだという。報道を受け、批判の声が相次いでいる。 生活保護の中には、アパートなどの家賃に対する「住宅扶助」や医療サービスの費用を賄う「医療扶助」などがある。今回、見直しの対象になるのは、日常生活に必要な費用に対する「生活扶助」だ。 ■「生活保護基準引き下げは誰も幸せにしない」 この「生活扶助」を最大1割程度引き下げる可能...
»続きを読む
カテゴリー:

【こそだて】「若いママの輪に入れない」。アラフォーママ、悩み共有。ネットワーク拡がる★3 - 12月11日(月)10:03  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00022410-kana-l14 35歳以上で初出産した「アラフォーママ」のネットワークが広がりを見せている。 女性の社会進出を背景に晩婚化や晩産化が進む一方、「若いママの輪に入っていけない」 「地域に同世代の友達がいない」などと感じるアラフォーママは少なくない。 介護、体力の低下、将来への不安…。同じような課題に直面する母親たちがつながり、 悩みを共有しようという動きが、県内でも始まっている。 6日、横浜市港北区の菊名地区センター。「港北アラフォーママの会」の初...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「厚生労働省」の画像

もっと見る

「厚生労働省」の動画

Wikipedia

厚生労働省(こうせいろうどうしょう、略称:厚労省(こうろうしょう)、)は、国家行政組織法が規定する「国の行政機関」である省の一つである。健康・医療、子ども子育て、福祉・介護雇用労働、年金に関する政策分野を主に所管する厚生労働省 政策について。2001年(平成13年)1月の中央省庁再編により、厚生省労働省を廃止・統合して誕生した。

その責務は「国民生活の保障及び向上を図り、並びに経済の発展に寄与するため、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進並びに労働条件その他の労働者の働く環境の整備及び職業の確保を図ること」(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる