「印刷物」とは?

関連ニュース

【毎日新聞】<衆院解散強まる>突然に戸惑う地方 - 09月17日(日)22:00  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000058-mai-pol  衆院の解散が強まったことで、次の衆院選から小選挙区数が1減となる岩手などの各県や、10月22日投開票で補選が予定されている各県の政党地方組織からは、さまざまな声が上がった。  ◇区数減の岩手、野党は未調整  衆院選の「1票の格差」を是正する区割り改定法が7月に施行されたため、6県(青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島)で小選挙区数が1減となる。  区数が4から3に減る岩手県では、自民党が今月、現職4人の中から3人の擁立候補を決め...
»続きを読む
カテゴリー:

ARネイティブアプリのUXについて考える――単なる流行りのプロダクトで終わらせないために何ができるか - 09月14日(木)08:00 

【編集部注】執筆者のMatt MiesnieksはSuper Venturesのパートナー。 ARKitのローンチにより、向こう1年のうちに5億台ものiPhoneで拡張現実(AR)アプリが使えるようになる。さらにそれから1年以内には、ARCoreに対応したAndroidデバイスの登場で、その数は少なくとも3倍以上になると言われている。 このような明るい展望をもとに多くの開発者がARに興味を持っており、今後彼らがARという全く新しいメディアに挑戦する中で、数々の実験的な取り組みを目にすることになるだろう。もしかしたらARのインパクトはそれ以上かもしれない。これまで人間は視覚的なコンテンツを四角形のメディア(石版から映画館のスクリーン、スマートフォンなど)を通じて消費してきたが、ARは歴史上初めて形の制約から解放されたメディアなのだ。 ちょうど紙とウェブのように、ARと従来のメディアの違いはスケールというよりも根本的な種類にある。インターネットが普及し始めた頃の商業的なウェブサイトで一般的だった、印刷物の中身がウェブ上にアップされただけの「ブローシェアウェア型」ウェブサイト同様、初期のARアプリはきっとAR空間に従来のモバイルアプリを貼り付けただけのようなものになるだろう。つまりこれからたくさん発表されるであろうARアプリのほとんどは、ブローシェアウェアのようにひどいものになるだろうが...more
カテゴリー:

佐賀の製品、サービスPR きょうまで大産業交流展 - 09月17日(日)08:20 

県内の企業や学校が独自の製品やサービスをPRする「さが大産業交流展」(佐賀商工会議所青年部主催)が16日、佐賀市のマリトピアで始まり、多くの来場者が訪れた。17日まで。昨年に続き、2回目の開催。今年は規模を拡大したほか大学や短大にも参加を呼び掛け、計56社・団体がブースを並べた。型抜き加工をした印刷会社の印刷物や建設会社のドローンなどが展示され、家族連れが説明を受けたり、出展者同士で情報交換...
カテゴリー:

「印刷物」の画像

もっと見る

「印刷物」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 印刷...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる