「印刷博物館」とは?

関連ニュース

両陛下、キンダーブックの展示会鑑賞 幼い頃を懐かしむ - 01月13日(土)21:38 

 天皇、皇后両陛下は13日、東京都文京区の印刷博物館で開催中の企画展「キンダーブックの90年」(14日まで)を鑑賞した。キンダーブックは幼児向けの絵本で、両陛下は幼少期に読んでいたという。天皇陛下は展…
カテゴリー:

両陛下、絵本企画展に キンダーブック創刊90年 - 01月13日(土)19:40 

天皇、皇后両陛下は13日、東京都文京区の印刷博物館を訪れ、月刊保育絵本「キンダーブック」の歴史を振り返る企画展「キ...
カテゴリー:

両陛下、キンダーブック90年展に=「魚の名、これで覚えた」 - 01月13日(土)20:22 

 天皇、皇后両陛下は13日夕、東京都文京区の印刷博物館を訪れ、1927年に創刊された保育絵本「キンダーブック」(フレーベル館)の歴史を振り返る企画展「キンダーブックの90年-童画と童謡でたどる子どもたちの世界-」を鑑賞された。 両陛下とも幼少時にキンダーブックを愛読していたといい、天皇陛下は「小さい頃から見ていましてね」などと話しながら、始終笑顔で見学。出版年代ごとにまとめられた本の展示を見て、皇后さまに「こちらの知っているキンダーブックはもう少し小さいね」と話すなど、思い出話に花を咲かせた。 同博物館の樺山紘一館長によると、魚類研究者でもある陛下は鑑賞を終えた後、「キンダーブックを読んで魚の名前を覚えた」と懐かしそうに振り返り、皇居・御所には当時の本が今も保管してあるはずだと話していたという。 【時事通信社】
カテゴリー:

「印刷博物館」の画像

もっと見る

「印刷博物館」の動画

Wikipedia

印刷博物館(いんさつはくぶつかん)は、東京都文京区水道トッパン小石川ビルにある印刷に関する博物館である。2000年に凸版印刷が100周年記念事業の一環で設立し、印刷文化に関わる資料の蒐集や研究活動、活版印刷などの印刷を実体験するなどの実践・啓蒙活動を行っている。館長は樺山紘一

ミュージアムショップ、印刷関連図書専門のライブラリー、P&Pギャラリー、研修室(グーテンベルク・ルーム)、VRシアター(土日・土日に続く休日のみ)を併設している。

2002年に日本展示学会(会長:端信行)学会賞の作品賞を受賞している。

所蔵品
  • 駿河版銅活字(重要文化財)
  • 本木昌造・活字復元プロジェクト成果物
利用情報
  • 開館時間 - 10時~18時
  • 休館日 - 月曜日(祝日の場合は翌日)
  • 入場料 - 一般300円、学生200円、中高生100円、小学生以下無料、団体割引有
  • 併設のライブラリーは印刷機械や技術だ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる