「博物館」とは?

関連ニュース

【航海】“竹のいかだ”で台湾から沖縄へ 3万年前の航海 来月実験 - 05月24日(水)21:15 

およそ3万年前、人類がどのように今の台湾から沖縄に渡ったのか検証している国立科学博物館などのグループが、去年、沖縄県で行った「草の舟」による実験航海に続いて、今度は来月中旬に台湾で「竹のいかだ」による実験航海に挑戦することになりました。 人類史を研究している国立科学博物館などのグループは、去年7月、十分な道具もなかったとされるおよそ3万年前の状況を想像して造った「草の舟」で、沖縄県の与那国島から西表島までのおよそ75キロの実験航海に挑戦しましたが、舟が潮に流されたため、全体の半分以上の区間で自...
»続きを読む
カテゴリー:

テロ:海外で巻き込まれたら…どう身を守る? - 05月24日(水)17:04 

 英中部マンチェスターのコンサート会場で起きた無差別自爆テロを受け、社会に不安が広がっている。チュニジアの博物館では2015年3月、無差別銃乱射テロに日本人6人が巻き込まれ死傷した。海外旅行中などにテロに遭遇した場合、個人レベルで身を守るためにできることはあるのだろうか。各国で起きたテロについて分析してきた公安調査庁の資料などで推奨されている対応策をまとめてみた。【岸達也/統合デジタル取材センター】
カテゴリー:

【夏休み2017】東京国立博物館で親子イベント、ワークショップも - 05月24日(水)15:15 

 東京国立博物館(トーハク)は7月4日~9月3日の期間、親と子のギャラリー「びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験」を開催する。日本を代表する屏風の高精細な複製と映像がコラボした新たなアート体験を提供する。 イベントでは、安土桃山時代に描かれた日本水墨画の傑作である国宝「松林図屏風」や金屏風が華やかな尾形光琳による「群鶴図屏風」の複製と映像を組み合わせ空間全体をアート作品として演出。絵師が屏風に描いた世界観に入り込み五感で楽しむことができる新感覚の体験型展示だ。 屏風の複製画は、キヤノンと京都文化協会による「綴プロジェクト」が高精細画像により制作したものを使用。映像はイベント向けに新たに制作したオリジナルを使用する。「松林図屏風」の世界を体感する「松林であそぶ」では、大型スクリーンに映し出される映像と高精細複製画を、畳に座って観るという屏風本来の鑑賞スタイルで鑑賞。松林の風と匂いをリアルに体感できる。 「群鶴図屏風」の世界を体感する「つるとあそぶ」では、大きなスクリーンで鶴が羽ばたき金屏風に鶴が降り立つ不思議な世界を演出。鑑賞者の動きに合わせて鶴が動くインタラクティブな演出や、金屏風の美しさを引き出す光の演出など、子どもから大人まで楽しめる展示となっている。 会期中は、屏風のミニチュアを用いて屏風について楽しく学べるハンズオンコーナーや、絵を描いて自分だけの屏風を...more
カテゴリー:

【生き物】与論沖で日本初確認の魚が採集される 鹿児島大院生が「トビイシハナダイ」と命名 - 05月24日(水)13:24 

与論で日本初確認「トビイシハナダイ」 鹿児島大院生が命名 南日本新聞:2017 05/24 13:00 http://373news.com/_news/?storyid=84471 与論町沖で見つかり、命名された「トビイシハナダイ」(鹿児島大学総合研究博物館提供)  鹿児島大学大学院連合農学研究科(総合研究博物館)の田代郷国(さとくに)さん(26)が、与論町で採集したハタ科の魚を日本で初確認し、標準和名を「トビイシハナダイ」と付けた。 25日に日本動物分類学会が発行する英文学術誌で論文を発表する。 (記事全文は24日付南日本新聞、おはようネッ...
»続きを読む
カテゴリー:

小鳥の可愛いさは異常wwwww メジロ > ハクセキレイ > エナガ > ウグイス > シジュウカラ >他のゴミ供 - 05月24日(水)11:58 

日本野鳥の会 シジュウカラ特集、別刷りを無料配布 毎日新聞2017年5月24日 日本野鳥の会は、野鳥や自然に興味を持ってもらおうと、会誌「野鳥」に掲載された シジュウカラの生態についてまとめた特集記事の別刷りを無料でプレゼントする。  都市部の公園でも見られ、身近な森の野鳥であるシジュウカラ。 別刷りには、シジュウカラの鳴き声には文法があるという研究結果を、 京都大生態学研究センターの鈴木俊貴さんが執筆した特集 「ここまでわかった!シジュウカラのことば」と、都会のシジュウカラの繁殖生態の変化につい...
»続きを読む
カテゴリー:

“竹のいかだ”で台湾から沖縄へ 3万年前の航海 来月実験 - 05月24日(水)20:28 

およそ3万年前、人類がどのように今の台湾から沖縄に渡ったのか検証している国立科学博物館などのグループが、去年、沖縄県で行った「草の舟」による実験航海に続いて、今度は来月中旬に台湾で「竹のいかだ」による実験航海に挑戦することになりました。
カテゴリー:

ツタンカーメン王の副葬品、新博物館へ移送 日本支援 - 05月24日(水)16:10 

【5月24日 AFP】エジプトのツタンカーメン王の墓で発見された副葬品の移送作業が23日、始まった。≫続きを読む
カテゴリー:

【上越市立水族博物館】新上越市立水族博物館 2018年の開業にむけて、愛称を募集!  - 05月24日(水)14:04 

[株式会社 横浜八景島] [画像: https://prtimes.jp/i/11571/165/resize/d11571-165-868840-0.jpg ] 「上越市立水族博物館」は、開業から80年を超える歴史を受け継ぎ、多くの皆さまの思いと期待を受けながら、新しく生まれ変わろうと...
カテゴリー:

与論で日本初確認「トビイシハナダイ」 鹿児島大院生が命名 - 05月24日(水)13:00 

 鹿児島大学大学院連合農学研究科(総合研究博物館)の田代郷国(さとくに)さん(26)が、与論町で採集したハタ科の魚を日本で初確認し、標準和名を「トビイシハナダイ」と付けた。25日に日本動物分類学会が発行する英文学術誌で論文を発表する。
カテゴリー:

ツタンカーメン王:寝台と戦車を移送 日本と合同で修復へ - 05月24日(水)10:06 

 エジプトの首都カイロの考古学博物館に収蔵されていたツタンカーメン王(紀元前14世紀)の木製の寝台と戦車が23日、カイロ近郊ギザの三大ピラミッド近くの「保存修復センター」に移送された。国際協力機構(JICA)などが移送や副葬品の今後の修復を支援、センター近くに建設中の「大エジプト博物館」で展示される予定。
カテゴリー:

もっと見る

「博物館」の画像

もっと見る

「博物館」の動画

Wikipedia

博物館(はくぶつかん)とは、特定の分野に対して価値のある事物学術資料美術品等を購入寄託寄贈などの手段で収集、保存し、それらについて専属の職員(学芸員キュレーターなど)が研究すると同時に、来訪者に展示の形で開示している施設である。 ミュージアム(、 ミューズィーァム)と英語風に呼ぶこともある。

多くは自然史・歴史民族美術科学技術交通海事航空軍事平和など、ある分野を中心に構成され、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる