「博物学」とは?

関連ニュース

ロバート・ダウニー・Jr.、『ドリトル先生航海記』映画化で主演 - 03月26日(日)09:00 

 映画『アイアンマン』や『アベンジャーズ』シリーズで人気を博す俳優ロバート・ダウニー・Jr.が、アイアンマンのコスチュームを脱ぎ、動物と会話できる獣医ドリトル先生の冒険を描くヒュー・ロフティング原作『ドリトル先生航海記』の映画化『The Voyage of Doctor Dolittle(原作)』で主演を務めるという。【関連】「ロバート・ダウニー・Jr.」フォトギャラリー 1967年にはミュージカル映画として『ドリトル先生 不思議な旅』、1998年にはコメディ映画として『ドクター・ドリトル』が製作されたロフティングの児童文学『ドリトル先生』シリーズ。The Hollywood Reporterによると、米ユニバーサル・ピクチャーズが映画化権を獲得し、映画『シリアナ』(06)の監督スティーヴン・ギャガンがメガホンを取るという。ギャガン監督は初期の脚本を改稿しているとのことだ。 新作がどれほど原作に忠実に描かれるかは不明だが、『The Voyage of Doctor Dolittle(原作)』は原作シリーズ2作目のタイトルと同じになる。原作では、ドリトル先生がオウムのポリネシア、チンパンジーのチーチー、助手のトミーと共に、先生の敬愛する博物学者ロング・アローが行方不明になったクモサル島へ向かう航中と島に着いてからの冒険を描く。 あらすじや登場人物、撮影時期などの詳細は不明。ロバートの...more
in English
カテゴリー:

南方熊楠記念館:新館オープン…生誕150年で 和歌山 - 03月19日(日)17:58 

 独創的な学問体系を確立した博物学者の南方熊楠(1867~1941年)の生誕150年を迎えるのに合わせて、和歌山県白浜町の南方熊楠記念館が19日、新館をオープンした。
in English
カテゴリー:

第2回:日本のロボットはどこで止まってしまったのか:連載・池田純一書評 - 03月21日(火)12:30 

ギリシャ神話から最先端の科学まで、古今東西のロボットからベスト100を紹介する『ロボットの歴史を作ったロボット100』。いかにも愛好家向けの「ミニ百科」に見える本書は、実はロボットと人間社会の関わりの変遷を描く「ロボット博物学」の書でもあった。博物学的にロボットを分析することで見えてきた、ロボットの多様な現在と日本とアメリカの文化的な相違とは。
in English
カテゴリー:

【国際】約150年前に製作された米博物館のマネキン 本物の頭蓋骨だったことが判明 - 02月09日(木)23:31 

2017年2月9日 21時6分 ギズモード・ジャパン やんちゃな博物学者がやっちまった。 やたらリアルなマネキンがあると思ったら、中の骨が本物だったーー。ちょっぴりホラーなニュースがナショナルジオグラフィックから届きました。 先日、米ペンシルバニア州にあるカーネギー自然博物館に展示されている「ヒトコブラクダを襲うライオン」というジオラマの修復作業が行われたのですが、CTスキャンすると、ヒトコブラクダにまたがった男性の頭部になにやら違和感が…。なんと、歯も全てそろった本物の頭蓋骨が入っていたのだそうです。 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「博物学」の画像

もっと見る

「博物学」の動画

Wikipedia

博物学(はくぶつがく、Natural history, 場合によっては直訳的に:自然史)は、自然に存在するものについて研究する学問。広義には自然科学のすべて。狭義には動物植物鉱物岩石)など(博物学における「界」は動物界植物界鉱物界の「3界」である)、自然物についての収集および分類の学問。英語の"Natural history" の訳語として明治期に作られた。東洋では本草学がそれにあたる。

歴史

自然界に存在するものを収集・分類する試みは太古から行われてきた。自然に対する知識を体系化した書物としては、古代ギリシアではアリストテレスの動物誌、古代ローマ時代ではプリニウスの博物誌などがある。

東洋では「本草学」と呼ばれ、伝統中国医学の「薬(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる