「単行本」とは?

関連ニュース

芥川賞作家・若竹千佐子「家族に尽くす人生で幸せにはなれねぇの」 - 04月21日(土)11:00 

「不思議、不思議、本当に不思議……いまでも『これは夢だべか?』と思います」 昨年、デビューした64歳の新人作家・若竹千佐子さんは、そう照れたように笑った。若竹さんは昨秋、新人作家の登竜門・文藝賞を史上最年長で受賞。それを機に出版されたデビュー作『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)は、年が明けると今度は、第158回芥川賞を受賞した。 小説の主人公は、子どもが独立し、夫に先立たれた74歳の“桃子さん”。「どうすっぺぇ、この先ひとりで何如にすべかぁ」と、自らの内側に響いてくる生まれ故郷の言葉たちと向き合いながら、孤独をかみしめる日々を描く。特筆するような事件は、何も起きない。若竹さんいわく「出来事としては、なんもないの、なんにも起こらないんです。ぜーんぶ頭の中だけのこと」。 主な登場人物は桃子さんひとり。それなのに、小説の中ではセリフの応酬が続く。 「何如にもかじょにもしかたながっぺぇ」 「だいじょうぶだ、おめには、おらがついでっから。おめとおらは最後まで一緒だがら」 「あいやぁ、そういうおめは誰なのよ」 「決まってっぺだら。おらだば、おめだ。おめだば、おらだ」 頭の中から彼女の本音とも思える東北弁が次々にあふれ出し、本体の桃子さんと、脳内の声たちが、ああでもない、こうでもないと、かしましい議論を交わすのだ。たくさ...more
カテゴリー:

「悪魔英語」お前はもう喋れている、悪魔召喚から始まる英会話マンガが単行本化 - 04月20日(金)22:49 

ダムるし「悪魔英語 喋れる人だけが知っている禁断の法則」が、本日4月20日にKADOKAWAより発売された。
カテゴリー:

長期連載マンガTOP30がこちら 『ゴルゴ13』は50年皆勤賞 - 04月19日(木)22:45  news

連載開始から20年以上の長寿マンガをランキングにして、長く人気が続いている作品を探ってみた。連載50年を数える『超人ロック』『ゴルゴ13』から、連載20年超えを果たした『ONE PIECE』『HUNTER×HUNTER』まで上位30作を見ると、小学館の青年マンガ誌に長期連載作品が多いことや、少女マンガの定番作品が1970年代半ばに集中して生まれていることが分かった。 1位の『超人ロック』は同人誌連載からスタートして、『週刊少年キング』『月刊OUT』など掲載誌を転々としながらも現在まで続く、不倒のSFマンガとして知られる。劇場版ア...
»続きを読む
カテゴリー:

ループする時の中で殺され続ける少女を救え、新鋭のサスペンス「7’s」1巻 - 04月19日(木)19:56 

キドジロウの初単行本となる「7’s-セブンズ-」の1巻が、本日4月19日に発売された。
カテゴリー:

秋本治の新刊同発、下町の銭湯舞台にしたコメディ&京都のJK描く青春もの - 04月19日(木)17:33 

秋本治の新作「いいゆだね!」1巻と「ファインダー―京都女学院物語―」の単行本が、本日4月19日に同時発売された。
カテゴリー:

芥川賞作家・若竹千佐子 最愛の夫の死の裏に見出した自由の喜び - 04月21日(土)11:00 

人なつこく、素直で、偉ぶらず、素朴。デビュー作で芥川賞を取った若竹千佐子さん(64)は、およそ作家らしからぬ人だ。そんな“平凡な専業主婦”が作家になれたのは、最愛の夫の死の裏に“自由の喜び”を見つけたから。そして、主婦のタブーを小説にした。「人のために生ぎるのはやっぱり苦しいのす」と――。 「不思議、不思議、本当に不思議……いまでも『これは夢だべか?』と思います」(若竹さん・以下同) 昨年、デビューした64歳の新人作家・若竹千佐子さんは昨秋、新人作家の登竜門・文藝賞を史上最年長で受賞。それを機に出版されたデビュー作『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)は、年が明けると今度は、第158回芥川賞を受賞した。 小説の主人公は、子どもが独立し、夫に先立たれた74歳の“桃子さん”。「どうすっぺぇ、この先ひとりで何如にすべかぁ」と、自らの内側に響いてくる生まれ故郷の言葉たちと向き合いながら、孤独をかみしめる日々を描く。特筆するような事件は、何も起きない。若竹さんいわく「出来事としては、なんもないの、なんにも起こらないんです。ぜーんぶ頭の中だけのこと」。 主な登場人物は桃子さんひとり。頭の中から彼女の本音とも思える東北弁が次々にあふれ出し、本体の桃子さんと、脳内の声たちが、ああでもない...more
カテゴリー:

80年代にブーム起こしたあの猫たちがサラリーマンに!「なめ猫さん」単行本化 - 04月20日(金)15:42 

いのうえひなこ「なめ猫さん~サラリーマン、にゃめんなよ!!~」1巻が、本日4月20日に発売された。
カテゴリー:

人体を藍に染める奇病を引き起こす鉱石めぐるサスペンス「ブルーフォビア」 - 04月19日(木)21:40 

鶴吉繪理「ブルーフォビア」の単行本1巻が、本日4月19日に発売された。
カテゴリー:

「センチメンタルサーカス」マンガ版が発売、代永翼「涙が止まりません」と推薦 - 04月19日(木)18:53 

市川晴子がKADOKAWAのWebマンガサイト・コミックNewtypeで連載した「センチメンタルサーカス ガラクタたちの夜想曲」の単行本が、本日4月19日に発売された。帯には本作のファンである声優の代永翼がコメントを寄せている。
カテゴリー:

「神様ドォルズ」のやまむらはじめ描く、冷戦アクションファンタジー「姫ヤドリ」 - 04月19日(木)16:02 

「神様ドォルズ」「碧き青のアトポス」などで知られる、やまむらはじめの新作「姫ヤドリ」1巻が、本日4月19日に発売。単行本の帯には「ブラック・ラグーン」の広江礼威から推薦コメントが寄せられている。
カテゴリー:

もっと見る

「単行本」の画像

もっと見る

「単行本」の動画

Wikipedia

単行本(たんこうぼん)とは、叢書全集などの中の1冊としてではなく、単独で刊行されるのこと。基本的には1冊で刊行されるが、ページ数が多い場合は分冊形式で刊行される単行本(タンコウボン)とは - コトバンク。久米邦武米欧回覧実記内の「世に単行本多けれども」という用例がその初出と考えられている(精選版日本国語大辞典)。

小説では、雑誌新聞などに掲載された作品を、1冊の本にまとめて単行本として刊行される例の他に、単行本として刊行するために作品を書くこともあり、このような例を単行本書き下ろしという。単行本の製本は上製本(ハードカバー)が一般的であるが、並製本(ソフトカバー)もある上製本|各種オプション・特殊加工|商品案内・価格|同人誌印刷のトム出版。

一般的に、単行本として刊行されたものは、数年の後に、価格を下げて文庫として刊行される。これを文庫化という作家、東野圭吾さんが“単行本”ではなく“文庫”から刊行。単行本とし...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる