「南西諸島」とは?

関連ニュース

元自衛官を在宅起訴=慰安婦謝罪碑を「損壊」-韓国検察 - 09月14日(木)22:34 

 【ソウル時事】韓国中部・天安の国立墓地にある従軍慰安婦への謝罪の碑に無断で別の文言を張り付けたとして、元自衛官の奥茂治氏(69)が一時拘束された事件で、韓国検察当局が奥氏を公用物損壊などの罪で在宅起訴したことが14日、分かった。 奥氏は那覇市在住で、南西諸島安全保障研究所の所長を務める。損傷したとされるのは、現在の韓国・済州島で女性を強制連行したと証言し、後に虚偽と判断された故吉田清治氏が建てた碑で、奥所長は3月20日深夜、国立墓地に入り、別の文を張り付けた。6月24日、韓国当局からの出頭要請を受けて入国した際、拘束され、取り調べを受けた。拘束は解かれたものの、出国禁止措置を受けている。 奥所長は取材に対し、「裁判では無罪を主張する。有罪になったとしても、吉田氏の証言が虚偽だったことを韓国の裁判で明らかにすることが使命だと考えている」と話した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【防衛】 日本の陸上型イージス配備は23年度、最新レーダー搭載は不透明=関係者 - 08月30日(水)20:47  newsplus

http://jp.mobile.reuters.com/article/worldNews/idJPKCN1BA0VP [東京 30日 ロイター] - 日本が導入する迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備時期が、今から5年以上先の2023年度になる見通しであることがわかった。北朝鮮の脅威が高まる中、政府は計画の前倒しを急ぐが、最新鋭のレーダーを搭載できるかどうか米国から確約を得られておらず、射程や速度を向上させた新型迎撃ミサイルの能力を最大限引き出せない可能性がある。 <発注から配備まで5年> イージス・アショアは、イージス艦に搭載している...
»続きを読む
カテゴリー:

【佐賀】陸自駐屯地にオスプレイ暫定配備…地元との調整が難航 - 08月21日(月)08:01  newsplus

http://yomiuri.co.jp/politics/20170821-OYT1T50000.html 陸上自衛隊が輸送機「オスプレイ」を佐賀空港(佐賀市)に配備する計画を巡り、地元との調整が難航している問題で、防衛省は当初予定の2019年度から、陸自の駐屯地内に暫定配備する方向で調整に入った。  18年度予算への関連経費の計上を目指す。ただ、今月5日、オーストラリア沖で米軍オスプレイの墜落事故が起きるなど、国内でもオスプレイの安全性への不安がくすぶっており、暫定配備先の選定に向けては曲折がありそうだ。  陸自のオスプレイは、沖縄県・尖閣...
»続きを読む
カテゴリー:

海を渡るチョウ「アサギマダラ」がフジバカマの見頃と共に飛来! - 09月13日(水)15:40 

[阪神電気鉄道株式会社] アサギマダラは、薄水色の翅をもつチョウで、旅をすることでも知られています。本州や南西諸島、台湾など長距離を移動し、マーキング調査などでは、直線距離で1,500kmも移動した記録があります。ゆっくりと優美に...
カテゴリー:

【自衛隊】「富士総合火力演習」で陸自最大規模の実弾射撃訓練、弾薬36トン使用 - 08月28日(月)05:42  newsplus

http://yomiuri.co.jp/national/20170827-OYT1T50057.html  陸上自衛隊で最大規模の実弾射撃訓練「富士総合火力演習」が27日、静岡県の東富士演習場で一般公開され、隊員約2400人と戦車・装甲車約80両、ヘリコプターなどが参加した。 南西諸島の離島防衛の重要性が高まっていることを受け、水陸両用車(AAV)や戦車並みの火力を有する新型の「機動戦闘車」が参加。敵に占拠された離島を奪回する訓練も行われ、敵の地上部隊を陸自の情報を基に空自の戦闘機が攻撃する作戦も披露した。  弾薬は約36トン(約2億900...
»続きを読む
カテゴリー:

「南西諸島」の画像

もっと見る

「南西諸島」の動画

Wikipedia

南西諸島(なんせいしょとう)は、九州南端から台湾北東にかけて位置する島嶼群である仲田(2009年)p.10角川日本地名大辞典 47.沖縄県「南西諸島」(1991年)p.550中村(1996年)p.2河名(1988年)p.11。

北から南へ、大隅諸島、吐噶喇列島、奄美群島沖縄諸島宮古列島八重山列島と連なり、沖縄諸島の東に離れて大東諸島、八重山列島の北に離れて尖閣諸島がある。

名称と範囲

「南西諸島」という名称は、海上保安庁の前身である水路部が中心となって1887年(明治20年)頃に命名した地名とされ、翌年発行した海図石垣泊地 日本・南西諸島・石垣島にその名称が初めて記載されている日本の島事典(1995年)p.380。1894年(明治27年)発行の日本水路誌以降の海図から本格的に使用され、また国土地理院の前身の1つである...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる