「南果歩」とは?

関連ニュース

南果歩 代替療法決断後押しした「小林麻央さんと同じ主治医」 - 10月18日(水)12:00 

「いま、ハーセプチンという抗がん剤治療をストップしています。抗ホルモン剤の投薬もストップしています。これは、俗にいう代替療法に切り替えたということです」 10月1日、乳がん啓発イベント「ピンクリボンシンポジウム2017」でそう語ったのは、南果歩(53)。その発言が論争を呼んでいる。 昨年2月に乳がんステージI...
カテゴリー:

草刈民代、太くて強い女性を怪演!「人は誰でもこうなるかもしれない」 - 10月12日(木)08:00 

直木賞作家・角田光代の同名長編小説を初音映莉子・高良健吾の共演で実写映画化し、10月7日にテアトル新宿ほかで全国公開を迎えた「月と雷」。 【写真を見る】特製レモンパネルを持ってニッコリほほ笑む草刈民代 本作で、世話をしてくれる男性を見つけては、男性から男性へと各地を流転する、智(高良)の母・直子を演じる、草刈民代にインタビューを行った。 自由奔放のようでいて深い孤独を漂わせる直子役の草刈に、本作の撮影エピソードや、演じた直子の印象、そしてリラックス方法などについて語ってもらった。 ――直子役のオファーが来た時の感想は? どういう意図で私に声を掛けてくれたのか。難しい役だと思ったので、まずはそれを聞きたいなと思いました。安藤(尋)監督からは、役柄の背景やいろいろな物を背負って画面に映れる人は草刈さんしかいませんと言っていただいて。 私はずっと舞台で踊ってきた人間なので、もしかしたら役者さんをやり続けてこられた方たちとは違う佇まいを感じ取ってくださったのかなと。その監督が、私に直子役をと思ってくださっているのならできるかもしれないと思い、お引き受けしました。 ――役を作っていく上で、ご自身からもアイデアを? 髪の毛を染めて、煙草とお酒を手放さない人という設定にしてもらいました。普段の私自身が見えたら失敗ですから。そういう分かりやすいものがないと、直子に見えないんじゃないかなと思いました...more
カテゴリー:

【芸能】乳がん治療中の南果歩さん、講演で「代替治療」であることを明かし炎上 考えるべきは主催者やメディア - 10月03日(火)13:19  mnewsplus

乳がん治療中の南果歩さんの講演 「責められるべきは本人ではない」 https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/minamikahokouen ?downsize=715:*&output-format=auto&output-quality=auto 昨年3月に乳がんの手術を受けた女優の南果歩さんが、乳がんの啓発を目的とする「ピンクリボンシンポジウム2017」(日本対がん協会、朝日新聞社主催)で講演し、その内容を報じた記事が患者や医療関係者の間で波紋を呼んでいる。 問題となっているのは、「南果歩『見本にして』抗がん剤ストップ中と明かす」と見出しのついた日刊スポ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】<南果歩>「今春から精神的疾患で闘病」と告白! 3月に夫・渡辺謙の不倫発覚 - 10月01日(日)22:51  mnewsplus

さらに「2017年は荒波の中に小舟が翻弄(ほんろう)されている状態。だけど生きていることが大事」と自らに言い聞かせるように話した。  昨秋にもピンクリボンのイベントに出演した南は、司会者から体調を問われ「去年に比べて少し痩せた。今年はいろんなことがあったので」とも語った。さらに「気持ちが落ち込むことや、人に言えないこと、解決に時間がかかることがある。それでもあしたはやってくる。それが人生だといえる」「睡眠時間はあまりとれなかったが、サプリに助けてもらっている」と話すなど、精神的なつらさを言葉に...
»続きを読む
カテゴリー:

南果歩 代替療法決断後押しした「小林麻央さんと同じ主治医」 - 10月18日(水)11:00 

「いま、ハーセプチンという抗がん剤治療をストップしています。抗ホルモン剤の投薬もストップしています。これは、俗にいう代替療法に切り替えたということです」 10月1日、乳がん啓発イベント「ピンクリボンシンポジウム2017」でそう語ったのは、南果歩(53)。その発言が論争を呼んでいる。 昨年2月に乳がんステージIとの診断を受けた南は、翌3月に手術。その後も再発を防ぐべく翌月からホルモン治療を開始し、同年7月からは冒頭の抗がん剤治療に加え放射線治療を行ってきた。 そんな彼女が標準治療をストップし、代替療法に切り替えていたと告白したのだ。具体的にはサプリメントを服用し、放射線治療後の患部にエミュー鳥のオイルを使用。“がん細胞は体温が低いところで繁殖しやすい”として代謝アップを心がけ、“がん細胞が糖質を好む”として炭水化物を控えているという。 ただし南は「標準治療というのはデータに基づいたゆるぎないものだと重々承知しています」と、あくまで個人的な決断だと強調していた。 だが会場に居合わせた医療関係者からは「彼女のいう代替療法には科学的裏付けがない。影響力のある人が発信すると、安易に同調する人が増えかねない」との声も出ている。ブレストピア宮崎病院の柏葉匡寛副院長もこう語る。 「治療方針というのは医師と患者の契約の形で始まります。副作用...more
カテゴリー:

50歳を超えていると聞いて驚く女性有名人ランキング 1位天海祐希 2位林原めぐみ 3位小泉今日子 - 10月03日(火)15:20  news

いつ見ても変わらないルックスを維持し、年齢を感じさせない女性有名人は少なくありません。若々しく見えるけれど、 実年齢は50歳を超えているという人も存在します。 そこで今回は、50歳を超えていると聞いて驚く女性有名人について探ってみました。 1位は「天海祐希」! 1967年8月8日(50歳) 535票 2位は「林原めぐみ」! 1967年3月30日(50歳) 509票 3位は「小泉今日子」! 1966年2月4日(51歳) 293票 4位山口智子 1964年10月20日(52歳) 179票 5位斉藤由貴 1966年9月10日(51歳) 139票 6位沢口靖...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】妻の病気告白で追い込まれる渡辺謙 - 10月02日(月)12:58  mnewsplus

昨年3月に乳がんの手術を受けた女優の南果歩が1日、都内で乳がんの早期発見を促す「ピンクリボンシンポジウム」に出席し、 今春から精神疾患を患っていることを告白したことを、各スポーツ紙が報じている。 南は昨年3月に乳がんの手術を受けてから療養。 今年7?8月に放送されたNHK―BSのドラマ「定年女子」に主演したが、収録時期を振り返り、「身体的には元気だったけど、精神的な重荷がある時期だった。 この春から精神的な疾患が出て、(がんとは)別の闘病が始まりました」と告白。 そのため、同ドラマのオファーを一度は断った...
»続きを読む
カテゴリー:

「南果歩」の画像

もっと見る

「南果歩」の動画

Wikipedia

南 果歩(みなみ かほ、1964年1月20日 - )は、日本の女優。

兵庫県尼崎市出身南果歩さんが市制100周年PR大使に就任 - 尼崎市 2016年2月20日閲覧。桐朋学園大学短期大学部卒業。ホリエージェンシー所属。夫は俳優の渡辺謙

来歴

尼崎市立尼崎高等学校を経て桐朋学園大学短期大学部を卒業。

短大在学中の1984年に映画伽倻子のためにのヒロイン役オーディションに応募、2000人の中から選ばれ、主役で芸能界デビュー。

1985年にはTBSのポーラテレビ小説五度半さんのヒロイン役でテレビドラマに進出する。さらに1986年9月には坂東玉三郎演出のロミオとジュリエットのジュリエット役で初舞台を踏...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる