「南スーダン」とは?

関連ニュース

小野寺防衛相 省内で「日報」4万3千件 4/23 21:36更新 - 04月23日(月)21:36 

南スーダンPKOの日報問題などを受けて、小野寺防衛相は省内のすべての部署で「日報」を確認するよう指示しており、今月20日までに4万3000件が集まったと発表した。
カテゴリー:

【杜撰】廃棄されていたはずの日報、新たに4.3万件見つかる カンボジアPKO以降 - 04月23日(月)21:17  newsplus

2018年4月23日 21時06分(最終更新 4月23日 21時06分)  防衛省は23日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題などを受け、過去の海外派遣部隊の日報を含む定時報告を統合幕僚監部に集約した結果、 カンボジアPKO以降の21の海外派遣活動の定時報告とみられる文書延べ約4万3000件が見つかったと発表した。 同省は日報類が1年未満で廃棄されると説明してきたが、改めて文書管理のずさんさが問われそうだ。 https://mainichi.jp/articles/20180424/k00/00m/040/100000c ...
»続きを読む
カテゴリー:

【黒塗り日報】陸自PKOで武器携行命令 派遣された隊員「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言★2 - 04月23日(月)12:51  newsplus

 南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明していたが、参加の根拠が崩れていた可能性が強まった。派遣隊員や防衛省幹部が明らかにした。  南スーダンPKOで武器携行命令が明らかになるのは2...
»続きを読む
カテゴリー:

【日報問題】「戦争だった。全滅すると思った」陸自PKOで武器携行命令 南スーダン、大規模戦闘時 - 04月23日(月)08:49  seijinewsplus

陸自PKOで武器携行命令 南スーダン、大規模戦闘時 南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明していたが、参加の根拠が崩れていた可能性が強まった。派遣隊員や防衛省幹部が明らかにした。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

陸自PKOで武器携行命令 南スーダン、大規模戦闘時 - 04月23日(月)02:10 

南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

防衛省:日報、新たに4.3万件 カンボジアPKO以降 - 04月23日(月)21:19 

 防衛省は23日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題などを受け、過去の海外派遣部隊の日報を含む定時報告を統合幕僚監部に集約した結果、カンボジアPKO以降の21の海外派遣活動の定時報告とみられる文書延べ約4万3000件が見つかったと発表した。陸上自衛隊イラク派遣時の日報も新たに34日分が見
カテゴリー:

【黒塗り日報】陸自PKOで武器携行命令 派遣された隊員「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言★3 - 04月23日(月)15:26  newsplus

 南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明していたが、参加の根拠が崩れていた可能性が強まった。派遣隊員や防衛省幹部が明らかにした。  南スーダンPKOで武器携行命令が明らかになるのは2...
»続きを読む
カテゴリー:

【黒塗り日報】陸自PKOで武器携行命令 派遣された隊員「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言 - 04月23日(月)09:44  newsplus

 南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明していたが、参加の根拠が崩れていた可能性が強まった。派遣隊員や防衛省幹部が明らかにした。  南スーダンPKOで武器携行命令が明らかになるのは2...
»続きを読む
カテゴリー:

【自衛隊日報】PKOで武器携行命令 南スーダン 日報で「戦闘」時期 参加5原則逸脱か - 04月23日(月)04:01  newsplus

https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/182518?rct= 04/23 02:15 南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。当時は第7師団(千歳)を主力とする10次隊が活動しており、派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明...
»続きを読む
カテゴリー:

『日報隠蔽』の著者に聞く(下) 南スーダンPKO、自衛隊はなぜ危険な現地に踏みとどまったのか - 04月22日(日)11:00 

自衛隊がPKOで派遣された南スーダンでは、大統領派と副大統領派が反目し、民族対立も絡んで大規模な戦闘が起きていた。自衛隊はなぜ危険な現地に踏みとどまったのか。このほど出版された『日報隠蔽』(集英社)の著者で在野ジャーナリストの布施祐仁さんと、朝日新聞の元アフリカ特派員として現地で10数回の取材を重ねた三浦英之さんにJ-CASTニュース編集部がインタビューして改めて聞いた。
カテゴリー:

もっと見る

「南スーダン」の画像

もっと見る

「南スーダン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる