「半沢直樹」とは?

関連ニュース

語っていいとも! 第53回ゲスト・駿河太郎「器用に親父の名前ももっと使えば…とか思ってないんで」 - 02月18日(日)12:00 

あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』。 前回、俳優の林遣都(けんと)さんからご紹介いただいた第53回のゲストは俳優の駿河太郎さん。 バンド活動を経て、30歳で俳優転向。11年のNHK朝ドラ『カーネーション』でヒロインの夫役に大抜擢された後、ドラマ・映画に出演作多数の個性派バイプレイヤーとして活躍。知る人ぞ知る、国民的タレント・笑福亭鶴瓶の息子でもある。 前回はそのミュージシャンから転じて俳優をめざした経緯、父親の七光りをよしとせず、我が道を歩んできた自らの性分などを伺ったがーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―ちょうど僕が干支(えと)でひと回り上になるんですが、78年生まれですよね。 駿河 午(うま)です(笑)。 ―やっぱり昭和な匂いを感じさせるというか。ブログとかいろいろ見させていただいても、反骨の人なのかなと。今、お話を伺っても無骨というか(笑)。この連載はテーマのないトークなんですけど、今回はその“反骨”という言葉がある意味、テーマなのかなと思いながら…。 駿河 僕もずっと“なにくそ精神”でやってきてるから。特に役者に関して...more
カテゴリー:

林修先生「他人の揚げ足取るアホって暇なんですよ。暇っていうのは最大の敵。」 - 02月14日(水)20:24  mnewsplus

2月11日に放送された『初耳学』(TBS系)では、林修が正義感の不毛さを語った。 まず、林は『半沢直樹』(TBS系)の名言「やられたらやり返す 倍返しだ」を持ち出し、「このやり返すって考え方がかなり無駄じゃないか」と正義感を持って戦うのは時間の無駄であると話し始める。 「現実ではアホのほうが出世するってこともよくある話で、正義感が強い・能力のある人格者って意外と足を引っ張られるって珍しくないですよね」 続けて、林は足を引っ張ろうとするアホな人の特徴として「まず、あなたに強い関心があるんですよ。無関心だった...
»続きを読む
カテゴリー:

アホのほうが出世する?林修「正義感は無駄」 - 02月12日(月)23:00 

2月11日に放送された『初耳学』(TBS系)では、林修が正義感の不毛さを語った。 まず、林は『半沢直樹』(TBS系)の名言「やられたらやり返す 倍返しだ」を持ち出し、「このやり返すっ...
カテゴリー:

【テレビの開拓者たち / 松居大悟】「バイプレイヤーズ」若きメイン監督の今後の展望 - 02月11日(日)22:00 

遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研という、今を時めく名脇役たちが本人役で出演。シェアハウスで共同生活をするという設定で繰り広げられる、オフビートな笑いに満ちた虚実皮膜のストーリーが好評を博したドラマ「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」(2017年テレビ東京系)、そして2月7日からスタートした待望の新作「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活をしたら~」で、メイン監督を務める松居大悟。弱冠32歳にして、ドラマの脚本・演出にとどまらず、「アフロ田中」(2012年)、3月3日(土)公開の「アイスと雨音」といった映画の監督や、舞台劇の作・演出、また俳優活動に至るまで、マルチに活躍する彼に、作品づくりにおける信条や今後の展望を語ってもらった。 5人が海の中から登場するオープニング映像も話題の「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」(テレビ東京系)/(c)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会 ■ 僕が6人にやってほしいと思っていたことはほとんど実現できました ──「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」のメイン監督・脚本を担当されることは、どのような流れで決まったんでしょうか。 「プロデューサーであるドリマックス(制作会社)の浅野(敦也)さんからお話をいただいたんです...more
カテゴリー:

「平成」を代表する日本の作家ランキング 1位東野圭吾 2位西尾維新 - 02月04日(日)09:00  news

天皇陛下の生前退位により、2019年5月頃に平成に代わる新元号が施行される予定が発表されました。約30年間続いた平成という時代。 そんな平成に活躍した作家には、どのような人がいるのでしょうか。 そこで今回は、平成を代表すると思う日本の作家について探ってみました。 1位東野圭吾 白夜行、ガリレオシリーズ など 355票 2位西尾維新 戯言シリーズ、〈物語〉シリーズ など 263票 3位池井戸潤 半沢直樹シリーズ、花咲舞シリーズ など 244票 4位村上春樹 ノルウェイの森、ねじまき鳥クロニクル など 203票 5位有...
»続きを読む
カテゴリー:

「陸王」が監督賞に輝く!「製造業の方たちに挑戦してほしいという願いを込めました」 - 02月17日(土)09:00 

2017年秋クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第95回ドラマアカデミー賞」の全8部門の受賞作が決定。監督賞に、「陸王」(TBS系)の演出で視聴者から多くの支持を集めた福澤克雄氏と、田中健太氏が受賞した。 【写真を見る】CGを一切つかわずエキストラを集めたマラソンシーンは、迫力のある映像に/(C)TBS 視聴者からは、「大勢のエキストラを動員して迫力ある駅伝シーンと演技派同士の火花が散る人間ドラマ。その両方の演出に一切の妥協が見られなかった」「アップで役者の良さを引き出した」などと絶賛の声が届けられた。今回、受賞した福澤氏と田中氏の2人に喜びのコメントをもらった。 ――「陸王」で、最優秀作品賞に選出されました。受賞のお気持ちをお聞かせください。  福澤克雄:受賞できてよかったです。50歳を過ぎて、面白いものさえ作ればいいってものじゃない人生になってきたなと感じています。昔とは考え方が変わりました。TBSの日曜21時は看板枠。「華麗なる一族」(2007年TBS系)の時から思っていましたけど、男性もよく見ている時間帯なんです。だから、ドラマを見て元気になってもらって、また月曜日から働いてほしい。特に日本を支えている製造業の人たちに見てもらいたいですね。僕もかつて富士フィルムに勤めていたから分かるんですけど、フィルムがなくなっていくんじゃないか、車のエンジ...more
カテゴリー:

【画像】 正義とは一体なんなのだろうかという問いを子供に突きつけるアトラクションが発見される - 02月14日(水)09:51  news

『初耳学』で林修氏が正義感の不毛さを語った 『半沢直樹』の名言を持ち出し説明も https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-38187/ シッケクン? @sikke_kun スーパーの一角で正義とは一体なんなのか?という疑問が生じた witter.com/sikke_kun/status/962523690930810880 ...
»続きを読む
カテゴリー:

求められる月9ブランドからの解放 高満足度も得られぬ支持のワケ - 02月12日(月)08:40 

 かつてのテレビドラマ界で“王様”的扱いだったフジテレビ“月9”枠。その栄光ゆえ、今は視聴率が10%台に届かないと“爆死”などと言われ作品と出演者が必要以上に叩かれる風潮も。ところが今期の『海月姫』に関して言えば、視聴率は低迷しているものの、“月9黄金期”にあまり馴染みのないF1層(20~34歳女性)からは支持を得ており、満足度高い。かつて一時代を築いた“月9ブランド”というフィルターを一度外し、フラットな状態で作品を観ることが必要なのかもしれない。 【写真】『海月姫』“尼~ず”のオタク演技が話題 役と素顔のビフォーアフター ◆トレンディドラマで一世を風靡、「月曜の夜は街からOLが消える」  30代後半以上の視聴者にとって、“月9”と言えばトレンディドラマ。その先駆けは、陣内孝則主演の『君の瞳をタイホする!』(1988年)だ。ほか『君の瞳に恋してる!』(1989年)、『同・級・生』(同年)、『愛しあってるかい!』(同年)など数多くのヒット作が生み出された。  そして1991年、“月9”ブームの火付け役となるドラマ『東京ラブストーリー』が放送される。同作は平均視聴率22.9%、最高視聴率32.3%の大ヒット(ビデオリサーチ社調べ)。その後も『101回目のプロポーズ』(1991年)、『素顔のままで』(1992年)、『ひとつ屋根の下』(1993年)、『あすなろ白書』(1993年)...more
カテゴリー:

「99.9」「BG」高視聴率が暗示するテレビの危機 「逃げ恥」「半沢直樹」「ミタ」とは真逆の作風 | テレビ | 東洋経済オンライン - 02月11日(日)06:00 

今年1月スタートの連ドラが序盤から中盤に入り、賛否さまざまな声が飛び交っています。視聴率では、松本…
カテゴリー:

【調査】「平成」を代表する日本の作家ランキング 2位、西尾維新 3位、池井戸潤 ★2 - 02月03日(土)23:24  mnewsplus

https://ranking.goo.ne.jp/column/4915/ 2018年02月03日 00:00 天皇陛下の生前退位により、2019年5月頃に平成に代わる新元号が施行される予定が発表されました。約30年間続いた平成という時代。そんな平成に活躍した作家には、どのような人がいるのでしょうか。 そこで今回は、平成を代表すると思う日本の作家について探ってみました。 1位 東野圭吾(白夜行、ガリレオシリーズ など) 2位 西尾維新(戯言シリーズ、〈物語〉シリーズ など) 3位 池井戸潤(半沢直樹シリーズ、花咲舞シリーズ など) 4位 村上春樹(ノル...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「半沢直樹」の画像

もっと見る

「半沢直樹」の動画

Wikipedia

半沢直樹(はんざわなおき)は、池井戸潤による小説「半沢直樹シリーズ」のテレビドラマ化作品であり、同作の主人公の名前。テレビドラマは2013年7月7日から9月22日までTBS系「日曜劇場」枠で放送された。主演は堺雅人

オレたちバブル入行組をベースとする第一部・大阪西支店編と、オレたち花のバブル組をベースとする第二部・東京本店編の前後編二部構成。

キャッチコピーは「やられたらやり返す、倍返しだ!!」、「クソ上司め、覚えていやがれ!」。(概要参照)

概要

原作では、共通の主人公が登場する連続した作品で各巻ごとに異なる書名を用いているが、テレビドラマの放送途中でタイトルが変わるのは好ましくないという判断から、統一タイトルに変更された。また、主人公の生き様に焦点を当てるという意図から、主人公の名前を表題としている。

本作は、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる