「升毅」とは?

関連ニュース

アルツハイマー題材映画、スタジオ断られ…制作苦悩 - 04月25日(火)22:01 

 若年性アルツハイマーを患った妻と、介護する夫を描いた映画「八重子のハミング」(佐々部清監督、5月6日公開)に出演する升毅(61)高橋洋子(63)佐々部監督が25日、東京・有楽町の外国特派員協会で会見を行った。  佐々部監督は自主的に資…
in English
カテゴリー:

伊野尾慧、山本美月のパンチラに胸キュン?「パンツ選んだので」山本も自信 - 04月21日(金)11:58 

 伊野尾慧が、山本美月、永野芽郁、真剣佑、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子、神徳幸治監督と共に、20日に都内で実施された映画『ピーチガール』の完成披露試写会に出席。胸キュンしたシーンを聞かれた伊野尾は、山本のパンチラシーンを振り返り、「同世代の男子は、めっちゃキュンキュンすると思います」と語った。【関連】『ピーチガール』完成披露試写会フォトギャラリー ギャル風な外見ながら中身は超ピュアな女子高生の安達もも(山本)が、中学時代から片思いをしているとーじ(真剣佑)、高校一のモテ王子・カイリ(伊野尾)、ももの欲しがるものを何でも手に入れなくては気が済まない小悪魔・沙絵(永野)と織りなす恋模様を描く本作。最も胸キュンしたシーンを聞かれた山本は、「とーじと下校してて、カイリがちょっかいかけてきて、とーじが引っ張って『俺のだから!』って言うところが、キュンキュンです」とにっこり。 これを受けた伊野尾は、そのシーンの撮影がクランクアップの日だったことを振り返り、「最後の最後でとーじに取られて、映画の撮影自体が終わった。個人の気持ちとしてはちょっと寂しかったです」と悔しさを滲ませ、「個人的には、ももちゃんのスカートがバッとめくり上がるシーンが。同世代の男子は、めっちゃキュンキュンすると思いますよ」ともコメント。これを聞いた山本は「私、ちゃんとパンツ選んだんで。私初めてパンチラしました」と続け...more
in English
カテゴリー:

伊野尾慧、まさかの甘えん坊判定に苦笑 キャラ作りも指摘され「営業妨害です!」 - 04月20日(木)21:34 

 映画『ピーチガール』の完成披露試写会が20日、東京都内で行われ、出演者の山本美月、伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)、真剣佑、永野芽郁、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子、神徳幸治監督が登壇した。 会場で、女性ファンの黄色い歓声に迎えられた伊野尾は「皆さん、本当にキャーキャー言ってくださりありがとうございます」と照れ笑いであいさつ。ヒロインを演じた山本美月も「こんなにキャーキャー言ってもらえる作品に関われて幸せ」と感謝し「ここからが『ピーチガール』のスタート。皆さんに愛される映画になってくれたらうれしいです」とヒットに期待を込めた。 この作品は、見た目は派手だが中身は超ピュアな女子高生もも(山本)と、学校一のモテ王子カイリ(伊野尾)のラブストーリー。この日はキャスト陣が、劇中に登場する各キャラクターの“ギャップ”にかけて「ギャップ診断」に挑戦した。 心理テストの結果、カウンセラーから「安心、安定、安全が基本軸」「フラットに見せても実は自己防衛心が強い」と評価された伊野尾は「本当につまらない人間ですね」と自虐コメント。さらに「マイクが口に近い」というその仕草から「唇の周りに物があることで安心感を覚えるのは“甘えん坊”のしるし」と分析された伊野尾は「それ、赤ちゃんと同じですよ…」とただただ苦笑いだった。  また総合的な結果として、カウンセラーは「伊野尾さんの場合は、キャラを作っ...more
in English
カテゴリー:

伊野尾慧は無理したキャラ作り!?心理テストにタジタジ…『ピーチガール』完成披露試写会 - 04月20日(木)20:26 

真剣佑、山本美月、永野芽郁 山本美月&伊野尾慧のW主演で贈る、実写映画化『ピーチガール』(5月20日公開)。4月20日、都内にて本作の完成披露試写会が行われ、主演のふたりをはじめ、真剣佑、永野芽郁、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子、神徳幸治監督らキャストが一同に会した。イベント中盤に行われた...
in English
カテゴリー:

ヘイセイ伊野尾慧、山本美月の初パンチラに胸キュン! - 04月20日(木)20:23 

上田美和の少女コミックを映画化する『ピーチガール』(5月20日公開)の完成披露試写会が4月20日にイイノホールで開催され、山本美月、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、真剣佑、永野芽郁、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子、神徳幸治監督が登壇。伊野尾が、山本の“パンチラ”シーンについて「同世代の男子は、めっちゃキュンキュンする!」とアピールした。 【写真を見る】山本美月、ふわりとした白のドレスがキュート! 本作は、見た目は派手だけど、中身は超ピュアな女子高生・もも(山本)が、学校一のモテ王子・カイリ(伊野尾)らと繰り広げる恋を描く恋愛映画。伊野尾は「ももちゃんとのデートシーンをたくさん撮った。ももちゃんが本当にきれいで素敵な女性なので、ずっとキュンキュンしていました」と胸キュンいっぱいの撮影を述懐。 続けて、「ももちゃんのスカートがばっとめくり上がるシーンがある。そこは同世代の男子は、めっちゃキュンキュンすると思う」と言うと、山本は「ちゃんとパンツを選んだ。初めてパンチラをしました」と大胆な告白をして、会場を沸かせていた。 またこの日は、劇中で各キャラクターのギャップが描かれることから、“ギャップ診断”を実施。ステージでの行動なども心理カウンセラー・小高千枝先生がチェックをし、総合的な診断を下した。先生によると伊野尾の結果は「安心、安全、安定が基本軸」とのことで、伊野尾は「...more
in English
カテゴリー:

BLUE ENCOUNT、主題歌担当の映画『ラストコップ』予告映像公開 - 04月24日(月)18:24 

BLUE ENCOUNTによる書き下ろし楽曲「さよなら」が主題歌となっている、5月3日より全国ロードショーとなる映画『ラストコップ THE MOVIE』本編映像の名場面で構成されたプロモーション・ビデオが公開された。『THE LAST COP/ラストコップ』は、30年の昏睡状態から突如目覚めた、現代の常識も世間の空気も全て無視した時代錯誤な熱血昭和デカ:京極浩介(唐沢寿明)と、京極とバディを組むことになった草食系の平成刑事:望月亮太(窪田正孝)の凸凹コンビが、豪快かつ破天荒な捜査で事件を解決する様を描くアクションコメディ。映画で描かれるのは、最新鋭の人工知能が引き起こす“人類滅亡の危機”という未だかつてない大事件。さらに、これまで幾多のピンチを乗り切ってきた京極の不死身のパワーが、遂に限界に到達。自らの死を覚悟しながら、「最後まで目に焼き付けてほしい」と語る京極の生きざまに、唯一無二のバディである亮太は、これまで京極に教わった全てを持って答えようと奔走する。ボーカルの田邊駿一が「ブルエン史上もっとも切なくもっともあたたかいバラードが完成しました」と語る主題歌「さよなら」は、今回の映画で感動のクライマックスを迎える「ラストコップ」のために書き下され、ドラマ版での激しいテンポでエネルギッシュな曲調の「LAST HERO」とは打って変わり、優しいメロディと切ない歌詞で聴く者すべての胸を打...more
in English
カテゴリー:

【映画】山本美月、初パンチラ♪伊野尾慧「男子はめっちゃキュンキュンします」 - 04月21日(金)05:25 

2017.4.21 05:01  女優、山本美月(25)とHey!Say!JUMPの伊野尾慧(26)が20日、東京都内で行われたW主演映画「ピーチガール」(神徳幸治監督、5月20日公開)の完成試写会に出席した。  高校生4人が巻き起こす恋模様を描く。一番胸キュンしたシーンについて伊野尾が「もも(山本)ちゃんのスカートがめくり上がるシーン。同世代の男子はめっちゃキュンキュンします」と力説すると、 山本は「ちゃんとパンツ選びましたから。初めてパンチラしました」と照れ笑いした。 映画「ピーチガール」の完成披露試...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

山本美月&永野芽郁「Hey! Say! JUMP」伊野尾慧のキャラ崩壊に爆笑 - 04月20日(木)20:53 

 山本美月と伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)のダブル主演で、上田美和氏の少女コミックを実写映画化する「ピーチガール」の完成披露試写会が4月20日、東京・内幸町のイイノホールで行われ、山本と伊野尾のほか、共演の真剣佑、永野芽郁、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子、メガホンをとった神徳幸治監督が出席した。伊野尾は大歓声で迎えてくれた観客に「キャーキャー言ってくれてありがとうございます!」と満面の笑みを浮かべていた。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  原作は、台湾でドラマ化され、日本でもテレビアニメ化された人気漫画。見た目は派手だが中身はピュアな女子高生・もも(山本)が、学校一のモテ男・カイリ(伊野尾)と同級生のとーじ(真剣佑)の間で揺れ動く恋愛模様を描いた。胸キュンするシーンを問われた山本は「ももととーじの下校シーン。ちょっかいをかけてくるカイリに対して、とーじが『(ももは)俺のだから』と言うところ」と回答。このシーンの撮影はクランクアップに行われたようで、伊野尾は「僕としてはせつないシーン。とられて終わっちゃったから複雑だったんです」と語っていた。  一方、小悪魔系女子・柏木沙絵役を演じた永野は「胸キュンではないんですけど、カイリ役の伊野尾君に暴言を吐けたのがめちゃくちゃ楽しかったんです。なかなかないことだから、気持ちよかった(笑)」とニッコリ。ももの...more
in English
カテゴリー:

ヘイセイ伊野尾慧、山本美月の初パンチラに胸キュン! - 04月20日(木)20:23 

上田美和の少女コミックを映画化する『ピーチガール』(5月20日公開)の完成披露試写会が4月20日にイイノホールで開催され、山本美月、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、真剣佑、永野芽郁、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子、神徳幸治...続きを読む
in English
カテゴリー:

Hey! Say! JUMP伊野尾慧、山本美月のパンチラに「キュンキュン」 - 04月20日(木)19:46 

 Hey! Say! JUMPの伊野尾慧、女優の山本美月が20日、都内で行われたW主演映画『ピーチガール』(5月20日公開)完成披露試写会に出席した。高校生同士の恋愛を描き、胸キュンシーンも満載となる同作。お気に入りの場面を聞かれた伊野尾は「ももちゃん(山本)はきれいですてきな女性なので、ずっとキュンキュンしてました」とアイドルスマイルを浮かべながらも「個人的にはももちゃんのスカートがバッとめくれあがるシーン…同世代の男子はめっちゃキュンキュンすると思います」と本音を漏らして会場の爆笑を誘った。 【全体ショット】永野芽郁、真剣佑らも出席したイベントの模様  そんな伊野尾のお気に入りシーンについて、山本は「私、めっちゃパンツ選んだので。初めての“パンチラ”をしました」と裏側を明かしながら照れ笑い。このシーンには、伊野尾とライバル関係を演じる真剣佑も注目だったようで「もう目の前で見てましたから」と瞳を見開いて、撮影時を振り返っていた。  上田美和氏の1300万部超の原作漫画を実写化した同作は、見た目は派手だけど中身はピュアな女子高生・安達もも(山本)と、ももに興味を持つ学校イチのモテ王子・カイリ(伊野尾)、ももが片思いする硬派男子・とーじ(真剣佑)、ももの邪魔ばかりする小悪魔・さえ(永野芽郁)らが織りなすラブコメディー。  登場人物みんなが“ギャップ”を持つという内容にちなみ、...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「升毅」の画像

もっと見る

「升毅」の動画

Wikipedia

升 毅(ます たけし、1955年12月9日 - )は、日本俳優ナレーター。愛称は「マスオさん」。東京都出身。ケイファクトリー所属。劇団MOTHER主宰(2003年解散)。近畿大学商経学部卒業。身長180cm、体重71kg。

略歴・人物

1975年にNHK大阪放送劇団に入団してデビュー。

その後、劇団五期会を経て、1985年に立原啓裕牧野エミ(当時は牧野恵美)らと、「売名行為」 を結成。複数の作家によるオムニバス方式でコントを披露していた。1991年、「売名行為」を解散、新たに「劇団MOTHER」を結成し、2003年の解散まで主宰・座長を務めた。

生瀬勝久八十田勇一、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる