「千葉雄大」とは?

関連ニュース

田中圭&トレエン斉藤「民衆の敵」第9話の副音声で奔放に語る! - 12月18日(月)18:19 

12月18日(月)放送の篠原涼子主演ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(毎週月曜夜9:00-9:54フジテレビ系)第9話で、同ドラマに出演している田中圭とトレンディエンジェル・斎藤司が「副音声企画」を行う。 【写真を見る】篠原涼子演じる市長・智子がどんどん追い詰められていく…!/(C)フジテレビ ドラマの放送と並行して、園田龍太郎役のトレエン・斎藤が、他の出演者と副音声で撮影エピソードなどを語る同企画。第4話では前田敦子(小出未亜役)、第7話では千葉雄大(岡本遼役)、第8話ではスピンオフドラマ「片想いの敵」に出演した相方のたかしを迎え、奔放なトークを繰り広げた。 第9話の副音声企画では、主人公・佐藤智子(篠原)の良き理解者である夫・公平を演じる田中が登場。副音声の収録を終えた田中は「こんなにまでドラマと関係ないことを話すんだ!?」と、斎藤の自由さに驚いた様子を見せた。 以下、副音声収録後の田中と斎藤のコメントを紹介する。 ■ トレンディエンジェル コメント 斎藤:副音声どうでしたか? 田中:めっちゃ楽しかったです。副音声のお話を頂いて、「副音声?」って正直思いました。斎藤さんが何回かやっていたのは知っていたんですけど、「何を話せばいいんだろう」って。 「斎藤さんがいるから大丈夫」っていう甘い考えで臨んだのですが、それにしても楽しかったです。「こんなにまでドラマと関...more
カテゴリー:

上白石萌音、占い師の予言に「将棋でも始めます」 - 12月17日(日)07:23 

 上白石萌音(19)千葉雄大(28)が16日、都内でアニメ映画「妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」の初日舞台あいさつに立った。  2人は声優を務めた。アニメシリーズ版の30年後を描いた同映画にちなみ、占い師が30年後を予言。「新…
カテゴリー:

上白石萌音、30年後は芸術家として新ジャンル確立「全く思い当たりません」 - 12月16日(土)16:45 

 アニメ映画の人気シリーズ最新作「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」が12月16日、全国366スクリーンで公開され、声優を務めた女優の上白石萌音、俳優の千葉雄大、製作総指揮・原案・脚本の日野晃博氏と人気キャラクターのジバニャンが東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで初日舞台挨拶を行った。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  主人公のケータが暮らす世界の30年後を描くシリーズ第4弾。その設定にちなみ上白石と千葉の30年後を予想する占いが披露された。上白石は「芸術家の才能で新しいジャンルを確立している」そうだが、本人は「思い当たるふしは、全くありません」と完全否定だ。  だが、「0か100かの極端な思考。感情に流されず冷静に。脳トレや将棋などをすると良い」という理由を聞かされると納得の表情。「ちゃんと考えろってことですよね。理性が一番必要。将棋を始めます」と宣言した。  千葉は、「大きなお世話ですね」と苦笑いだったが、「舞台で活躍し、ヒールで当たり役がある」とされ、「今年初めて舞台に出たので、ヒールというのが気になります」と興味ありげ。さらに、「よく言えば愛妻家。完全に尻に敷かれた夫婦生活」という予想には、「僕を尻に敷けるくらいの方がいれば。敷けるものなら敷いてみろって感じです」と強気の姿勢を見せた。  昨年の第3作は実写との融合、今年...more
カテゴリー:

30年後、上白石萌音は「新しい芸能ジャンルを確立」 千葉雄大は「完全に尻に敷かれた夫婦関係」 - 12月16日(土)14:59 

 『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、声優を務めた上白石萌音、千葉雄大、日野晃博監督が出席した。  本作は、人気テレビアニメ「妖怪ウォッチ」シリーズの劇場版第4弾。これまで描かれてきた世界の30年後を舞台に、人類滅亡の危機に立ち向かう新たな救世主たちの活躍を描く。  この日は、クリスマス前だけに、上白石らはサンタクロースの帽子をかぶって登場した。トークコーナーでは劇中の設定にちなんで、30年後を占った。  30年後、上白石は49歳、千葉は58歳になる。上白石の結果は「役者という分野にとどまらない新しい芸能ジャンルを確立している可能性がある。0か100か、極端すぎる思考を持っており、芸術家の才を持っているため、独自の表現を突き詰めたくなるときが必ず訪れる」と出た。  俳優、歌手として、マルチに活動している上白石だが、思わぬ結果に「(思い当たるところは)ありません。どうすればこうなれるんだろう」と目を丸くした。  「仕事で感性を豊かに働かせているが、悩んだときには感情に流されず、冷静に判断することが大事。脳トレや将棋などで頭を鍛えておくことがお薦め」と告げられると、「今、一番理性が必要ですね。感情に流されやすいので。将棋を始めます」と語った。  一方、千葉は「舞台で活躍。ヒール役が当たり役に。よくいえば愛妻家。完全に尻に敷かれ...more
カテゴリー:

千葉雄大は30年後、完全に尻に敷かれる!?占い結果に上白石萌音も笑顔 - 12月16日(土)13:10 

人気ゲームが原作のTVアニメの劇場版第4弾『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』の初日舞台挨拶が、12月16日にTOHOシネマズ新宿で開催。声優を務めた上白石萌音、千葉雄大、製作総指揮の日野晃博、ジバニャン(声優:黒田崇矢)が登壇した。 【写真を見る】白いドレスの上白石萌音の可憐な全身ショット 本作の舞台は主人公ケータたちの世界から30年後の世界。妖怪ウイルスによって復活した鬼王・羅仙が、人間と妖怪を滅亡の危機に追い込む。キュートな風貌の妖怪ジバニャンは、より妖怪チックなビジュアルに変身。ジバニャンは「なんで30年後かって?そこは忖度するニャン」と言って笑いを取った。 映画にちなみ、上白石と千葉の30年後の世界を、占い師の御瀧政子が占った。上白石については「芸術家の才!新しい芸術ジャンルを確立」と出た。上白石は「良からぬことを言われると覚悟してきたのですが。どうすればこうなれるんですか?」と結果に驚く。 「感情より理性を大事に」とアドバイスを受けると、上白石は「今、一番必要ですね。理性。感情に流されやすいから。ちゃんと考えろってことですね」とうなずいた。 千葉の結果は仕事では「舞台で活躍!ヒール役で当たり役!」と、家庭では「よく言えば愛妻家!完全に尻に敷かれた夫婦関係!」という結果が出る。 千葉は「今年、舞台やりました。シャドウサイドですね」と納得した後「僕のことを尻に...more
カテゴリー:

大丈夫か「民衆の敵」石田ゆり子が精子提供を受けたシングルマザーだとか驚いた8話 - 12月18日(月)09:45 

篠原涼子主演の月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』。視聴率は相変わらず苦戦中で、先週放送の第8話は5.3%。西内まりや主演の『突然ですが、明日結婚しますが』が月9史上初の視聴率5%を記録して話題になったが、『民衆の敵』は7話、8話と連続して5%台を記録してしまった。月9最低記録の5%まで、あと0.3%だ。ドラマの出来が良いのに視聴率が伸び悩むこともあるのだが、『民衆の敵』の場合は第8話のストーリーも迷走気味である。(クリアファイル発売中)『民衆の敵』最大の収獲は大澄賢也?主人公の智子(篠原涼子)は、自分を市長に担ぎ上げた最大会派のドン、犬崎(古田新太)に反旗を翻し、副市長の前田(大澄賢也)らの解任を発表する。いわば市長によるクーデターだ。市民からの激励の電話が殺到するのだが、クーデターはあっという間に犬崎派によって制圧される。市役所の職員たちが仕事をボイコットしたのだ。これで智子は手も足も出ない。「実は以前から市長は精神的に不安定なところがありまして……ははっ、これは書かないでくださいよ?」これはマスコミに偽情報をリークする前田の言葉。全力でイヤミな腰巾着を演じる大澄賢也は、このドラマ最大の収獲だと思う。もはや“ルミ子の元夫”感はない。智子陣営への切り崩しは続く。次のターゲットは和美(石田ゆり子)だ。犬崎たちは和美と智子の夫・公平(田中圭)が不倫をしているという...more
カテゴリー:

実写化ブームが止まらない 『銀魂』『ハガレン』2017年コミック実写化を振り返る - 12月17日(日)07:20 

 引き続きコミックの実写化ブームが巻き起こっている日本映画界。2017年もたくさんの人気コミックが実写映画となって登場した。今年のブームを語る上で欠かせないのが、映画『銀魂』の成功。原作ファン、原作未読の観客をも引き込んで、興行収入35億円を突破する大ヒットを記録した。また『ジョジョの奇妙な冒険』『鋼の錬金術師』といった、伝説的コミックの実写化も話題に。締めくくりとして、“コミックの実写化 2017”を振り返ってみたい。【関連】2017年話題の実写映画を振り返る<フォトギャラリー> 実写化ブームが止まらない。日本の漫画の質が高く、愛されているからこそ、これほどに拡大し続けているわけだが、ファンが多ければ多いほど、原作ファンをも納得させるのは至難の技。そんな中、『銀魂』では“くだらなさを真剣に描く”という原作の魅力と、福田雄一監督の持ち味が見事に合致し、映画冒頭から観客を魅了。小栗旬、菅田将暉、橋本環奈をはじめとするキャスティングも発表されるごとに歓喜の声が上がるなど、原作ファンも夢中になった。大ヒットを受けて、続編の製作も決定。『銀魂』の実写化成功は、日本映画界にとっても大きな希望となった。 福田監督は、『斉木楠雄のΨ難』でも観客を笑いの渦に巻き込んだ。山崎賢人がコメディ映画初主演を果たし、ピンク頭に緑のサングラス姿で新境地にトライ。また『銀魂』で鼻ホジ&ゲロ吐きを披露した橋本環奈...more
カテゴリー:

上白石萌音、30年後は芸術家として新ジャンル確立「全く思い当たりません」 - 12月16日(土)16:45 

アニメ映画の人気シリーズ最新作「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」が12月16日、全国366スクリーンで公開され、声優を務めた女優の上白石萌音、俳優の千葉雄大、製作総指揮・原案・脚...
カテゴリー:

千葉雄大:腹筋バキバキ願望を告白 30年後は「尻に敷かれる愛妻家」に? - 12月16日(土)13:48 

 俳優の千葉雄大さんが16日、東京都内で開かれた劇場版アニメ「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」(ウシロシンジ監督)の初日舞台あいさつに登場。「妖怪は人の思いを具現化する」として、自分…
カテゴリー:

千葉雄大「敷けるものなら敷いてみろ!」と花嫁募集!?映画『妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』初日舞台挨拶 - 12月16日(土)12:50 

日野晃博、上白石萌音、ジバニャン(ライトサイド)、千葉雄大 12月16日(土)、映画『妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』の初日舞台挨拶が、東京・六本木 TOHOシネマズで開催。イベントには本作でゲスト声優、主人公・天野ナツメ役の上白石萌音、もう一人の主人公・月浪トウマ役の千葉雄大、製作総指揮・...
カテゴリー:

もっと見る

「千葉雄大」の画像

もっと見る

「千葉雄大」の動画

Wikipedia

千葉 雄大(ちば ゆうだい、1989年3月9日 - )は、日本俳優ファッションモデル。愛称は「千葉くん」、「千葉ちゃん」。

宮城県多賀城市出身。宮城県仙台第三高等学校卒業。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。

略歴

幼少時代好きだったスーパー戦隊シリーズの作品は恐竜戦隊ジュウレンジャーだったという特撮ニュータイプ2010年3月号のインタビューより。

2007年10月、Toppaモデルオーディションでモデルに選ばれた。大学生時代に町田市内のスターバックスでアルバイトをしていた男の履歴書 千葉雄大編|インライフ。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる