「千葉繁」とは?

関連ニュース

『宇宙戦艦ヤマト2202』第四章 1・27劇場公開 - 10月14日(土)14:37 

 テレビシリーズ第1作から40年以上にわたって愛されているアニメ『宇宙戦艦ヤマト』の新シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第三章「純愛篇」の上映がきょう14日からスタート。そして、第四章「天命篇」が、来年1月27日より全国25館で3週間限定劇場上映されることが発表された。 【動画】『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第三章「純愛篇」本予告  同作は、1978年に公開された映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに、『亡国のイージス』の原作や『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』のストーリーを手掛けた福井晴敏氏がシリーズ構成を担当。壮絶なる物語を、新たな解釈と装いで現代に蘇らせる(シリーズ全七章順次劇場上映)。  第四章は、第11話~第14話の計4話で構成。突如ヤマトに降りかかる新たなる試練。その正体とは――。艦内で浮上するスパイ疑惑や、ガトランティスの母体たる白色彗星との遭遇、幾多の苦難を乗り越えテレザートへと到達するヤマト。だがそこには、ゴーランド率いる守備艦隊、さらにはザバイバルの陸戦師団が待ち受けていた。すべてはテレサと邂逅してメッセージの真の意味を知るために。目的地であるテレザートを目前に、いまこそ古代の覚悟が試されようとしていた。  劇場上映とともに、Blu-ray特別限定版の劇場先行販売、デジタルセル版配信も同時スタート。 ■第四章...more
カテゴリー:

押井守監督実写映画第2弾、撮影場所は山形にある脚本家・伊藤和典実家の映画館 - 10月10日(火)20:00 

 山形県内各所で開催中の「山形国際ドキュメンタリー映画祭2017」で10月9日、押井守監督の1992年の実写映画「トーキングヘッド」が上映された。この日の上映後には、ゲストとして脚本家の伊藤和典が来場、自身の実家である映画館「上山トキワ館」で同作が撮影された経緯を振り返った。  映画や資料などを通じて山形県内各所にあった映画館の姿を再検証する特集上映「銀幕よ甦れ! やまがた映画館異聞録」内の1本として上映された本作。ゲストには「機動警察パトレイバー2 the Movie」「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」といった押井守作品や、平成「ガメラ」シリーズなどの脚本家として知られ、本作では監督補佐としてクレジットされている伊藤が来場した。  押井監督との出会いは「(アニメ制作会社の)スタジオぴえろでしたね。最初は制作進行と各話演出という関係性だったのが、その後、『うる星やつら』でシリーズ構成とチーフディレクターという関係性になったんです」と振り返った伊藤は、「(押井守の実写監督デビュー作)『紅い眼鏡』というのは、(声優の)千葉繁のプロモーションビデオを作ろうというところから始まったんですが、どうせ作るなら映画にしようとなり。それからカメラマンが、どうせ撮るなら16ミリフィルムではなくて、35ミリフィルムの方がいいとなり、今ある分量になったわけです」と説明した。  「...more
カテゴリー:

「千葉繁」の画像

もっと見る

「千葉繁」の動画

Wikipedia

1991年

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる