「千葉市美浜区」とは?

関連ニュース

【千葉】<ニコニコ超会議2017>ニコ動の大規模イベント開幕 早朝から長蛇の列 - 04月29日(土)10:47 

まんたんウェブ 4/29(土) 10:00配信 動画配信サイト「ニコニコ動画(ニコ動)」の大規模イベント「ニコニコ超会議2017」が29日午前10時、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開幕した。 昨年は2日間で約15万3000人が来場した人気イベントで、今年も開場を前に、会場の外では早朝から長蛇の列ができた。 今年は、昨年に続いて歌舞伎俳優の中村獅童さんとバーチャルシンガーの初音ミクが“競演”するイベント「超歌舞伎」が行われるほか、タレントのビートたけしさんや小池百合子東京都知事、歌手の小林幸子さんらが登場。 「けものフレンズ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

体感する施設が続々 ナムコが屋内アスレチック 東京ドームはアートとカルチャーの発信基地 - 04月24日(月)19:00 

 リアルでライブ感のある体験の提供が、エンターテインメントの大きな流れになって来た。バンダイナムコグループで施設運営を手掛けるナムコ(東京都港区)が、千葉市美浜区にあるイオンモール幕張新都心に4月21日オープンした「TONDEMI(トンデミ)は、トランポリンやクライミングウォールを備えた屋内型アスレチック施設。子供と親がいっしょになってトランポリンではね、壁をのぼり、ロープを伝って高所を歩く運動を体験できる。東京ドーム(東京都文京区)は、野球場や遊園地のある敷地内にアートとカルチャーを体感できるギャラリーを新設。スポーツ観戦やアトラクションのファンとは違った新たな客層を引き寄せる。
in English
カテゴリー:

ローム、生産工程IoT化、“工場見える化”の簡便な構築法をテクノフロンティアで - 04月23日(日)22:20 

「テクノフロンティア2017(TECHNO-FRONTIER 2017)」が、千葉市美浜区の幕張メッセを会場に、4月19日から21日まで開催された。
in English
カテゴリー:

【夏休み2017】恐竜大繁栄の謎に迫る「ギガ恐竜展」幕張メッセ7/15-9/3 - 04月20日(木)18:45 

 「ギガ恐竜展2017」が、7月15日~9月3日に幕張メッセで開催される。30点を超える日本初公開の恐竜たちが展示され、世界各地から発掘された貴重な実物化石、全身骨格標本、ロボットなどで、恐竜大繁栄の謎に迫る。入場料は大人2,200円(前売券1,800円)、子ども1,000円(前売券800円)。 「ギガ恐竜展2017」では、「地球の絶対王者のなぞ」と題し、恐竜が大繁栄を遂げた謎に迫る。実物化石、全身骨格標本、ロボットなどを通し、恐竜が生きていた中生代の地球の姿や、恐竜の形、大きさ、ライフスタイルなどをテーマに着目、その要因を探る。 30点を超える日本初公開の恐竜たちの中でも、ルヤンゴサウルス、ティラノサウルスは必見。ルヤンゴサウルスは、中国の河南省で発見された全長が38メートル、高さ14メートル、重さ130トンにも及ぶ世界最大級の竜脚類の組み上がった全身骨格が展示される。また、ワイレックスという愛称のティラノサウルスの全身骨格は、皮膚印象化石を持つ貴重な標本が展示される。 チケットは5月3日から前売り券の販売が開始され、数量限定でオリジナルマスコット付き前売り券も販売される。チケットぴあ、ローソン、イープラスで購入可能。◆ギガ恐竜展2017地球の絶対王者のなぞ日時:2017年7月15日(土)~9月3日(日)9:30~17:00(入場は閉場30分前まで)※休館日なし会場:幕張メッセ国...more
in English
カテゴリー:

株式会社Liquid、千葉銀行の次世代営業店モデルの実証実験において、印鑑レス・キャッシュカードレスで手ぶらで取引体験できる実験開始 - 04月19日(水)09:00 

[株式会社Liquid] 実験の概要は以下の通りです。 実施店舗   千葉銀行 真砂支店 千葉県千葉市美浜区真砂4-1-5(ショッピングセンターPIA1階) 実施期間   2017年4月19日(水)~2017年4月26日(水)および2017年5月10日(...
in English
カテゴリー:

産業用ドローンの底力を見た!様々な分野で低コスト・短時間化が可能に――「第3回国際ドローン展」最前線レポート - 04月25日(火)15:52 

 一般的にドローンというと“空撮”やアマゾンなどの“ドローン配送”といったイメージも強いが、実は産業用ドローンの利用はそれよりもっと進んでいる。 ⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1322978  4月19~21日の3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された「第3回国際ドローン展」の様子から、知られざる産業用ドローンのポテンシャルを紹介しよう。 ◆ドローンの計測技術が一番アツい理由  産業用ドローンの分野で最近一番アツいのは、地形計測技術だ。  従来の航空レーザー測量や写真測量では困難だった高密度な地形データを、レーザースキャナーを搭載したドローンで収集。高精度な3次元モデルを生成するサービスや解析を行うソフトウェアの開発など、ドローンは空間情報技術に関する分野の注目がもっとも高い。特に、建設・土木現場での活用や森林の効率的な維持管理、文化財の保存・修復などでの需要の高まりが期待できるだろう。  たとえば、土木工事現場の生産性向上を目指す国土交通省の取り組み「i-Construction (アイ・コンストラクション)」。ドローンによって3次元データを計測する取り組みは建設・土木工事の全工程で必須となっており、会場内でもドローンの運航方法と3次元データの計測方法を教習する実務者向けスクールのブースは存在感を放っ...more
in English
カテゴリー:

芙蓉総合リース リース終了手続きをクラウド化しペーパーレスに - 04月24日(月)10:38 

芙蓉総合リース<8424>は19日、セイコーソリューションズ(本社:千葉市美浜区)の「かんたん電子契約」を利用したリース終了手続のペーパーレス化を開始すると発表した。
in English
カテゴリー:

「テクノフロンティア2017」開幕、ますます進化するドローン - 04月23日(日)22:18 

「テクノフロンティア2017(TECHNO-FRONTIER 2017)」が、千葉市美浜区の幕張メッセで、4月19日から21日まで開催された。
in English
カテゴリー:

世界で人気の屋内アスレチック施設が幕張イオンに! トンデミの魅力を探る - 04月20日(木)11:30 

ファミリー世帯にとって、気候に左右されずに楽しめて便利な屋内の遊び場。しかし、小学生以上になると、体を思う存分動かして全力で遊べる場所は、少なくなってしまうのではないだろうか。 そこで注目なのが、ナムコが4月21日、千葉県千葉市のイオンモール幕張新都心にオープンする屋内アスレチック施設「スペースアスレチック トンデミ」(以下トンデミ)。身長110cm以上の子どもと親が主な対象で、国内最大級の規模(同社調べ)を誇るトランポリンや綱渡り、クライミングウォールなどが楽しめる。 大人でも汗だくになるほど夢中になってしまいそうな、この施設の魅力を紹介しよう。 ○トランポリンにはプロジェクションマッピングも登場! トンデミは、欧米やアジアで人気を博しているトランポリンなどのスポーツアクティビティを充実させた施設。約200坪に広がる「トランポリン」、11種類にも及ぶ「クライミングウォール」、高さ3m、全長42mの「ロープアクティビティ」など、世界中から集めたアクティビティを体験できるという。 「小学生が親と一緒に本気で汗を流せる施設を作りたかった」と同社。小学生以上の子どもを対象にした遊び場の運営は、同社として初めての試みだそうだ。 中でも、約200坪の広さを誇る「トランポリンエリア」は、全力で体を動かせるスポットの1つ。自由気ままに跳びまわることのできる「フリーゾーン」のほか、スポ...more
in English
カテゴリー:

ナムコの次世代型アスレチック - 04月18日(火)17:37 

ナムコが公開した次世代型屋内アスレチック施設「TONDEMI(トンデミ)」。トランポリン(写真上)やクライミングウォール(写真下)などが楽しめる=18日午後、千葉市美浜区
in English
カテゴリー:

もっと見る

「千葉市美浜区」の画像

もっと見る

「千葉市美浜区」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる