「千原ジュニア」とは?

関連ニュース

「わろてんか」87話。倒れてみんなの見せ場を作る藤吉(松坂桃李)、なんという献身 - 01月17日(水)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第16週「笑いの新時代」第87回 1月16日(火)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭 87話はこんな話藤吉(松坂桃李)が倒れ、北村笑店はじまって以来の一大事に、風太(濱田岳)は皆で立ち向かおうと鼓舞する。質の高い文化の創造 1月16日に発表された、2018─2020年の「経営計画」でNHKは、追求する「公共的価値」のなかに「質の高い文化の創造」を挙げている。「質の高い文化の創造」、なにとぞよろしくお願いします。ぐっと来た 「なあ 藤吉はん わろてんか」昏昏と眠り続ける藤吉に、てん(葵わかな)が声をかける。ここはぐっと来た。家族以外の人の面会は・・・と困る看護師に「わしら家族です」と言う亀井(内場勝則)。ここもぐっと来た。「もうすぐ一番太鼓鳴りまっせ」もよい台詞。「リリコ(広瀬アリス)やでえ、目ぇ開けてぇや」も。栞(高橋一生)の「たまには泣いてもいいんじゃないかな」も。倒れたことでみんなに見せ場を作った藤吉の献身はすばらしい!根付の鈴の見せ場までできたし。抑圧されたてん てんは、藤吉には「一生笑わせたる」と言われ、お父さん(遠藤憲一)には「てん、お前はわろてんか?」(36話)と確認され、兄(千葉雄大)には「つらいときこそ笑うんや」(11話)と言われてきた。彼女がなかなか泣け...more
カテゴリー:

森口博子の命救った森脇健児 - 01月15日(月)17:39 

歌手でタレントの森口博子が、1月14日に放送された討論番組「千原ジュニアのキング・オブ・ディベート」(AbemaTV)に出演。かつて、タレントの森脇健児に命を救われたことがあったと告白した。
カテゴリー:

ビートたけしの希望叶った!芸人生徒が『平成教育委員会』に初集結 - 01月14日(日)05:00 

1月14日(日)19時より3時間にわたって放送される『平成教育委員会2018 新春SP(仮)』(フジテレビ系)は、番組史上初となる“芸人”だらけの生徒を集めて「勉強を好きになるスペシャル」を繰り広げる。スタジオには、天野ひろゆき(キャイ~ン)、上島竜兵(ダチョウ倶楽部)、大久保佳代子(オアシズ)、岡田圭右(ますだおかだ)、ガダルカナル・タカ、ケンドーコバヤシ、小峠英二(バイきんぐ)、田中卓志(アンガールズ)、千原ジュニア(千原兄弟)、寺門ジモン(ダチョウ倶楽部)、肥後克広(ダチョウ倶楽部)、久本雅美、平井“ファラオ”光(馬鹿よ貴方は)、やしろ優、渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)といった人気芸人が集結。MCのビートたけしは、冒頭あいさつにて「今回は私の希望で芸人を集めました!」と大張り切りするが、IMALU、井森美幸、峯岸みなみなど芸人ではない面々からはツッコミが入る。また今回は、「勉強って楽しい!」と感じられることを主旨に、入試問題ではなく面白い問題ばかりを集めた企画を初めて実施。「国語」では「意味がわかると怖い話」というテーマで、一見楽しいが、実は深く読み解くと恐ろしいストーリーのVTRを観賞。“芸人”生徒たちは、鳥肌ものの内容に驚きながら回答していく。「社会」では、ある偉人の昔の家族写真や、今は高層ビル群になっている都会の昔の写真から歴史を読み解く。笑いあり、“へぇ~”の納得あり、で...more
カテゴリー:

千原ジュニア主演『新・ミナミの帝王』大東駿介とのタッグは息ピッタリ - 01月13日(土)12:00 

千原ジュニア主演のスペシャルドラマ『新・ミナミの帝王』(カンテレ)の第15作「ニンベンの女」が、1月13日(土)15時から放送される。同作は、原作・天王寺大の漫画『ミナミの帝王』を実写化した人気シリーズ。千原演じる大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎は、貸し倒れ(貸した金を回収できなくなること)にあったことがないのが自慢で「ミナミの鬼」と恐れられている。そんな銀次郎が、紅は、依頼人が借金せざるを得なくなった問題に切り込んでいく姿を描くヒューマンドラマだ。2010年の放送から8年を迎えた今年。萬田銀次郎を演じる千原と、銀次郎の舎弟・坂上竜一を演じる大東駿介は、ともに関西出身。映画版を含めるとシリーズ16作で師弟関係を演じる2人は、休憩中は会話に花を咲かせ、ドラマの中でも息ピッタリだ。大東とのコンビについて千原は「芝居は、大東さんの土俵ですから、そこに僕が偉そうにお邪魔しているんです。でもそれを大東さんはええ感じで迎え入れてくれています」と、大東に敬意を示し、2人の関係は良好の様子。一方の大東は、「面白いもので、すごく慣れたチームで16回やっていても、年に一度、3週間くらいの撮影なので、毎回雰囲気が微妙に違うんです。みんなが年に1回ここに集まるという仕組みができていて、“新・ミナミの帝王のチーム”が完成しつつあるのかなという感じがします」と、千原を含め、9年目となる制作チームとの信頼関係の強...more
カテゴリー:

「わろてんか」84話。千原ジュニアの「被災地初のお笑いドキュメンタリー」と趣旨は同じなんだと思う - 01月13日(土)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第15週「泣いたらあかん」第84回 1月12日(金)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭 84話はこんな話東京で被災した芸人たちを大阪に呼んで寄席で公演してもらおうと、てん(葵わかな)は思いつく。そして、キース(大野拓朗)は、志乃(銀粉蝶)と栞(高橋一生)を和解させるために、もう一度アサリ(前野朋哉)とコンビを組む。 笑いは人を救えるかいよいよ、「わろてんか」最大の命題であり、てんが常々言い続けている、笑いは人の心の薬になり得るかについて描かれそうだ。東京に慰問に行っている風太(濱田岳)も「笑いがいちばんのご馳走」と言う。この場面を見ていたら、昨年(17年)の暮れ(12月17日)、NHKで放送された
l「被災地初の“お笑いドキュメンタリー”『千原ジュニアがゆく 聞いてけろ おもしぇ~話』」を思い出した。千原ジュニアが、東日本大震災で被害に遭った方々を訪ね、彼らのとっておきのおもしろい話を訊くという趣向で、ジュニアが、一般人の話にとても上手に耳を傾け、彼らの話をどんどん引き出して、盛り上げていく様も見事なうえ、なによりも、え、そんなことが・・・というような笑える話を、おっちゃんやおばあちゃんたちが嬉々として語り、笑い続ける姿が印象的な番組だった。そこでは、面白い話をしないとや...more
カテゴリー:

千原ジュニアが明かす宮川大助・花子の意外な舞台裏 - 01月16日(火)09:40 

 お笑い芸人の千原ジュニア(43)が、大御所漫才コンビ、宮川大助(67)花子(62)の“舞台裏”を明かした。  16日放送のTBS系「ビビット」は、同コンビを特集。花子の胃がん、大助の脳出血など、数々の闘病を乗り越え、昨秋、紫綬褒章を受…
カテゴリー:

「わろてんか」85話。笑いより泣きのドラマが断然向いてる説 - 01月15日(月)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第15週「泣いたらあかん」第85回 1月13日(土)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭 85話はこんな話志乃(銀粉蝶)と栞(高橋一生)はついに心を通わせ、風太(濱田岳)も東京から戻って来た。いい話だった 吉田智子先生は、笑わせるより泣かせるほうが得意なんだなーと思った回。マンマンで行われた志乃の送別会に、少し遅れて、栞もやって来た。でも相変わらず意地を張っていて、へその緒を返しに来たとぶっきらぼうに言う。そこで隼也(南岐佐)が役に立つ。志乃が隼也の名前の由来を褒めるエピソードが前にあったことを踏まえ、満を持しての「栞」の名前も由来が語られる。「たくさんの人の道しるべになるように」という意味だった。そして、その名前の意味は、この回の終わり、栞が大阪府から表彰されたとき出したコメント「道標になりたい」につながる。やさしい気持ちになる、とてもよくできたお話。10話連続ドラマだったら、クライマックスの前の箸休め的な7話か8話あたりにありそうだ。でも、キースがねえ・・・。 栞が小料理屋再建資金を手渡すと、当然ながら志乃は遠慮する。だが、栞は、貸すのだと言う。返すのに20年かかると。それを聞いたキースが「長生きしてほしいという意味」と通訳する。切ない。キース、全然必要ない・・・(涙)...more
カテゴリー:

千原ジュニア主演『新・ミナミの帝王』大東駿介とのタッグは息ピッタリ - 01月13日(土)12:00 

千原ジュニア主演のスペシャルドラマ『新・ミナミの帝王』(カンテレ)の第15作「ニンベンの女」が、1月13日(土)15時から放送される。 同作は、原作・天王寺大の漫画『ミナミの帝王』を実写化した人気…
カテゴリー:

ジュニア&大東俊介ミナミの帝王コンビ、小芝風花の存在感に驚き - 01月13日(土)09:00 

 タレントの千原ジュニアが主演するカンテレのスペシャルドラマ『新・ミナミの帝王』第15弾「ニンベンの女」が13日の午後3時から放送され、ジュニアとコンビを組む大東俊介の2人がみどころを語った。今回から女優・小芝風花演じる若き“偽造屋”の矢倉紅(やくら・べに)が仲間入り。小芝についてジュニアは「あんなに小柄でかわいらしいけど、背骨が太い感じがしますね。小芝さんが演じる紅は、いろんなバックボーンがあって、そういうのが見え隠れする非常にいい役どころというか、いいお芝居をされていると思いますね」とその存在感に感心した。 【写真】小芝風花の出演シーン  原作・天王寺大/作画・郷力也の作品『ミナミの帝王』を実写化した同作は、2010年よりジュニアを主演に据え、映画を含めると16作品を制作。ジュニアが演じるどんな手を使ってでも借金取り立てる大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎が、依頼人が借金せざるを得なくなった問題に切り込んでいくヒューマンドラマ。大東は銀次郎の舎弟・坂上竜一を演じている。  過去に小芝と映画共演も経験した大東も「ちょうど僕が『新・ミナミの帝王』を始めたのが、彼女くらいの年なので、感慨深いです。とにかく“力強い目をした、透明度の高い人だな”という印象で、大人になってご一緒できるのは、すごく楽しいです。彼女には有無を言わさない力があるので、思いの熱量が高い紅の役にすごくピッタリだと...more
カテゴリー:

『平成教育委員会』史上初入試問題やらないSP決定 芸人ばかりでたけし暴走 - 01月13日(土)07:00 

 タレントのビートたけしが出演する14日放送フジテレビ系クイズ番組「ニチファミ!『平成教育委員会2018 入試問題やりません! 落第生だらけの みになる勉強SP』」(後7:00)では、1991年の番組開始以来、初となる入試問題を一切出題しないスペシャルを送る。生徒となるのはほぼ、芸人だらけでいつもとは違う趣向の問題から「勉強って楽しい!」を感じてもらうことが目的。先生役となるたけしは「今回は私の希望で芸人を集めました!」と大張り切りで暴走する。 【写真】水槽に頭を突っ込む上島竜兵  国語の授業では一見楽しいVTRだが、実は深く読み解くと恐ろしいストーリーである『意味がわかると怖い話』、社会の授業では、ある偉人の昔の家族写真から、その人物の歴史に触れたり、今は高層ビル群になっている都会の昔の写真から、歴史を読み解いたり…とバリエーション豊かに展開。なかなか正解が出ないなか、芸人生徒たちのリアルボケが繰り出されたり、あの熱湯風呂も問題に登場し、お約束のリアクションも飛び出す。数々の教科をこなした生徒たちの中で成績優秀者は喜びもつかの間…なんと大喜利に挑戦させられるはめに。  初登場となった久本雅美は「いやぁ、難しかったよねー!途中から皆さんのボケ合戦になったので(私も)乗り遅れちゃいけないと思いましたよ。本当に芸人さんのパワーで面白くなったよね!」とすっかり満喫したようだが、“...more
カテゴリー:

もっと見る

「千原ジュニア」の画像

もっと見る

「千原ジュニア」の動画

Wikipedia

千原 ジュニア(ちはら ジュニア、1974年3月30日 - )は、日本のお笑い芸人、司会者俳優であり、お笑いコンビ千原兄弟のボケを担当。本名および旧芸名は千原 浩史(ちはら こうじ)。

京都府福知山市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。京都共栄学園中学校卒業。京都共栄学園高等学校中退。NSCの8期生であるが、卒業はしていない。

来歴

小学校時代は周りの友達と悪さをしていたが、浩史だけが目立って見えていたせいか、友達の親からよく思われていなかった。ある日、友達の家へいつものように遊びの誘いに行くと、中から親が出てきて「息子はいない」と言われ、帰ることにした。帰り際に家の中から親の「千原くんと遊んだらあかん」という声が聞こえてきたという千原史(角川書店、1996年)「第2章 千原兄弟インタビュー(千原靖史語る;千原浩史語る)」より。。

浩史の地元の小学生は、黒い制服の公立中学(大半はこちらに行くらしい)と青い制服の私立中学(中高一貫)のどちらかに行くのだが...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる